FC2ブログ

MENU
おおかみかくし

Re: おおかみかくし 第6話「恋」 感想の感想。

アニメの感想があるならブログの感想があってもいいじゃない、という事でやっちまいます感想の感想。
基本的には、新しい発見を見つけていきたいと思っています。

 
 
俺ほど楽しんでいる人がそんなにいなくて、むしろあまりよろしくないと思っている人もいたりして、悲しい限りであります。
ラインバレルやってた頃に感想の感想やってたら寂しさで大変な事になってたかも。

ところで、一誠さんの事をガチホモだとか言うのそろそろやめてほしい。
そりゃ俺も最初は思ってたけどさ、話の流れでガチホモ違うの分かるんじゃね?

まぁ、ネタで言い続けているならいいんだけどさ……それはそれで、ネタとか関係なくガチで盛り上がってる俺からしたら悲しいものがあるのだよ。



満点の星空の下でさん
凶月の刻でありながら、強烈な香気を持つ博士に対して、あそこまでベタベタして平静を保っていられたのは、彼女が香気に惑わされずに博士をしっかりと正面から見据えていたからなのでしょう。そう思うと、博士へと向ける五十鈴の好意は本物だったのかななんて思ってしまいます。それだけに、一誠の不埒で気持ちが折れてしまった五十鈴の表情は遣る瀬無く、どこか切なく感じてしまいます。


そうだよなぁ……と、この記事を読みながらちょっと泣きそうになりました。
五十鈴ちゃんはかなり狂気にとりつかれてたけど、彼女の恋は本物だったでしょう。
一誠さんが殺された事で、五十鈴ちゃんはかなり辛かったはず。

ああ、五十鈴ちゃんはこのあとほんとどうなるのやら。



新しい世界へ・・・さん
今回はいろいろ謎が明かされましたね。それにしても、眠が大鎌の少女の正体だったとは。顔色一つ変えない当たりから、精神面は相当強そうな感じです。


ちょっ、違うYUMAさんw
顔色だいぶ変えてたでしょw
あ、今回は変えてないけど、前回思いっきり泣いてましたよ。
彼女は彼女で、お役目のために動いているけど、自分で「やりたくてやってる訳じゃない」みたいな事言ってたし、ほんとは殺したくなどないんでしょう。

だからこそ今回も五十鈴ちゃんを見逃そうとした訳ですし。

ところで、眠ちゃんが大鎌の少女だというのは少しくらい前からほぼ判明しているような感じだったんだけど、YUMAさん以外にも「今回で判明した」みたいに書いてる人がいたなぁ。
まぁ、「博士に対しては」今回判明したけど。



荒野の出来事さん
うーん、力を入れるところを間違えてるといいますか
 惨殺サスペンスっぽい作品に
 レベルの高いバトル展開はあんまり合わないんですよね・・・。


苦言を呈していたブロガーの一人、グレードさんですが
何故惨劇サスペンスにレベルの高いバトルが合わないのか理解出来ませぬぞ。
しかもあのシーンはサスペンスではなく、五十鈴ちゃんと眠ちゃんの思いがぶつかる、感情的なシーンだったはず。

……という理屈はまぁ置いといて、レベルの高いバトルはとりあえず見られるだけでいいのでは?
なんて思います。
どうせレベルの低いバトルなんて見せられたらみんな文句言うんだし。

しかもこの作品は『ひぐらしのなく頃に』とは違って
 キャラがほとんど立ってない状態なので
 あんまり情熱が伝わってこないのですよ^^;


キャラが立っていない、というのは眠ちゃんの事でしょうか。
そういう事ならまぁ納得ですが、五十鈴ちゃんなども含めて言っているのなら激しく見当違いですな。

ところで、そろそろひぐらしと比べる流れも止まるべきだと思うのです。
だって1話こそ共通点多かれ、3話からはもうテーマも別のところにあって完全に別作品じゃないですか。
竜騎士さんは原案で脚本書いてないようだし、「同じ作者つながり」も通らないと思うのですが。



さくらもちモチさん
今回も面白かったです!
毎回、ちょこちょこと分かっていくけれど、
謎が謎を呼ぶ感じで、再び適度に謎を与えられるのが
私にはたまらないです。

いやぁ……今回は色々な事が分かりました。
そしてとうとう、第1話の冒頭のシーンに
(九澄博士が摘花五十鈴に襲われる)繋がりました!!
見てるこちらが、ドキドキしました~~。


批判もそこそこある中、俺とほぼ同じ思いを持っている人を発見しました。
記事を読みこんでしまった。いやぁ、俺はこういう記事が読みたかったんだよ……!

何故俺は今までさくらさんのブログを拝見してなかったのか、過去の自分を殴ってやりたいね。
そして今感想の感想を書けている事に感謝したい。だってこんな素晴らしい記事を紹介出来るんだもの。先駆者ヨークさん様様です。

なんというか、読めば読むほど俺と同じ事を思い感じていて、ブログを読んでてこんなに嬉しくなったのは久しぶりです。
今までおおかみかくし微妙だと思ってた人は、この記事を一読してほしい。きっと見方変わるから。

多分、五十鈴ちゃんは
本当に博士に恋をしていたと思います。
しかし、普通の人なら“恋”だけで済んだ話が、
彼女が旧市街出身の人間だったせいで
同時に神人化してしまった
──そして、このような悲劇になったんだと思います。


そしてさくらさんは、逐一今回までの描写を考えてらっしゃっていて、俺が伝えたくても言語化が難しくて言えなかった事までフォローしてて感心します。
考察記事としても秀逸。

どうせなら全文引用したいくらいだ。
そんな事無理なので、是非読みに行ってくれよ。

ああ、絶賛しすぎた。
何で俺こんなに熱くなってんだろうw

追記:さくらもちモチさんのところにTB機能がないようなのでコメントにて知らせようとしたのですが、何故か「コメント投稿に失敗しました」という表示が出て弾かれてしまいました。
無念。



「感想の感想」に関して
※感想の感想、という体裁上、リンクと引用を無断で行っています。何か問題がありましたら教えていただけるとありがたいです。
※この感想は主観で行っています。ブログの選定・引用部分へのレスは神酒原の主観です。
※主観ゆえに、批判を含んでいる場合があります。もし誹謗中傷だと感じられたら、教えていただけるとありがたいです。早急に対処します。
※この記事はトラックバックの本来の利用方法を実践しています。なので、トラックバックの返信は不要です。
関連記事
6 Comments
荒野の旅人 グレード ""
また面白いことしてるのでコメントさせてもらいますよ!
まあ自分のに関してはあんまりいいことは書かれてないですがw
一応言っておくと苦情コメじゃないので
消さなくてもいいですから^^ 

>レベルの低いバトルなんて見せられたらみんな文句言うんだし。
 あーこれは否定できないですね…。
 まあ自分が言いたかったのは
 クオリティの底上げを演出面にして欲しかったかな、と
 もっと月を象徴的に見せるとか。
 個人的好みですがw

>激しく見当違いですな。
 ・・・そう?
 見方によって違うんじゃないですか?
 これに関しては結構考えて書いたつもりですが。
 『比較』に関しては反省している。

>コメント投稿に失敗しました
 画像承認のやつがですね、きっと
 「O」と「0」と「C」
 「1」と「I」と「l」
 パソコン機種と文字配置によっては見間違う場合もありますし
 せっかく共感できたわけですし
 コメント内容コピーしといて、もう何度か試されては?
 
2010.02.13 03:17 | URL | #glKjnx62 [edit]
神酒原(みきはら) ">荒野の旅人 グレードさん"
苦情コメかどうかはちゃんと見てから判断するので大丈夫ですb
それに、苦情なら苦情できちんと対応するまでですよ。

>クオリティの底上げを演出面にして欲しかったかな、と
そういう見方ならありかも知れません。
が、今回は演出面に関しても秀逸だったと、僕は思っています。その点に関しては僕の感想記事に結構詳細に書いてあるので、まだでしたらご一読お願いしたいかな。

>これに関しては結構考えて書いたつもりですが。
そうであろうとも思ったので、明言はしませんでした。
グレードさんの感想は短いので、考えた「結果」だけ書かれている場合が多いでしょ?
今回はその過程が知りたいと思った次第でした。

見方によって、か。
五十鈴ちゃんの事ですよね?
この子が博士に対して恋し、また兄の一件により不安定になり、このような事になった、という描写はきちんとされています。
その他の面という事でしょうか。えーと、アピールがあまりにも露骨すぎて演出が活きてなかった、とか?

>画像承認
ところが、文字を変えてやってみたら「認証コードが一致しません」なんです。
だから画像認証はクリアしているのですよ。
しかも十分くらい粘ってましたw
そうですね、せっかくだしもう少し粘ってみようかな。
2010.02.13 08:42 | URL | #- [edit]
カルシウム ""
こんにちは
いつも感想拝見しています
本編を鑑賞して感傷に浸った後、あなたの愛のある感想を読むのが楽しみです。
私は竜騎士作品の大ファンですが、おおかみかくしは原作を知らないので毎回新鮮な気持ちで視聴しています
感情の視覚的な描写が本当に秀逸ですよね

あと 、竜騎士さんが脚本を書いていないって訳じゃありませんよ。
五話の一誠さんの最期の台詞等、竜騎士節を感じる場面が多々ありましたし。


2010.02.14 00:09 | URL | #- [edit]
ヨーク ""
頑張っているねー。神酒原節が出ていい感じですよ。
私に出来ないことをやってのける。そこにしび(ry

しかし、思っていた以上に直球だなぁ。ストレートをバシバシ決めやがるw。この作品で感想の感想書くとしたら、大変だよ。私もあきらめようかと思ったくらいに。

満点の星空の下でさんを使われると、私とかぶってしまうなw。なにげにここのブログは結構リスペクト率が高いんですよ。大体のブログは謎や推理に時間を費やすのに対して、ここは心理面から、この作品を見ようとしている。そういったブログが少ないのでね。そこは悲しい事態ではあるんですよ。

だから、神酒原さんもこの批評や批判の波に抗って下さいな。私も影ながら応援していますので。
たまには、こちらにコメント入れたいけど、いいたいことは、自分のところで結構言ってしまうから、なかなか入るタイミングが難しくてね。時間がある時にまた来ますね。
2010.02.14 02:05 | URL | #fwkSvwQ6 [edit]
神酒原(みきはら) ">カルシウムさん"
初めまして。
なんと、うちのヘボ記事を読んでいただけているとは。少しでも共感していただけたら嬉しいです><
こういうコメが励みになりますb

>竜騎士さんが脚本を書いていないって訳じゃありませんよ。
おや、そうなのですか?
僕は彼の直接の作品を見た事がないので分からないのですが、ふむ、情報がきちんとしてなくて分からなくなってきたw
情報ありがとうございます。
2010.02.14 18:14 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ヨークさん"
>しかし、思っていた以上に直球だなぁ。
えw
割と婉曲表現使ってるつもりなんですけどw
まぁ、ヨークさんのに比べたらだいぶ直球ですけどね。この辺が神酒原節なんでしょうなぁ。自分では分からんとですw

満点の星空の下でさんはかぶりましたなw
僕もかなりリスペクトしています。
おおかみかくしに関しても、ヨークさん言うように心理面でしっかりと書いていますからね。今後も取り上げる率が高くなりそうだ。

>神酒原さんもこの批評や批判の波に抗って下さいな。
ところでヨークさんの記事で突っ込もうと思ったんだけど、「批評」は「作品の質を評価する」といった感じの意味で、ネガティブな言葉ではありませんw
批判の波には抗いますとも。評価出来るところは評価するのが妥当というもの、それがされていないというのならそれほど悲しい事はないですから。
僕もそちらにお邪魔してないなぁ。実はきみとど、感想の感想を書けないどころかブログ回ってないんですよw
春休み入って時間出来たからこれからはどうにかなるはず。
2010.02.14 18:21 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。