MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀末オカルト学院

世紀末オカルト学院 第8話「まんま亜美~ヤ!」 キャプ付き感想!

キャプ付き版です。試用期間中。

 
 
(※画像は紹介のためのみに使用しており著作権侵害の意図はありませんが、著作権者様から指摘があった場合は速やかに削除いたします)

オカルト学院8話1

通常感想はこちら。
というか本当はけいおんとか学園黙示録でもキャプ付きで書きたいんだけど、何故かオカルト学院しか今のところ書いていないという。



オカルト学院8話2

亜美はこの時、マヤに放課後に皆神神社へ来るように言いましたが、この時すでに亜美の中では仲直りするつもりだったんですね。
全部見てから以前のセリフの意味が分かる、今回はそんな脚本の妙を見せられました。



オカルト学院8話3

亜美「それがアンタの答えなの? マヤ……」
このセリフも最初聞いた時はイマイチ分かりませんでしたが、全部見終わった後だと意味が良く分かります。
なかなか来ないマヤに対して「仲直りするつもりがないのか?」と思ったんですね。そう思うとセリフ回しが神だな、今回と前回の砂山さんは要チェックだな。



オカルト学院8話4

当然マヤにも「仲直りするつもり」はある訳で、やってきます。
途中忘れていたのは、牛の事件を調べていたからか。うっかりさんすぎるぜ。

いざ境内で会ってもなかなか仲直りを切り出せないのは、二人とももうある程度大人になって素直になり切れないのと、こずえが勘違いして引っかき回していったからですね。
こずえはギャグ要員であると同時に、物語のいい潤滑剤。



オカルト学院8話5

今度は大量のチュパカブラが引っかき回してくれました。
しかし気持ち悪い。モスマンといい、生理的嫌悪感をもよおすデザインですなぁ。



オカルト学院8話6

この時、ガチで「うわやばいもう駄目だ」と思った。
この一瞬で亜美が死んで亜美ルートバッドエンドでマヤがいろいろ後悔するラストまでを想像してしまった俺マジ馬鹿野郎。

親玉チュパカブラが亜美をさらっていったのに大した事もなく助かったのは最初は「強引じゃね」と思ったけど、よくよく見たら子ども達にあげるためですね。だから最初にある程度血を吸って気絶させたんでしょう。
ちなみに人間の致死量は全体の量の3分の1……って、どうでもいいか



オカルト学院8話7

超可愛いですね。



オカルト学院8話8

車運がない文明さんw
反対に女性陣はキリッとしてますなぁ。こずえは一体何の役に立ってくれるのか皆目見当もつかず、案の定チュパカブラに血を吸われただけでした。



オカルト学院8話9

そんな文明も、やる時はやるのです!
いやぁここは正直痺れたぜ。その直後にマヤが文明の背後のチュパカブラを撃ち抜いてなんかギャグっぽくなってたけど、ここ一連のシーンは「背中を預け合っている」という事の暗示にもなっていて、とてもいいシーンだった。

ブログ回った時に、このシーンに触れている人があまりいなかったんだよなぁ
そんなにJKが面白いか! いや面白いけどさw
キャプするの忘れたから今のうちに書いておくが、戦いが終わった後に文明が「ああ、俺生きている……」みたいな事言ってたけど、これは以前モスマンの時一人逃げ出して同じように「生きているって素晴らしいー!」と叫んでいたシーンの対比かな。
文明もちょこちょこと男をつけています。



そしてここからが、触れているブログが(見た限り)一つもなかった、そして俺が通常感想でベタ褒めしたスマイルの攻撃カット!

オカルト学院8話10
走っていった後に踏み込んで振りかぶり、

オカルト学院8話11
近づいてきたチュパカブラにタイミングを合わせて振り回します。

オカルト学院8話12
カメラの目前で命中! 画面もしっかり揺れて迫力があります。

オカルト学院8話13
見事ふっ飛ばしました!

オカルト学院8話14
カットはまだ終わりません。

オカルト学院8話15
画面直前まで体がスライドし、巨大六角レンチが振り切るまでの「予備動作」を1カット内でしっかり描いています。

ああ、静止画で見ても超かっくいいなぁ。
このカットは特別作画力が投入されているという訳でもなく、良く動いてはいますが特筆すべきほどではありません。
絵作りだけでこの迫力。やはりオカルト学院は底が知れない!

これの直後のJKのカットばかりに突っ込むブログばかりだったのだけど、もっとこういうカックイイシーンをほめたたえようぜ!
俺なんてこのカットだけ何度見たか分からないくらいだ。



オカルト学院8話16

一見一発で吹っ飛ばされて「弱っ!」と総ツッコミを食らっていた親玉ですが、良く見なくても首に釘がしっかり刺さっています。
父ちゃんが撃った釘の数は銃声から五本、四本を首に撃ちつけて五本目で額を撃って吹っ飛ばしたんですね。

速すぎて確認しづらいけど、別に弱いわけでもご都合的にさっさと倒した訳でもないです。ぬかりねぇな。



オカルト学院8話17

キーワードがイカス!
ここで皆神神社がマヤと亜美の昔からの仲直りの場所である事が明かされ、今回の全ての流れがつながりました。
わりとあっさり仲直りしちゃったように見えたマヤと亜美だけど、こういうギミックがあると唸らされます。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2307-de40f9e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。