FC2ブログ

MENU
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」 感想!

カッコ悪い「He saved her」

 
 
一文字感想


MVC -Most Valuable Character-
ジンタンしかいないでしょう。いやぁ最低にカッコ悪くて最高にカッコよかった。

感想
大好きだからこそ、覚えていて欲しい。想うからこそ、忘れて欲しい。自分の中で整理がついていないのはメンマも同じのようです。

そんな訳で、「帰るの?気をつけて。この辺近頃変な奴出るし」と自尊心のバランス取るのに必死なユキアツさん、な第6話。
彼のジンタンへの憤りは、よくよく聞いてみればまっとうなもの。ジンタンはどうユキアツと和解するのでしょうね。

今回のメインイベントは二つ。
一つは、ジンタン学校へ行ってアナルを助ける!

今見えているメンマの事から逃げずにしっかり考えなきゃ、と真剣になったジンタンがとりあえず出した答えは「学校へ行く」。
まぁ普通に考えたらメンマのお願いがそれである訳ないし、ジンタンもそんな事分かっているとは思うけど、それでも何か前に進む努力をしたかったのでしょう。割とあっさり決断しましたが、この決心はしっかり伝わります。

いざ学校へ行ってみると、好奇心の目にさらされる覚悟でいたはずなのに話題はアナルに取られてしまっていました。ラブホにいたところPTAに見られるとかそれなんてドラマ?

いやぁしかし、ものの見事にブラフを置いていきましたねぇ『あのはな』。何の疑いもなく「いじめ」が起こると思っていたのに(だって次回予告で「死ね」って文字出てたし)、別にそんな事はまったくなく、むしろギャル二人も今回ばかりはアナルに悪い感情など一切なし。

いやむしろ、彼女らとしては前回の時点から悪意なんてないんでしょうね、たぶん。
すげぇ印象悪く描かれているけど、言葉一つひとつをよく思い返してみると、アナルの事を普通に友達だと思っているように見える。
「友達やめようかと思ってたんだよね~」ではなく、その前の「ナルコが来てくれてよかったよ~」の方が本音に近いのでしょう。……たぶん。

そして、好奇の目に耐えられずノートに殴り書きをするアナルを見たジンタンが一念発起!
立ち上がって、英国王のスピーチもびっくりな大根演説を繰り広げます。いやぁカッコ悪いカッコ悪い。
しかし、カッコいいですね。友達のために己に発破をかけ、戦ったジンタンの雄姿はアナルの脳裏に一生焼き付いているでしょう。

二つ目のメインイベントは、メンマの実家訪問。
サブタイ的にむしろこっちが大事。

僕は「あにめっき」というブログさんのところで、一度メンマの正体について持論を披露した事があるのですが、その持論がいよいよもって確信に近づいてきました。
それは、メンマは幽霊ではなく、生身の生きた人間なのではないか、という仮説。

メンマが幽霊、もしくはジンタンの幻覚だとすると説明のつかない事が多すぎるのですよね。しかし生身の人間であるとすると、「ジンタン以外の人に見えない」「影がない」以外の疑問が全て説明出来てしまうのです。

まぁこの仮説自体はそんなに大事じゃありません。大切なのはジンタンのリアクション。
ジンタンはメンマの家に行く事も、仏壇の前に座る事にも怯えていました。それは、目の前にいるメンマがあまりに人間らしすぎるから。
死んでいる気がしないんでしょうね。生きている人間に線香をあげるなんて気持ち悪い感覚があるでしょう。

お母さんとしては、かつての芽衣子の友達が遊びにきてくれて普通にマジで嬉しかったでしょうね。ジンタンは「俺達の顔を見ても……」と心配していましたが、それは杞憂のようです。
しかしメンマにとっては杞憂ではなかった訳で。

お母さんの意味深げなリアクションは、あれは娘の事をまた思い出した、という事なのかな?
メンマがジンタンに吐き出した気持ちは紛れもなく本物で、思わずつられて泣きそうになりましたよ。なんて優しい子なんだ……!
メンマの気持ちの救済も待たれるところです。

ところで今回もアナルがちょべりば可愛い。
ジンタンと同じく「あれ、家に帰ったんじゃねぇの?」という疑問がわきましたがそんなのどうでもいい。秘密基地secret baseでは完全部屋着スタイルなアナルが可愛すぎます。秘密基地を第二の家のように思っているのでしょうね。

つぶやき
早起きは三文の徳……しかしお腹が空く。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
2 Comments
ひろ ""
その仮説は俺の中にもありましたが…
『動機が全く分からない』という理由から候補からはずしていました。また、めんまに対する認識が非常に曖昧なところが、判断基準を狂わせます。

例えば、物を持っためんまを、じんたん以外の第三者視点から見たらどうなるのか。
どうして、(微かにではあるものの)触られた感覚があるのか。
そもそもゲームをしたり、よくある『幽霊』の設定から半歩ずれた場所にいるようにも思えます。

めんまはじんたんから離れて動ける上、単独での思考もできることから、取り憑いているとは考えにくいですしね…
こうなると、神隠しにでもあって違う次元に飛ばされたとでも思うしかないのか…?w
まぁないですけどねww

めんまの母親の表情は俺も不審に思いましたが、めんまの「思い出させてしまう」というセリフから「じんたん達が来てくれて嬉しいけれど、嬉しくない」という心情の表れなのかなと思っていました。
やはり他の意味もあったんだろうか?

これから明らかになっていくといいですね。
『めんまに対する気持ちがハッキリすると、めんまが見えるようになる』とかだったら面白いなぁ。
それだと、じんたんの説明がつくか微妙ですがw
2011.05.21 21:39 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ひろさん"
えーと……動機?w
メンマの、ですかね。
彼女が存在している(どういう形であっても)動機という意味では、彼女自身が何故自分が存在しているのか分かってないので、さして重要な問題ではないような気がしますが。

>物を持っためんまを、じんたん以外の第三者視点から見たらどうなるのか。
これは間違いなく、宙に浮いているように見えるでしょう。
明確は証拠はないですが、根拠はあります。今まで『あのはな』は、じんたん以外の人の前でメンマが何か物を持つ描写を明らかに避けているからです。ポッポがジンタンの家に焼き肉を食べに来た時、ポッポが一瞬目を離したスキにメンマが焼き肉を食っていたシーンなんてものもあったり。

そして触れられている感触がある事から、僕は「メンマは生身の人間である」という仮説を立てました。
しかし、「あにめっき」さんとこでも前置きしたのですが、僕はこの仮説を立てておきながら「メンマの正体について考えるのはさして重要ではない」なんて考えておりましてw
今考えても作品の本質に近づけるとは思えませんし、また、最終的にも、メンマの正体はあまり重要な要素にはならない気がしているからです。
「何故現れたのか」「何故ジンタンにしか見えないのか」が重要なのであって。

>『めんまに対する気持ちがハッキリすると、めんまが見えるようになる』とかだったら面白いなぁ。
それだったらジンタンとか絶対見えないじゃないですかw

>「じんたん達が来てくれて嬉しいけれど、嬉しくない」
メンマのお母さんの気持ちとしては、これで合っているでしょうね。娘の友達が供養に来てくれて嬉しいけど、でもこの子たちと一緒にいる時に娘は死んだんだよなぁ……みたいな。
2011.05.21 22:18 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2633-5e13ed3d
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第06話
関連リンクhttp://www.anohana.jp/第6話 わすれてわすれないでぽっぽがめんまを成仏させようとしているのを知り泣いてしまっためんまそのことでじんたんは改めてめんまの願いについて考えてみる…そして考えたことは最初に言っていた学校へ行って欲しいということだか...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない6話「あなるは処女(じんたん談)」(感想)
今回もあなるが可愛い。 彼女は女神様です!! 教室で(クラスメートの心の声)で色々言われている状況。 あなるからしてみればまさに「ホビロン」だったでしょうね。 今回は喜怒哀楽表現と、めんまが「存在」していると感じられるのはなぜか という所に焦点を...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 「わすれてわすれないで」 感想
そこに在るからこそ、ないからこそ・・・ 「あの花」公式サイトはこちら! →http://www.anohana.jp/ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話感想です。 今回はじんたんが男を見せて...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
今回は、世紀末オカルト学院の協力でお送りします(`・ω・´) JK久しぶり(*>ω<)ノ あと美味しすぎる銘菓、百万石まんじゅうw めんまに謝りたい気持ち。 成仏させてあげたい気持ち。 それは正しいことなんだろうけど、めんまがいなくなっちゃうのは寂しいな?...
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 6話「わすれてわすれないで」
いろいろ複雑なんだなぁ・・・ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/06/29)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
仁太はめんまのお願いについて考え…。 最初に言っていた学校に行ってみようと考えます。 …ってTVのオカルト学園が気になるw JKは知らない人見ても 誰だよ!? ってインパクトあるよね(^^; ▼...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
サブタイトルは「わすれてわすれないで」という実に意味深なものでした。忘れて欲しいという気持ちと忘れないで欲しいという二律背反の気持ちがめんまには存在しているのでしょう。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 『わすれてわすれないで』 感想
この作品のレビューは、これまで書いていなかったのですが、最近面白くなってきたし、「書かないんですか」と言われたりもするので、今回書いてみました。 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 第6話 『わすれてわすれないで』 のレビューです。
(感想)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」 忘れて欲しいけど、忘れてほしくない・・・。 忘れてほしくないけど、忘れて欲しい。めんまの思いは複雑・・・。 そして、めんまのお願い、その答えへは着実に近づいて行きますね・・・。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:6話感想
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の感想です。 さらっと重要な回だったなあ。
[アニメ]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
「わすれてわすれないで」の繰り返し。誰もが抱きながらも内に貯めこんでしまう。それを引き出してあげることが自分にも他の人にも出来るのだろうか?
ゆきさつさんには負けられないっ。じんたん、漢の咆哮!! あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」
TVアニメ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」 の感想。 脚本:岡田麿里 絵コンテ:小島正幸 演出:原田孝宏 作画監督:本村晃一  「めんま」を成仏させるために、「じんたん」は学校へ行くことを再び決意する。  しか?...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。第6話「わすれてわすれないで」感想
 あの花6話。めんまについて思い悩む仁太達…。忘れないほうがいいのか、それとも…?今回も観る前にどうなるか不安に感じていたことがありましたが、どうにかなってほっとしました~。さすがはじんたんです。そしてまさかのオカルト学園に驚きまし...
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 第6話 感想
設定協力 世紀末オカルト学院? 同じ制作会社ですけれど、どういう意味なんでしょ…。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第06話 感想
 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。  第06話 『わすれてわすれないで』 感想  次のページへ
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 06話『わすれてわすれないで』
じんたんはまず今の状況を整理しようとする。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 06話『わすれてわすれないで』 感想
幸せはなるものでなく気付くもの。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 「わすれてわすれないで」
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 「わすれてわすれないで」 感想
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。第六話 感想
間違いない、アイツ絶対処女だな 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」第六話感想です。 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/09/22)日笠陽子、水島大宙 他商品詳細を見る
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」6話 わすれてわすれないで
アバンのとこ、じんたんがシリアスに考え事をしてるとこで怪奇特集と思しき番組が流れてるとこで「世紀末オカルト学院」が流れたのにちょっと笑った。アニプレックスだからOKなんだろうけどそれ以外特に関係な...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 【6話】 「わすれてわすれないで」
あの日、6話。 前回のぽっぽは、ちょっと過剰だった。 今回は一寸。 ・・・全体を通して・・・ まだ、めんまの願いは分からぬまま、じんたんは学校へ。 あまり良い感じはしませんな。 ・・・視聴を終えて・・・ めんまの相談・・・か。 結構前のことなのに、?...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第06話 『わすれてわすれないで』
あのシーンは虐めじゃなかった。ノートに「死ね」とか書いていたのはあなる自身だった。 ステルスじんたんめんまの願いは本当にじんたんが学校へ行くことかもしれない。そう思い直して登校したものの、さほど注目されることは無かった。何故ならあなるラブホ問題が浮上し?...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 「わすれてわすれないで」ゆきあつwww変な奴はお前だm9。゚(゚^Д^゚)゚。
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 「わすれてわすれないで」 さてさていつもの如くあの花第6話見ましたので感想をば 冒頭あのオカルト学院をみながらwめんまの事を考え この...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #06 『わすれてわすれないで』 感想
  超平和バスターズという過去にとっての仁太という存在。 それは今でも変わらずみんなの心の支えとなっていて―
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 第06話 「わすれてわすれないで」
ハムハム。「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の第6話。 めんまの願いのひとつかも知れないと登校する仁太。 また影口が叩かれると思いきや生徒達の注目は鳴子に。 ホテルの前にいたところ...
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話 「わすれてわすれないで」
ボッシュート!  突然学校へ行く気になった、じんたん。この前にも一回失敗をしている訳で、どんな風の吹き回し? まぁ、やる気が出たのはイイことですね。  先日、ぽっぽ ...
【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第6話-わすれてわすれないで】
何年経っても、思い出してしまうな。
該当の記事は見つかりませんでした。