FC2ブログ

MENU
ギルティクラウン

ギルティクラウン phase09「捕食 prey」 感想!

神回到来。人生望んだようにはいかないよね。

 
 
登場人物
酒原(さけはら): 誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら): このブログの書き手。みんな神酒原がオタクだって知ってるから所属道場でときどきアニメの話になるんだけど、ほとんどが30~40代のおっさんだから80年代アニメばかりで盛り上がって結局ついていけない。00年代以降に詳しい同志がいたんだけど医者になっちゃったから忙しくて道場来ない。



神酒原 「処世術だってよ」
  酒原 「テレビの前のみんなを爆笑の渦に叩き込んだな」
神酒原 「それよりさぁ! なんでギルクラこんなに面白いの!」
  酒原 「そう思っているのはお前だけかも知れないぞ」
神酒原 「それでも構わないさ! いや構うけど、そんな事どうでもいいくらい今回は大興奮しているんだ!」
  酒原 「前回も同じような事を聞いたが」
神酒原 「僕の心は秋の空だからね。だいたい常に新しい話数が一番」
  酒原 「浮気性なんだな」
神酒原 「ネオフィリアと言ってくれ」
  酒原 「それは意味が違う」
神酒原 「話がそれた! 今回の話をしようぜ!」
  酒原 「そうだな。ズバリ今回のポイントは?」
神酒原 「谷尋のヴォイドに尽きる。以前も谷尋のヴォイドは取り出したが、今回その能力が明らかになったね」
  酒原 「弟の命を絶ち切るヴォイド、か」
神酒原 「集がエンドレイヴの触手を切った時、僕は単に「断ち切る能力」だと思ったんだ。谷尋は弟のために、集との関係も断ち切ったからね」
  酒原 「ところがギッチョン、本当に断ち切りたいのは弟の方だった、と」
神酒原 「悲しすぎて僕は泣いた。今回の話はヴォイドの設定をこれでもかと利用した最高のエピソードだった」
  酒原 「というと?」
神酒原 「ヴォイドはその人の心を映す武器。つまり、集が取り出したヴォイドは絶対にその人の本質なんだ。会話では絶対に引き出せない、物理的な根拠。という事は、谷尋が「弟の命を切るヴォイド」を持っている時点で、谷尋の本当の気持ちが確定されてしまう」
  酒原 「本当はお荷物でしかない弟が邪魔で、殺したくて殺したくて仕方がないのに、兄という役割があるから弟を守るという役目に固執していたんだな」
神酒原 「弟のために友達すら犠牲にする谷尋が、少し魅力的で好きだったんだけど、今回で圧倒的に好きになった。……ような気がする。複雑だ」
  酒原 「ややこしいな」
神酒原 「今回は特に、人間の汚い部分を白日の下にさらした感じだからね。谷尋の全てを見せられて、谷尋という人間を理解して、僕は心を打たれたんだと思う」
  酒原 「最後とか悲しすぎたな」
神酒原 「潤くんの叫びが悲痛すぎたよ。兄は優しいフリをして、本当は自分を殺したくてしょうがない。その事が分かっているから、もう死にたかった。好きなままで死にたかった。嫌いになる前に死にたかった。「僕だって、兄さんの事なんか……!」のところで集が命を絶ち切ったけど、ここで涙腺決壊です」
  酒原 「殺さないといけない状況に苦悩すればいいのか、兄を嫌う前に死ねてよかったとするべきか」
神酒原 「よかったんだよ、きっと。潤くんにとってはこれがハッピーエンドだ。文字通りのエンドだけど、これでいいんだ」
  酒原 「潤くんにとってはそうだけど、集と谷尋は大変な事になったぞ」
神酒原 「だよなぁ」
  酒原 「谷尋の気持ちはたぶんこうだ。心の本質に従って「ありがとう集」ではなく、集を恨む。何故なら、潤くんが死ぬ事によって谷尋の心の枷はなくなり、兄としての役割だけ残るからな。役割なんて無機質な言葉使ったけど、実際、潤くんを守りたかった気持ちも嘘ではないだろうし」
神酒原 「やっぱそうなるか。集もなんだかダークサイドに落ちそうで悲しくて超面白い」
  酒原 「なんだお前」
神酒原 「主人公が壊れていく姿を見るのは辛いけど、「辛い」と感じさせてくれるという事はつまり面白いんだ。集の正義感が危うすぎてワクワクするぜ」
  酒原 「黙れよ裏切り者、のくだりはすごかったな」
神酒原 「ああ。絶対に裏切らないという正義感は立派だけど、「黙って僕に使われていればいい」と続けてしまった。やばい楽しい! 集が友達の本質から離れてく! 見ていて辛い! 面白い!」
  酒原 「ほんとになんだお前」
神酒原 「興奮すると支離滅裂になります」
  酒原 「ところで今回は、ヴォイドやアポカリプスについて大発見があったな」
神酒原 「おお、そうだったそうだった。アポカリプスウィルスに感染するとヴォイドが見えるようになる。これはブログ「あくあぐらす」さんで予想されていた通りだったね。つまり、ヴォイドが見える涯もアポカリプスウィルスに感染している。感染レベルは不明だけど、キャンサーが出ていないから、一応まだ軽症?」
  酒原 「分からないな。特殊な薬で強引に押さえているだけで、末期まで来ている可能性もある」
神酒原 「だな。えーとつまり、アポカリプスウィルスはヴォイドゲノムの暴走版と考えていいのかな? ルーツは一緒だね、少なくとも」
  酒原 「オッカムの剃刀きたな」
神酒原 「オッカムの剃刀ktkr」
  酒原 「今回は他に、ハレちゃんが見所だったな。どこまで見てたんだろう。やはり全部か?」
神酒原 「大雲「告白は最後までするべきです」」
  酒原 「谷尋さんやっちまったな」
神酒原 「しかしハレちゃん可愛すぎて焦った。たぶん集に惚れた時は、「私がしっかりして守ってあげなきゃ」とか思っていたんだろうね。しかしGHQのごたごたから帰ってきてからやたら顔つきが男らしくなってDoki☆Dokiが止まらない。もうメインヒロインでいいんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
  酒原 「いのりちゃんどうした」
神酒原 「浮気性なもんで」
  酒原 「おい」
神酒原 「いのりちゃんは、今回は意味深なセリフだけ残していったね。「この歌はもう違うの」だっけか? このセリフはたぶん謎の女性と関係してくるから、このセリフの意味が分かるのはだいぶあとになりそうだ」
  酒原 「それまで覚えていられるか心配だな」
神酒原 「僕なら覚えてられる」
  酒原 「頑張れ。そのセリフの意味が分かった時に解説してやれ」
神酒原 「任せろ」
  酒原 「他には……ヒロインでは、綾瀬か」
神酒原 「もう綾瀬の人気上昇が止まらないね。これはもうギルクラ人気ナンバー1ヒロインは綾瀬だね」
  酒原 「ひざかけしながら編み物は卑怯だよな。一体誰に贈るつもりなんだか」
神酒原 「綾瀬「じ、自分用よ!」」
  酒原 「ですよねー」
神酒原 「他にも言いたい事あった気がするけど思い出せない。どうしよう」
  酒原 「もうだいぶ長く書いたし、最後に次回予告見てこうぜ」
神酒原 「見てきた。集さんが大変な事になってるぞ」
  酒原 「本当にダークサイドに堕ちやしないだろうな」
神酒原 「でも興奮してきた。ドキのムネムネが止まらない」
  酒原 「この変態め」
関連記事
4 Comments
カニ "こんにちは~"
神酒原さん、こんにちは!

3回目見に行くお金の捻出をどうしようと悩まれていたのに、公開1週間も経たないうちに3回見に行かれているのに吃驚ですw
これはもう愛ですね、愛!私もお金無いですが、見習ってあと3回行こうと思います(初回の半券無くしたのでw)

と、けいおんの話題でコメしに来たわけではありませんので、本題。

>主人公が壊れていく姿を見るのは辛いけど、「辛い」と感じさせてくれるという事はつまり面白いんだ。

今回はハレを通して、シュウが逞しくなった事を表現した上での事でしたから、余計にその落差で辛く見えました。
神酒原さん的には、「辛い」という感情を抱けるほど、キャラの心情をキッチリ描いてくれている事に対して「面白い」と仰っていると解釈しましたが(間違ってたらゴメンなさい)、私は別の意味でも面白いと感じました。シュウがこの先立ち直って更に逞しく成長するんだろうなぁっていうのが想像出来るので。
一旦落としてから持ち上げるとカタルシスも違うと思うので、先の展開にワクワクしていますw

>今回は他に、ハレちゃんが見所だったな。

ですね~。ハレは可愛いっすよねw
彼女がどこまで見ていたのかは分からないですが、一部始終見ていたのでしたらそれこそ視聴者と同じ気持ちかもですね。
彼女が視聴者の代弁者となってシュウの復活に関与してくるのかなと期待してます。もうちょっと彼女には目立って欲しいですので~。

すみません。
取り留めない文章でただ長いだけになってしまいました(汗
それでは、失礼致します。
2011.12.09 13:50 | URL | #fa9FRxtQ [edit]
神酒原(みきはら) ">カニさん"
カニさんこんちは!
コメントありがとうございます。

>公開1週間も経たないうちに3回見に行かれているのに吃驚ですw
結局我慢しきれなくて見に行った次第ですw 配布開始の12月5日に受け取っちゃったのが自慢っちゃ自慢。結局お金が底突いてあっぷあっぷ状態、年末に忘年会の予定が増えてさぁどこから金を絞り出そうか唸っているところでありあます。でもフィルムゲットしたから後悔はない。

>(初回の半券無くしたのでw)
おいいw

>「辛い」という感情を抱けるほど、キャラの心情をキッチリ描いてくれている事に対して「面白い」と仰っていると解釈しましたが
ええ、合っています。その通りです。

>シュウがこの先立ち直って更に逞しく成長するんだろうなぁっていうのが想像出来るので。
もちろん、それもありますね。
バッドエンドを目指している作品は別として、ドシリアスできつい描写を入れるという事は、まさに今後カタルシスを用意しているという事で、期待が持てます。実際、今回集は「黙って使われていればいい」と言ったり、初めて実感のある殺人(しかも谷尋に守ると誓った潤くんを)を犯して顔面蒼白になったりはしましたが、不当に殺されそうな感染者の保護、敵の思惑の看破、ヴォイドを使って応戦する、という判断力には優れていました。今後の伸びしろを十分に感じさせてくれています。

ハレの使い方も上手いですね。
ハレを通して、ってところにすごく納得。学園に戻るまでは、視聴者はほとんど集の視点で物語を見ていましたが、ここにきてハレの視点を組み込む事により、客観的に集はどう見えているか、というのが分かります。また、ハレは(今のところ)一般人なので、一度は集が通過した「一般人視点」をもう一度視聴者に見せる事も出来る。今後はハレの動きにも注目していきたいですな。せっかくいのりが出番お休み中なので、今のうちにたくさんアピールしてもらわないとw
2011.12.09 17:11 | URL | #- [edit]
名無しの通行人 "いや、本当辛いっすわ"
お邪魔します!

処世術は僕も爆笑しました
少佐も大変だ

ジュン君は悲しい結末ですね
あれだけ感情を吐露して、でも兄ちゃん大好きって・・・
僕はこーゆーの弱いんですよ。゚(゚´Д`゚)゚。
八尋と集の絆が元に戻るかと思いきや、まさかこうなるとは

さあ来週はどうなりますかね
涯もいのりも居ない状態でどん底回なら祭ちゃんの出番?


・・・今回の綾瀬は確かにポイント高かったっす(●´ω`●)

2011.12.09 23:52 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しの通行人さん"
どうぞお邪魔して下さい!

ゴーイングマイウェイな人かと思いきや、組織で生きていく事も真面目に考えているというなかなか面白いキャラになってきました。
敵が魅力的だと作品が面白い(←受け売り)

>八尋と集の絆が元に戻るかと思いきや、まさかこうなるとは
2クールあるし、僕はそう簡単に戻るとは思っていなかったのですが、ここまで悪化するともさすがに思っていませんでした。
僕もこういうのに弱いです。感情むき出しって心にズドンときますよね……
兄さんを好きでいたかった気持ちが本当に伝わってきて、集が命を絶ち切った時は本気で「ナイス集!」とガッツポーズを取りました。拍手ばかりでは終われない結果になってしまいましたけど。

>涯もいのりも居ない状態でどん底回なら祭ちゃんの出番?
現時点なら、むしろいのりはいても集の復活には役に立たない気がします。なんか影から「どうしよう……」ってなりそう。涯なら叱咤激励しそうですけどね。
ハレちゃんの出番に期待したいですね。あの惨状を見ても、彼女ならたぶん集に寄りそう道を選びますから。

>・・・今回の綾瀬は確かにポイント高かったっす(●´ω`●)
少しずつ、でも確実にポイントを上げていきますね綾瀬はw
2011.12.10 11:55 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2798-b94e7244
ギルティクラウン phase09「捕食:prey」
ギルティクラウンの第9話を見ました。 phase09 捕食:prey 葬儀社のミッションをヴォイドの力で乗り越え、自信と余裕を持ち始めた集は祭の買い物に付き合おうと乗った車内で谷尋と再会する。 「何...
ギルティクラウン 第9話 「捕食 prey」
おおー。これは面白い。 今までの中で一番良かったですし、今週に限れば木曜アニメ4作品の中で最高でした。 途中までは例のごとくキャラの言動が不可解なことに文句つけながら見ていましたけど、最後に持...
ギルティクラウン 09 捕食:prey
 黙って俺に使われてればいいんだ。なかなかに酷い主人公ですね。
ギルティクラウン 第9話 「捕食:prey」 感想
セガイの世渡りの上手さに笑ったwww 敵が魅力的だと本当に面白い。
ギルティクラウン 第9話「捕食:prey」 感想
あまりの面白さに時間が鬼のように流れていった。 今回は、正直めちゃめちゃ面白かった。 単純に面白いって言えるような話ではないけれど 人間の醜さや苦悩が大いに表現されていた。 こういうのを嫌悪する人もいるだろうけど、誰もが明るく楽しい物語が好き!っ...
ギルティクラウン 第09話『捕食 prey』  感想
ギルティクラウン 第09話『捕食 prey』  感想
ギルティクラウン 09 「捕食:prey」
ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  裏切り者は許さないと言う集。確かに一度裏切ったものは 再び裏切る可能があるので、信...
ギルティクラウン 第09話 感想
 ギルティクラウン  -GUILTY CROWN-  第09話 『捕食 prey』 感想  次のページへ
ギルティクラウン 第9話「捕食:prey」
「兄さんのヴォイドは 命を切るヴォイド  僕を葬るためのヴォイド」 谷尋のヴォイド、その形に込められた意味は―― 潤を助けるため 谷尋たちを葬儀社で保護しようとする集だけど…    【第9話 あらす...
ギルティクラウン 9話 「捕食:prey」 感想
ようやく作品タイトルらしい展開になってきた。
ギルティクラウン 第9話 「捕食 -prey-」 感想
「ギルティクラウン」  第9話 「捕食 -prey-」 の感想記事です。   集と谷尋、そして感染が進む八尋の弟(ジュン)を中心にした展開。   そして今週は、"歌" に関する新たな謎が・・・   一番いのりちゃんの出番が少ない回だったな・・・ ちと寂し・・・
ギルティクラウン 第9話「捕食 prey」
ここからは俺に任せてくれ。ガッツでミッションクリアだ! 嘘界さんの処世術w  ダンの命令を遂行してるけど、嘘界が興味あるのは集の力の正体でしょう。 集を見張り、逃亡中の谷尋と潤を探すって一石二鳥...
ギルティクラウン GUILTY CROWN 第9話 感想「捕食 prey」
ギルティクラウンですが、桜満集はウイルスに感染している少年を助けます。GHQに追われる身となりますが、ドラゴンはスライムを倒すのにも全力を尽くします。(以下に続きます)
ギルティクラウン 第9話 捕食:prey
葬儀社でのミッションを経て、どこか自信が付いたように見える集を気にする祭。 そんな祭は花音に後押しされ、買い物に行く事になりますが、谷尋と再会する事に。 集を売って弟の ...
ギルティクラウン 第9話 「捕食 prey」
ギルティクラウン 第9話 「捕食 prey」 感想です トラジマのヤカン? せっかくデート出来ると思ったのに!
ギルティクラウン 9話「捕食:prey」
人の心に潜む醜い部分。それを描き切った9話だったかな。
ギルティクラウン 9話
息巻いた結果がこれだよ。 大河内はこういう展開好きやね。そして、上手いね。 裏切らないとか、守るとか、救うとか、 ことごとく挫折フラグに変換されるシュウ君の決意でしたとさ。 荒事のプロフェッショ...
黙って、僕に使われてれば良いんだ!
韓流ゴリ押しウジテレビ爆破ウジテレビに不満を持ってる奴の犯行だとしたら容疑者が多すぎて、分からんなニコ動で大人気のツンデレファザコンの梨江の浴場で欲情シーンがあったUN...
黙って、僕に使われてれば良いんだ!
韓流ゴリ押し ウジテレビ爆破ウジテレビに不満を持ってる奴の犯行だとしたら容疑者が
該当の記事は見つかりませんでした。