FC2ブログ

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マグニチュード8.0

東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」 感想。

時間出来たのでこっちも更新ー

 
 
BEST SCENE
回想でお母さんコケるところ。スカートいじる未来が可愛かった

WITTY REMARK
「お嬢ちゃんたちが、無事でよかった」
古市さん……

MOST VALUABLE PLAYER
古市さんあんたすげぇよほんと

FEELING
ボランティアの人々の優しさに触れるお話
同時に、やはりいろんな人々がいるんだというお話かな。

未来のクラスメイトのメグは、お母さんを亡くしていた
描写はなかったけど、自分のママももしかしたら……なんて考えたかも知れないな。

そして地震の恐怖に耐えられず、ヒステリックを起こす人も。
自衛隊の人たちがカレーうどんを作ってくれていた。実にスタミナがつくメニューですね。

災害の際には、俺もこんな風に人々を助けられるのかね
もし自分に被害がなくても、家に引きこもっていそうだ。
でもそんな自分に鞭打ってボランティアしたい気にさせるこのアニメはほんとすげぇ

その中でもやっぱり古市さんがすごいよ。
自らのせいで孫たちを死なせたようなものなのに、あんなに気丈にねぇ……
「自分が死ぬべきだった」と語る姿は見ていられない。

と、場違いかも知れないけど、先々週ちらっと触れた通り、ちみっと津波のメカニズムについて

通常の波は、地球上を縦横無尽に走っている風や、月との重力による潮汐が主な原因となって起きます。
ある程度の高さなら全然怖くはないです。まぁそれでも油断は禁物ですけどね。

対して津波は、海底の断層がズレたり、海底火山が噴火したりといったものが原因で起こり、つまりは海底から強引に突き上げられた海水が周りに凸型に散っていくイメージ。

よって波の頭が砕ける事はなく、海上の船舶にはあまり被害がなくて、また発見されづらいという実に面倒臭いものなんですね。
威力も波とは段違いです。



これ、厚さは分からないけどコンクリート
あっさり破壊されます。
俺が見た事のある動画では、厚さ5センチくらいの鉄板がくの字に折れてあらぬところへ吹っ飛んで行くものもありました。



これは津波の形がよく分かりますね。
こんな風に海岸に直撃したあとも、波と違ってあっさり引いてくれる事はないので砂浜が消失したり堤防がぶっ壊れたり川を逆流したり。

怖いですね……

SOLILOQUY
昔沖縄で、「津波が来る」っつってんのに面白がって野次馬が海岸に集まって死者を大勢出したなんて事があったな確か
おお怖い
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/1565-52f1c722
東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」
東京マグニチュード8.0の第5話を見ました。abingdonboysschool“キミノウタ”<初回生産限定盤>CD+DVD第5話 慟哭の、学び舎未来の通う中学校は、死傷者と帰宅困難者で溢れており、見慣れた学校の変貌ぶりに、未来は心を痛めていたが、未来はボランティア活動を行なう老...
東京マグニチュード8.0 第5話 「慟哭の、学び舎」
避難場所になっていた未来の学校。 講堂は安置所になっていて、慟哭する未来のクラスメイトの姿が…。 友人に何もできなかった…。 悔む未...
東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」
「生と死」
東京マグニチュード8.0 #05 慟哭の、学び舎
避難所となった母校を訪れた未来ご一行。 突き付けられた現実と悲劇。
■東京マグニチュード8.0 第05話「慟哭の、学び舎」はコチラ
■東京マグニチュード8.0 第05話「慟哭の、学び舎」はコチラ
[アニメ]東京マグニチュード8.0:第5話「慟哭の、学び舎」
 一縷の望みから一気に絶望感と恐怖感漂う展開に。
東京マグニチュード8.0 第05話 「慟哭の、学舎」
「東京マグニチュード8.0」の第5話。 たまたま田舎から呼んだ孫が地震に巻き込まれて亡くなってしまったのに ボランティアで活動して校舎...
東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」
自分にできること-------。東京タワー崩壊。まざまざと見せられる非現実世界。未来の学校の窓から見えた東京タワー。どうやら今、真理の先導で向かっているのは、未来の行っていた学校らしい。比較的被害が少なかったため、避難場所になっているというのだ。未来の行って...
東京マグニチュード8.0 第5話『慟哭の、学び舎』感想
東京タワー崩壊から逃れた三人は次の避難場所へと移動する。そこは、未来が通う中学校であった。自分の知ってる場所にようやく戻ったこともあり、悠貴達を案内する未来。余裕が出てきたのか、母との入学式でのエピソードを語る未来。母がコケてしまい恥ずかしかった話に真理
「東京マグニチュード8.0」第5話
   第五話「慟哭の、学び舎」未来の通っていた中学校に立ち寄ると、そこは帰宅困難者であふれかえっていた。冷たくなった遺体も多数運び込まれ、見慣れた学校の変貌ぶりに心を痛める。未来はそこで、ボランティアとして活動している老夫婦に優しくされ、真理を含めた大...
東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」
古市さんなんていい人・°・(ノД`)・°・ 自分はこういう行動取れるかなあ… 古市老人役、青野さんの演技にしびれました。 未だにシャレにならない余震が続く作品世界。 未来たちは彼女が通う学校にたどり着く。 そこで出会ったボランティアにいそしむご老人、...
東京マグニチュード8.0 第5話「慟哭の、学び舎」
「私にも 何か――…」 自分に出来る事とは… 避難所の学校で目の当たりにした現実に未来が感じた事    【第5話 あらすじ】 未来の通っ...
入学した思い出の名門中学も今や生と死が交錯する戦慄の場と化し、ちょっと怖いフラグが発生( ̄口 ̄;)!!! 東京マグニチュード8.0第5話『慟哭の、学び舎』
 まずは、ブログを書く前に一言!  内閣府とのタイアップ、おめでと~\(^o\)(/o^)/  決してこれは約8ヵ月後のエイプリルフールでもなん...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。