FC2ブログ

MENU
とある魔術の禁書目録II

とある魔術の禁書目録II #05「蓮の杖(ロータスワンド)」 キャプ付き感想!

今回はキャプちょっと少なめ。前回・前々回が多すぎましたw 原作ネタバレはありません

 
 
(※画像は紹介のためのみに使用しており著作権侵害の意図はありませんが、著作権者様から指摘があった場合は速やかに削除いたします)

闇咲のエピソードを除くと、二期一つ目のお話がこれにて終了。
4話はなかなかいい尺だったのではないでしょうか。禁書目録は説明しすぎると冗長になってしまう場合があるからね、今回も既読者が「あのシーンがこのシーンが」と残念がっているけど俺はこれで満足。

通常感想はこちら~



禁書目録 勢力図1

通常感想でも貼ったけど、今回の事件の簡単な勢力図です。
原作を確認せずに作ったので、若干の間違いはあるかも知れないけど、アニメだけを見ている場合にはこれで問題ない。
今後また組織関係などが複雑になったら、また作ろうかと思っています。今度は早めにw

今回がまさにそうでしたが、二期の禁書目録は集団戦が増えるのですよねぇ。
原作の10巻辺りまでを一気読みしたので、あまりそういう違いは意識していなかったのですが、確かにその通り。
思えば一期は全ての戦いが1対1でしたな。いや、1対1でもないか。エンゼルフォールなどでは親父さんなどが戦っていたり、シェリー戦ではすでに集団戦をやっていますね。



禁書目録II 5話1

ここのオルソラが素敵すぎて惚れた……
ったく、アニメは常に絵が見えているからほんといいよね。この辺はラノベには決して真似出来ない。
この絵を見ているだけで幸せになりそう。オルソラの笑顔はいいよなぁ、原作読んでいる時はそういう感覚なかったのでマジでアニメ化スバラスィ。



禁書目録II 5話2

「心配してくれるの?」と不思議そうなインデックス。このステイルを見上げるカットがとてつもなく可愛いところではありますが、ステイルの胸中を思うと実に切ないシーンであります。
こうやって想い続けていればインデックスのイメージも良くはなると思うけど、かつての位置には戻れないのですよね……上条さんに「今以上に強くなれ」と迫るステイルの背中が泣いているぜ。

さてさて、オルソラの見つけた法の書の解読方法は結局ダミーだったという事で、脅し作戦も使えなくなりました。
なんだかこの事でオルソラの存在意義が……てな感じになってしまったけど、禁書目録において過程は過程に過ぎなく、オルソラの考えこそが大事なのですよね。争いを嫌って、法の書を壊すためにその中身を調べた……まぁ、今のところ法の書が悪用される心配はない訳ですから、それが分かっただけでもおkという事で。



禁書目録II 5話3
禁書目録II 5話4

ついに破られた扉に警戒をマックスにする上条陣営と、扉を突き破って突撃してくるアニェーゼ部隊。
両陣営を交互に横から移すカットは実に効果的で、一瞬でこちらの緊張感をも高めてくれます。スローモーションで侵入する演出も怖さが出ていてGJ。今回のコンテは二瓶勇一さん、オードソックスな手ですが効果的に場を盛り上げる絵作りはさすが。



禁書目録II 5話5

めちゃくちゃ痛そうなアニェーゼの攻撃!
エフェクトがとても効いていますなぁ。今回のエフェクト作画監督は柳隆太さん、今回どころか毎回のエフェクト作画監督ですねぇ。二期のキーアニメーターでもあります。原画にも参加。



禁書目録II 5話6

うわぁ悪い顔だw
明確に「悪役」に仕立て上げてきますねぇ。ちょろんと入った回想からアニェーゼにも辛い過去があった事が仄めかされていますが、単純な「実はいい人でした」にならないのが好感の持てるところです。



禁書目録II 5話7

うげぇ……
思わずお腹を押さえたくなります。後で緊張の糸が切れた時に気絶しましたが、これだけの攻撃を食らって立っていられる上条さんはもはやファンタジーのレベル。
これは皮肉でも何でもなくて今後上条さんの描写は文字通りファンタジーになっていくのですが、まぁそれは今後の話ですね。



禁書目録II 5話8

見えた!(コラ
今回のエフェクトはマジでかっこいいっすなぁ。後のイノケンティウスしかり。アニェーゼの攻撃は無機質かつ地味になりやすいから、エフェクトでカバーでございます。



禁書目録II 5話9
禁書目録II 5話10

見事なアッパーカット!
殴る瞬間に画面全体がブルーになるのはコンテの二瓶さんの演出かな? 同じく二瓶さんの担当した禁書目録一期におけるアクセラレータとの戦いでも、最後の一撃は画面の色が変わってメリハリをつけていました。



禁書目録II 5話11

アニメどころかどこにでもありがちなカットでありますが、ここはシチュエーションの勝利ですねぇ。上条さんの背後から扉を突き破って出てくるイノケンティウスがかっこよすぎてやばい。



禁書目録II 5話12

また横からのカット。
通常感想でも書きましたが、この火の粉は手書きで書いているのかな?
シャナでは全て手書きだったそうですが。

このシーンはBGMも素晴らしくかっこいいものを持ってきて、画面が青ベースからまっかっかになったりと一気に燃え上がってやばいですなー。



禁書目録II 5話13

全員集合!
という事でこれまた良くある集合シーンですがかっこよくてたまらんねぇ。お互いをお互いが信じていたからこそこうやって集まれた訳ですよ。
その集大成であるステイルのイノケンティウスが画面をこれでもかと盛り上げて最高です。

そしてさりげなく五和が!
うーんこんなところにも抜かりがない禁書スタッフマジ天使。
というか後ろに浦上がいるぞ!? 上条さんにタックルを食らわされた子ですが、どこかで休んでいるものだと思っていたのにw
浦上は前回ちらりとも出ませんでした。体調良くなったから参戦したのかな。そういう考えで今回登場させたのだとしたらアニメスタッフマジ神様。



禁書目録II 5話14

まったく、このエピソードにおけるステイルはかっこよくてしょうがないな……
役割もそうだけど、前回あたりからかっこいいカットが多すぎる。主人公を食う勢いですがインデックスがとうまの事を好きでいる限りステイルは永遠に脇役、なんて悲しい世界なんだろう。



禁書目録II 5話15

すでに勝負は決したも同然ですが、最後の駄目押しにと上条パンチが!
ここでもエフェクトがバリバリ効いておりますなー。火の粉をまとって何やらスクリューしている上条さんの拳はいつもより強そうです。



禁書目録II 5話16

いやー、年端もいかない女の子だろうと遠慮なく殴る上条さんマジぱねぇ。
一応一期ですでにシェリーを何回も殴っているのですが、あちらさんはおば……ゴホンゴホン、お姉さんですからね。

もうこの時点で勝ちは決まっているようなもんだから、蓮の杖壊せばいいじゃない、というツッコミが見られたのだけど、まぁそんな事したって映像的には何の面白味もないよねw
最後の一撃は派手にぶっ飛ばしたいというのと、アニェーゼの目を覚まさせるという意味でもこのパンチは十分に意味のあるものかと。一度完膚無きまでに叩き潰すと、改心してくれるかも知れないからね。アクセラレータみたいに。



禁書目録II 5話17

最後はオルソラの笑顔!
インデックスがメインヒロイン級の活躍をしているだの、ステイルがかっこいいだのいろいろあったエピソードでしたが、全てはオルソラが中心でした。
彼女の笑顔で全てを締める。上条さんもオルソラのこの笑顔を見たから、安心して気絶してしまったのでしょう。

ちなみにこれも通常感想に書いたのだけど、オルソラを抱いているのが建宮ってところが印象的であります。
まぁステイルはイノケンさんを行使しないといけないしという事で消去法で建宮なのかもしれないけど、天草式も上条さん同様助けに来てくれたという事で、オルソラは最後の一歩を信じる事が出来たのでしょう。

オルソラが信じてやる事により、天草式の努力も報われたんじゃないかな。
思惑?通りに神裂の下につく事も出来たし、今回利益を得たのはローラだけではなく天草式もですねw



禁書目録II 5話18

余談ですが、気絶した上条さんにみんなが駆け寄るシーン。
インデックスが一番なのは当然として、次に来るのが天草式のメンバーってのは特に意味はないかな?
でも五和ではなく浦上が駆け寄っているのですけどw 他意はないのか、なんかの狙いがあってこういう絵にしたのか。二瓶さんどっちー?



禁書目録II 5話19

「やーい、鶴のエロ返し~」
「でもねーちんは結局脱ぐんでしょ~?」


土御門は面白いなチクショウw



禁書目録II 5話20

やたらと可愛いねーちん。
抱きしめたくなりますなぁ……でもそんな事したら七天七刀で八つ裂きにされかねないので注意。
今回は外から見ているだけでしたが、1話Cパートにて騎士団をフルボッコにしていたりと何気にヤバかったねーちん。剣劇が見られなくて残念ではありますが、次の機会に期待したい。



禁書目録II 5話21

「俺たちには俺も含んでいるんだから恩とか礼とかいらねぇよ」という上条さんの考えに、ステキな笑顔を見せる神裂。
上条さんの考え方がすごすぎますね、真似できそうにないや。

「アニェーゼがもし助けてと言ってきたら、俺は助けに行くぞ」と言っていましたが、これだけではポカーンものですね。大事なのは次の「今回はあいつが悪かったけど、あいつが今後も悪くあり続ける必要はない」ってなところ。
こういう広い心があるから上条さんは愛されるのでしょう。

また、これ以上悪くあってほしくないから、今回完膚無きまでに叩き潰したのだろうね。あのままロータスワンドを破壊して「さぁ帰れや」ってな事になっていたら、アニェーゼは上条さんに復讐とかしそうです。



禁書目録II 5話22

黒いローラさん。
まぁ一期においてインデックスの首輪を着けたのもこいつなので、今さらどうこうもないって感じではありますが、やはり黒い。
2話でローラが出てきた時は晴れていましたが、今回は雨。まるでローラの腹グロさを表すかのよう。↑の笑顔も傘の影のせいで黒く見えてしまうったらありゃしない。



次回からは美琴やら黒子やらが出てきてまた賑やかになりますねぇ。
法の書編はほっとんどが夜だったので画面が常に暗かったですが、次からは明るくなりそうだw
関連記事
4 Comments
蓮の杖 "アニメ版上条さんは主人公でいられるのか?"
所詮、全ては戯言なんだよさんの禁書記事のコメントを拝見しました。
ヨーク氏の結論は個人的には少々疑問があるものですが、一つの真実を突いていると思います。私自身も深く考えるきっかけになったのでありがたいと思っています。

さて本題はそっちではなく、アニメ法の書編が致命的なミスを犯しているのではないかと思ってコメントした次第です。
それは何かと言えば、今回の戦いで犠牲者が出ていたような見せ方をしたことです。

原作上条さんは素直に感情に従っているだけなのに、結果的に「最高のハッピーエンド」を作ってしまいます。上条サイドではどんな激戦でも死人が出ない、敵味方全員救ってしまう、こんなご都合主義的な結果になるからこそ主人公なのだと私は思っています。そうでなければ、作中であれほど英雄視されるはずがありません。

ところがアニメ版では法の書事件で相当数の犠牲者が出ている(ように見える)。これじゃもう「最高のハッピーエンド」になりようがない。SS巻143ページのオルソラの台詞が虚しいものになってしまします。

原作を読んだ時から、いくらなんでも犠牲者ゼロは不自然だろと思ってはいましたが、それを実現してしまうからこその上条サイドだと納得していました。ですがここに来てその「不自然」を「自然」な展開に変えたなら、上条さんのハードラックが虚しく見え、むしろローラやアレイスターの思惑が際立つ作劇になってきます。
それが悪い事だとは思いません。そっちを上手く描いてくれるなら大歓迎です。しかし、やはりローラやアレイスターに翻弄される主人公であっても、火種を振りまいてでも強引にハッピーエンドに持っていく主人公と、火種を振りまいても全員を救いきれない主人公では大きな違いがあると思います。本当にそこまで考えてアニメを作っているのが不安に感じているのです。

記事とあまり関係のないコメントですみません。
2010.11.09 08:55 | URL | #qBg15wGA [edit]
神酒原(みきはら) ">蓮の杖さん"
ヨークさんとこでは、なるほどと同意した点を踏まえてさらなる反論といきたかったんですがしたためた長文がミスで消えてしまって意気消沈でありますw

>ところがアニメ版では法の書事件で相当数の犠牲者が出ている(ように見える)。
なるほど、一見確かにその通りですね。ご指摘の部分、僕なりに吟味してみました。

まずはいきなり無機質な話になってしまいますが、相当な犠牲者が出ているように見えてしまった弊害?については、これはアニメーションによって描写する以上避けるのはものすごく難しいように思えます。
というのも、原作において「敵すら全て救った」というような結論に至れた理由は、地の文による説明故です。禁書目録は状況説明に大変な文量を取る事が特徴であり、その事が作品としての厚みを増しているところではありますが、反面これはアニメになるとものすごく描写が難しい。何故ならアニメはセリフによる説明は可能でも、文による説明は不可能だからです。
ステイルは実は死なない程度に炎を加減していて、シスターたちの方も魔術から身を守る防御を施しており見えないところで回復魔術も使っている……これを描こうとしたら、さらなるセリフと尺が必要でしたでしょうが、そうなると30分間のバランスが崩れます。盛り上がるはずの戦闘シーンが説明だらけになったら視聴者は興ざめしてしまいますし。

また、絶対に死者が出ていない描写では確かになかったものの、「犠牲者が出ているぞ」という描写でもなかったと、僕は感じています。といっても細かい部分の描写を放棄しただけですが。

さらに制作側の擁護をすると、蓮の杖さんの指摘している部分に関しては、さして重要ではないと判断したのでしょう。といっても軽視している訳ではなく、今エピソードをアニメ化するに当たり、この形が最もスマートだと考えたのだと思います。
また僕自身、味方も敵も全員が生存しているという描写をわざわざやる事に、あまり意味を感じないところであります。全員が救われる事に関しては禁書目録において基本結果論であり、各エピソードの主題は別のところにあると思っているからです。何故結果論なのかというと、原作者かまちーが「全員が救われる事」に確固たる思想を持って取り組んでいるとは思えないからです。

以下ちょっとネタバレ含み↓
SS巻のオルソラのセリフ確認しましたが、11巻の内容も受けてのセリフじゃないかなぁ?
まぁ大部分は、7巻の内容を受けてのものでしょうけど。
2010.11.09 22:45 | URL | #- [edit]
蓮の杖 "返信ありがとうございます"
>蓮の杖さんの指摘している部分に関しては、さして重要ではないと判断したのでしょう
結局はこういう事ですね。描写の手間や説明が増えるデメリットもあるでしょうが、やはり重要視していなかったのだと私も思います。
この判断はダメだろうというのが私の立場です。

>味方も敵も全員が生存しているという描写をわざわざやる事に、あまり意味を感じないところであります。
ここが私と神酒原さんの違いですね。各エピソードの主題は別にあっても、全編通しての上条当麻はやはり「最高のハッピーエンドをもたらす存在」であると私は思います。そりゃ過程も大事ですけれど、間違えたら何度でもやり直すのが上条さんでしょう。事件が終わった後で、誰かが傷ついたり死んでしまったりしても、それを気にしないような主人公であってはならないのでは?
大事なのは上条さんの姿勢だし、ハッピーエンドはアレイスターの掌の上だっただけの事だと言われてしまえばそれはそうなのですが、それでも納得できない自分がいます。困ったものです(笑)


ああ、批判ばかりになっていますが、法の書編のバトルやストーリー展開の出来栄えはかなり満足していますよ。その上で「ここちょっとマズくない?」と思った訳で、誤解がありませんように。
2010.11.09 23:49 | URL | #qBg15wGA [edit]
神酒原(みきはら) ">蓮の杖さん"
蓮の杖さんの指摘の部分は、僕としても納得出来る部分が多々あるので、これは作品の感じ方、ひいては解釈の違いになるんでしょうな。また、解釈の違いが引き起こされる出来になっていたと感じるので、こういう議論が面白いです。

>全編通しての上条当麻はやはり「最高のハッピーエンドをもたらす存在」であると私は思います。~
やー、まったくもってその通りです。僕もその点については、同じ考えを持っています。
しかしやっぱり解釈の仕方というか、優先順位が違うのですなぁ。上条さんが「最高のハッピーエンドをもたらす存在」になっているのは、単なる「結果」だと考えています。
どういう事かと言うと、物語それ自体が、ここを目指して作られているとは感じないからです。もちろん上条さんは事件解決後の事に無関心な訳がなく、今回だって神裂が事後報告に来た時「聞きたい、是非に!」と言っていましたが、これは結果的にそうなっているだけに感じるのですよ。無論軽視している訳ではなく、上条さんが「最高のハッピーエンドをもたらす存在」である事は、いわゆる行間にて描かれている事で、わざわざ強調する部分ではないと思っています。もちろん強調する余裕があればするべきですが、今回のアニメ化でシリーズ構成をして7巻の内容を4話かけると決まった後、尺的にきついなら真っ先に削っていいポイントかなと。行間で描けますから。

行間にすらなっていない!という批判ならまぁもしかしたら通るかも知れないけど、致命的な欠陥では絶対にないかなw

>その上で「ここちょっとマズくない?」と思った訳で、誤解がありませんように。
それはもう分かっておりますとも。
蓮の杖さんは僕の知るネットユーザーの中でも、最もアニメを前向きに楽しむ事が出来る人物の一人であると認識していますからb
2010.11.10 00:10 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。