FC2ブログ

MENU
侵略!?イカ娘

侵略!?イカ娘 第1話 感想!

最終回ラッシュと初回ラッシュが被ってしまいましたね。

 
 
登場人物
酒原(さけはら): 誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら): このブログの書き手。常に新しい事に挑戦し続けては八割方怪我をするという、よく言えば七転八起☆史上主義な人物。



神酒原 「さて、秋アニメが始まったね!」
  酒原 「ああ、始まったな。先頭バッターは『侵略!?イカ娘』だ。以前にも制作されているので、今回は第二期だな」
神酒原 「また可愛らしいイカちゃんに会えるぜ。おお懐かしのイカちゃん。相変わらず可愛かった!」
  酒原 「可愛いのは分かるが、少し段取りというものを意識しようぜ」
神酒原 「段取り? やってもどうせgdgdになるだけだよ」
  酒原 「少し黙ってろ。……えーと、今回は前作で監督を務めた水島務が総監督になって、」
神酒原 「務さんが務めてたんだね」
  酒原 「監督に山本靖貴が入っている。『戦場のヴァルキュリア』などで監督をやっていた人だな」
神酒原 「スルーですか……」
  酒原 「ああ、下らない発言はとことんスルーしていくぞ」
神酒原 「最近多いね、監督と総監督が両方クレジットされているパターン」
  酒原 「確かにそうだな。有名なところで言えば『名探偵コナン』の今年の劇場版がそうだったか」
神酒原 「あれかな。経験のある人を総監督に据えて、新人監督を鍛える作戦?」
  酒原 「山本靖貴は言うほど新人じゃないと思うが……」
神酒原 「ほら、こないだの『日常』とか、まぁ監督じゃなくて助監督だったけど、石立太一がやってたじゃん」
  酒原 「ここはイカ娘を語る場だからな」
神酒原 「イカちゃん可愛い!」
  酒原 「もっとないのか。ボキャブラリーのないやつだな」
神酒原 「いやー、このアニメに関してはこれしか出てこないでしょ。万言を尽くして魅力を語るような作品じゃないよ。分かってないなぁ」
  酒原 「自分のスキルの低さを棚に上げて……」
神酒原 「じゃあ何かまともな感想を言ってみろよ。僕なんかより遥かに語彙豊富な酒原さん」
  酒原 「そうだな……まぁ作風はしっかり前作の雰囲気を再現するように作られているけど、前作の通りに作る事に腐心して、真新しさがなかったってところが本音かな」
神酒原 「つまんねぇコメントだな……」
  酒原 「なんだと?」
神酒原 「萌えアニメだぜ? もっとリビドー高らかに萌えを叫ぼうよ! イカちゃん可愛い! 最高!」
  酒原 「ほんとお前それしかないな」
神酒原 「だってこのアニメイカ娘一強じゃん」
  酒原 「まぁそれは認める」
神酒原 「だろ? イカちゃんへの愛を叫ばずにどう観賞するんだよ」
  酒原 「さっき手本見せたじゃねぇかよ」
神酒原 「だからお前はつまらないんだよ。何かもっと褒めるところないの?」
  酒原 「あるぞ。こういう日常のワンシーンを切り取るようなアニメはたいがい、もしかしたら制作者すら気付いていないようなキラキラが眠っているもんだ」
神酒原 「キラキラとかきもちわるアウチッ」
  酒原 「今回だとそうだな、クラゲ駆除のシーンがとてもよかったな。イカ娘が本当に海を愛している事が分かるエピソードだった」
神酒原 「でもいつも通りの投げっ放しだったぜ」
  酒原 「偉そうな事言っておいて、お前こそ分かってねぇじゃん。あのエピソードは最後の方の悟郎のセリフが一番のキモだったんだよ。3バカは尺合わせのデザートさ」
神酒原 「そう言われればそれもそうか」
  酒原 「みんなで海を守った事が大事、順位なんか関係ない。素晴らしいじゃねぇか」
神酒原 「ナンバー1にならなくてもいい、もともと特別なオンリー1だね」
  酒原 「なんか違うな」
神酒原 「気にするなよ」
  酒原 「じゃあそろそろ〆よう。ほら管理人、なんか言ってビシッと決めろ」
神酒原 「イカちゃん可愛い!」
  酒原 「芸のない天丼で失礼!」
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2769-2ec708ff
該当の記事は見つかりませんでした。