FC2ブログ

MENU
禁書目録原作

「新約とある魔術の禁書目録」/鎌池和馬 感想!

発売が3月10日だったので、3ヶ月以上遅れての感想。記事内にネタバレあり。

 
 
いろいろ忙しくて書けませんでした。
いや、見つけようと思えば時間見つけられたけど、旬を過ぎたら「なんかもういいや……」とダラダラ先延ばしにしてしまうもので。
「新約の感想書きましょうよ」とわざわざコメントもいただいているので、こんなに遅れていますが書こうと思います。

なんて思っていたら2巻のあらすじまで出てきちゃってるよオイw



アクセラレータサイド
読んでから少し時間が経っているので細部を忘れてしまっていますが。
浜面サイドはよく覚えているのですけどね……アクセラレータ何したっけ?

序盤は、学園都市に戻ってきた彼がラストオーダーやワーストとキャッキャオラオラする内容。「嫉妬」という言葉がマイナス感情の一つである事をいい事に上手くワーストを萌えキャラにしてしまったかまちーマジおそろしす。アオザイとはまたマニアックな。可愛いから許す。

というか浜面大活躍だったので、アクセラレータはちょっと影が薄いですね。いや、十分活躍していたけど。
戦闘面に関してはさすがというか、さすがに新約1巻目で最強さんがフルボッコにされるというショッキングな出来ごとはなし。そして荒事になるとラストオーダーの出番は本当になくなりますね。ワーストにヒロインの座取られちゃうよ!
しかし新約2巻は日常回になるようです。ラストオーダーの巻き返しktkr。

浜面サイド
新生アイテムとして新スタートを切りましたが……
冒頭のヘヴィーオブジェクトまじ吹いた。順調にコミカライズされてるし、こっちもアニメ化したりしねぇだろうな。

こちらはこちらでキャッキャウワアを展開しておりますが、墓参りイベントがしっかりあって僕は大満足です。
そして内容が小憎たらしい! 麦野一人で行ってその詳細は明かさないとか、プライバシーの保護が徹底していて感動すら覚えるよ!
余計な描写はいらないと考えたのでしょうね。麦野を受け入れた浜面達マジ女神。

禁書目録は、主人公三人のメインヒロインが全員基本的に非戦闘員なので、巻の後半になるとたいてい空気になってしまいますね。
滝壺も例にもれず空気、というか代わりに最愛ちゃんが活躍してしまいました。ロシア編でお預け食らったからだな。

アイテム以外にも、半蔵や郭ちゃんが登場しましたね。半蔵は確か、15巻などでも出ていたはずだけど、郭ちゃんはSS2以来の登場になるのかな?
大規模な活躍はありませんでしたが嬉しい登場。この二人はしばらく出ないでしょう。2巻では出るかもだけど、そのまま最終巻まで音沙汰なしの可能性もある。今のうちに目に焼き付けておきます。

そして今回浜面は、パワードスーツを着て怪物バイクに乗って……といろいろ規格外な事に。
超能力もイマジンブレイカーも魔術もない一般人である浜面ですが、なんかもう突っ込むのも野暮なくらい突き進んでしまっています。そのままヘヴィーオブジェクトにも出演出来るのでは?

上条サイド
インデックスと美琴が傷心で街をふらついておりました。
なんと心痛む光景……美琴は特に、前巻で上条さんの死を見たも同然でしたからね。
22巻の時点で僕は「23巻は美琴が重要ポストになる」と予想したのですが、そんな事にはなりませんでした。残念。

そしてそして上条さん見事復活!!
「死んだ」ってのは、ただの心肺停止状態の事だったようです。そりゃあ北極海に落ちたら心肺停止の一つや二つするわな。

見事に助けられて普通に学園都市に戻ってまいりました。助けてもらったとはいえ、北極海に落ちて生き延びた上条さんの生命力はもはや主人公補正というよりは上条さん補正。そりゃあフィアンマも勝てない訳だ。

しかしまぁ、最後の上条さん登場シーンは素直に心が震えました。
油断したアクセラレータと浜面の尻拭いという形でしたが、それでも燃えた。主人公は遅れて登場するものだとはよく言ったものです。

そして終章はすごかったね。
主人公三人が綺麗に集まって普通に会話してるよ!
特に上条さんと浜面なんて、僕の記憶が正しければSSで殴り合って以来の再開じゃないか?
それなのに普通に会話が出来るというのは、上条さんのカリスマぶりがよく分かるというものです。

上条さんのカリスマに一番強く影響されたところのアクセラレータは、やはり上条さんには思うところがあるようではあるものの、しかししっかり情報交換を行っておりました。腐女子じゃないけどこの二人が仲良くしているところを想像すると興奮して鼻血が出そうです。
この二人だって、直前の対面はロシア雪原での大バトルだというのにね。新約2巻で、仲良しとはいかないまでも、絡みが見たいところであります。
ア「あン時は手ェ抜いたンだ」
上「嘘つけ、俺の完全勝利だったじゃねぇか」
ア「テメェに俺が本気で負けると思ッてンのか? あァ?」
上「負け惜しみはみっともねぇぞ。いいからハンバーグ食えよ、冷めちまう」
浜「なんでお前こいつと普通に口げんか出来るの……?」(at ファミレス)

みたいな。
ないか。

ともかく、終章によると、今後は科学側と魔術側の全面戦争……なんて事にもなりかねないようです。
2巻は日常回になりそうだし、まだまだシリーズは終わりませんね。バードウェイって、ステイルSSで出てきたやつらだよね? まともに読んでないから詳細がさっぱりだ。

おまけ
口絵にて超電磁砲メンバーを確認!
春上さんまで登場しちゃったよ。佐天さんは二度目の登場ですか?
関連記事
2 Comments
蓮の杖 ""
待ってました、新約感想。
急かしたような形になってすみません。

>アクセラレータはちょっと影が薄いですね。
確かに、悪党じゃない常識的な生き方を探っている感じでしたからね。
それにしても「自分には常識が通じない、というのは、実は何の自慢にもならないのではないか」には大笑いさせられました。

>浜面は、パワードスーツを着て怪物バイクに乗って……
ハマヅライダーを挿絵にしたのは誰か知りませんが、結果的にGJと言いたい。
浜面のしぶとさはもう折り紙つきですね。今後ハイテク兵器を乗り回す路線で行くのでしょうか? プランのイレギュラーだそうですから、ひょっとしたら魔術の方にも適応してしまうのかも……予想が膨らみます。

>バードウェイ
18巻22巻にも登場してましたけど、ステイルSSが刊行されるので漸く彼女の人となりを知ることができますね、三木担当に感謝。

やっぱり2巻が早く読みたいというのが正直なところ。これまでになかった組み合わせの掛け合いも楽しみですし。
嗚呼8月は遠いな……

長文失礼しました。
2011.06.20 20:58 | URL | #qBg15wGA [edit]
神酒原(みきはら) ">蓮の杖さん"
お待たせしました、新約感想。
時間が経っているせいで前巻より短い感想文になってしまいましたが。

>「自分には常識が通じない、というのは、実は何の自慢にもならないのではないか」
これには僕も大笑いでしたw
常識が通じない=周りに適合出来ない、という事ですからね。闇と手を切ったアクセラレータにとってはいらない概念です。

>今後ハイテク兵器を乗り回す路線で行くのでしょうか?
なんか活躍する度に武器や兵器がインフレ起こしているので、新約3巻辺りではミサイルの発射ボタンでも握っていそうです。
浜「ちょっ、俺照準なんて出来ねぇぞ!?」
ア「いいから撃て、俺が照準変える!」
浜「マジすか! パねぇ!」
みたいな。
ないか。

>ステイルSSが刊行されるので
うお、マジすか!?
ステイルSSの完結直前に電撃文庫MAGAZINEを買わなくなったので、これは朗報。
ついでに超電磁砲SSや神裂SSなども刊行するといいと思います。いえ、DVD買ってますけども。なんか小冊子だとあまり読む気起きなくて放置……

>これまでになかった組み合わせの掛け合いも楽しみですし。
禁書目録の醍醐味の一つですもんね。2巻あらすじを見たところ、上条さんとワーストの掛け合いはあるようです。
3月から8月、っていうのはかまちーにしては長いスパンですもんね。普通ならいいくらいのペースですけどw
2011.06.20 22:29 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2640-c43933e2
該当の記事は見つかりませんでした。