FC2ブログ

MENU
バクマン。

バクマン。 第17話「天狗と親切」 感想!

One of the two goes upstairs

 
 
見どころ1ポイント
今までとは異色の展開を見せてきました。それがとてもワクワクさせる。サイコーがステップアップの助走に入ったねぇ

MVC -Most Valuable Caracter-
今回ですげぇ好きになったのでエイジにしよう。

感想
今までは何があっても「二人で一人」だった亜城木夢人、今回始めてそれぞれのルートを通り始めました。

不思議だった、と言っては変ですが、サイコーとシュージンのコンビはまさに理想形だったのですね。
コンビを組んだ時からこの二人は一心同体、悩もうが突き進もうがつまづこうが燃え上がろうがずっと同じ道を進んでいました。

この二人が見ていてとても気持ちよく、安心して見られたのが今まで。
しかしまぁ、二人でやっていくにあたり、完全に同調したまま進んでいける訳がある事もなくて。だいぶ前に編集の一人が「二人組はいろいろ大変だからなぁ」と言っていたのをよく覚えています。

まぁ本格的なスランプに落ち込んだ訳ではなくて、シュージンが自分の作品作りに悩んでしまったというだけなんですけどね。
彼は頭がいいので、自分が今どうスランプになっているのか、そして自分がどうなれば解決になるのかが分かっている。その分あまり深刻にはなりません。
いきなりどシリアスになってもこの作品らしくないので、丁度いい塩梅のシリアス。シュージンには思う存分悩んでもらいましょう。

とりあえずそれぞれで道を探していく事になった二人ですが、まぁ気になるのは思春期特有のいろいろ考えてしまう性質ですかねぇ。
シュージンとミヨシのキスを目撃してしまったサイコーですが、二人に今後どんな心境的変化が訪れるのか……

とまぁそんな問題はさておき、サイコーはエイジの書斎に殴り込み。
ライバルとは言っても今は誰がどう見たってエイジが格上、格上のモノを盗もうとする姿勢は非常に好感が持てます。「悩んでいるシュージンのために!」ってところがもう熱くてたまらない!
漫画にしろ小説にしろ、または料理にしろデザインにしろ、技法や教科書を学ぶよりは見て盗む方が近道だとよく言います。理に叶っている上に燃える、バクマンはやっぱり面白いなぁ。

という訳で、OP/EDに登場している作家メンバーが一人を除いてそろった……のかな?
福田さんは初登場ですね。
キャストもそろってきたという事で、どんどん盛り上がっていきそうです。OP見る限りもう一人の子も出番早そう?
まぁバクマンは二期がすでに決定しているので、まったりと楽しむとしましょう。

そんな中やはり目立ったのは、アシを雇う事によってエイジが成長した……という点でしょうか。
天才天才と言われ、実際その実力をもってして大進撃を見せてはいますが、彼にも足りない点があった。打ち合わせもネームも必要としない唯我独尊なスタイルは、「自分にとって」面白いものしか描けない。

それが通用するのは最初のうちだけ。読者を想定して描かないと1位になるどころか生き残る事すら出来ない。
サイコーと福田さんを交えた作戦会議はすげぇ面白かったなぁw エイジは聞かん坊に見えて、意外と素直ですよねぇ。二人の助言をぐんぐん吸収しつつ、自分なりのアレンジを即座に加え、それをすぐにモノにする……彼の本当の才能を見たような気がしましたよ。

当然、主人公は亜城木夢人なので彼ら二人を応援したい気持ちが強いですが、エイジも応援していきたい気持ちになってきました。
いよいよ少年漫画的になってきたな……敵すらも魅力的に描き、ドラマを何重にも深くする。しかしそれがストレートに頭に入ってくる。
ああ、面白い。
次回もまだエイジの書斎が主な舞台になるのかな?

シュージンの出番はもうちょっとお預けになるのかぁ。
この二人を見ていて思い出したのが、デュオ歌手の「スキマスイッチ」
大抵グループが活動を休止・停止する場合って不仲であったり、じゃなくても不仲説が浮上してきますが(デフテックとかそうだったね)、スキマスイッチは本当にお互いの音楽を探るために一端デュオを休止し、ソロ活動をしていたのですよね。
A面曲ではないですが、『獣の奏者エリン』の主題歌『雫』が、スキマスイッチ活動再開直後の曲。心に染みいる非常にいい歌で、彼らの進化を感じたものです。

亜城木夢人もそんな感じになるといいなぁ、と思いつつ。

余談だけど、前回服部さんが言っていた王道バトル漫画の条件の一つ「見ていて分かりやすいバトル」
俺の大好きな『NARUTO』が最近これまったく出来ていないんだよなぁw
ここ最近のお話は、ストーリーはクソ面白いくせに、バトルがすげぇ分かりにくい。ペインが出てきた辺りから顕著だな。何をやっているのかがよく分からなくて、一コマにかける時間が増えてしまっています。岸本さんがんばー!

らくがき
駄目だ、生活リズムが整わない

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2558-c173894c
バクマン。 第17話  「天狗と親切」
 若者たちの情熱に圧倒される中井がいいですね。
バクマン。 #17
「天狗と親切」 みなさんに天才って言われて天狗になってたかもです… 潔く自分の天狗だったことを認めるエイジが良いですねb エイジのアシスタントとして向った最高! どうなる事かと思えば 良い感じじゃないかww 最年長の中井さんが三人の話...
バクマン。 第17話「天狗と親切」
『アシスタントとしてエイジの仕事場を訪ねた最高は、手塚賞2回入賞の実績を持つ福田と、ベテランの中井の2人に出迎えられる。エイジに「何故ここにいるのか?」と聞かれるが、正直な気持ちを話した最高を歓迎...
バクマン。 第17話 『天狗と親切』 感想
年長者でも、若者に負けずに輝けるはず。 バクマン。 第17話 『天狗と親切』 の感想です。
バクマン。 第17話「天狗と親切」
サイコーはアシスタントとしてエイジの仕事場に。 2回入賞の実績を持つ福田と、ベテランアシの中井に迎えられます。 ほとんどアシいらずなので自分のネームを考える福田と。 半ばデビューは諦めてる中井…。  ▼ バクマン。 第17話「天狗と親切」  対照的な
バクマン。 第17話「天狗と親切」
バクマン。の第17話を見ました。第17話 天狗と親切シュージンが次作のネーム作りに悩む中、サイコーにエイジのアシスタントに入らないかという連絡が入る。悩むシュージンのために...
バクマン 第17話 感想
 バクマン。  第17話 『天狗と親切』 感想  次のページへ
バクマン。17話 & べるぜバブ4話 短感
バクマン。福田さんマジ生意気!(・∀・)福田さん初ご登場回。いやぁ~今は慣れてるから感じないけど最初は、こんなクソ生意気なキャラだったんだなw変人作家に、超生意気な年下アシ...
該当の記事は見つかりませんでした。