fc2ブログ

MENU
アニメその他

2011年夏期アニメ 視聴予定

ラノベ枠マジ多す。

 
 
今期もやってまいりました、「読者にブロガーがどんなアニメを見るのか知ってもらうため」という建前で書かれる視聴予定記事。その実完全に自分用、言いかえれば自己満足記事でございます。「あれ、俺どのアニメ見たいんだっけ?」と分からなくなった時に見に行くのです。ブログって便利!

春アニメが、最近の傾向に比べて2クール作品が多いので、夏まで継続する作品が意外と多くなりますね。
非常にいい事だ。
反面、と言っていいのか、夏アニメは僕的に未知数なものが多く、絞るのにそんなに苦労はしませんでした。結果見なかったアニメが大反響を得て「見ればよかった!」と思う事が多々ありますがその時はその時。

参考:GIGAZINE



視聴&感想予定作品

ゆるゆり(期待度:
連載開始当初に、ネットで「こんな作品ハジマタヨ」てな感じのニュースを見て知りました。絵が非常に可愛らしくて「これは読みてぇ!」と思ったのをよく覚えています。まぁ僕は漫画を「読みたい!」と思って実際に手を出した事が皆無に近いのですが。

アニメになってくれてラッキー!
という訳で期待は高まります。でも作品の性質的に期待度は中。のほほんまったりと萌え萌えしながら視聴する事になるのでしょうね。

神様ドォルズ(期待度:
なんだか気になる作品ではあったけど、PV見て期待度爆発しました。これは面白そう!
アクションよし、女の子よし。これでストーリーが面白ければ万々歳でありますね。
岸監督の手腕にも期待がかかります。

森田さんは無口(期待度:
まぁなんだ、『ゆるゆり』と同じくまったり枠?
無口キャラと言えば僕の中では『しおんの王』の紫音がまっさきに連想されます。まぁ紫音は無口とはちょっと違うけど。

森田さんのキャラクターを中心に話が展開していくようで、ポストAチャンネル的な感じになるのですかね?
楽しみです。
逆にキャラデザは、ちょっと簡素すぎるので好みには合わず。ぐりぐり動かす作品でもないでしょうしね。

にゃんぱいあ The Animation(期待度:
期待度小なのに何故感想書くのかって?
まぁ、約2年ぶりのゴンゾ制作アニメですからね。『シャングリ・ラ』以来ですか。かつてゴンゾがものすごく大好きだった僕としては注目せざるを得ないという訳です。ただし内容はどうでもよさそうw

フッズやStudio五組といった元ゴンゾメンバーが活躍する中、本家ゴンゾがどれだけやれるかにも注目です。
どうでもいいけどつい最近フルメタル・パニック一期見直しました。やはりすげぇ面白かったです。

うさぎドロップ(期待度:
まるまるもりもり!
現在大絶賛放送中の某ドラマに設定が若干似ていますね。なんて考えていたら、8月公開の実写版映画は芦田愛菜ちゃんが主演だそうじゃないですか。ただの偶然なのか狙ってやっているのか。

まぁそんなのどちらでもいいですが、まさにノイタミナらしい内容で期待度は抜群に高いです。
PVもクソ可愛らしくてどうしようかと思いました。子どもを愛でる心は万国共通。性的興奮を覚える訳じゃないからロリコンではありません。

THE IDOLM@STER(期待度:
これはもう、期待せざるを得ないでしょう。でも僕の「期待」は、大多数の視聴者とはたぶん異質のもの。

僕は原作アイマスを1ミリもやった事がないので、原作設定がどうとか、アイドル達の扱いがどうとかは比較的どうでもいいです。この辺はいろいろと不安がささやかれているようだけど、僕には関係ありません。

しかしメインスタッフが俺得すぎる!
監督の錦織敦史さんはあまり知らない方ですが(調べると、作画上がりの初監督らしい)、シリーズ構成に錦織監督と連名の待田堂子さんは僕の最も好きな脚本家の一人。
そして総作画監督に飯塚晴子さんの名前があるじゃないですか!
『オオカミさんと七人の仲間たち』以来彼女の作画には惚れ惚れしまくっているので、期待が高まります。

そして「シリーズ演出」にクレジットされている、高雄統子さん。
同姓同名の別人でなければ、彼女は京都アニメーションの演出家の一人です。近年京アニは社員が他の会社の作品の制作に関わった事は、確かなかったはずなので、まさかの出張業務か、もしくは退社なされたのか。
高雄統子さんと言えば、『CLANNAD』『CLANNAD AFTER STORY』における特別編「もうひとつの世界 智代編」「同 杏編」が有名ですね。
同一人物だとして、その手腕に期待大。「シリーズ演出」をわざわざクレジットするくらいだから、作画上がりの監督を補佐する意味も恐らくあるのでしょう。

さらに、アイマスアニメを語る上では恐らく避けて通れない『ゼノグラシア』
黒歴史であると散々言われていますが、僕はDVDレンタルで視聴してみて、その評価が見当外れも甚だしい事を知りました。『ゼノグラシア』面白すぎます。ロボットアニメの中では、最も好きだと言っても過言ではありません。
感想記事では、ゼノグラとの比較もやっていこうかなと。もちろん上下比較ではありません。

まよチキ!(期待度:
キャラデザに惹かれました。これは可愛すぎる。まさに今風の絵、『IS』みたいに大ヒットしたりしてね。

内容としては、ヒロインが何らかの事情で男に紛れて執事養成学校に通う……みたいな?
『れでぃ×ばと!』で似たようなのがいましたね。男装モノは好みなので期待が高まります。期待度は中と大の中間くらい。
そういやドラマでは夏期にイケパラがやるそうですね。堀北主演の時はさりげなく見てました。面白かったけど、堀北真希超可愛かったけど、逆に可愛すぎて男装が男装になっていなくて「これバレないのおかしだろ!」と毎回突っ込んでました。

バカとテストと召喚獣にっ!(期待度:
一期とても面白かったけど、特に構えずにさらっと視聴した方が面白く見られそうなので期待度は中。
確か、2011年放送開始アニメの中では最も早く制作決定の告知がなされていましたね。いつだったかは忘れたけど放送開始まで長かったなぁ。

これは続編なのでまぁ当然ですが、下野は本当に主演が多いですね。2007年ごろからずっと主演ばっかりやってる印象です。彼の声好きだけど主人公向けの声とはあまり思えないんだよな。

神様のメモ帳(期待度:特大
みなさん!
これは!
99%神アニメになりますよ!

……100%でないのは、まぁ物事には必ず例外や不確定事項、アクシデントがつきものだからです。「100%なんてこの世にはない」僕の座右の銘です。今考えました。

とはいえ、これはマジで面白いアニメになると思います。
というのも、僕は原作を読んでいますが、これがたまらなく面白いのなんの!
著者の杉井光はいろんなレーベルで多彩な作品を書いている事で有名ですが、『神様のメモ帳』は代表作の一つ。もう一つの代表作『さよならピアノソナタ』は絶大な人気を誇り、ラノベファンの間ではかなり人気の高い作家と言えます。

挿絵を岸田メルが描いているので「メルアニメ」と言われたりもしたりしなかったりのようですが、僕らから見れば、満を持して制作される杉井アニメ。楽しみすぎます。

それに、スタッフがこれまたやばい!
桜美監督×水上脚本の『あさっての方向。』コンビには否応なく期待しちゃうし、キャラデザ・総作監の佐野恵一さんは『とあるシリーズ』のメインアニメーターの一人、PV見ましたが美麗な映像に心が震えたものです。
制作会社はJ.C.STAFF、と、何気に上に挙げた3人は全員『とあるシリーズ』に関わっていますね。音響監督も超電磁砲の人みたいです。

ロウきゅーぶ!(期待度:
ロリきゅーぶ……なんて言われているそうですね。メインキャラクターが女子小学生なだけやん!と思っていたらキャラデザが全力でロリロリしてた。おばさんが小学生に見えるってどういう事なの……

あらすじはとても面白そうです。草川監督的にも今期の『DOG DAYS』がクソ面白いので期待出来ます。でもPV見たら絵作りに若干の不安が。



その他視聴予定作品

ぬらりひょんの孫 千年魔京(期待度:
なんか監督代わってるー!
福田さんは最近大活躍すぎるからいいんだけど、西村純二さんどうしたんだろう。最近は『花咲くいろは』で脚本書いてたけど。

ともかく、一期見てたので当然視聴します。何気に妹が原作の方を読んでいてビックリしました。
河童たくさん出ないかなー

異国迷路のクロワーゼ(期待度:
ゴシックに引き続き、武田日向アワーが続きます。
舞台は19世紀、という事で第一次世界大戦前ですね。PV見てものほほんとした内容で、「湯音ちゃんかわいいー!」と悶えるアニメになりそうです。

BLOOD C(期待度:
水島監督と、主演の水樹奈々に釣られて。

「BLOOD」シリーズの3作目という事ですが、内容は前作などから完全に独立しているそうなので、視聴に問題はなさそうです。

いつか天魔の黒ウサギ(期待度:
伝勇伝の作者の別作品だそうです。そういえば伝勇伝を最終回まで見ていません。レンタルせねば……

厨二病設定全開の物語になりそうですが、面白い魔法バトルが見られそうです。
監督ではないですが、川崎逸郎さんも参加。

ダンタリアンの書架(期待度:
ラノベ枠!
ラノベ原作だから見よう、という訳ではないですが、三雲さんの作品だという事で。彼の作品は読んだ事ないですがアスラクラインのアニメ面白かったから。

みゆきちの演技にも期待です。夏期もまたベル坊とのギャップに驚く作業が始まりますよ。

猫神やおよろず(期待度:
んー見なくていいや、と思っていたのですがスタッフ情報に釣られて。『GA 芸術家アートデザインクラス』スタッフとなればこれは見ねばなるまいて。
特に桜井監督は『会長はメイド様!』が記憶に新しいです。珠玉のハイテンションコメディを期待したいところです。

輪るピングドラム(期待度:
期待度は大と中の間くらい。幾原監督のオリジナル作品という事で期待です。
つっても、僕ウテナ見てないんですけどね。某幾原監督ファンのブロガーから何度も勧められているのですが、レンタル屋にはVHSしかなくて手を出しづらいのです。



視聴&感想継続作品

日常
相変わらず何書いていいのか分からない内容ですが頑張って感想書きます。

べるぜバブ
もうすっかり感想書けてないですが、リスタートします。たぶん!

青の祓魔師
回増しにどんどん面白くなっていっております。
日5で一番感想書くの楽しいかも知れない。

花咲くいろは
なんだかんだ、春は一番このアニメに心を奪われています。

Steins;Gate
お話の衝撃度では近年ピカイチですね。もちろん最後まで追いかけますよ。



視聴継続作品

SKET DANCE
1クール目は、明らかに曲で損してました。映像はものすごく素晴らしかったのですけどね。OPの話です。
ツッコミどころ多すぎて画面に突っ込むのが大変なアニメですが何故か面白い。ところで少し前にPVを見たのですが、OPこれでいいやん!



夏期もアニメがたくさんあって大変ですね。幸せです。
最近は本当に、アニメ文化が大衆に浸透していっている印象で、アニメが連続ドラマ並の市民権を得る日も遠くないんじゃないかと勝手に妄想しております。

やはり僕としては、夏期は『神様のメモ帳』押しでいきたいです。楽しみすぎて夜も眠れません。パッケージ購入も検討中です。まぁそれは実際に見てからだけど。
ついでに勢いに乗って『さよならピアノソナタ』もアニメ化されないかな。映像化すげぇ難しいと思うけど。というか『火目の巫女』の続編書かないかな。僕神メモとかピアノソナタより火目の方が好きなんだけどな。

ネットなどではアイマスなどが盛り上がりそうですね。いい意味でも悪い意味でも。
それでは、今期も心豊かになるアニメにたくさん出会えますように。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2639-d269e1f2
該当の記事は見つかりませんでした。