FC2ブログ

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流し」 感想。

戦争来るか……

 
 
名場面
母親と三人の子どもみたいなあそこだな

名台詞
「あなたはいつでも伝えようとする。想いを言葉にする事を恐れない。それって、すごい事だと思うわ」
フィリシアさんー!

Most Valuable Player
フィリシアさんかね

過去
一口に戦争と言っても、たぶん二種類あるんだろう。

世界が滅びに向かうきっかけになった戦争、そして、フィリシアやノエルが体験した戦争。
二種類と言っても、後者は前者の続きみたいな小競り合いかも知れないけど。

例えば、現実には冷戦があった。
冷戦の反意語は熱戦であり、第一次世界大戦、第二次世界大戦などほとんどの戦争がこれである。
冷戦は言うまでもなく、アメリカとソ連の戦争だ。

結局冷戦は冷戦のまま熱戦とならず、社会主義という体制のせいで自重を支えきれなくなったソ連が崩壊する事で集結した。
しかし、キューバ危機などに代表されるように、もしこの冷戦が開戦される運びになったら、核戦争勃発で世界は滅びただろうと言われている。

お互いがお互いを恐れたがゆえに、アメリカもソ連も、大変な量の核兵器を作っていた。
そして驚くべき事に、ソ連が崩壊して冷戦が終わったのはたった二十年ほど前の事なのだ。もし核戦争が起きていたら、被害に遭って死ぬのは紛れもない俺たちである。

ソラヲトの世界で過去起きた大戦というのは、この現実を皮肉っているのではないか、と思った。
もし冷戦が熱戦になっていたら。
そうでない何かが原因で、第三次世界大戦が起きていたら。
世界はこうなるだろうと。

ところで、後者の戦争について。
フィリシアは今18歳、んで回想にあったフィリシアは15歳くらいか?
という事は、三年前くらいという事になるな。

驚いたのはノエルが戦争体験者という事。
三年前だとすると、ノエルは11歳。すでに伍長という階級を持っている事から、軍人として経験したのだろうか。
謎は深まるばかりだが、一人だけ精霊流しをしなかったというのも気になる。

現在
現在は休戦中で(どういった程度の休戦なのかは分からない)、どうやら徴兵すらされていないらしい。これは1話で言っていた。
何年前から、とかそういう言及もあったっけな? さすがに覚えてないぜ。

停戦ではなく休戦、というのが肝というのは以前から各所で言われていた。
例えば休戦と言っても、北朝鮮と韓国みたいに今も国境付近では小競り合いが続いている休戦もある。
この両国では確かまだ徴兵制はあったはずで、つまりソラヲトでの休戦はもうほとんど戦っていないという事なのかな?

そういった事が急に気になりだした7話でした。
というのも、次回サブタイを見るとついに戦争がまた始まりそうなんだ。
緊急事態を宣言す?
やべぇやべぇ。

しかし記憶が正しければ、時告砦は戦略的には大した事のない基地のはずだ。
補給もままならないし、密造せんと金がないし、何しろ田舎だし、装備も人員も少ない。
小隊というより分隊レベル。

ところが三年ほど前の戦争では、思いっきり戦っていた。
別にセーズが前線となっていた訳ではないようだが……ああわかんね、次回が気になりすぎるぜ!

しかしカナタは可愛い
とまぁ戦争の影がだんだん濃くなっていって、とうとう来るかのところまで来ているが、正直なところカナタが可愛ければどうでもいいんである。

可愛いが正義なんである。
「私も心配したいんです!」とか言ってフィリシアに泣きついちゃうカナタが可愛すぎてもうどうしようかと思った。
ついでにクレハやノエルまで寄ってきて、何だこいつら可愛すぎるだろう。

戦争の影なんて吹き飛ばしてほしいもんだ。

つぶやき
ところで知り合いに、「戦争の反意語って何だと思う?」って聞かれた事がある。
困った俺はオードソックスに「平和?」と答えたが、彼は「外交」だと言った。
確かに、円滑な外交が乱れた時に戦争が起こるので正解かも知れないとその時は思ったが、家に帰って考えてみると「戦争←→外交」の考え方は政治のみを見ており、実際に被害に遭う民間人の事を無視していると気づいた。
難しいな、戦争。

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
メルクマール "戦争と外交"
2つの思想があるんですよ。「戦争は外交の失敗の結果」という考え方と、「戦争は外交の延長」という考え方。アメリカなんかは後者ですねー。どちらが正しいのかは、永遠のテーマなのでしょう。
2010.02.16 20:07 | URL | #WstX4HDY [edit]
神酒原(みきはら) ">メルクマールさん"
あまりこの辺の思想は詳しくないですが、なるほどね。だとするとアメリカは後者ですね。
戦争のトリガーの部分を考えるとそうなのかも知れないけど、やはり僕はこの考え好きになれません。
2010.02.16 22:41 | URL | #- [edit]
ともやん "今頃なんですが(^_^;)"
今頃コメントします(^_^;)
このエピソード大好きです。
いつもホワホワ~としてるフェリシアですが、実は心に闇を抱えたんですね。

そして一番ボクが思ったのはノエル。
彼女は仰る様に灯籠を流さなかった。
最初見た時は、アレ?と思った。
けど最終回まで見た時気がついた。
ノエルは100年に一人の天才・ヘルベチアの魔女と呼ばれた存在。
その天才的な頭脳で生物兵器プラントを甦らせた。
そしてソレはビネンランドと言う街を『破壊せず』全滅させた。
彼女はその事をずっと心の闇として抱えて苦しんでいた。

だから、灯籠を流さなかったんやなくて その苦しみ故に『流せなかった』。

そう思った時、あのシーンは最終回に向けての伏線やったんやないかな?と思います。
2013.09.21 18:48 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ともやんさん"
コメレスが遅れました、すみません><

今頃というかなんというか、僕の方の記憶がかなり曖昧になっているからちゃんとした返信ができませぬ(汗)
でもまぁ、その分析でおおむね合っているのかな。
なんにせよ、戦争経験組のことがよく分かる回でしたね。
2013.10.01 13:02 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/1949-cf629e01
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 【感想】
「もうみんな…なんて可愛いの」 大切な仲間を失い、世界の終わりを肌で感じながらも、それでもフィリシアは絶望に打ち拉がれる事無く「...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想
ここにいる意味―
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07 蝉時雨・精霊流シ
フィリシアの凄まじい過去。 優しい笑顔に秘められた哀しみと覚悟。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見てい...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」
これを待ってた!俺のターン!! ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話の感想を綴ります。 蝉のこえ、雷鳴の轟き、風鈴の音。 蝉のこえは、戦...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
世界に生きる意味。
[感想][アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」視聴
苦悩 7話にして始めて明確に戦争が描写されるさらにお盆て今回やけに鬱々としていて暗いいやいままでが明るすぎたんだけどいつカナタが今回のフィリシアさんの立場になってもおかしくないし あるいはすでに 急な戦争描写は死を連想せざるを得ないし今回皮切りにシリアス入っ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話「蝉時雨・精霊流シ」
フィリシアにあんな過去があったとは・・・ てか、冒頭からショッキングなシーンの連続です(^^; ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版...
アニメ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」感想
今回はフィリシア回。 彼女の笑顔の奥には、悲しい過去がありました。 ネタバレありです。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
<こんな世界で生き延びることに、意味はあるのか?
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」感想
フィリシアの過去。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第7話
「蝉時雨・精霊流シ」 蝉時雨の中、ふと、新兵時代、戦場での出来事を思い出すフィリシア。そして、そんな中、カナタはお盆の準備をして…...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
今回はフィリシアさん回。 そしてついに来てしまったシリアス回。 あのアメイジンググレイスの奏者は、髪の色とかから勝手に判断してフィ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #7「蝉時雨・精霊流シ」感想
いきなり超展開崩れゆく町や倒れている人を見る限り昔の戦争の場面っぽい今までのほのぼのな流れとは打って変わってシリアスですねお盆にすごい設定が付加されていましたねwでもナスに爪楊枝ってやった事ないなぁ今回はフィリシアについて大きく掘り下げられました昔のフ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨 精霊流し』感想
物凄いハイテクな兵器群なのに連絡時はラッパって、、、命がけで味方を鼓舞したかったのか??どうみてもマトにしか見えないよこの時点で世界は終わっていたのかも、、、久しぶりに観たらシリアスな回でした。フィリシアさんは実戦経験があり、それも小隊がほぼ全滅した中で
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る いつもの牧歌的な雰囲気とは一転して、シリアスな惨...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
夏のある日、フィーエスタ・デュ・ルミエールという 灯篭流しが行われる。死者の魂を祭るための準備が行われる中、 フィリシア隊長は過去...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話
[関連リンク]http://www.sorawoto.com/第07話 蝉時雨・精霊流シいきなりシリアスなシーンからどうやらフィリシアの過去ぽいですがどうやら昔はタケミカヅチが動いていて戦闘を行っていたよ...
(感想)ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
【キャスト】  ・カナタ   金元寿子     ・セイヤ   平田真菜  ・リオ    小林ゆう     ・ユミナ   福圓美里  ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
フィリシアは本物の戦場を経験した事があるのか…。 そしてその戦いで大切な仲間を…。 大切な仲間を失い1人だけ生き残る…。 そしてそしてやっぱり雷が苦手だったのか…。 時期はお盆(フィーエスタ・デュ・ルミエール)。 使者の魂を慰めよう! 世界は1度終わっ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 感想
フィリシアの回想の歩行戦車と、 幽霊兵士?の回想のそれはかなり違っていて、そこから歴史を読み取ることができるかもしれません。ソ・ラ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
やはりどうしても、漫画版ナウシカを想起させずにはおかない「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」。こういう話、見たかったんですよねぇ。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流」
崩壊する世界で生きる意味とは。シリアスなお話でした。 フェリシアの過去から始まる物語。忌まわしい戦争の記憶。そこには破壊と殺戮しか...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
『蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
フィリシア戦場経験者だったのか これまでがほのぼの展開だっただけに強烈なインパクトだったフィリシアの過去。 仲間が全員戦死とはヘビーだなあ… しっかり過去の戦争も描いてきてたのには好感。 乗っていた戦車はタケミカヅチでいいのかな。 話が一枚の織物を...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
戦場の記憶…フィリシアもハードな体験を持っているんですね。 セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が...
【アニメ】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
いきなり戦時中のシーンから始まる今回。 お盆(何かバリアでも張れそうな名前がありましたが)という事で、新米だった頃を思い出して センチメンタリズムに陥り、それでも隊員の前では強がってしまう、そんなフィリシアの話です。 戦車での実戦中、敵の攻撃を受...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
冒頭からシリアス展開・・・ フィリシアの過去話・・・ってなんて重いモノ背負ってるのでしょう 戦車からなけ飛ばされ助かったフィリシア 戦友たちも燃える戦車から背出ようとするが戦車ごと爆発 一人の先輩の腕が・・・・ラッパを握ったまま・・・ いきなりハード
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」7話 蝉時雨・精霊流シ
フィリシア回。 フィリシアがどうしてゆるい日常を求めるのかもわかる話だった。 あの兵士の幻はPTSDによってどうにかなってしまいそうなのを...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想
 今回は、フィリシアの過去と現在の想いを通してこの作品のテーマをあらためて示したのかな、と管理人は思った、そんなお話。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
世界の滅び ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
 今回はフィリシアメインでした。カナタたちが彼女に擦り寄るところがお母さんと子どもたちという感じでしたね。
『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』#7「蝉時雨・精霊流シ」
「こんな世界で生き延びることに、意味はあるのかい…?」 「世界はゆっくり終わりに近づいていって、私たち人間はいずれ完全に滅びるだろ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 07話『蝉時雨・精霊流シ』
今とは違う仲間たちと戦っていた頃、ちょいと昔のフィリシア。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
「この世界に意味なんかないのよ」 なければ自分で意味を見つければ良い―― フィリシアの過去が明らかに…    【第7話 あらすじ】 蝉...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」
予告の台本はふざけていたけどフィリシアさんのつらい過去話になりそうな アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第7話。 次回、2月22日は30分遅れ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」感想
まさか、この先に鬱な展開とかも有得るのか (話が重いのでトップ絵は明るくしておきます)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流」
今週も「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 」始まりました! 今回はフィリシアさんのメイン回。 主にフィリシアさんの過去の話でした。 フィリシア...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第7話 感想「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、フィリシア隊長は壮絶な過去があります。砲煙弾雨のなか死線を超えてますが、上官や仲間も全て戦死して唯一生き残ったようです。 季節は夏まっさかりですが、フィリシアとリオ先輩は後輩に洗濯当番を押し付けてスイカを買いに行きます。(以下...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想
蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』
フィーエスタ・デュ・ルミエール この世界で生き延びることに意味はあるの-?
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第07話「蝉時雨・精霊流シ」感想
さぁ、色々と怪しくなってきました・・・。【送料無料選択可!】ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1[CD付完全生産限定版]/アニメ早速感想。いきなりぶっとんだ展開。・・・といいたいところだけど、色々伏線があったからねぇ・・・。でもそんなの無視してお気楽アニメでいて欲しかった...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨・精霊流シ』
いきなりヘビーな内容になったソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話。 リオの持ってる鈴の前・持ち主は皇女殿下!? 話の雰囲気はかなり変わったけれど、考えさせられちゃう話だったのでは。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメデ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
 ここに、生きる意味    これまでになかった、フィリシアの若干の掘り下げ回。  といっても、フィリシアの過去の体験が重要なとこ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07「蝉時雨・精霊流シ」
残りかすの世界 フィリシアの過去が・・・さすが最年ちょ(ry ではソラノヲト感想です。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/...
【アニメ】 ソ・ラ・ノ・オ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想
こんな世界で生き延びることに 意味はあるのかい? ソ・ラ・ノ・オ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 の感想です。 第七話『蝉時雨...
[アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト:第7話「蝉時雨・精霊流シ」
先輩から残された伝えるべきメッセージと伝えないメッセージ。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
あの子達には私みたいな思いは絶対させたくないわ フィリシアさんにあんな壮絶な過去があったなんて
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」
 ちょ こわっ
【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話-蝉時雨・精霊流シ】
フィリシアの壮絶な過去と、その時代背景。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 『蝉時雨・精霊流シ』
ソラノヲトは第7話になっていよいよ戦争描写を前面に押し出してきました。フィリシア隊長のかつての部隊は全滅していたのですか…今回、旧時代の兵士の亡霊によって、かつて世界を崩壊させた旧時代の戦争について語られましたが、「僕等は負けた」という台詞から、
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト カナタ スムース抱き枕カバー 前回はカナタの初任給とその出所にまつわる話でしたが、 今回は前回と一変してシリアスな...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話
第7話『蝉時雨・精霊流シ』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・フィリシアの話です。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
シリアス来たー?(゚д゚) 急に雰囲気変わりすぎですw 季節は夏。お盆の“フィーエスタ・デュ・ルミエール”の日。 死んだ人が帰ってくる...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 「蝉時雨・精霊流シ」
戦場への鎮魂歌
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」
いきなり戦闘シーン!! フィリシアの過去みたいですね。 しかし何と戦っているんだ・・・? フィリシアの様子がおかしいですね。 カナタ...
ソラノヲト #7「蝉時雨・精霊流シ」
んー・・・やはり、このままシリアス方面に向かうのか・・・?ただ、それだと現在の設定的に無理がある気もするし・・・過酷な戦争をしてるという場面も見せつつ、隊長他の変化を捉え...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」
Web予告と正反対なシーンで始まったので、一瞬番組間違えたかと思いました。フィリシアの過去の体験を採りあげて‘精霊流シ’の対象である死者に焦点を当てた、シリアスな重い内容のストーリー。
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」
ソラノヲト 第7話感想です。 戦争の記憶
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 蝉時雨・精霊流シ
いきなりシリアス展開! というわけで、ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話感想です。 砲弾を手で装填したりと、かなりレトロな戦車だな。 タケ...
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話「蝉時雨・精霊流シ」の感想記事から兵器についての言及を集めてみた
初めて本格的に戦闘が描かれたソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話「蝉時雨・精霊流シ」。 感想の感想を書かれてる『所詮、すべては戯言なんだよ』のヨ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。