FC2ブログ

MENU
あの夏で待ってる

あの夏で待ってる 第一話「困ります、先輩。」 感想!

これはやばい! 三重くらいの意味で

 
 
 
一重目のやばい
谷川柑菜ちゃん!
何あの子やばい!
僕の好みド真ん中に直撃してきたよ! シュート回転気味で!(←ここ大事)
今期は石川香織の演じるキャラがやばいなぁ。『ラグランジェ』のまどかといい、なかなかステキなヴォイスをしているじゃないか。まぁ声優がいいから惚れた訳じゃないんだけどさ。

いやぁ1話目からお気に入りのキャラが出来るってのは幸せだね。僕は常日頃から、アニメを見る時は「とりあえずお気に入りキャラを探す」という事から始めるのだけど、三分の一くらいのアニメは探さなくても向こうから僕のハートにねじ込んでくる。
ちなみにお気に入りキャラを探す理由としては、アニメを楽しむためというのがあります。例えどんなにつまらないアニメでも、お気に入りキャラがいれば楽しめるものです。ただこれの弊害として、1話か2話でお気に入りになったキャラがなんらかの理由で物語からドロップアウトするとテンションすげぇ下がるんですね。『true tears』とかね。僕は愛子に入れ込んでたから後半一時期すげぇテンション下がっちゃってね……

二重目のやばい
終わり方がやばい!
単純に話のオチとしてヤバイw

衝撃的なアバンで始まったわりにヘオーンな風景がずっと連続していたから、ある意味テンプレとも言える終わり方に大変な衝撃を受けました。メリハリがすごいなぁ。目撃するのが主人公に好意を寄せている幼馴染み(と姉ちゃん)ってところもベタすぎていいなぁ。

三重目のやばい
これが一番大事なんですけどね。

『あの夏で待ってる』やばい!

長井龍雪の最新監督作という事で、今期の中でも個人的期待度ハイレベルトップ3の一つだったのですが、いやぁ本当に素晴らしすぎてどうしよう!

ただまぁ、最初に言っておくと、同じく長井龍雪が手掛けたオリジナルアニメ『あの花』に比べるとインパクトはさほどなかったです。理由は特に考えるまでもなく明白で、脚本が黒田洋介だからですね。『あの花』で脚本書いた岡田磨里は、その実力の是非や質は置いといて、とにかく独特で変な事を書くのが好きな人なので、インパクトだけはとんでもないのです。黒田洋介はどちらかというとフツーに着々書いていく人って感じているので、まぁインパクトを求める脚本は書かないよね。ダブルオーだって、インパクトのあるセリフとかいっぱいあったけど、作劇を見ると実はかなり手堅く作られてて、インパクト感じてる部分だって「叩きつける」というよりは「しみこませる」といった感じで視聴者に印象を残している感じでした。

それでもすごいと感じたのは、長井龍雪がインパクトを伴う演出をしてくれたからでしょう。

アバンがすごかった。主人公のモノローグから始まる流れは「第1話の作り方」という教科書があれば載っていそうなお手本で、とりあえず主人公の雰囲気だけでも把握するかな、と見てるこっちもスローペースに頭を働かせようと思ったところに宇宙人来襲(たぶん)。突然何かが落ちてくるだけならまだしも、主人公・海人が突風をモロに食らって血まみれで落ちていくのはとんでもない衝撃でした。橋が無事だったように見えたので、突風というよりは破片か何かが直撃したかも知れない。まぁそんな詳細はどうでもよくて、とにかくすごいアバンでした。

モノローグ自体も面白かった。
「人は死んでも、他の人の中で生き続ける」という話は、物語ではよく結論で使われるものです。大抵は結論で使われる考え方を序論に持ってくる時点で大胆だと思ったし、そこから「忘れないために何かを残す」という、本作のテーマであろう部分に持っていく流れもお見事でした。

そしてOPムービーですよね!
もはや誰が見てもそうだと分かりそうな長井演出。サビに入る瞬間までが特にセンス大爆発で、青いコントラストをノイズ的に混じらせる演出がとてつもなく綺麗で息を飲んでしまいます。教室のところで青画面から通常の色彩にパッと戻るところがとても気持ちいい。
EDがフルバージョンではない?のがちょっと残念です。星が周りをくるくる回る演出もこれまた綺麗で素晴らしい。『あの花』同様、今後も本編とEDを被らせてきそうなので、全部はなかなか見られそうにないですね。

本編は打って変わって、メリハリの「メリ」の部分。ごく普通の、仲良しメンバーで何かやろうゼっていう学校生活の描写ですが、特筆するところが特にないのが逆にいいです。カメラワークで「うおおっ」となるカットはいくつかあったけど、どちらかというと普通の演出に終始している感じ? 美桜が鏡を見せているシーンとか、主人公目線で三人を全て捉える面白いカットだったのだけど、OPやEDみたいに面白い事はあまりしていませんね。

町(というか村?)を歩いているシーンがいくつかありましたが、そこでは海人やイチカなどは映ってはいるけど遠景気味でしたね。周りの自然や風景を印象強くさせるためでしょう。実際、とても綺麗でした。

お話もなかなか面白そう。何が理由かは分からないけど、宇宙人っぽいイチカはどうにかこうにかで地球に不時着したみたいで。その時に海人をふっ飛ばしちゃって、たぶん直したんだよね? ちょっと『鉄腕バーディ』に似たプロットです。

プロットと言えば、『イリヤの空、UFOの夏』にも似てます。あっちは夏休み終わりから物語が始まるけど、得体の知れないものに遭遇して、でも気付いたら覚えていなくて、首筋の辺りが何やらおかしい、ってところがそっくり。『あの夏』では細胞の代謝が大変な事になった?ようで、すごい模様が出ていました。

キャラクターもいいね。主人公もメインヒロインも眼鏡ってところが僕的に許せないのだけど、レモン先輩とかなかなか面白くていい。
そしてやっぱり柑菜! あの子可愛い!
なんというか、公式サイト見た時に「なんとも僕の好みに合いそうだなぁ、なんか癪だからこの子だけは好きにならないぞ!」とか無意味な対抗心燃やしてたのですが、長井龍雪には勝てなかった。絶対に僕の好みドストレートだからそれに用意して真心で捉える用意が出来ていたのに、シュート回転しやがって見事にミットイン。もうダメです。柑菜ちゃん可愛いです。

次回も楽しみすぎて楽しみ(文脈崩壊)なのだけど、一つ残念なのは、『超電磁砲』『オオカミさん』『あの花』では必ずあった長井龍雪独特のカメラワークがなかった事かなw
『超電磁砲』では第1話でレールガンをぶっ放すところ、『オオカミさん』では亮士くんがスリングショットを構えるところ、『あの花』では第1話で柵から落ちそうになっためんまをじんたんが鬼気迫る勢いで助けようとしたところ。あの正面から「ぐーん!」って効果音がつきそうなほど近付いていくカメラワークが僕はとてもとても大好きで、今作でも期待してたんだけど、残念ながらなかたよぅ

まぁ、わざと面白い演出を避けようとしていた感じがあったから、作風的にはしょうがないのかもだけど。
長井龍雪は監督作だと初回と最終回くらいしかコンテ切らないからなぁ、もう見られないかなぁ。最終回で来ないかなぁ。

語り切れないけどもういいやw
これ以上書くと歯止めがつかなくなっちまいます。



余談だけど、にほんブログ村のトラコミュの画像が柑菜だった。夜風さんマジgjすぎる。
さらに余談だけど、さっき記事タイトル打つ時に「あの夏でも待ってる」ってミスタイプした。

追記
かかかかかかかすっかり書くの忘れてた!
まだどのブロガーも言及してない気がする! 今のうちに書いとけ!

今回海人が映画撮影に使おうとしているカメラは8ミリカメラですね。作中でも言っていたので「ふむふむそうなんだね」とただ単に納得していましたが、メルクマールさんの記事読んで思い出しました。なんで忘れてたんだろう! 視聴中ものどまで出かかってたのに!

長井龍雪、『とある科学の超電磁砲』のOVAでも8ミリカメラを出しているのですね。ストーリーにはまったく絡まないんだけど、OPムービーが8ミリカメラを使って撮影ごっこをして遊ぶ美琴たち4人、という内容でした。科学技術が進歩した学園都市で、今の時代から見てもアンティーク感溢れるお品を使うというギャップがユニークなOPでした(それ以上に美琴たちが可愛らしすぎて悶絶するんですけどね)。

それで、『あの夏』でも8ミリカメラが登場。きっと長井龍雪は8ミリカメラか、もしくは撮影全般に思い入れがあるのでしょう。
大元のストーリーはたぶん黒田洋介が作ってるけど、カメラを8ミリカメラにしたのは長井龍雪のアイディアかも知れませんね。
……こここここれを言いたかった!w
関連記事
2 Comments
しろくろ ""
こんばんわー。2012年はフルスロットルということで多くの感想を期待しています(笑)

あの夏面白かったですね。確かに「THE1話」って感じで、展開としてはすごく順当に進んでいって、しっかりオチもつけられていたなと。話としては、安定していたって感じでしょうか。

>僕の好みド真ん中に直撃してきたよ! シュート回転気味で!(←ここ大事)
今期は石川香織の演じるキャラがやばいなぁ。『ラグランジェ』のまどかといい、なかなかステキなヴォイスをしているじゃないか。

シュート回転してきたということは、まさに一発で仕留められたということですね、わかります。

確か石原さんだったと思いますが、彼女は自分も期待しています。ラグランジェでも主役もらってるのでこれを期にブレークして欲しいなと。イメージとしては、水橋かおりさんの声に似ている印象です。…ハッ、「かおり」繋がりか!


自分は監督に詳しくないのでアレですけど、長井監督はとらドラ!など自分の好きなアニメを多くやっていらっしゃったのでとても期待しています。長井監督の表現や演出など、この記事で参考にさせてもらいました!自分もその辺りを気にして見てみようかなって思います。
2012.01.10 17:33 | URL | #9L.cY0cg [edit]
神酒原(みきはら) ">しろくろさん"
こんばんまー。フルスロットルでとりあえず頑張っております。期待に沿えるといいですがw

>展開としてはすごく順当に進んでいって、しっかりオチもつけられていたなと。話としては、安定していたって感じでしょうか。
確かにとても普通で、安定という評価も正しいと思いますが、記事でも書いたけどわざと普通に演出している感じが僕にはしていて、「さぁ今からすごい事するぞ!」という気概を感じましたw
OPがデタラメに素晴らしかったというのも大きいんでしょうけどね。

>シュート回転してきたということは、まさに一発で仕留められたということですね、わかります。
三球目だったんですね。僕は期待しつつも、はっはっはこんな売りにきてるオリジナルアニメになんて心なびかせねぇぞと高をくくっていたので最初の二球は見逃したんですね。よしもう球筋は見切った!次でホームランだ!って思っていたところに柑菜ちゃんというシュートでしょ? 空振り三振見事にアウトですよ。僕はもう長井監督に負けました。

>イメージとしては、水橋かおりさんの声に似ている印象です。
各所で言われていますね。それも思ったけど、僕は瀬戸麻沙美に似ていると感じました。声というよりは演技がね。という事を『ラグランジェ』の時から感じていたのだけど、その瀬戸麻沙美がラグランジェで石原夏織と共演していたというw

>長井監督の表現や演出など、この記事で参考にさせてもらいました!
参考になったのなら嬉しいです。
僕の大好きな監督(というかみんなの大好きな監督w)ですので、たぶん今後も彼の事をたくさん書くと思います。
注目するなら、今回僕が言及したカメラ演出を是非意識してみて! 絶対かっこいいから!
まぁ、1話で出てこなかったから今後出てくるかも分からないのですけどねw
2012.01.10 23:23 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2824-c306261c
あの夏で待ってる~1話感想~
「困ります、先輩。」 主人公は霧島海人。 夜空の下、フィルムテストをしていたら突然、大きな爆風に巻き込まれた。 いつもと同じ日常を過ごしていた海人達。 そこに転校生、貴月イチカがやってきた。 さっそく、男子生徒からちやほやされるw ...
あの夏で待ってる 第1話 感想「困ります、先輩。」
あの夏で待ってるですが、あの花。のような青春群像劇アニメです。霧島海人は両親を亡くして姉と一緒に住んでいますが、赤い髪の転校生の貴月イチカに会います。イチカは何かと流行に敏感ですが、ことごとく微妙にズレています。(以下に続きます)
あの夏で待ってる 第1話レビュー。長井監督最高です・・・
あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」 ★★★★★
【アニメ】あの夏で待っている 1話 また隠し撮りでもするつもり?
あの夏で待っている 1話「困ります、先輩。」 の感想を 「僕達はあの花の名前を知らない」のスタッフが制作した新作アニメらしいです なので、あの花の様な流れのアニメかと思っていたけど どうやら自分の想像とは少し違っていたようだ… 『 あの夏で待ってる?...
あの夏で待ってる 第一話 感想
自分でも気づかないうちに、カメラは回り始めていたんだ 「あの夏で待ってる」第一話感想です。 「ビードロ模様」 TVアニメ「あの夏で待ってる」エンディングテーマ(2012/02/29)やなぎなぎ商品詳細を見る
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」 です。 <キャスト> 貴月 イチカ:戸松遥 霧島 海人:島崎信長 谷川 柑菜:石原夏織 石垣 哲郎:荻原秀樹 北原 美桜:阿澄佳奈 山乃 檸檬:田村ゆ...
あの夏で待ってる
「あの夏で待ってる」 第1話  いやいや、いやはや、それにしても何にしてもこの作品、2002年度に製作された「おねがい☆ティーチャー」という作品の世界に限りなく設定が似ておりますなぁ。(^_^;) ざっと挙げてみても、 ① ヒロインが宇宙から墜ちて ...
あの夏で待ってる 第01話 『困ります、先輩。』
おねがい☆ティーチャー2012?キャラクターを一目見てそんな感じがしました。貴月イチカ・・・風見みずほ霧島海人・・・草薙桂谷川柑菜・・・縁川小石石垣哲郎・・・間雲漂介北原美桜・・・水澄楓山乃檸檬・・・森野苺りのん・・・まりえ四道跨はリストラされたのか。何か...
あの夏で待ってる:1話感想
あの夏で待ってるの感想です。 もっと平凡な日常を描くのかと思っていたら、結構SF要素が強いのだろうか。
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」
 みんな書いてるだろうけど、書かずにはいられないですよね。おねがい☆ティーチャーを思い出します。  と、いうよりもオマージュ作品ですね、これは。
あの夏で待ってる 1話「帰ってきたおねがいシリーズ!長井龍雪さんと黒田洋介さんのコンビに注目」(感想)
長井龍雪監督と脚本:黒田洋介さんによる ハートフルな青春ラブコメな作品になるでしょう。 さっそくエッチなシーンもありました。 長井さんらしい色使いと 黒田さんらしい主人公の独白を多用した展...
あの夏で待ってる 第01話
関連リンクhttp://www.ichika-ichika.com/第一話 困ります、先輩。おねティみたいの\(^o^)/ハジマタさてどんなストーリーになるのでしょうかねぇ霧島海人はダムの上でカメラで景色を撮っていたその時k突然なにかが現れ落ちてくるそしてその衝撃で海人は怪我を負いそ...
あの夏で待ってる 第1話 『困ります、先輩。』 感想
ほとんど予備知識無しに見ていたので、不意打ちされました。 あの夏で待ってる 第1話 『困ります、先輩。』 のレビューです。
あの夏で待ってる 第1話 困ります、先輩。
主人公は両親を亡くし、姉の霧島 七海と2人暮らしをする高校1年の霧島 海人。 夏休みも近いある夜、海人がフィルムのテストと祖父が使っていたという8mmカメラを片手にレンズ越しに ...
『あの夏で待ってる』#1「困ります、先輩。」
「あの、俺んち来ませんか?」 人は死んだら天国ではなく、 誰かの心の中に記憶として生き続けると考えるのは主人公・霧島海人。 だが記憶というものは薄れていくもので… だから人は忘れてしまわないように、忘れないように、何かを残したいと思うのだという。 彼...
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」 感想
妄想乙(笑) 2012年冬アニメのラストは「あの夏で待っている」です! 男子高校生の日常も書こうと思ったけど・・・・あっちは視聴のみでいいや(つ∀-)(ぉ) なんだか「おねティ」みたいですね。 先生...
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」 感想
僕たちの、夏の始まり。 あの夏で待ってる 第1話 感想です。
あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」
あの花…と思ってたら、そうでなく おねティみたいなのだった(笑) キャラ紹介見て おねティに似てると思ってましたが。 OPの雰囲気から おねティまんまですね(^^; 同じ世界観だったりするのかも...
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」
メガネ掛けてなくてもカワイイ  空から降ってきた不思議美少女、同級生じゃなくって先輩、主人公の家に同居(の方向で)。古典的とも思われる導入部でしたが、かえって新鮮でし ...
あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」感想
 2012冬開始アニメ感想第2弾は「あの夏で待ってる」。おねティシリーズ・とらドラ・あの花のスタッフ制作+おねティシリーズと関連ありそうで始まる前から楽しみにしていました。1話は予想以上におねティらしくてニヤリ。これからどんな物語が始まるのか楽しみですー。...
あの夏で待ってる 1話「困ります、先輩。」
谷川柑菜を演じている石原夏織さんの声がいいですね! ラグランジェの京乃まどかといい、元気な感じが出ていると言いますか。 sign 〈初回限定盤〉 TVアニメ「あの夏で待ってる」オープニングテーマ(2012/02/08)Ray商品詳細を見る
あの夏で待ってる #01 「困ります、先輩。」
10年前、WOWOWのノンスクランブル枠だけの放送なのに多くのアニメファンを獲得し 今なお舞台となった長野県の木崎湖周辺は「聖地巡礼」の地として愛されている名作 「おねがい☆ティーチャー(AA)」の主要スタ...
『あの夏で待ってる』 第1話 感想
AT-X未加入なのでMXでの放送で視聴。という訳で、最速から一日遅れでの感想となります。
あの夏で待ってる 第01話 感想
 あの夏で待ってる  第01話 『困ります、先輩。』 感想  次のページへ
あの夏で待ってる 1話
妄想と現実が交差するとき、青春は始まる。 というわけで、 「あの夏で待ってる」1話 なんかしたい夏の巻。 田舎、出逢い、同居、宇宙人。 間違いない、あのシリーズが帰ってきたー! おねがいこ...
あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」 レビュー・感想
人が死んだら天国へいけるという、でも僕はそうは思わない。死んだ人間はきっと誰かの心へ旅立つのだ。思い出となって生き続けるのだ・・・高校生、霧島海人に訪れたひと夏の騒動 ...
[新]あの夏で待ってる 第1話
[新]あの夏で待ってる 第1話 『困ります、先輩。』  ≪あらすじ≫ 空は、とても青く澄み渡って。入道雲が、向こうの山を隠すほどに湧き上がって。それはいつもの、僕らの街の風景なんだけど。でも、かけ...
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」 感想
動き出す、夏―
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」感想
あの夏で待ってる 第1話 「困ります、先輩。」感想 略称は「夏待ち」らしい。「あの夏」の方がしっくり来るなぁ。
泣いても笑っても17歳は戻ってこない「あの夏で待ってる」
設定は小細工しなくてもキャストは刷新せざるをえなかった「おねティー」の新シリーズ登場です。 敢えて名づけるなら「おねがい先輩」略して「おねパイ」とでも申しましょうか? 前作の遺産があるのにわざ...
アニメ・あの夏で待ってる 1話 困ります、先輩。 感想
伊達にあの世は見てねぇーぜ!!!!!という印象の回。 今回の話は、 操縦ミス?で海斗を殺してしまったイチカは、 海斗を何とか再構成させる事に成功?し、 後日海斗の誘いもあり一緒に暮らす事になる? という話でした。 タイトルにはおねがいとはありませんが、 …
あの夏で待っている 第1話~どこか懐かしいと思ったら…~
第1話「困ります、先輩。」
あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」・・・キャッチコピーは“その夏の思い出が、僕たちの永遠になる”
アバン見はじめた時は「あれ?これってラブコメじゃぁ・・・?」って切りかけたんですが、最後まで見ていてよかったです(笑)。でもKBS京都が最初というのは珍しいし嬉しい反面、『輪廻のラグランジェ』と時間帯が15分被ってしまうのはどうしたものかと(苦笑)。よりに?...
あの夏で待ってる 第一話
『あの夏で待ってる』が始まりました。『おねがいシリーズ』の黒田洋介さん脚本と羽音たらくさんキャラ原案による新作アニメです。1話はおねがいシリーズファンには「なるほど」と ...
あの夏で待ってる 第1話「困ります、先輩。」
最優先事項よ。 ティーチャーよりツインズの方が好きな俺は 異端なんだろうか? おねがい☆ティーチャー Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)(2012/01/27)井上喜久子、保志総一朗 他商品詳細を見る
該当の記事は見つかりませんでした。