FC2ブログ

MENU
とある科学の超電磁砲

Re: とある科学の超電磁砲 #21「声」 感想の感想。

アニメの感想があるならブログの感想があってもいいじゃない、という事でやっちまいます感想の感想。
基本的には、新しい発見を見つけていきたいと思っています。

 
 
本格的に盛り上がってきたストーリーに期待をかける人が増えてきて、ファンとして俺も嬉しくなってきたところです。

やはり注目は春上さんの能力について、テレスティーナについて、初春と黒子の仲違いについてですかねぇ。
ほとんどのブログがこれらの点に触れていたと思います。



99UPキノコさん
以下予想。

「RSPK症候群」を引き起こしているのは
衿衣がずっと探しているチャイルドエラーの子・・・万里ちゃんで、
意識不明のその子が発している能力がAIM拡散力場に干渉している。
そしてそれは悪意の物ではなく、助けを求める物。
衿衣はその能力を感知しているわけであって、
だから衿衣がテレパスで様子がおかしくなると同時に地震が起きる。
木山が捕まっていないのはそのため?


ブログ回るといろんな予想が見られる訳だが、この予想が一番しっくりくると思った。
ただ、この予想が正しいとすると、事件の全貌がまったく見えなくなるので、判断材料がまだまだ足りないと言わざるを得ない。
この予想だといわゆる黒幕が見えないんですね。この辺はもう少し話が進まないと判断のしようがないな。

その上で、俺はどっちかというと枝先ちゃんがテレパスを発しているところからすでに黒幕の手がかかっていると考える方が自然だと思った。
まぁ、それも可能性に一つにすぎず、今のところ断言出来る材料はないのだけど。

ところで、枝先ちゃんの能力について触れてるところが見当たらなかったのが不思議だった。
春上さんが受信専門のテレパスで、特定状況下では能力が増大して、その状況下ってのは枝先ちゃんの影響ってところまで分かってるのにね。
発信専門かどうかは分からないが、枝先ちゃんもテレパスですよね。



伽藍さん
初春飾利の友情というテレパシーは春上衿衣に届くのか?

私の佐天涙子に対する行き場のない愛という名の思念はどこへ行くのか(笑)

私のバイオリズムも地震の波動のように乱調極まりないのである。


また面白い事を書いてる技研さん。
この人のは記事行って全文読んで下さい。
作品に沿っているとか、的を射ているとか、それ以前に面白いので。外れてたらまたそれはそれ。



ゴマーズ GOMARZさん
もう、幻想御手の話とかは、正直しつこいネタな感じがして
魅力を感じないんですが、最後までその話で引っ張りそうですねえ。
終わりに向けて、どんどん盛り下がってきてる感じがあるw


いったいゴマーズさんはどこに向かっているんだろう。
いやね、俺の意見と他のブロガー大多数との意見が食い違う事なんて今に始まった事じゃないけど、ゴマーズさんは明らかに浮いてるよね。

以前からそれなりに気に入ってたブログさんなので、こんな見方をしてほしくないというか、これはどういう事かと思ってちょっとゴマーズさんとこブログさかのぼって見てみた。

明らかに、固法先輩の話あたりからのテンションを引きずってます。
目を覚ませゴマーズさん、というかブログ回ってりゃ自分の見方がどこかおかしいって思わないのか?
ソラヲトといい、明らかに狭い見方しかしていない。
もしかしてプライベートでなんかあったとか。



妄想詩人の手記さん
だが、「お世話を任されている」という責任感に燃える少女に、そんな大人の理論を振りかざしても仕方の無いことであろう。


今回は、初春に対する厳しい意見がちらほらあった印象。
もちろん初春の方に非のある流れではあるが、「うざい」と言っていた人も何人かいたのはさすがに信じられなかった。

美琴の時も思ったのだが、お前らキャラクターに完璧を求めてどうする?
……なんて強い事を言うつもりはないけど。



アニメを考えるブログさん
あとは、自分を頼りにしているという部分も重要そうですね。
  黒子が春上を疑ったことについては、「自分たちを頼りにしてるのに…酷い」という台詞になりました。
  「頼りにする」というのも、ひとつのキーワードかもしれません。


この点に言及してたのはuhdさんだけだったかな?
初春の気持ちに言及して、「友達を疑うなんて酷い」という理由だろう、と考える人はいっぱいいましたが、春上さんからの気持ちを考えても初春の激昂は責められるものではないですね。

春上さんは、初春を信じて、頼りにして、友達の事を話したのですから。
ここまでされたら、初春に「疑う」なんて選択肢はないでしょう。
まぁ、もちろん、初春に周りが見えていない事には違いがない訳ですが。




ところで、黒子と美琴が行ったハッキングについての言及もいくつかあったので、ここでちょっとフォローします。

禁書目録シリーズにおける犯罪性について、悪い言い方をすればこれはかなり大雑把に描かれています。
原作者かまちーのせいといったらそれまでだけど。

このシリーズにおいて「犯罪」と呼ばれる行為は、ある程度無視されています。
他のアニメで銃をドンパチやったりするのと同じようなものだと俺は思っている。あれだって思いっきり銃刀法違反・殺人未遂・ひいては殺人罪などに思いっきりなっていますが、別に責められる対象じゃないでしょ?
作品の主題が犯罪性にある訳じゃないから。

美琴がやる事に対していちいち「それはやっちゃいけない事だ」「それは法律違反だ」なんて言ってたら禁書目録第1話から美琴を逮捕しないといけなくなる。
ぶっちゃけてしまうと、ある程度はネタとして済ませるべき。

今回のハッキングについても、「理由があるとはいえこれはいけない」ではなくて、「いけない事ではあるが、理由があるからいいだろう」と見るべきでは?
それ以前に、そもそも注目されるところですらない気がするんだが……

そこで、「でも黒子はジャッジメントとして治安を守る役目だろう」という批判は確かに成り立ちますけどね。
これについては、アニメ内での描写のみではフォロー出来んので文句言いません。
むしろこれは構成の失敗点と言えよう。



「感想の感想」に関して
※感想の感想、という体裁上、リンクと引用を無断で行っています。何か問題がありましたら教えていただけるとありがたいです。
※この感想は主観で行っています。ブログの選定・引用部分へのレスは神酒原の主観です。
※主観ゆえに、批判を含んでいる場合があります。もし誹謗中傷だと感じられたら、教えていただけるとありがたいです。早急に対処します。
※この記事はトラックバックの本来の利用方法を実践しています。なので、トラックバックの返信は不要です。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/1961-0300b286
該当の記事は見つかりませんでした。