MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメその他

機動戦士ガンダムSEED 見たよー

全50話、一気に見ました。ネタバレあり

 
 
いやー、めちゃくちゃ面白かったー!
ついさっき50話を見終わったばかりでこれを書いています。どうせ感想書くなら興奮冷めやらぬうちに、ってね。

SEEDを見る前、俺は「機動戦士ガンダムOO」しかガンダムシリーズを見た事がありませんでした。なので俺の中でガンダムといえばダブルオーであり、しばしば「ダブルオーはガンダムじゃない」と言われますが、その事がよく分かりませんでした。いやいや、どこからどう見てもガンダムやん。主人公だって自分で言ってるやん。とね。

主にダブルオーは古参(「ファーストガンダムが至高!」層)などから批判を浴びており、ここまで言われるのなら、ファースト含む昔のガンダムはきっとすごく面白いのだろうな、と俺は当然思う訳です。ちなみに俺はダブルオーすげぇ面白かった。劇場版も超感動した。

だから俺は、オペレーション『ガンダム全部見ちゃうぞ!』、略して『G.Z.M!』を決行する事にしました。

まぁそうなるとファーストから順番に見ていくのが順当なんだろうけど、ガンダム全体の評価より、俺はシードシリーズへの評価の方が気になっていたのですね。
ほら、シードってすげぇ悪い言われようじゃん? パッケージはむちゃくちゃ売れてるのに。
だから確かめたくなったのです。本当につまらないのか俺が見てやる! とまぁ完全に上から目線ですが許して。

まぁでも実行に移すのは結構難しい訳で、実行に移すまでにあちこちで「俺はシードを見る」と言ったのですが、どこで言っても「ファーストを見ろよ」と言われちゃってw
シードなんて見なくていいから他のガンダムを見てくれ、と。
俺は思う訳です。いやいや待てよ、と。そこまでシードって酷いのか? と。だって売れてんじゃん。売り上げが全てとは思わないが、あれだけ売れているんだから評価している層はかなり多いんだろ?

長い前置きを書いてしまいましたが、ここで俺は繰り返しましょう。
めちゃくちゃ面白かったー!

いやまぁでもね、俺の聞いているシードへの文句はどちらかというと『SEED DESTINY』の方に向けられている感じがするから、デスティニー(それからスターゲイザーも?)を見ない事には最終的な判断は下せないだろうけど、ものすごく面白かったよ。

「戦争」をガッツリ描いてくるシナリオに感服です。続きが気になってしょうがなかった。気が付いたら、お金もないのにレンタル屋へ走る俺がそこにはいた。
だからデスティニーはしばらく見られそうにないんだけどw

バトルはあまりよくなかったねぇ。作画がいい悪いじゃなくて、使い回しがものすんごく多い。バンクが多いのはまったく気にならないけど、沸点の相当低い俺でも「いやいやこの辺はさすがにバトルシーン作れよ」と思ったりもした。フレイのお父さんの乗った艦が沈められたシーンがあったけど、この映像がその後何回か使われていたのは明らかに怠惰だよねぇ。
こういう使い回しを見せられるくらいならショボい作画の方がよっぽどマシだと感じる。

しかし俺のシードに対する不満はこれくらいで、ストーリーは文句なしに素晴らしいものだった。
お世辞にも「いい」とは言えないバトルも、濃厚なストーリーでカバー出来ていたと思う。

序盤から中盤にかけては、いろいろな情勢が描かれながらもキラとアスランの対決が主軸でした。
親友との対立はコードギアスなどでも描かれた、王道テーマの一つですが、シードはこれが本当に素晴らしかったね。お互いの気持ちは未だにお互いに向いているのに、連合軍にいるから、ザフトにいるから、戦わねばならない。殺し合わなければならない。
何度も交わる刃に俺の胸は締め付けられる思いだったよ。

キラとアスランのラストバトルは、本当に心震えた。
アスランを助けるためにキラに討たれたニコル、キラを助けるために戦闘空域に飛び込んでアスランに殺されたトール。お互いの仲間を殺されたキラとアスランがぶつかり合う様はもう悲しみの極みです。
アスランの自爆によりバトルは終わりましたが、キラを殺したと思っているアスランと、アスランを殺そうとしたキラの苦悩も胸を打ちます。ここで俺は号泣。もうダメでした。

シードは、「ストーリー先行」の物語なのでしょうね。ダブルオーは「キャラクター先行」だった。
ストーリー先行であるから、キャラそのものへの愛着の他に、いろいろと考えさせられる要素があって、どのキャラクターも語るに足る存在でした。好きなキャラも嫌いなキャラもみんな好き。あれ、意味が分からないぞw

数多くのキャラクターがいましたが、俺が印象に強く残ったのはディアッカとナタル・バジルールかな。
どちらも嫌いなキャラです。ディアッカはその挑発的な態度が最初から鼻についたし、ナタルはあまりにも現実的すぎる考え方がどうしても肌に合わなかった。

ディアッカは中盤のバトルで完全に敗北し、投降してアークエンジェルの捕虜になりました。
そこでも挑発的な態度を取り続けるけど、トールを殺された憎しみで取り乱すミリアリアに会い、ナチュラルもコーディネーターとそう変わらない存在なのだと気付かされます。
ここでディアッカの表情が戸惑いのものになりますが、このシーンが非常に印象的。

その後ディアッカは戦う意味を己に問い、アークエンジェルへの協力を決め、最後まで戦ってくれました。
たぶん彼の存在こそ、作り手が視聴者に求めたものなんじゃないかな、と俺は勝手に考えています。キラから始まったこの戦争への反旗、非戦の姿勢が、このディアッカに濃厚に表れている気がして。
だから、ディアッカは今でも好きなキャラじゃないですが、俺の中に強い印象を残しています。

二人目のナタルは、もう完全にその最期に集約される訳で。
彼女の最期は、横暴を繰り返すアズラエルを道連れにアークエンジェルに撃たれる、というものでした。ここでまた泣いた。というかついさっき見た。今もうるうるしてるw

彼女が唯一「軍人としての生き方」を捨て、己の信じるところに従ったシーン。アズラエルの言う通りにしているままでは、破滅の道しかない。
だから彼女は、アークエンジェルに撃たれる事を選んだ。
この覚悟、判断に俺は胸を激しく打たれて、そしてナタルがマリューの砲撃により殉職したという事に、涙を我慢出来ませんでした。
「撃て、マリュー・ラミアス!」
このセリフが頭から離れません。彼女がマリューを呼び捨てにしたのは、階級が同じ少佐になったからという事ではなく、マリューを一人の人間として見たからでしょう。
友と呼べる仲ではなかったけど、二人は間違いなく仲間だった。仲間に撃たれる悲しみと、せめて仲間に撃ってもらえた幸運とがないまぜになって、俺の頭はぐちゃぐちゃです。とにかくすごいシーンだった。

彼女は、アズラエルが撃った砲撃に沈んだのがムウだって事を知っていたのでしょうかね。
知らないでいてほしいと願います。だって悲しすぎる、ナタルの船がムウを沈めてしまったなんて。ナタルはムウの事が好きだったはずですからね。

このシーンのおかげで、やはりナタルも俺の好きなキャラではありませんが、その存在が脳に焼き付けられました。

まだまだ語り足りないけど、もうすでに書きすぎてしまったので、この辺にしておきます。
『機動戦士ガンダムSEED』、最高でした。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』も面白いといいな。
関連記事
-10 Comments
yu ""
50話お疲れ様でした。
SEEDについては色々思うところがありますが、確かに当時見ていた時は面白かったですね。ただ投げっぱなしの伏線(宇宙クジラなど)や異様な頻度の総集編が多かったのが残念でした(まあ外伝のASTRAYで補完はされているんですが。

>使い回しがものすんごく多い
これは今だからわかるのですが、監督の福田さんは前にスーパーロボットものを多く手掛けていたので≪必殺技≫としてのバンクとして使いたかったのだと思います。まあ実際はスケジュールが逼迫していたなどの理由があるんでしょうが

DESTINYは一回途中で投げてしまったのですが、もう一回チャレンジしてみようと思います。途中で止めたらどんな作品だろうがやっぱり気になりますし。
2011.02.16 21:30 | URL | #- [edit]
GGG ""
見ましたか、SEED。良くも悪くも、近年のガンダムを語るには避けて通れない作品です。きっと続編も視聴するつもりでしょうからネタバレなしでコメントします。

僕もリアルタイムで見ていた頃は子供だったので(精神的には今もだけどw)楽しんで見たのですが、今になるとアラが目立つものとなって残念です。
部品単位では良い出来のものが沢山あるんですが・・・。

>シードは、「ストーリー先行」の物語なのでしょうね。ダブルオーは「キャラクター先行」だった。

失礼ですが、これには真っ向から反論させていただきます。00こそストーリー(というかテーマ)重視の物語だったと僕は思いますので。各キャラに魅力と見せ場があったのはスタッフの愛と販促の都合が良い化学反応を起こした結果だと思います。
逆にSEEDは「キラ一行をとにかく活躍させたい!」という意思が画面から伝わってくるほどだったと思います。当時の僕も一行の旅路をどきどきしながら見守りましたが、今から考えるともう少し関係ないところで世界が動いていてもいいんじゃないかな、と思います。
無印SEEDはそこまでではないのですが、続編DESTINYではキャラ重視の作劇ゆえに色々と物議をかもす事態となりました。

あと売上げですが、個人ブログでまったりと話すには問題ありませんが、掲示板などに出向かれた時は止めておいた方がよい話題です(そんな事態にはならないでしょうが)。

個人の好みの差はあれ、どんな作品にも長所と短所があります。この調子で無理せず全ガンダム制覇を目指してください。
2011.02.16 22:55 | URL | #uaIRrcRw [edit]
神酒原(みきはら) ">yuさん"
伏線の投げっぱはそんなに気にならなかったりします。僕ら視聴者が勝手に伏線だと思っているだけで、それは「ブラフ」である可能性もありますから。
宇宙クジラについても、デスティニーでは分かりませんがシードでは「何かしら形の見えない希望」として扱われており、バルトフェルトが「こういうものがあるから人は希望を持つ」みたいな事を言っていて、物語上で機能はちゃんとしていました。
総集編は……きちんと新作カットを交えながらってのがニクかったなぁw
長期シリーズなので、制作の都合もあるでしょうから、総集編は基本的に目をつむる事にしています。

>≪必殺技≫としてのバンク
なるほど。
でもその辺は一応分かっていて、例えばフリーダムが全方位射撃をするところなどは使い回しても構わないと思うのですが、撃沈される艦などまで使い回されていたので、「さすがに作れ」と思ったのです。
しかもwiki見てみたら福田監督はシナリオに時間かけすぎて作画作業が間に合わない事があったりするようで……いやいやそれは言い訳じゃん、とも思ったりw
2011.02.17 15:38 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">GGGさん"
粗……
一応大人になってから視聴しているはずの僕ですが、気になるレベルの粗はなかったなぁ。どれもこれも誤差の範囲内と感じています。記事に挙げた使い回しくらい。

>00こそストーリー(というかテーマ)重視の物語だったと僕は思いますので。
いえまぁ、GGGさんのおっしゃる事はそれはその通りですが、僕の言っている事とは内容が違いますな。
僕の言った「ストーリー先行」は、ストーリーが先に作られている事を意味しています。シードに関しては「キラ一行をとにかく活躍させたい!」はその通りですが、こういうプロットは「セカイ系」と呼ばれ、主人公の周りの小さい範囲で世界全体が動いているようになる作劇です。まぁ、シードはそこまでその色は強くないので、セミセカイ系とでも言いましょうか。
だから、キラがいろいろと苦悩しながら活躍を続ける、アークエンジェルが戦いまくる、というのはキャラ重視と言えるでしょうが、キャラクター先行とは言えません。
さらにシードは、最初に大まかなストーリーが作られて、肉付けしていきながらキャラクターが作られていっているように感じたので(たぶん)、ストーリー先行と言いました。

反対にダブルオーは、4人のマイスターは先にキャラクターが作られていたような感じがします。刹那はこうこうこういう考えを持ったキャラで、ロックオンはこういう設定で……といった感じに。そうでなくても、ストーリー構成のかなり初期段階でキャラクターが決まっていたと思われます。
キャラクター先行だと、物語上でのキャラの見せ場が明確になる傾向がある、と僕は勝手に考えています。だから総合的なキャラ立ちで言えば、シードよりダブルオーの方がいい感じですね。シードは物語の流れの中で役割が与えられていっていたので、たくさんキャラがいますが、しっかりキャラ立ちしているのは意外と少ないです。

>掲示板などに出向かれた時は止めておいた方がよい話題です
自分が絶対者であるブログだからこそ売り上げの話をしていますから、大丈夫ですw
この手の話題は敏感に反応する人が多いですし、そうでなくてもシードシリーズはすぐ論争の種になっちゃいますからね。あ、上手い事言ったつもりはありませんよ。

>この調子で無理せず全ガンダム制覇を目指してください。
はい、目指します。デスティニーを見たら今度こそ古い順に制覇していきますb
2011.02.17 18:21 | URL | #- [edit]
GGG ""
これは失礼。先行と重視を勘違いして反論してしまいましたね。

確かにSEEDのほうが、ストーリーにあわせてキャラクターを配置していったという印象は受けます。
その時ごとのゲストキャラなどはSEEDの方が多かったのは、そのためかも知れませんね。

あと、粗というのは主に作画のことです。やっぱり多数のバンクは今見ると…。絵はやっぱり毎回新しい戦闘が見たいものです。

かくいう僕も全ガンダム制覇は成し遂げていません。小説はあらかた集めて読んだのですが…。
これだけのシリーズで、しかも大半が1年ものとなるとなかなか手が出せませんね。
2011.02.17 21:28 | URL | #uaIRrcRw [edit]
神酒原(みきはら) ">GGGさん"
そうですね。重視という事では、GGGさんの言い分であらかたおkかと思います。

>その時ごとのゲストキャラなどはSEEDの方が多かったのは
そうそう!
ゲストキャラが多かった。ダブルオーの場合ゲストだと思っていたらレギュラーだったり(ネーナとか)、そもそもゲストが少なかったりでした。

>やっぱり多数のバンクは今見ると…。
そういう事でしたかw
ストーリーのテンポをよくしたいためか、またはセカイ系の色を薄めたかったかは分かりませんが、バトルそのものが多かったですからねぇ。その分作画作業は大変なんだろうとは思うけど、コックピットを全部映さずにカットインを使ったりとバトルをよく見せる工夫はいろいろあったので、使い回しが多かったのは残念としか言えません。

ガンダムはほんと1年ものが多いですからねぇ、宇宙世紀のTVシリーズだけで3年(だったよね?)とか大変すぎる。
でもやってみせます。ドモン・カッシュの決めゼリフだけ知っている状況なんてもういやだw
2011.02.17 22:39 | URL | #- [edit]
yu ""
返信ありがとうございます。
>しかもwiki見てみたら福田監督はシナリオに時間かけすぎて作画作業が間に合わない事があったりするようで

これはどっちかというと脚本家の両澤氏(福田氏の奥さん)のせいなのですが・・・これから神酒原さんがDESTINY見る以上あまり色々と言えないのが残念です。
ガンダム公式(映像化された作品)はほとんど見たのですが、本当にガンダムは面白いものが多いのでシリーズ制覇頑張ってください!
あと初代ガンダムは劇場版3部作を見ることをお薦めします。TV版は色々な不幸が重なってしまったので・・・(打ち切りや入院など)
2011.02.17 23:07 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">yuさん"
>これはどっちかというと脚本家の両澤氏(福田氏の奥さん)のせいなのですが・・・
僕は彼らの作品をまさしくシードしか知らないので詳しくは知りませんが、この二人はほとんどタッグ状態だそうなので、そうだとしても、監督の福田さんに問題があると言えるでしょう。作品制作の全体の流れを見るから監督というのであって、そこで「脚本で時間かけちゃった☆」ってのは言い訳にしかならない訳で。
しかし両澤さんのwiki見てみたらいろいろと事情がありそうだ。この辺はファンからは見えない部分なのでこれ以上何も言わない事にします。

>これから神酒原さんがDESTINY見る以上あまり色々と言えないのが残念です。
そう言ってみんな脅すんですw
これで僕がデスティニーすげぇ楽しめたら覚えてろよー!

>あと初代ガンダムは劇場版3部作を見ることをお薦めします。
おや、見ようかどうか迷っていたのですが、見た方がいいのですか。それでは劇場版も見るとします。
最初の放送が打ち切られたのは知っていましたけどね。
2011.02.17 23:48 | URL | #- [edit]
ロドリゲス閣下 "私は全ガンダムシリーズでもかなり地味だけどXが好きだぁ"
問題・不満点は多かったけど
まあ楽しめないことはないですからねぇSEEDは。
デスティニーは諸事情で楽しめる楽しめない以前の問題だったけど。

ちなみに番外編のスターゲイザーは(見てる人少ないけど)かなり評判良いですよ。 そして確かに面白い。
本筋よりも評判いいとゆうなんともアレな感じだけどw

そして、音楽はガンダムシリーズどころか全アニメでもかなり好きな方。 今聴いても鳥肌モノ。
佐橋俊彦氏の仕事は完璧だった・・・
2011.02.23 20:21 | URL | #i1jUUG.6 [edit]
神酒原(みきはら) ">ロドリゲス閣下さん"
Xが好きなのですか。展開が容赦ない、とは聞いた事があります。

絶賛記事に「まぁ楽しめないことはない」って書かれると僕は反応に困りますよw
ああ……そうだったの?くらいしか言えません。

>デスティニーは諸事情で楽しめる楽しめない以前の問題だったけど。
そう言ってみんな僕を脅(ry
みんながそう言ってくるだけ僕はデスティニーをものすごく楽しみにする訳ですけどね。僕は性格が悪いので「デスティニー面白かったら俺を脅した連中みんな笑ってやろww」とか考えています。

スターゲイザーは評判いいのかぁ。
長編(本編)より短編の方が人気(評価)高いのはアニメでは当たり前、そして大抵それは僕の中の評価とはまったく比例しないのでとりあえずデスティニー楽しみです(オイ

レンタルで一気に見ると音楽ってほとんど意識に留めないので、音楽に関してはよく分からないなぁ。
2011.02.26 02:14 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2574-c5f0fb11
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。