FC2ブログ

MENU
アリソンとリリア

アリソンとリリア 第11話「装甲車へ向って撃て」 感想。

ネタバレ予告めぇぇぇぇぇ!
※ネタバレ注意

あらまし
どうにか軍用列車を撃退し、一安心する一行。
しかし装甲車に付けられる。
テロル氏の対戦車ライフルを拝借し、ヴィルが無事狙撃してこれも撃退。
そんな中、イーエンが一行を襲う。これはストーク少佐が撃って危機を脱するが、テロル氏が自殺してしまい、事件はうやむやのうちに幕を閉じた。
しかしヴィルは、ストーク少佐に疑惑を感じえない。

あらまし
「了解。ウサギなら当てられます」
イメージの力ってすごい。

今週の独断MVP
フィー。なんというカメラコンボ。明日から護身用にカメラ持ち歩こう(ぇ

思った事とか感じた事とか
今回の話で、次からの展開を全部思い出しました。
いやーすっきり。
って、結末見る前にすっきりしてどうするよ俺ww

常に緊張感が張り巡らされていた一話でしたね。
特にヴィルが一発目を外したところなんて、まじで焦りましたよ。
まぁ結局装甲車=ウサギって事で撃っちゃいましたがw
ウサギ好きの人は複雑だったのかなぁ。

今回、全員に活躍の場があったのはアニメとしても非常にいい事ではないでしょうか。
結構こういう場合、他のアニメだとフィー辺りが空気になるものですが、アリソンではそんな事はなくむしろフィー大活躍。
いやー時雨沢のおかげだな(結局そこに行きつくのです

ところであのネタバレ予告はどうにかならんか。
まぁどこがどうネタバレとかは言いませんが、ちょっと酷くね?
第1話を見た時のOPのネタバレに比べたら全然マシだけどさ。

本編面白いんだからその近辺で作品を台無しにするような事はないようにしてくれよ……コードギアスがいい例だ

独り言
昨日やっとクラナドがアフターに入りました。
ただ今絶賛早苗さんルート攻略中。
ここからが長いらしいので、気合い入れて頑張ります!
十月に始まるであろうアニメ2期のためにもw十月かどうか分かりませんが。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/210-a5f7d199
アリソンとリリア#11
アリソンとリリア第11話「装甲車に向って撃て」
アリソンとリリア 第11話 「装甲車に向かって撃て」
狙われた武器商人テロル。 アリソンたちはテロルを連れ、切り離した車両でふもとを目指すが…。 次々と追手が迫る――。 死にたくなければ...
アリソンとリリア #11「装甲車に向って撃て」感想
あまりの忙しさに更新もできていませんが わずかな時間を見つけて記事を書きますね 突然襲ってきた暴走列車 ひょっこりセガールでも出てきそうな雰囲気です。 仕込んでいた爆弾でひとまず足を止めることに成功 一安心と思いきや戦車が隣からやってきた 装甲車を...
『アリソンとリリア』 第11話 観ました
なんかね、ミステリーっぽい雰囲気なのだけど…ミステリーっぽさがあんまりしない感じでしたね。キャラクターが減りすぎた所為でしょうかね?ここまで登場人物が減ってしまうと、誰が犯人と言うのはもうあからさまにストーク少佐しかいないですよね。となってくると後は…...
「アリソンとリリア」第11話
第11話「装甲車に向かって撃て」ロクシェの軍事産業にかかわる貴賓室乗客であるテロル氏のもとに脅迫状が届いていた。アリソンらは、ストーク少佐の提案で列車を切り離しテロル氏と共に麓へと急ぐ。だがその列車がスー・ベー・イル軍の機関車に銃撃される。ストーク少佐...
アリソンとリリア 第11話
今回は、軍用車輌に追われた上に装甲車に狙われるお話でした。 怪しすぎるストーク少佐の本当の目的は驚いたものですが、まだ裏があるのはほぼ確定。 またとんでもない列車に乗り合わせてしまったものですよねぇ。 追いかける軍用車に躊躇なく銃を撃って応戦、無駄と...
アリソンとリリア 第11話「装甲車に向かって撃て」の感想。
アリソンとリリア 第11話 「装甲車に向かって撃て」 評価: ── もちろん本気です 脚本 ふでやすかずき ...
アリソンとリリア 11話【装甲車に向って撃て】ちょこっと感想
後ろからは軍の列車が追ってくる!!! お酒を床に撒き、火をつけた車両を切り離し、
アリソンとリリア 第11話 装甲車に向って撃て
ストーク少佐を疑う一同。 射撃の腕ならヴィルですね。 ストーク少佐はヴィルにアリソンについて聞いていましたが、 ムートおばさんを知っているのでしょうか。 ストーク少佐の本当の任務はテロルを逮捕すること。 そのために車掌長を殺したと… テロルの護衛...
アリソンとリリア 第11話「装甲車に向って撃て」
アリソン〈3 上〉ルトニを車窓から (電撃文庫)  ストーク少佐は、本当の目的を皆に告白する。  実は、テロル氏の護衛のフリをしながら、彼を逮捕することが目的だったのだ。  テロル氏は、ロクシェの軍事機密を売り、再び戦争を起こそうとしていたのだった。
該当の記事は見つかりませんでした。