MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/Zero

Fate/Zero 第九話「主と従者」 感想!

主従関係の二つの形。

 
 
登場人物
酒原(さけはら): 誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら): このブログの書き手。ポケモン初代は圧倒的にフシギダネばかり使っていたが(まぁみんなそうだと思う)、第二世代ではヒノアラシを好んでいた。単純に可愛いから・バクフーン超かっこいいからであるが、初ボスのハヤテにはいつも苦戦していた。すなかけ凶悪すぎるわ。



神酒原 「今回は時間がないため、簡易版でお届けします」
  酒原 「手抜き版の間違いだろ?」
神酒原 「ちょっ、酷いお前! というか今回はマジでお前の軽口に付き合ってる暇ないの!」
  酒原 「ふむ、まぁしょうがない。では早速感想を言え。ほら早く。なんだ、ないのか?」
神酒原 「…………。今回はサブタイ通り、主と従者について二つの形を見せてくれたね。すげぇ面白かった。いつもは映像的に大興奮だけど、今回は脚本的に大興奮だ」
  酒原 「ランサーの騎士ぶりは筋金入りだったな」
神酒原 「生前は姫との色恋に走ってしまって、結果忠義を果たす事が出来なかった。サーヴァントとして再びゲンカイ出来た今、今度こそ忠義に生きる……。やばい。ランサー好きすぎる」
  酒原 「しかしソラウに乗せられてしまったぞ」
神酒原 「あれは仕方ない。ああ言われてはランサーは従うだろうさ。ソラウの口車が上手かった」
  酒原 「ケイネスは戦線離脱かー」
神酒原 「まだ分からんぞ。……まぁ、ランサーが長くかっこよく描かれてくれれば僕はなんだっていいけどね」
  酒原 「では、もう片方のペアに行こうか。お前はウェイバー・ライダーペアが一番好きなんだったな?」
神酒原 「ああ。こちらは主従関係というか、なんか友達同士みたいだけど、我は王だぞ!的な事を言いつつもしっかりサーヴァントとしての誇りまで持っているライダーが男前すぎてもう掘られてもいい」
  酒原 「ついに目覚めたか」
神酒原 「すまないがスルーする。あれだけ誇り高い王がサーヴァント、しもべとしての矜持を持っているという事は、ウェイバーの事をしっかり認めているという事だよね。その関係がすごく気持ちいい。ついでにキャスターの根城でのライダーもかっこよすぎてチビる。切嗣・セイバーペアも頑張ってほしいところだね」
  酒原 「セイバーも王だが、同時に騎士だから、忠義の心はランサーと同じのはずだけどね。今のところ王でもない、騎士でもない感じに中途半端になってしまってる」
神酒原 「完全に相性が悪いんだろうね。しかし主人公ペアなので(たぶん)、どうにか改善されてほしいところ」
  酒原 「たぶん?」
神酒原 「いや、フェイトゼロってなんかみんな主人公に見える」
  酒原 「なるほど」
神酒原 「では、そろそろ記事を終わろう。うわっ、マジで短い……」
  酒原 「お前が最初に自分で言ったんじゃないか」
神酒原 「フェイトの聖杯戦争ってポケモンに似てるよね」
  酒原 「最後のセリフそれかよ」
神酒原 「誰かの受け売りだ」
  酒原 「より悪いわ」
関連記事
-2 Comments
ひろ ""
遅ればせながら書き込んでみますw

>ランサーの騎士ぶりは筋金入り
一瞬どこの大河ドラマかと思ったw
若き騎士と姫の逃亡劇…その当事者こそが、あのランサー・ディルムッドなのでした。
ご存知かもしれませんが、あの後彼は主君と狩りに出かけた先で猪に襲われ、瀕死の重傷を負います。主君は回復に長けた水の魔術の使い手だっただけに、その気になれば簡単にディルムッドの命を救うことができました。しかし、妻を寝取られたことを恨んでいた彼は、ディルムッドの目の前で2度も、わざと回復薬を零しました。彼が3度目に回復薬を持ってきた時にはもう、ディルムッドは事切れていたそうです。
今回なぜかカットされたので一応。あの機会を逃したら、おそらく語られないと思うので。

…そういえば、あの後、先週話した綺礼と舞弥の戦闘をもう一度見ました。

綺礼は肘打ち(中国拳法では六大開・頂肘という大技です)を撃つ瞬間に、左の足首で舞弥の右足をロックしていますね(画面には足首は映っていませんが)。これは中国拳法ではよくあるテクニックで、相手を組み伏せたり、吹き飛ばさずに連続で攻撃するのに用いられます。次の瞬間には体をひねって地面に組み伏せていますし。

おそらく綺礼は、飛び道具を持つ舞弥を無力化する際に、自らに有利な接近戦を選択できるポジションに固定する狙いがあったのでしょう。彼の僧衣はケブラー製(防弾チョッキなどに使われるアレです)ですが、頭は無防備ですしね。

つまり、あの戦闘にはおかしいシーンはなかったのかな…と思います。流派ごとの戦闘方法はさておき。

>フェイトの聖杯戦争ってポケモンに似てるよね
半分賛成ですが…聖杯戦争とポケモンバトルには、決定的な違いがあります。

英霊も、元は一人の人間であったこと。
マスターを守るサーヴァントはたった一人で、替えは効かないこと。

そして…
戦いに負けた者は、容赦なく命を散らすこと。
サーヴァントも、マスターも、周囲にいる者達も、限りなく等しく、平等に。
2011.12.03 23:01 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ひろさん"
まだだ! 次の話数が放送されてなければセーフだ!

>今回なぜかカットされたので一応。
なるほど、細かい経緯はそういう事でしたか。今回は原作の大部分がカットされたという事を聞いていますが、ひろさんの説明を聞いて、逆にアニメスタッフのまとめの上手さを実感しましたw
あの短い描写だけでも、「ディルムッドが任務中何かしらで倒れ、主君がわざと助けなかったため、事切れてしまった」という事は伝わっていたので。アニメで全てを描写するなんて不可能ですから、取捨選択が必要であり、たぶんこのシーンは取捨選択が上手かったのだと思います。

>(中国拳法では六大開・頂肘という大技です)
見ながら絶対大技だと思ってたw 誰にでも出来る簡単な横振りじゃなくて縦に打ち上げてますもんね。

>左の足首で舞弥の右足をロックしていますね
おお、なるほど! それは気がつかなかった。
しかしなるほど、そうなると、さらにこのシーンの評価を上げねばなりませんね。どういう動きだったか詳しい動作は分かりませんが、近接戦の時に相手の足をロックする技は空手にも存在します。やり方は違うかも知れませんが。そもそも空手でも流派が違えばだいぶ変わるという。

>自らに有利な接近戦を選択できるポジションに固定する狙いがあったのでしょう。
大丈夫、これはちゃんと気付いてましたよw
見た時は漠然と、「銃弾を弾く系の魔術使ってんのかな」と思っていましたが。綺礼って魔術使えないんだったかな。

>つまり、あの戦闘にはおかしいシーンはなかったのかな…と思います。
いや、でもナイフの行方はやはり気を付けるべきw
ひろさんと話していてさらに一つ気付いたのですが、弾いたナイフが都合よくどこかへ飛んでいってくれるのもあり得ない事です。上に腕を打ち上げて攻撃したら手放したナイフが首をサックリいかないとも限らない。服で頭を守っていたところを見ると、さすがに生身の肌に銃弾や刃物は効くようですから。
もちろん、舞弥がナイフを最初から持っていなかった場合、もしくは逆の手に持っていた場合は100点満点すぎるので、僕の好感度はまったく下がりませんよ。というか、作画作業はヘッドの演出家とボトムのアニメーターの距離が遠いので100%のアクションが作れる事自体そんなに期待するものではない。京アニくらいです。みんな社員で作っちゃうから。

>半分賛成ですが…聖杯戦争とポケモンバトルには、決定的な違いがあります。
ま、半分以上冗談で言ってはいますけどねw
似ているのは「マスターが対象を使役する」ところくらいですよね。こちらの力量によって対象が言う事聞いてくれたり聞いてくれなかったり。
まさしくおっしゃる通りです。しかし子ども向けに作られたエンタテインメントと大人向けに作られたエロゲのスピンオフをそう比べるものでもないw
2011.12.04 00:33 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2790-7a2357dc
Fate/Zero 第09話
関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第九話 主と従者いきなりランサーの前世の夢から始まりましたこれはなにを暗示しているのか…どうやらケイネスがランサーと繋がっていることによることで見たディルムッドの前世でしょうそして目覚めたケイネスは自分が別の場所で体...
■Fate/Zero【第九話】主と従者 -125:54:37
Fate/Zero #09の視聴感想です。 効率重視。 令呪移譲。 水質調査。 工房破壊。 ブチ壊せるだけは壊していくさ! ↑さぁポチッとな
Fate/Zero #9「主と従者」感想
ランサー回想生前から壮大な話みたいですなもう羨ましいを通り越して尊敬だわケイネスさん敗北のその後ソラウから令呪を使ってまでマスターを変更して欲しい魅了の力は彼女をそこまでさせるのか、想いのためなら悪魔にでもなれるのねランサーの前だと完全に恋する乙女です...
Fate/Zero 9話「自分のほくろに泣くランサーの話。ライダー陣営は最高の関係ですね!」(感想)
まるで女性のような表情のウェイバー。 その視線の先にあるのはとても悲惨なものですが… 今回は「主と従者」というサブタイトル通りに マスターとサーヴァントの関係を より深く描いた話になりました。 本当にウェイバー・ライダーはイイですね! http://amebl...
Fate/Zero 第9話「主と従者」
あぁ・・・男の涙ってのはどうしてこうもせつないのか。 【速報】ケイネス先生が正式に聖杯戦争から脱落しました。 令呪って人から人へ移し変えることが出来るものだったんですね・・・。てっきり初めに礼呪...
『Fate/Zero』#9「主と従者」
「同じ目だ、あのときのグラニアと…」 アバンでは、ランサーの過去が! どうやら瀕死の状態のケイネスが見た夢だったようす。 なにやらフィオナ騎士団の団長と婚約したグラニアという女性がランサーに言い寄り、 二人で逃亡するような姿が描かれてましたね。
Fate/Zero 第9話 「主と従者」
現世で望むのは、前世でかなわなかった忠節の道のみ――。 業(カルマ)と言うべきか… ランサーは今度も女がらみで主と敵対する運命かな(^^; 一番不幸なのは 妻にも裏切られたケイネスさん(涙) ▼ ...
Fate/Zero:9話感想
Fate/Zeroの感想です。 ランサー陣営はどうなるのかな。
Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第9話 「主と従者」 感想
明白な主従関係―
Fate/Zero 第9話 感想
ランサーはチャームのせいで女に悩まされる人生を送ってきていたんだな ケイネス先生本当に生きてたー!けど相当な重傷みたいだね。 サーヴァントの記憶がマスターに流れ込むことがあるんだな ...
『Fate/Zero』 第九話「主と従者」 ― 哀れケイネス!漢の涙は塩の味
やっぱりとことんまで切嗣の信用が得られない上に、あんまり強くないんじゃね?と疑われがちなセイバーですが、 セイバー「秘剣 流れ星」 とかやり始めて無双し始めたら薄気味悪いので、これでいい...
Fate/Zero 9話
回想は負けフラグ。 というわけで、 「Fate/Zero」9話 亀裂と結束の巻。 ヤベェよ兄貴、弱い考えしか浮かばねェー! 我らがランサーさんの敗色が、いよいよ濃厚となってまいりました。 こうなった...
Fate/Zero第9話「主と従者」
 切嗣の放った起源弾に撃たれたケイネスは、重傷を負ってしまった。ベッドで横たわり眠っていると、ランサーことフィアナ騎士団隊長ディルムッド・オディナの生きた頃の夢を見た。ディルムッドは泣きボクロを見た女性を虜にしてしまう不思議な力を持ち、王の娘グラニアも...
Fate/Zero 第9話 主と従者
倒れたケイネスが夢で見るランサーの過去。 フィオナ騎士団の騎士団長のフィン・マックールと主君であるアイルランド大王の娘・グラニアとの婚約が成立しますが、グラニアはラン ...
Fate/Zero 第09話 「主と従者」
起源弾を撃たれたケイネスは魔術回路が壊滅し、 二度と魔術の行使ができなくなってしまう。 そんなケイネスに聖杯に勝てばそんな体も治る、だから自分に令呪を寄こしてマスターを譲れと話します。 ケイネスはそれを断るが、譲らなければ右腕ごと切ると脅され拘束されて...
Fate/zero~第九話「主と従者」
 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。第9話場面1 ケイネス、ソラウ@屋敷前  致命傷を負ってランサーに助け出されたケイネス。 意識が戻るとベッ...
Fate/Zero 第9話「主と従者」 レビュー・感想
当然よ、我がマスターがようやっと 功績らしい成果を見せたのだ。ならば余もまた敵の首級を持ち帰って報いるのがサーヴァントとしての心意気というものだ! 魔術の痕跡を求めて川 ...
Fate/Zero 第09話 『主と従者』
ケイネス哀れ・・・。魔法がすべての価値観と人生歩んできた人が魔法使えなくなったらどうするんだろう。人生真っ暗だと思います。何せ彼がバカにしたウェイバー以下になった訳です。 更にケイネスの受難は続きます。婚約者ソラウが令呪を自分に移して戦闘継続を提案。・?...
Fate/Zero 第9話 『主と従者』 感想
サブタイトル通り、マスターとサーバントの関係を考えさせる内容でした。 Fate/Zero 第9話 『主と従者』 のレビューです。
Fate/Zero 9話 「主と従者」 感想
憂いを秘めたその瞳。ウェイバーきゅんマジヒロイン!
Fate/Zero 第9話
Fate/Zero 第9話 『主と従者』 ≪あらすじ≫ 切嗣の魔術礼装『起源弾』を受け、魔術回路が暴走し奇跡的に命だけは助かったが魔術師としては再起不能となったケイネス。彼女の婚約者・ソラウは、ケイネスか...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。