FC2ブログ

MENU
ファイ・ブレイン ~神のパズル

ファイ・ブレイン ~神のパズル 第11話「女王様の逆襲」 感想!

クイーンの再挑戦。

 
 
登場人物
酒原(さけはら): 誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら): このブログの書き手。就学前より眼鏡さんだが、現在の眼鏡は黒ぶちオーバーフレームという味気なさすぎるデザイン。お金が出来たらオシャレ眼鏡を買いたい。というか度つきサングラス欲しい。



神酒原 「実況です」
  酒原 「6話の記事で、もう実況しないって書いてなかったか」
神酒原 「聞いて聞いて!」
  酒原 「なんだよ……」
神酒原 「母の買い物に付き合ってたらとんでもない時間に帰宅した。今日は仕事に課題にその他やるべき事が山積みなんだ。17時前に半分は終わってる予定だった。女の買い物に付き合ってはいけない……」
  酒原 「んで、アニメの感想をサボりたくもない、と。ファイ・ブレインはほとんど書けてないしな」
神酒原 「ああ。だから時間を圧倒的に短縮できる実況を選んだ」
  酒原 「ガンダムはやっていないようだが」
神酒原 「察してくれ……!」
  酒原 「なんというニーサン! ……間に合わなかったんだな」
神酒原 「現在17:28。全裸待機」
  酒原 「そんなアニメだっけ」
神酒原 「気分だけでも上げようと」
  酒原 「始まる前の雑談。冬コミでアニプレ本が出るようだな」
神酒原 「そう書くとアニプレックス本みたいだな」
  酒原 「アニプレッション本、ね」
神酒原 「はじまた!」
  酒原 「ホワイトボンバーを呼び戻すしかないな」
神酒原 「張りきって左遷したのにね」
  酒原 「エレナさん再びだぜ」
神酒原 「相変わらずOPかっこよす」
  酒原 「神酒原家情報:現在いとこのチビたちが遊びにきてる」
神酒原 「なんでそういうローカル情報話すの!」
  酒原 「一緒にOP歌ってた。なかなか上手」
神酒原 「そういう情報感想記事にいらなくね」
  酒原 「ギバーがいいもんw」
神酒原 「手を打ってあるって、もう一回エレナ使うだけかよw あまり効果的とは言えないのではw」
  酒原 「ますますホワイトボンバーが惜しまれるな」
神酒原 「ピー↑オー→ジー↓」
  酒原 「金太郎w」
神酒原 「はっけよいw」
  酒原 「明らかに警戒しているカイトたちに小細工が通用するとは思えないが」
神酒原 「エレナさん的に正々堂々やりそうでもあるね」
  酒原 「そこを極東さんがまたイロイロやって下手やるんだろうね」
神酒原 「アイキャッチ変わったぞw」
  酒原 「ノノハさん涙目w」
神酒原 「ミニチュアセット。男の子としてはこれだけで萌えざるを得ない」
  酒原 「燃えるんじゃないの?」
神酒原 「いや、萌える」
  酒原 「さいですか」
神酒原 「あれ、記事書いてたらルールちょっと聞き逃したw」
  酒原 「実況駄目じゃんw」
神酒原 「いい感じに五人そろったな」
  酒原 「金より価値があるだと?」
神酒原 「アインシュタイン!」
  酒原 「ウルトラマンの気分になれるな」
神酒原 「おい、エレナさんの思惑通りになってるぞ」
  酒原 「チームワークの崩壊を誘ったのか?」
神酒原 「それ含みだろうね」
  酒原 「しかし意外とチームワークのいいチームカイト」
神酒原 「いいように状況解釈をするエレナさんマジ敵役」
  酒原 「極東さんキター!w」
神酒原 「邪魔始めたぞw 小物すぎてハラ痛いw」
  酒原 「しかし状況はシビア」
神酒原 「カイトさんつよっ!」
  酒原 「ギャモンすげぇ!」
神酒原 「パズルに人殺しなんかさせねぇ」
  酒原 「カイトかっこよすぎるな」
神酒原 「やばっ! 街灯り綺麗! 萌える!」
  酒原 「極東さんご乱心だぜ」
神酒原 「面白いくらいご乱心だな。本気で怒ったそうだ」
  酒原 「ホワイトボンバーきたー!」
神酒原 「俺は極東本部長だぞ!」
  酒原 「ホワイトボンバーあらためルークさんいつのまにか昇進してた」
神酒原 「終わった」
  酒原 「どうだった?」
神酒原 「相変わらずパズル考える時間なさすぎてパズル楽しめないけど、それ以外はすげぇ楽しかった。まぁ、今回はルール聞きそびれたんだけど」
  酒原 「あれ、ホワイトボンバーと普通に再開するんだな」
神酒原 「でも悪い顔してるぞ」
  酒原 「「もっともっと」のトリビアっぷりはすごいな」
神酒原 「割とガチで勉強になるね」
  酒原 「終わったな」
神酒原 「終わった」
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。