FC2ブログ

MENU
フラクタル

フラクタル 第3話「グラニッツの村」 感想!

War suddenly happens

 
 
見どころ1ポイント
フラクタルシステムとの戦いがただの反乱ごっこでない事を否応なく視聴者に納得させる作劇が見事すぎる。一気に引き込まれた。この作品、引力がすごいな……

MVC -Most Valuable Caracter-
スンダ、かな。ネッサに触れないという点で視聴者の共感を得にくいキャラだが、戦う姿勢が本物であると感じさせてくれた。

感想
アニメはインパクトが大事であり、インパクトを追及しないと膨大な作品数の中に埋もれてしまう……そんな背景の中、今期もインパクト重視の作品が多い。
なんて話をフラクタルの感想ではしょっちゅう書いている気がするのだが、そういった作品の「インパクト」とは、視聴者を上から衝撃で吹っ飛ばして作品の中に突き落としてしまうイメージだと思うのです。突き落とされた視聴者はその作品の虜になる。

しかし、「フラクタルは地味だ」と俺も言ってきましたが、フラクタルは「引力」がすごいのだと今回感じました。
突き落とすのではなく、引力でぐいぐい引っ張り込む。一度捕まったら逃げる事など出来ない。

もちろん、星祭り阻止のシーンです。
これまでフラクタルはどちらかというとコメディ作劇で、2話までの大事なところ(クレインがネッサの事を求めるようになる)だって、あくまで等身大の描写に終始していた印象です。「日常アニメ」とも、もしかしたら言えたかも知れない。

しかし星祭りの阻止において、なんとあっさり死人が出た。
俺は衝撃を受けましたよ。ロストミレニアムの撃った銃弾が護衛の兵士を貫き、老婆をも殺し、また向こう側の反撃もこちらのメンバーの体を貫く……
ブッチャーが撃たれたところで、頭を殴られる感覚を覚えました。彼はタカミーと共にずっとコメディ要員として動いており、しかしそんな彼ですら簡単に命を奪われてしまうという状況が、「これは戦争なんだ」と思わせる。

「犠牲って、ただのお祭りじゃないか」というクレインのセリフが耳に重く残ります。このセリフによって視聴者も大なり小なり「この連中は何を本気になっているんだろうな」という感覚があったはずで、銃撃シーンでその感覚を打ち砕かれる事になる。
改めて、岡田磨里の手腕に感服。この人には勝てねぇや。

というか、前半がすごく楽しげな雰囲気だったからこその後半の衝撃なのだけどねw
クレインとネッサが捕虜となってしまう訳ですが、ロストミレニアムとしてはネッサの存在が欲しかっただけで、彼らを本気で監禁する気などはないよう。
古い生活(視聴者的には、自分達が当たり前としている生活)をしている人達の温かみも相まって、「いい連中だな」と思わせますね。これすらミスリードで、物語が進むにつれて単純に「いい連中だ」とは思えないようになっちゃう可能性もあるけど、今は大人しく騙されておこう。

歓迎会のシーンは思わず笑ってしまったよ。スンダのやつ、思いっきり「客人」って言っているというw
豆とナントカのスープを飲んで感激しているクレインも印象的。栄養バランスだけが考えられたチューブばかり食べていたからこういう味をそもそも知らなかった……「フラクタルシステム」による恩恵は、徹底的に無機質な形で描かれてきますねぇ。
『キノの旅』にも似たような話があったな。まぁ栄養素とか関係ないけど。「味があると人の好みで喧嘩が起きるから無味の食事で統一している」という国にキノが訪れ、食事大好きなキノはその国に絶望するのだけど、その国の辺境で普通の食事を出している店があって、感激したキノがたらふく食いまくる……という。
あらすじ書いてみたらあまり似てなかったなw

しかし本当、ネッサが可愛い。
子どもに無視されて落ち込み、ただ見えないだけでバイザーをつけたら仲良くしてもらって大喜びし、何にでも興味を示し、エンリにはイタズラ……
最後に、ネッサの本体(と思われる人物)に「ネッサがいる!」と駆け寄っていったところも、底知れぬ可愛さがあった。しかしその可愛さが戦争の残酷さとのギャップで、恐怖感へとつながっていっているのだけどね。

久しぶりとなるフリュネが思わせぶりな登場をしたところで次回。
うーん……話数を重ねるごとに続きがどんどん気になっていっているな。俺は確実に引力につかまってしまったみたいだ。

らくがき
COBILD英英辞典が欲しい、と最近よく思う

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2556-4cbc7b62
フラクタル 第3話 「グラニッツの村」
自由が何かわからなくても、人がまず必要とするのは生きるための食べ物。 でも… 生きる権利と意思。 考えることすら奪うフクラクタルシステムの真相へ…。 ▼ フラクタル 第3話 「グラニッツの村」  ...
フラクタル 第3話 「グラニッツの村」 感想
世界の仕組み―
[アニメ]フラクタル 第3話「グラニッツの村」
懐古主義と懐疑主義を例に出して、今回のフラクタルの彼らの行動は正しいものだったのかを考える。
フラクタル 第3話 「グラニッツの村」
フラクタル 第3話の感想です。今週は話が一気に動いた感じでしたねぇ(*^_^*)続きからどうぞー^^公式サイトはこちらから
(ネッサ、フリュネを姉さまと呼ぶ)フラクタル 第3話「グラニッツの村」(感想)
星の祭りは人を洗脳するシステムだった。 この酷い現実をクレインは突きつけられます。 「人は放っておくと人は余分な事を考える。だから洗脳する」 という祭りのシステムには結構ショッキングでしたね。 今の日本も星の祭りで祈っている人々なのかもしれません...
該当の記事は見つかりませんでした。