FC2ブログ

MENU
Angel Beats!

Angel Beats! 第9話のブログの感想を見て回っての雑感

みなさんお待ちかね雑感ですよ! え?待ってない? そんな事言うなよ。

 
 
さて、みなさんはすでにAngel Beats! Episode.09「In Your Memory」をご覧になりましたね? その前提で話は進んでいきます。

ちなみに7話と8話の雑感を書いてないですが、7話は時間が取れなかったから、8話は書く事があまりにもなさすぎたからです。実は9話もあまり書くことありません。

ない、というのも、後半にさしかかってきたからかブロガーの反応もだいぶ落ち着いてきており、また作品内容自体も固まってきた感じなので俺自身書く事が少なくなってきているというところがあります。

という訳で超今さらですが、何故この雑感を毎回書いているのかを説明しちゃうと、

まぁ俺、ネットの反応にかなり左右される人なんですよ。
2ちゃんなどの意見とかは極力気にしないようにしているけど、ブログの意見にはかなり左右されます。だって俺もブログやってるし。同じ立場と言える人間の意見は気になるもんです。

つー訳で、プラス面だろうがマイナス面だろうが、俺はよく考え方も感情も揺さぶられます。
俺がアニメ本編見てて分からなかった事が書いてあって「おお! そういう事だったのか!」となる事なんてしょっちゅうだし、いいと思ってた内容が叩かれてたらめちゃくちゃ落ち込むし、悪いと思ってた内容が称賛されてたら「ちくしょういいなぁ」と思う。

同様に、よかれと思っていた内容がズバズバ切られまくっていて、それに納得してしまう事も。こうなるとブログ回りがきつくなる。俺にネガティブシンキングを植え付けるなぁぁぁ!w

そんな感じの感情と言うか、そういうものをまとめたくて、雑感を書いています。
まぁ、ブチ切れたり、変なところで怒ったりして何人かに指摘されたりもしてますが、一応その辺も直していっているつもりです。

第二の理由としては、感想記事で書き切れなかった事を補完として書く場、かな。
もしかしたらこっちの方がウェイト大きいかもしれない。

理屈で見たら楽しくないのではないか?
Angel Beats!ですので、当然否定的な意見は出る訳です。出ない方が俺は嬉しいんだけど出るもんは出る。

そういう意見をたくさん見てきてふと思った事が、理屈で考えていたら面白くないんではないか?という事。
「こまけぇ事は(ry」という事ではもちろんないですよw
「本筋はいいのに、粗が多くて……」という意見はABに限らずよく見ますが、理屈で見ているからそう感じるのであって、見方を変えれば「粗は多いが本筋がとてもいい」という事になるんではないかな、とたびたび思うんです。

Angel Beats!もその例ではないかと。

例えば今回、列車事故についてのツッコミがいくつかされています。
俺が見たものをまとめるとこんな感じか。

1 一週間も救助が来ないのは遅すぎるんじゃないか
2 都合良くトンネルの両端が埋まってる
3 ドナーカード(保険手帳)なんでみんな持ってるの?
4 死んだら臓器移植出来ないんじゃ
5 音無は内臓が死んでいたのに、何故ドナーカードなのか

確かに一見おかしいですが、まぁ俺に言わせると「んなもんキニスンナヨ!」なんですが、普通に説明はつくと思うんです。

1は当然ながら、二次災害の危険があるので救助が遅れる事は簡単に予想出来ますね。元ネタであるとされる事件も一週間かかってます。
2は、地震などによる山崩れなどであっさり予想出来る。
3はまぁ、確か携帯が義務づけられていたような。
4は、作中の描写を考えると音無が死んだ直後に救助が来ているので、死体はわりとフレッシュでしょう。心肺停止後もまもなくは出来たはず。
5は、まぁ内臓が壊死してたっぽいけど、眼球とかも移植出来るのでね。

第1話の時からずっと思ってるんだけど、みんなもっとフィーリングで見ようぜ!
ほら、世界の謎とか、死んでる死んでないの話も結局見たままだったじゃないw

「成仏」という言葉
第6話あたりからかな?
俺は意識して「成仏」という言葉を使わないようにしています。

理由は何故かと言うと、まぁ、現代日本で口語的に使われている「成仏」は本来の意味とかなり違うからで。

簡単に言ってしまうと(簡単に済ませていい言葉でもないのだろうが、勘弁)、仏教において信徒が涅槃の境地に達する事です。
あらゆる煩悩から解放され、心が安らかな状態になる事ですね。

涅槃の境地に至ったのは仏陀ですが、仏陀に尊敬の念を表して、仏陀以外が涅槃すると「成仏」という言葉を使うそうです。俺も詳しくは知らない。仏教徒でなければ、そういう学問をかじっている訳でもないので。

という訳で、俺はこの単語を使う事にためらいを覚えているんだぜ、という事をとりあえず書いておく。
だからどう、という事はないです。

作中における消失現象は、口語的に使われている「成仏」とほぼ同じですからね。
ちなみに「他力本願」も、もとは仏教用語で意味が全然違ってたりするよ。

あ、何で書いたんだろうこんな事……

みんな大好きだーまえ
何かあると「だーまえ」「だーまえ」となる訳ですが。
ギャグが面白くても、つまらなくても、ストーリーが良くても、悪くても。

まぁ原作彼だし、脚本も全部彼がやっているので確かにこの作品における麻枝准のウェイトは大きいんでしょうけども、
少しは岸監督の事も思い出してあげて下さい!

だーまえの築いた地盤をよりよく昇華させるには、監督を始めとした演出陣(それと作画陣)が必要不可欠な訳で、特にギャグの占めるウェイトがかなり大きいこの作品において岸監督の手腕によるところは多々あると思うんです!

作品によって注目される役職がころころ変わる流れがあるのは注目する側が大した知識もないのに騒いでいるだけだと俺は思っているんですが、Angel Beats!もその例に漏れていないはず。
もちろん俺自身も、大した知識なんてないですけどね。

いい例だと、ソ・ラ・ノ・ヲ・トで必要以上にキャラデザの人や脚本の吉野さんが話題になったり、倉田英之がやたらとやんや言われたり。

だーまえの名前はしょっちゅう見るのに、岸監督の名前はほっとんど見かけないという寂しさから来る俺の戯言でした。

あと一つ書きたい事あったんだけど、眠いので書かない事にします。
いやーしかしなんというか、今回の雑感、半分以上がどうでもいい話で埋まっちゃったな……
関連記事
8 Comments
DDD ""
今回は一番よかったんじゃないかと自分は思ってますぜ!
音無は良い仕事してるねマジで。
後、かなでの首傾げる姿が最高でした。もうくっついちゃえよw

>>確かに一見おかしいですが、まぁ俺に言わせると「んなもんキニスンナヨ!」なんですが、普通に説明はつくと思うんです。

まさに「んなもんキニスンナヨ!」だと思います。突っ込まなくても良いんじゃ。頭であーだこーだ考えてアニメを見ていた時期もありましたが、総じて楽しくないですし。
余白って大事だと思いますよ。政治じゃないんだし感想でも白!黒!ってする必要もないかと。

ただ、まぁ白黒で書いてたのでそれは違うよ!って思ったことがあるんで突っ込ませてもらうと。

>>3はまぁ、確か携帯が義務づけられていたような。
4は、作中の描写を考えると音無が死んだ直後に救助が来ているので、死体はわりとフレッシュでしょう。心肺停止後もまもなくは出来たはず。
5は、まぁ内臓が壊死してたっぽいけど、眼球とかも移植出来るのでね。


義務付けられていたからといって全員持ってるわけ無いかと。音無や五十嵐はともかく、一部のやつらは客観的に考えて持ってなさそう。
条例で定められてるのに歩きタバコする人とか普通にいますし。
まぁ、全員が医学の道を志してるとかならありえると思いますが。
あとの可能性としては全員偶然に持ってたとか?あの人数ならありえるんじゃないですかね。


フレッシュ云々じゃなくて臓器提供ってのは脳死下じゃないとできなかったはずです。もう脳は逝っちゃってるけど、心臓は動いてて血液が巡ってる状態。心拍停止状態はたぶん無理じゃないかな。


内臓全部死んでたら即死だと思うんで、眼球とかじゃなくても良いんじゃ。
左下?にある臓器以外は提供できんじゃないかと。あくまで脳死下ですが

医学志してたのならたぶん音無は知ってるんじゃないですかね。
となると、自分の体は脳死状態になって有効利用されたって核心が音無の中にはあるのかもしれませんね。
というかここまで突っ込むとそうとしか考えられない・・・
2010.05.30 13:53 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">DDDさん"
一番良かったのか!
いやまぁ確かに今回はシリーズ通しても重要な回で、言うまでもなく素晴らしい出来ではありましたが。

>義務付けられていたからといって全員持ってるわけ無いかと。
そりゃそうですが、僕の言いたかったところはその「偶然持っていた」という部分ですw
持ち歩かない人もいるけど、義務付けられているんだから、作中で全員が持っていても何らおかしくはない。つまり、突っ込むべきではないという事です。
可能性の話をしたらフィクションなんて作れませんし。

>臓器提供ってのは脳死下じゃないとできなかったはずです。
あれ?
僕も最初はそう思ったんですが、アニメ本編を見返したところ、心肺停止後の臓器提供の欄がきちんとありましたよ。
腎臓・膵臓・眼球・その他
って書いてあります。

>内臓全部死んでたら即死だと思うんで、眼球とかじゃなくても良いんじゃ。
そこ突っ込まないでw
反論のために、一番確実性の高い「眼球」と書いたんですからw
もちろん、死んだ内臓以外ならたぶん移植可能でしょうな。

ちなみに、大前提の話になると、音無のあの死に方を考えると「脳死」っつーのはかなり考えにくいかと。
死因は明らかに内臓のせいですし。
2010.05.30 18:25 | URL | #- [edit]
DDD ""
今迄で一番食い入るように見てた感覚があるので1番認定です!

>>ちなみに、大前提の話になると、音無のあの死に方を考えると「脳死」っつーのはかなり考えにくいかと。
死因は明らかに内臓のせいですし。

脳死って直接の脳に対する外傷云々じゃなくとりあえず助からないけど、機械で心臓動かされてるとかそんなんじゃなかったかと思ったんですが。

脳死についてググってみました。

wikiより
脳死判定の前提条件 [編集]
・深昏睡である。(意識障害参照)
・原疾患が確実に診断されており、回復の見込みがない。

音無が脳死状態といったのは、あのタイミングならまだ脳死状態にもっていけただろうと音無が考えたのかなと思ったんですよ。
ドナーカードを直接持ってた状態だし、救助の人も脳死状態にもっていけるよう行動してくれたんじゃないかと。

後これも脳死のwikiからですが
臓器移植については死後だと腎臓と角膜以外は無理らしいです。
でも、腎臓と角膜はできるんですね。
2010.05.30 20:34 | URL | #- [edit]
toto ""
今回は・・・うーんでしたね。
もっと風呂敷を広げて欲しかったというか、置きにきているというか。まあ物語の着地点が見えてきましたけど。もう一波乱期待しますw
製作陣がハードル上げているので最後はどうせ叩かれると思いますが、上手く纏めるより突き抜けて欲しい気持ちです。
テーマを重視しているかもしれませんが前面に出さなくてもいいような。
とりあえずもっとギャグが見たかったw
岸監督思い出しましたwでも何をしているのか知りませんw
あと一つなんだろうw


2010.05.30 20:46 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">DDDさん"
>脳死って直接の脳に対する外傷云々じゃなくとりあえず助からないけど、機械で心臓動かされてるとかそんなんじゃなかったかと思ったんですが。
そういやそうでした。すっかり忘れてたw
それで、脳死はヒトの死であるかどうかの議論が延々なされてきたんでしたね。家族からしたら、いくら脳死でも生命活動はしている訳だから死なんて認められないし。

>あのタイミングならまだ脳死状態にもっていけただろうと音無が考えたのかなと
っつーと、どうにか生存して生命活動を続けよう、という事ですかね?
難しい話になってきたなぁw

どの道このシーンは、ドナーカードが重要なんじゃなくて、どうにかして生きていた証を作ろう、死んでも他の人のためになれるようになろう、という意志表示が大事なので、議論するには値しませんな。議論してたらなんだか粗ばかり出てくるw

>臓器移植については死後だと腎臓と角膜以外は無理らしいです。
へぇ、そうなのか
自分でも調べてみよう
2010.05.30 21:29 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">totoさん"
うーんだったのか。
一応反論させてもらうと、風呂敷は第1話の時点で相当広げていてどんどん拡大していたので、これ以上広げてどうするのかとw
あと、着地点もまだ見えません。今見えている着地点は、まず間違いなくダミーでしょうから。
あと、

>製作陣がハードル上げているので最後はどうせ叩かれると思いますが
なんーでそんな事言うかなぁ
見る前からそういう決めつけをしているのは感心しませんし、製作陣のハードル上げは今さらです。第1話時点ならそれで製作側を責められたかも知れないけど、今責めるんならわざわざほじくり返しているように見える。
上手くまとめるのか突き抜けるのかは、やってみないと分からないし、やったところで好みの部分ですな。

>テーマを重視しているかもしれませんが前面に出さなくてもいいような。
これも好み。前面に押し出した結果、どういう評価を下すべきなのか、そこが大事でしょう。
ギャグはどうせ、来週から復活すると思われますw

>あと一つなんだろうw
気にせんでいいw
2010.05.30 21:37 | URL | #- [edit]
DDD ""
申し訳ない。
返信された内容、最後のほうについてしか答えてませんでした。揚げ足取るだけの内容になってた汗。

>>僕も最初はそう思ったんですが、アニメ本編を見返したところ、心肺停止後の臓器提供の欄がきちんとありましたよ。
腎臓・膵臓・眼球・その他
って書いてあります。

実際のドナーカードにも書いてありました。すんません。多分、実際のもの見て作ってますね。

自分の浅慮さがいろいろ露呈してしまった汗

>>どの道このシーンは、ドナーカードが重要なんじゃなくて、どうにかして生きていた証を作ろう、死んでも他の人のためになれるようになろう、という意志表示が大事なので、議論するには値しませんな。議論してたらなんだか粗ばかり出てくるw

ですね!良かったシーンに色々いちゃもんつけてる気になってきました汗
なんにしてもこの議論終了の方向で。
2010.05.30 22:32 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">DDDさん"
いえいえw大丈夫ですよb

>実際のドナーカードにも書いてありました。
おやw
ウィキが間違ってるとも思えないし、どっちが本当なんでしょうね。やっぱり、心肺停止直後は大丈夫なんでしょうか。無理矢理ポンプで血液循環作るとかで。

>良かったシーンに色々いちゃもんつけてる気になってきました汗
いちゃもんはつけたくないですからねw
2010.05.31 22:02 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2097-ffa12e53
該当の記事は見つかりませんでした。