FC2ブログ

MENU
Angel Beats!

Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」 感想!

13話をやりたいんだな、と思った。

 
 
名場面 -best scene-
愛が芽生えた。

名台詞 -witty remark-
「私も、みんなの後を、追いかけたくなってきちゃったよ」
かなりの急展開だったけど、これはいいな。みんなを守るため。妹弟たちと同じくらい戦線メンバーの事が好きになっていたから、みんなを守れて、生きている意味を見いだせた。生まれ変わったらもう別の人というゆりっぺの考えも確かに分かるけど、過去じゃなくて今を見る事が大切だよね。

最高勲章 -MVP-
たくさんの人が活躍したが、やはりここはゆりっぺだろう

卒業するために -it's for graduation-
まずは急展開に次ぐ急展開でびっくりしたというのが一つw
こんなに濃厚な一話はなかなか見られない。初めてAngel Beats!が、もっと話数あれば良かったななんて思ってしまった。

例えば他の作品なら、今回のエピソードが完全なクライマックスとなる(ラスボスを倒し、みんなが助かる)ので、ゆりっぺが影に飲み込まれるまでとその後で2話に分けるのが当然の描き方となるだろう。
実際、尺が取れるならそうするべきであったと、思う。

そういった批判は出てきそうだな。

だがしかし、Angel Beats!は今までの描き方からしてもラスボスを必要としない作品で、戦う敵はいわば戦線メンバーが活躍するために用意されたコマでしかない。
今回出てきた変なあいつもそう。むしろ、「こいつラスボスじゃないですよ」と麻枝准が我々に語りかけてきている気さえするほど、どうでもいい設定だったw

ただ、ラスボスがいないといったって、物語には必ず終わりがある訳で、ボスがラストじゃないならじゃあ何がラストなのかというと、「卒業」だろう。
3話の岩沢の回からその答えはすでに提示してあった。

その提示したものを、音無がしっかり実感する事で作品の向かう先を定め、最後はじっくり「卒業」を描写する。
今のところ、俺が当初期待していたラストが見込めそうで、なんかもう次回が楽しみでならないw
明らかに泣かせに来ているんだが、泣いてやろうじゃないか!

今回の話はいわばその準備運動みたいなもので、「卒業」するために邪魔な障害を排除したって感じかな。
その中でゆりっぺについても描き、人生の否定から肯定までをやり切った。

願わくは本当にあと1話ほしかったところだが、こればかりは尺の問題だからここで文句垂れてもしょうがないだろう。
麻枝准や岸監督も大変だったに違いない。
1話の流れとしてはすごく良く出来ていたので、まとめ切ったところを評価したいな。

しかし本当に楽しい -SSS members-
いやほんと、登場人物が多いというのはデメリットとみなされがちだが、それと反比例してこういう展開は熱くなるなぁw

ガルデモ含む、前線メンバー以外のやつらは消える事を選んだようだが、前線メンバーは残って戦う事を選んだ。
だってゆりっぺが戦っているもんね。

戦闘シーンは前回と似たようなシチュエーションだが、意味がまったく違う事に注目したい。
前回は防御に回っての戦闘だったが、今回はどっちかというとこっちから攻めて行くような感じ。マジ燃えた。作画も相変わらず素晴らしいし、一枚絵はいちいちかっこいいし、散々黒幕疑惑をかけられた松下五段がめちゃくちゃかっこよくなって帰って来たしw

かなでが奥から手前に飛んでくるようなカットが二回もあったが、こちらもセンスが感じられてビビっときた。だがしかし今回もかなではどっちかというと裏方。しょうがないよね、今回はゆりっぺの話だもんね。

あと1話欲しかったとは言ったが、その分すごく濃密であったし、1話の中に魅力がぎゅうぎゅうに詰め込まれている印象があったので、やはり今回も面白かった。
そしてヒトミちゃんがなんか可愛いぞ。

俺のゆりっぺは相変わらず可愛い。乱れた服を直すところとか悶え死ぬかと思ったw しかし服を乱した女の子を目の前にした男子三名が特に何の反応もしていなかったのは、野郎共を責めるべきなのかゆりっぺの色気がないと判断するべきなのか……

最終回、どんな「卒業」を見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。wktk。

追記:
我々ブロガーが集まっていろいろ書いていく共同ブログ企画「アニプレッション!!」にて、ヨークさんがものすごい記事を書いています。

ゆりっぺの心情を補完してみせた、驚愕とも言える内容。
これは一読の価値ありです。むしろこれ読んでみんなゆりっぺの事好きになろうぜ!

つぶやき -soliloquy-
DVDもすごい楽しみ。
特典が満載すぎるぜ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
12 Comments
ひろ "感想の感想。"
禁書2期の話題からワープしてきましたw

今回の話は本当に面白かった。
おそらく、というかほぼ確実に、来週はバトルでは無く、本格的に泣かせにくる展開が待っているでしょう。
でも、それでも観たい。いや、だからこそ観たい。バトル厨の俺にそう思わせてくれるような力が、この作品にはあるんでしょうね。とっても惹きつけられます。

今回の話。
幾つか書きたいことはあるのですが、絞って、端を折りつつ感想を書いていこうと思います。

まずは、序盤。
超電磁砲最終回のような導入から、あらかじめ前線メンバー以外の結末を補完しておく。
ガルデモメンバーのセリフは胸に来た。できれば、音無たちと一緒に卒業してほしかったです。

そして中盤から終盤にかけては、バトル、バトル、バトル!!
松下五段の変貌すごい。TKに「才能ない」って言われたのが悔しかったのでしょうか?
そして、藤巻や大山までかっこいいという!!

神酒原さんの言うように、奏ちゃんは比較的後方支援だったような気がします。
その代わり、魅せるところはしっかり魅せる(笑)

では、誰がメインなのか?

そう、神酒原さん御贔屓の、ゆりっぺです!(笑)
ヨークさんの記事も読みましたが、良くも悪くも、今まで周りを振り回してきたゆりの、本当の思いに、感動せざるを得ません。
でも、俺は奏派です!奏ちゃんマジ天使!!ww

…長くなりましたね、すいません。
次回はいよいよ最終回。
さぁ、泣いてやんよ!!
2010.06.19 12:29 | URL | #- [edit]
名前を入れてください "misspelled"
        ○members
2010.06.19 14:33 | URL | #s48xcqFo [edit]
神酒原(みきはら) ">ひろさん"
「感想の感想」とは、懐かしいフレーズ……

今作においてバトル要素は、前半においてSSSと天使の対立構造を明確化する役割と、記事にも書いた通りただ単に「活躍の場」でしかないですので、最後はそういうのを抜きに展開するのはある意味当然と言えますね。
そこを、バトル厨のひろさんに「見たい」と思わせるのは、なるほどすごいのかも知れませんw

>あらかじめ前線メンバー以外の結末を補完しておく。
音無の言葉に耳を傾け、素直に納得して卒業していった彼らがいた事が、僕は嬉しいです。
確かに、みんなそろって卒業が良かったのかも知れないですけどね。
それだけガルデモとして過ごした日々、またそれ以外のメンバーにとってはSSSとして過ごした時間が有意義なものだったという事でしょう。

松下五段はほんとTKと仲良しですよねw
EDの絵でTKと同じポーズ取ってたのにはワロタ。ダンスも上手くなってたりするんでしょうかw
藤巻が最後の最後に意地でかっこいいところを見せてくれるのはなかば予想していましたが、大山くんは予想外だったので痺れました。そういや彼1話でも狙撃手してたんだった。

>良くも悪くも、今まで周りを振り回してきたゆりの、本当の思いに、感動せざるを得ません。
SSSのリーダーとして、この世界でみんなを率いてまとめる。その行為がゆりっぺにとっての青春となっていたんでしょうね。
いやほんと、中盤空気だった事もあるんで、しっかりと終盤メインヒロインになってくれて嬉しい限りですよw

>でも、俺は奏派です!
やはりかなでは強いかw
魅力度はんぱないですもんね。私情を無視してキャラクターを評価すると、やはりかなでが一番魅力の詰まったキャラであると言わざるを得ません。

最終回、どう描いてくるのか楽しみですね!
2010.06.19 14:41 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">No Name"
Are you foreigner?
Thanks!

英数字が多いとスパム扱いされるから、日本語でもレスします。
ありがとう、修正しておきました!
2010.06.19 14:48 | URL | #- [edit]
ひろ ">神酒原さん"
珍しく一日の中で再出現です。ひろです。

>音無の言葉に耳を傾け、素直に納得して卒業していった彼らがいた事が、僕は嬉しいです。
まったく持って、同じ思いです。『新入り』である、音無の意見を皆が聞いてくれたのは、それだけ信頼が厚かったからかもしれません。
まぁ、共通のリーダーであるゆりが、音無を特に信頼していたこともあるかもしれませんがw

>EDの絵でTKと同じポーズ取ってたのにはワロタ。
同じく爆笑しましたww
あと、今回のEDにはユイと岩沢が!!
笑いの中にも、どこか寂しさや切なさを織り交ぜるのが、ABの魅力の一つのような気がします。

>中盤空気だった事もあるんで、しっかりと終盤メインヒロインになってくれて嬉しい限りですよw
wwwwwwwwwwww
…いえ失礼。
ホントに、「この作品って、実は天使がメインヒロインなんじゃないか?」なーんて、友達と真剣に議論しました。
インなんとかさんや、バカテスの姫路、今回のゆりなど、最近のアニメはメインヒロインが空気になる傾向でもあるのでしょうか?w

…いや、何を言ってるんだ俺は。
禁書のメインヒロインは御坂美琴、バカテスは秀吉、ABは奏じゃないか!!

まぁ、一番は五和ですがねww
五和かわいいよ五和♪

ではまた!!
2010.06.19 16:49 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ひろさん"
た、確かに珍しいw

ゆりっぺが音無に信頼を置いていたのが、大きいところもありましたね。どういう感情があったかは分からないけど、ゆりっぺが妙に音無を贔屓しているところが、何気に嬉しかったりもします。これは個人的な感覚かもしれない。
ひさ子とのタッチは痺れましたなぁ。あまりにも馴染みすぎていたので、音無が新入りであった事を忘れていたw

>今回のEDにはユイと岩沢が!!
ですよね!
ゆりっぺを除いては(というか序盤ではダントツに)岩沢さんが大好きだった僕は、もう大歓喜ですよw
今後見られるなら(その可能性はものすごく低そうですが)、卒業後の後日談みたいなものは岩沢が一番見たい。いや、やっぱ日向とユイか……?

>ホントに、「この作品って、実は天使がメインヒロインなんじゃないか?」なーんて、友達と真剣に議論しました。
確実に、中盤まではかなでがメインヒロインでしたよw
僕はゆりっぺ派ですが、これは認めないといけない。また、かなでをしっかり掘り下げる事によって物語にしっかり厚みが増したと思うので、これで良かったと思っています。

まぁ、メインヒロインというものは、ただ「多く出ている」だけがメインではないのですよ。
肝心なところで、大事なところでしっかり出てくる。それがメインヒロイン。
……あれ、でもそうだとしてもなんとかックスさんはメインとは言えないような……?

五和が最高という事でいいですね。
2010.06.19 20:04 | URL | #- [edit]
toto ""
今回も面白かったですね.テンポが良くて自分は好きです。
シリーズ進むにつれてアクションシーンが段々良くなって嬉しかったです。ギャグも好きですがw
キャラがみんないい味出してましたが、途中参加なのに直井がかなりいい味出て自分の中でTK超えましたねw
次は最終回、世界の構造は謎のまま終わりそうですが、音無やゆり達の物語はきっちり終わらしてくれそうで楽しみです。もう終わると思うと寂しいですね。

2010.06.20 15:18 | URL | #- [edit]
ひろ ">神酒原さん"
お返事ありがとうございますm(-_-)m

>ひさ子とのタッチは痺れましたなぁ。あまりにも馴染みすぎていたので、音無が新入りであった事を忘れていたw

ですよね!!
さすがは姉御、いいキャラしてます。
でも、あの三人はもっと出番欲しかった…。

>今後見られるなら(その可能性はものすごく低そうですが)、卒業後の後日談みたいなものは岩沢が一番見たい。いや、やっぱ日向とユイか……?

日向とユイはメチャメチャ観たいです!
でもそれ以上に気になるのは…

奏の過去。そして生前、どんな暮らしをし、ここに来て、天使として活動するようになったのか。
最終話で語られるだろうか?難しいかな(^_^;)
でも、チラリとでも見せてほしいです。

>僕はゆりっぺ派ですが、これは認めないといけない。また、かなでをしっかり掘り下げる事によって物語にしっかり厚みが増したと思うので、これで良かったと思っています。

確かに。
どちらかというと、天使を掘り下げていくうちに、気づいたらゆりっぺも堀り下がっていた印象ですがw

>……あれ、でもそうだとしてもなんとかックスさんはメインとは言えないような……?
五和が最高という事でいいですね。

さすが、分かっていらっしゃる。
でも、インテラパックスさんをあんまり虐めちゃダメですよ?
そして、五和は俺の嫁、いや既に妻です♪

それでは!!
2010.06.22 00:03 | URL | #- [edit]
紫夜 ""
こんばんは。

今回は賛否両輪だったみたいで、私としても手放しで褒めちぎれるわけでも決して全肯定まで出来るワケでもありませんでしたが、悪い点は悪い点で受け止め、それらを踏まえた上でもそれ以上に、見どころ・光る一面があり、考えさせられ感動させてもらいました。

今回の話を見て、ABは最近の作品で「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」にどことなく似てるかなと個人的に思いました。
全容を表さない、説明されすぎない世界観についてや、悲しいことにあまり多くの方からは高評価が得られていない点など、特に理不尽だった自分の人生の何を見出すかという点で、ソラヲト7話でのフィリシアの「世界に意味がないなら、自分で見つければいい」というセリフを思い出し感動が増しました。

ABは視聴者の見方・捉え方によって評価が大幅に変動する作品でしょうが、私は賛否含めて、作品の懐の深さかなと捉えています。視聴者側が作品を評価するのではなく、作品によって私達の見る力・理解度・どれだけ汲み取れているかを試され、評価される非常に面白い作品だなと思いました。

この作品で、理屈で考えることももちろん大事ですが、アニメに限らず物事を純粋に楽しむ・感動することの大切さ・尊さを教えられ、思い出させられました。
理屈を抜きにしても、心に訴えてくるものが確かにあったので、少なくとも私にとってABは紛れもない"本物"でした。

ガルデモのひさ子のサバサバした態度や言葉には心が温まり、戦闘シーンでの一人ずつの登場・見せ場は最高に燃えました。ED一枚絵も日向&ユイコンビや岩沢の姿に泣きそうになりました。

特に、ゆりのシーンはどれも見応えがありました。ゆりの本質・根底あったものは常に"愛"で、この作品で"愛"が一番深いのは実はゆりなのではないかと感じられました。姉弟達への愛が強すぎたからこそ、正反対の負の感情、神への憎しみ・反抗に繋がり、SSSの仲間を守りかったからこそ、かなでへの猜疑心に繋がったのだと思いました。
それ故に、パソコンを銃で撃つシーンで、自分の為ではなく仲間の為、過去の為でなく現在の為に銃を乱射したのは震え上がり鳥肌ものでした。ゆりの愛が、過去から無自覚だったであろう現在へ確かに変わった瞬間を見ました。
ゆりにとってのラスボスは、どうやらゆり自身(の過去)だったようですね。

次回で最終回なのが名残惜しいですが、全力で楽しみ、感動したいと思います。
長文を失礼しました。
2010.06.22 01:40 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">totoさん"
二日もレスが遅れてしまい、非常に申し訳ない><
いろんな事してたら時間がなくなってました。

なんだか、スタッフが作画にこなれてきている印象を受けますね。アクションに限らず、キャラの演技がどんどん素晴らしくなっていっています。1話のころ散々言われたのは何だったんだ……w
ギャグはもう最高ですね。序盤のうちにAB流ギャグに慣れてしまったので、楽しくて仕方がない。

直井がTK超えですかw
確かに直井は面白いキャラクターですが、僕はそこまでじゃないですw
世界の構造なんかは、正直明らかにならんでいいです。むしろ今回、Angel Playerの秘密が明かされた事自体僕はびっくりだったりします^^
終わってしまうのは至極寂しいですが、物語の終わりをしっかり見届けたいですね。
2010.06.22 10:02 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ひろさん"
三人の出番がもっと欲しかった、というのは否定できないところですね。
でも、多くのブロガーが「ガルデモの存在意義は?」とか疑問に持っているのが非常に残念だったので、彼らの存在意義について、最終回後にまとめてみようと思いますので、良かったらそちらもご一読を。

かなでの生前は確かに気になりますが、どちらかというとこの世界から無事に卒業出来るかどうかが問題なので、触れるならチラリ程度でいいです。あ、触れないと卒業できないのかw
彼女がこの世界に残っている理由はとても気になります。
音無と同じようなもんだと思ってたけど、もしかしたら違うのかな?

>天使を掘り下げていくうちに、気づいたらゆりっぺも堀り下がっていた印象ですがw
天使が分裂してしまった辺りでは、さりげない描写とかがありましたな。
ゆりっぺについては、掘り下げたというよりは「キャラ付けをした」という印象です。どっちかというと2話がゆりっぺの掘り下げエピソードなんじゃw

そうですね、インペリアルドラモンさんこそがメインヒロインなんですからね。

しかし残念だったな、五和は俺の横で寝ているよ。
2010.06.22 10:08 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">紫夜さん"
そもそも、全肯定できて手放しでほめちぎられる作品がいかほどあるかという話ではありますが、おっしゃる通りですね。1話の間にすごく多くのものが詰め込まれていて、「実質最終回」の名に恥じない出来だったと思います。いや、こんな名前ないと思うけどw

>ABは最近の作品で「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」にどことなく似てるかなと
これはすごく、僕も思っていましたw
作品世界の全容を明かさなかった事が、どういう訳か批判につながっていましたね。理詰めで説明されたら「説明セリフが」どうのこうの言い出すくせに、と当時はピキピキしたもんですw
ABももしかしたら、その理由で批判されたりするのでしょうかね。まず間違いなく来週、世界の秘密なんて明かされないと思うので(まぁ絶対とは言えませんが)、「全部を明かす必要性はない」という事を記事で書こうか考え中です。
フィリシアのセリフは納得。こういうところで類似性があると、感動が増していいですねw

>ABは視聴者の見方・捉え方によって評価が大幅に変動する作品でしょうが
この点については、「アニプレッション!!」にておはぎさんが面白い記事を書かれていますね。インドカレーの話。もしかしたら、もう読まれたかな?

むしろこの作品は、理屈で考えたらどうしたって理解出来ないところがついてくると思います。
かなでが、たくさんの意識の中奇跡的に助かって出てくるところとか。実際、これで冷めたという人もいますし。
フィーリングで楽しむべき作品というのはこの頃割と少なかったと感じるので、ABは貴重な作品にもなるんじゃないかな、とふと思いました。
僕にとっても本物ですw

ひさ子の言葉は良かったですね。なんつーか、「ああ、こいつらちゃんと青春を送れたんだな」なんて、安心してしまいました。ED絵もヤバかったですね。ほんと、みんながそろって感動増し増しw
岩沢とユイどころか高松までいましたよb

>姉弟達への愛が強すぎたからこそ
だからこそ、一度影に飲み込まれた時、その幸せな光景に抗う事が出来たんですね。
恐らく高松はこれに抗えず、そのままNPCにされたものだと思われます。
いやほんと、ゆりっぺのシーンは良かった。まったくもっておっしゃる通りです。音無の出現によって発生したバグですが、確かに一番強い愛を持っていたのはゆりっぺだったでしょうね。
銃の乱射シーンは、以前求めていたもの(世界の掌握)の象徴であるハートマークのついたディスプレイを破壊しつくす、というところでも、実に印象的なシーンでした。
本当、ゆりっぺが救われて良かった。
記事には書かなかったけど、Cパート保健室で目覚めた時のゆりっぺの顔が可愛すぎて危うく卒業してしまうところでしたw

長文むしろ、ありがとうございます。
ほんとう、アニメって何で終わるんでしょうね。どうせ終わるなら、全力で楽しみたいですね。
2010.06.22 10:22 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2135-e5c81822
Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」
そして、最後に愛は勝つ!! かなり強引だけど力技でねじ伏せにかかった感じです! という事である意味最終回っぽくもあるAngel Beats!、第12...
Angel Beats! 12話 「Knockin' on heaven's door」
愛の賛美歌
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」
新たな脅威に対抗してまだまだ抗う者、心の充足を受け入れる者。「Angel Beats!」の第12話。 数を増す影をひたすら撃退する奏。 音無達は今のう...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想
あたしも皆の後を追いかけて行きたくなっちゃたよ 長い間、お疲れ様。お姉ちゃん 今回がクライマックス!黒幕との対決!? ゆりの物語に...
■Angel Beats!【EPISODE.12】Knockin' on Heaven's door
Angel Beats! #12の視聴感想です。 守護天使。 ガルデモ。 一途な恋。 幻想世界。 新世界の神。 長い間お疲れ様、お姉ちゃん。 ↑さぁポチッとな
AngelBeats! 第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想と解説
AngelBeats! 第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想       えーっと・・・・なんだって??   一回見ただけじゃ理解できねーwwww ...
Angel Beats! 第12話
[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.12 Knockin' on heaven's doorいよいよクライマックスこの状況からどう終わらせるのか見物ですまずはガルデモひさ子達今までガルデモメンバーとしてやっ...
【石田彰】KnAngel Beats! 第12話 「knockin' on heaven's door」【感想】
サブタイトルはボブディランの曲から拝借されてるのかな。 TKを指して「それボブディランじゃん」みたいな台詞もあったし。 ネタバレの回。...
Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door
 ひさびさの松下がちょっと格好良くなっていて驚きました。
アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想
アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 一番の謎であった”この世界”...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」感想
そうか、愛なら仕方がない。
Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」感想 キャプチャ
この記事は”Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」”の感想を書いてます。 キャプチャしてありますのでネタバレ注意でお願いします。 なるほ...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
 おっ、やべ・・・  毎回、今回はどうなるのかなって観る前にドキドキしてしまうんですが、  今回は観ながらおおすげえな、っていう...
『Angel Beats!』#12「Knockin' on heaven's door」
「私がここまでやってきたのは、 みんなを守るためなんだから!!」 突如現れた、第三勢力のものと思われる影。 その出現によって、SSS...
[感想][アニメ]Angel Beats! 第12話「Knockin’ on heaven’s door」視聴
黒幕 ガルデモ成仏彼女らはなんだったのだろう初期こそ音楽物っぽい雰囲気あったけど途中からすっかりフェードアウトしてしまったしどうせ消えるなら最後まで他のメンバーと一緒に戦ってほしかったような 途中ゆりっぺの想いが爆発したり天使ちゃんが爆発したりしたけどなん
[アニメ感想] Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door
Angel Beats! 第12話。 戦線のメンバーが選んだそれぞれの道、 そして神を気取る真犯人の正体とは―――。 以下感想
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」感想
人間とは かくも素晴らしい存在なのか? 妹たちの言葉に号泣です。 さて 今回は奏ちゃんが翼を広げて空を翔けるシーンから 始まりました、一体何を想いあの場所に佇んでいたのでしょうか。 奏ちゃんの影との戦いでの決めポーズが良かったです。 Y、ハイ出来ました♪とい...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想
愛は勝つ―
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」
※画像は全てクリックで拡大 OPの奏の飛ぶシーンが幻想的なのにその後がw 地上で戦う音無達 そこに音無の意思を受け入れた仲間達が参戦 松下五段はいったいあんな短時間でどうやってハンサム君になったというのだw 画像は作れてなかったので後程。 そして...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 の感想
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] by G-Tools アスミスを返して下さい ※若干批判的感想になってますので嫌な人は見ないで下さい -...
Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」
卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...
「Angel Beats!」12話 Knockin' on heaven's door
なんていうかいろいろツッコミを入れたくなるなぁ…。 でもツッコミを入れたら負けのようなそんな気もするし…。 だけどやっぱりちょっとだ...
Angel Beats! #12 Knockin' on heaven's door
ガルデモは心を潤してくれる。 リリンの生み出した文化の極みだよ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細...
Angel Beats! 12話 『Knockin' on heaven's door』
Angel Beats第12話。ゆりの物語についてはこれで一応の決着はついたのでしょうか。 …やはりこの作品は13話では足りなかったと思います。描写不足...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
ラスボスのキャストは、あまりにも当然すぎる配役で笑ったw ※ちょい批判的な記事ですので、ご注意ください。TBは返信のみで。
[アニメ]Angel Beats!:第12話「Knockin'on heaven's door」
過去の束縛からのようやくの解放。そして、切り拓く未来。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
戦線メンバーに接触を図ろうとする音無たちだが・・・。 外に出ると待っていたのはガルデモを筆頭にした音無の意見に賛成した者たち。 「...
(感想)Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
Angel Beats! 第12話  「Knockin' on heaven's door」 【キャスト】  ・音無   神谷浩史    ・椎名    斉藤楓子  ・ゆり   櫻井浩美...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
「ありがとう、もう十分だよ」
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
影との戦い!そして、ゆりの卒業! ラスボスはとっても美形! 松下五段も実は美形?(*゚д゚*) 影を生み出したラスボスの正体は、愛を失った...
Angel Beats! 第12話
ガルデモのメンバーは全員成仏していきました。 この3人、あまり出番ない上に最後はあっあり消滅ですか。 個人的に遊佐しか印象に残ってな...
Angel Beats! EPISODE.12 Knockin'on heaven's door  レビュー キャプ
クリックで別ウインドウ原寸大表示 夜明けの中、奏がかっこよく校舎の屋根から影を討つ為に地上へ 飛んでいくシーンから始まった今回のAngel Beats!。OPはなし。 どうやら、奏が影と闘ってくれている間に、音無達は全戦線メンバー達に 会ってまわって、成仏の説得工作を
Angel Beats! 第12話
Angel Beats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 ≪あらすじ≫ 理不尽に奪われた弟妹たちの命。だからこそ、ゆりは彼らの為だけに生き、そんな奪...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想
 今回は戦線メンバーの影との総力戦。戦う面々の姿がカッコよかったです。黒幕は一体誰なんでしょうか。今回は見せ場が多くて観ていて飽きませんでした。やっぱり仲間はいいですね…。
Angel Beats! #12「Knockin' on heaven's door」感想
ガルデモが突然の消滅宣言踏ん切りがついたとか納得出来たとか言ってるけどただ単に作者に都合のいいキャラになってんぞー何に納得出来たのかWhyが圧倒的に抜けています。途中ゆりがNPCになりつつあったが回避都合よくゆり一人が進み第二コンピュータ室に入る新キャラの登...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 青春っていったら恋じゃない@後編
そして、謎が明らかになる・・・。 まさか、今回の引き金になった物が、○というのはかなりの盲点でした・・・。 個人的には、あぁ...
AngelBeats! 第12話 『Knockin’on herven's door』 感想
書きたいことはたくさんあるのですが、他のブロガーさんも長文書くでしょうから、なるべくシンプルに2点に絞って書きます。「神について」...
Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第12話 感想「Knockin' on heaven's door」
Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」
天使ちゃんマジ神々しい。 音無の言葉に納得したガルデモメンバーは成仏することに。 「酷い歌だったなぁ」とユイにゃんに苦笑すると...
Angel Beats! 第12話
Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 日向:...
AngelBeats! 第12話「Knockin'onheaven'sdoor」
新たな敵の出現--------------!!これが最終決戦となるのか。まずはガルデモのメンバーが音無の言葉を受け入れたよう。でも、自分たちが音無に説得されて消えたのではのではなく納得し...
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」
『愛』が生まれた日。 ためらわない事さ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る
Angel Beats!第12話 「Knockin’on heaven’s door」 感想
アツいSSSの戦い。孤独な戦いが終わりそうなゆりっぺ。別次元の奏。 そして個人的には夕日と共に見送るガルデモに涙した回、でした。
Angel Beats!の原作者、麻枝准のシナリオはインドカレーなのか?インドカレーの限界に挑戦する。
こんにちは。おはぎです。いよいよ来週を残す所となったAB。このABの作劇を考察するにあたり、原作兼脚本の麻枝准について以前こんな記事を書きました。その中で麻枝作品のシナリオを...
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」
この世界は、愛を知るための世界。 分かるような分からないような、そもそも大して説明にもなっていなかったような気がしますが、 一応...
Angel Beats! 第12話「Knockin'on heaven's door」
Angel Player―愛を追い続けた孤独な男の遺産。 これは愛と死の物語。
【Angel Beats! 第12話-Knockin' on heaven's door】
愛がなければ見えないモノ。
Angel Beats! 第12話「Knockin' on Heaven's Door」ゆりっぺ・・・消えるのか・・・?
Angel Beats! 第12話 「Knockin' on Heaven's Door」 見ましたよ~ってことで、いつもの如く感想をば 今回とうとうガルデモメンバー(+その他)が...
Angel Beats!第12話「Knockin' on heaven's door」感想
死後の世界に突如現れた影の大群、 戦線メンバーを守る為に奏がその圧倒的な力を持って影を蹴散らし その間に音無達は戦線メンバー全員に会...
Angel Beats! 第11話「Change the World」 今更感想のような画像貼り付けのような
今日はいよいよ最終話。という事で、今更ながら11話の感想のようなものを。ここにきてやっぱりドタバタ感が感じられるAB。やっぱり、1クールでやるにしては登場人物多すぎだったような。特に今回、おざないでNPC化されちゃった奴なんか、話の説明の為の犠牲のような位置
Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」 今更感想のような画像貼り付けのような
今日はいよいよ最終話。という事で、今更ながら12話の感想のようなものを。いよいよ大詰め、成仏ラッシュwガルデモ消滅は、なんとなく時期的にしょうがないんだがあまりにもおざなりすぎないか?何より前回居た沢山の戦線メンバーモブの方々。ガルデモは多少強引でも複線...
このサブタイトルは、けっしてボブ・デュランの曲名でも福岡の某葬儀会社CMのキャッチコピーでもなんでもありません。 Angel Beats!第12話『Knockin' on heaven's door』
 今回のAngel Beats!第12話タイトルを見て、おれはボブ・ディランよりもこっちが頭に浮かんだ!  これはけっして冗談でもなんでもなく、マジ...
このサブタイトルは、けっしてボブ・デュランの曲名でも福岡の某葬儀会社CMのキャッチコピーでもなんでもありません。 Angel Beats!第12話『Knockin' on heaven's door』
 今回のAngel Beats!第12話タイトルを見て、おれはボブ・ディランよりもこっちが頭に浮かんだ!  これはけっして冗談でもなんでもなく、マジ...
該当の記事は見つかりませんでした。