FC2ブログ

MENU
ギルティクラウン

ギルティクラウン phase05「訓練 a preparation」 感想!

いのりの気持ちはどこに。

 
 
登場人物
酒原(さけはら): 誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら): このブログの書き手。お酒は月に一、二回程度しか飲まない上にビール一杯で普通に酔う下戸。二杯でいっぱいいっぱい。でもまぁ、金が酒に消える事がないので丁度いい体質だと思ってる。



神酒原 「ギルティクラウンが始まりました!」
  酒原 「まるで今1話が始まったみたいな言い方だな。もう5話だぞ」
神酒原 「知ってるよ! あーあ、1話から感想書きたかったなぁ」
  酒原 「書けばよかったのに」
神酒原 「10月はそんな余裕なかった」
  酒原 「今もそんなにないけどな」
神酒原 「余裕絞り出してんの!」
  酒原 「まぁまぁ。気を取り直して、ギルティクラウンだ。もう5話だけど」
神酒原 「ああ。5話にして初めて感想に着手した訳だが、僕はこのギルティクラウンが楽しくてたまらない」
  酒原 「だいたいのアニメに対してそう言ってるよなお前」
神酒原 「まぁそうだけど、あれだ、ギルティクラウンは1シーズンに一作はある心クリーンヒットアニメだ」
  酒原 「ほう?」
神酒原 「今期だってベン・トー、フェイト、ちはやふる、など僕の心を湧き立たせるアニメが粒ぞろいだけど、遅れて始まったこのギルティクラウンに僕は心を奪われた」
  酒原 「本気I.Gはさすがといったところだよな」
神酒原 「それもある。が、それだけじゃない。とにかく全てがかっこよすぎる!」
  酒原 「主人公ヘタレだけど」
神酒原 「話の腰を折るのが上手いなぁもう!」
  酒原 「まぁ言いたい事は分かるよ。今期一のクオリティアニメだよな」
神酒原 「いやー、今期一のクオリティアニメはフェイトだ」
  酒原 「ちょっ、お前も腰折ってんじゃねぇかよ」
神酒原 「ギルティクラウンはクオリティアニメっていうより、スペリアーアニメだよ」
  酒原 「……?」
神酒原 「気にしないでくれ」
  酒原 「とにかく5話だ。読者は5話を見た後にブログ見に来てんだから、5話の話をしないとバックスペースされちゃうぞ」
神酒原 「それはいけない。今回は主人公シュウが葬儀社の仲間になれるかどうかのお話だったね」
  酒原 「体面上はな。シュウの心の中では、まだ迷っているようだ」
神酒原 「アンチボディの少佐さんに言われた事がまだ気になっているようだね。ついでにシュウは別に葬儀社の思想に賛同している訳でもないし、ガイに共感した訳でもないし、ヒーロー願望がある訳でもない。葬儀社にいる理由なんてないんだよな」
  酒原 「葬儀社の方が一方的に欲しているだけ、か。ガイとしては、ヴォイドゲノムを持ってるシュウを手放す訳にはいかないんだよな。本当は自分が使うつもりだったようだし」
神酒原 「だから必死に鼓舞し、また流されやすいシュウを上手く流している。ついに模擬戦をパスしてしまったよオイ」
  酒原 「これからも波乱が予想されるな。お前はこれからどうなると思う?」
神酒原 「シュウか?」
  酒原 「ああ」
神酒原 「葬儀社、もしくはガイの思想に賛同する事はないと思うね。たぶん最終回付近まで自分の身の振り方に悩むと思う。その中でしばらくは葬儀社の任務に協力するだろうけど、うーん、あのペンを使うかどうかはちょっと分からないな」
  酒原 「今回大事なイベントがあったぞ」
神酒原 「いのりだな。シュウは今回自分で言ったように、いのりが葬儀社にいるからそのまま留まっているだけで、だからこそ「一緒に抜けよう」なんて言った」
  酒原 「しかしフラれた。しかも気のあるような態度を取っていたのは「ガイにそうしろと言われたから」とまでバラされた。ぶっちゃけ、シュウが葬儀社にいる理由はゼロだ」
神酒原 「まぁ、身の安全を確保するためには葬儀社にいるのが一番ではあるんだけどね」
  酒原 「それはあるな」
神酒原 「これでシュウは淡い恋心の無残な敗北を味わった訳だけど、僕はいのりの気持ちに注目したいね」
  酒原 「というと?」
神酒原 「シュウに近づいたのはガイの指示だったとして、前回の行動は無視出来ない。ガイに迷惑がかかると分かっていてシュウを助けに行った」
  酒原 「まぁ、確かに」
神酒原 「それに、「ガイにそうしろと言われた」っていうのをシュウに明かしたのも、これはシュウのためだと思うね」
  酒原 「というと?」
神酒原 「だって、騙していた事を告白して、騙していない状態にした訳だろ? お互いの立場をイーブンにしたかったんだ、たぶん。つまりいのりは、恋心ではないにせよ、シュウに好意的感情を抱いている」
  酒原 「でも「近づくな」って言ったぞ」
神酒原 「……むぅ」
  酒原 「お手上げか」
神酒原 「まだ5話だ。そうそう謎が解けたら面白くないよ」
  酒原 「それもそうだ」
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2779-ab4dc0ae
ギルティクラウン phase05「訓練:a preparation」
ギルティクラウンの第5話を見ました。 phase05 訓練:a preparation 涯と共に行動することに決めた集だが、嘘界から渡された発信器ペンを捨てずに持っていた。 「城戸は?」 「まだ眠っています。ヴ...
ギルティクラウン 第5話「訓練:a preparation」 感想
何を信じれば・・・。 唯一信じられる存在であったいのりちゃんすら、 実は全て涯の命令だった、という事実。これは辛いねえ。 どれくらい辛いかっていうと 人間不信に陥った人間が、完全に周りから孤立するレベルの辛さ。頼る相手すらいない、っていう。 でも...
ギルティクラウン 第5話 「訓練:a preparation」 感想
うぎゃぁぁぁぁぁ。 だ・ま・さ・れ・た~~~orz
僕は友達が少ない 第06話 感想
 僕は友達が少ない  第06話 『カラオケボックスは客が少ない』 感想  トモちゃんはもういいからw  次のページへ
『ギルティクラウン』 第5話「訓練:a preparation」 ― 運命の女の子からの辛辣な言葉。
厨二男子の心を砕いたな・・・・・・。 ギルティクラウン 300ピース 涯&集 300-562(2011/12/25)エンスカイ商品詳細を見る 短めに感想をば。 やっぱり心のどこかで涯を信じきれない集。まあ、今ま...
ギルティクラウン 05 「訓練:a preparation」
ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  篠宮綾瀬にエロガキと記入される桜満集。 確かに楪いのりや綾瀬にいやらしい目つきで観ていま...
ギルティクラウン 05 訓練: a preparation
 車椅子は私の個性みたいなものよ、遠慮なんかいらないわ。おわかり?
ギルティクラウン 第5話 「訓練:a preparation」 感想
「ギルティクラウン」  第5話 「訓練:a preparation」 の感想記事です。   今週のメインは "綾瀬っち"!   予想以上にカッコ可愛いです~♪ もう人気NO.2は確定ですな。   今回、集はいのりちゃんにフラレますが・・・ おそらくコレは・・・
ギルティクラウン 5話「訓練:a preparation」
いのりを信じていただけにこの事実は辛いよなぁ・・・ My Dearest(初回生産限定盤)(DVD付)(2011/11/23)supercell商品詳細を見る
ギルティクラウン [GUILTY CROWN] 第5話 「訓練 a preparation」 感想
「涯がそうしろって言ったから・・」 いやー、いのりはどうしてあそこまで素直に集の言うこと聞いてくれてるのとか違和感があったんですが、 まさか全部涯にそう言われて集を虜にしていたとは思わ...
ギルティクラウン 第5話 『訓練:a preparation』 感想
集といのりのすれ違いは、まだ続きそう。 ギルティクラウン 第5話 『訓練:a preparation』 のレビューです。
該当の記事は見つかりませんでした。