FC2ブログ

MENU
Another

Another #03「Bone work -骨組-」 感想!

昔、傘を振りまわして遊んでいた小学生たちを注意した事を思い出しました。

 
 
 
感想
心臓に悪いぜ。
アニメ好きの友達に先端恐怖症のやつがいて、注射が怖くてガチでブルブルするようなやつですが、こいつがこれ見たらどうなるんだろう。見てない事を祈る……

今回、いろんな事が分かったり分からなかったりしました。「分からなかった」事すら明確に分かるところがミステリーらしさなんでしょうね。
その結果いろいろと推理も出来てしまったので、前回あまりいい考察が出来なかったのだけど、今回もやってみようかなと。少し軽めにね。

分かった事
・1話冒頭の話は物語世界から26年前で確定
・病院で死んだのは藤岡未咲、鳴のいとこらしい。昔は仲がよかった。もっとつながってた。つまり半身?
・26年前の話には続きがあり、それは年数をまたぐらしい
・3組のルールは、「鳴の事に触れてはいけない」 その結果何が起こり、起こらないのかは不明
・恒一の母ちゃんも3年3組出身
・鳴の眼帯の下は義眼
・勅使河原は、来月になったら秘密を教えてくれるらしい

分からなかった(分からなくなった)事
・26年前の話のあと、3組に何が起こったのか
・それはどういう現象、あるいは伝統として今の3組に受け継がれているのか
・周りの鳴に対する扱い
・赤沢さん全般

あまりこういうの得意じゃないので整理出来てる自信ないですが、主なものはこれくらいでしょうか。

前回僕は、「鳴は司書さんや店のおばあさんにも無視されている」と書きましたが、あちこちのブログを回ると、「「客は他に誰もいない」というのは叙述トリックで、鳴はおばあさんの身内」という見方が多く、なるほどと納得しました。
しかしそれも怪しくなってきましたよオイ。
「家はこの近くなの?」と聞かれて頷いているので、この店が家である可能性はほぼ潰れました。でもこの建物自体居住スペースがないっぽいので、おばあさんの身内という事もまだ十分に考えられます。

なんというか、上手く目線をずらされた感じ?
推測しか出来ませんね。シナリオのマジックに見事に引っ掛かっているぜ。

周りの鳴に対する扱いが分からないと書きましたが、3組の面々に関しては「無視している」というのが分かりましたね。前回の時点で、見えている上で無視している事が分かっていましたが、今回勅使河原などが認めました。

んでもって、勅使河原は「やばいんだよそれ」と、「それ」という言葉を使っていました。前回恒一が図書館に入り込んだ時も「それ」という言葉を使っていて、どうも見崎鳴本人を指しているようには聞こえません。極端にいじめている訳でなければ、「やばいんだよそいつ」となるでしょう。
「それ」を使っているという事は、彼が言っているのは鳴を中心に(もしくはトリガーとして)引き起こるなんらかの現象の事。鳴に関わる事で、守っていた何かが瓦解するのだという事は今回で分かったのですが……
26年前は死んだ「ミサキ」をいるものと扱ったらいろいろやばい事が起きた訳で、それを繰り返さないために、誰かを「ミサキ」に置き替えて無視している、という事は確定でいいでしょう。見崎鳴は本名でない可能性あり、と。

さて、実際何が起こっているのでしょうか。
桜木さんが階段から足を滑らせ、傘に喉元を突き破られるというとんでもないショッキングな出来事が起こりましたが、これはそもそも「起こる何か」ではない可能性があります。桜木さんが足を滑らせた直接的な原因は「恒一と鳴が接触している事を見た」せいであり、傘が喉に突き刺さったのは、超常現象的な何かではなく、ただの偶然ではないかと。
それ以前に、桜木さんは慌てていたようでした。これは二人の接触と直結する出来事でしょうか。これも怪しいですが、鳴や勅使河原のセリフを鵜呑みにするなら「絶対に何かが起こる」はずなので、直結しているような気もしてきます。

うーん、分からないw
一つ言えるのは、今のところ「これは超常現象だ」と言える確固たるものがまったくない事ですかね。鳴の言った「見えてるのは榊原くん、あなただけ、だとしたら?」に恒一はガチで幽霊なんじゃないかと疑ったようですが、視聴者にはそうではない事が分かっていますし、26年前のその後の事がまだ分かっていない以上、桜木さんの事故が偶然なのか必然なのかも判断できない。

まぁ僕は今のところ「超常現象はない」という仮定を変えていないので、偶然だと思っているんですけど、どうだろうねぇ。
にしても傘貫通は嫌だ。本当にショッキングすぎて、メシ食いながら見なくてよかったと本気で思いました。

ちなみに、人形屋で会話しているシーンで、鳴が「聞きたい事、他にもあるんでしょ?」って言った時、足の位置を若干ずらしましたね。
直前に恒一は(決して下心が働いたのではなく、目線に耐えかねて視線を落としただけですが)鳴の足の方を見ているので、もしかしてこれ、恥ずかしがった?
だとするととんでもなく可愛い訳ですが。思わせぶりに公開した眼帯の下も義眼という、まぁ言うほど驚くものでもなかったし、やはり見崎鳴は「なんらかの役割を負っている」だけで普通の少女なんじゃ。
前回も書いたんだけど、鳴はやっぱり恒一に話しかけてもらえて嬉しいじゃないだろうか。人形屋で恒一のケータイが鳴った時も、心なしか残念そうだったような。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2853-5e8a7b80
Another アナザー 第3話 「Bone work -骨組-」 感想
壊れ始めるその時。 Another アナザー 第3話 感想です。
Another:3話感想
Anotherの感想です。 ついに話が動き出しました…。
Another 3話
ぎゃああああああああああ!!!!!!!!!! というわけで、 「Another」3話 うわああああああああああ!!!!!!!!!!の巻。 いやまあ、そろそろ話が動くとは思ってましたけどね。 よりに...
Another 第3話 Bone work -骨組-
あれだけ勿体ぶった鳴の眼帯の下は義眼。 右目と違う色をしているから目立つだけで、グロくも何ともなかったですね。 26年前の3年3組の話を鳴に教えられる恒一。 第1話で語られた ...
Another 第3話 感想「Bone work -骨組-」
Anotherですが、尋常でなく怖かったです。とうとう眼帯が取れますが、野田総理の眼帯とか言っている場合でもありません。26年前の始まりの年が全てのようですが、榊原恒一は見崎鳴から生きてるフリの話を聞かされます。(以下に続きます)
Another 第3話
Another 第3話 『Bone work -骨組-』  ≪あらすじ≫ 人形館で出逢った鳴にその眼帯の下を見せてもらった恒一。そこには、鳴にそっくりな人形と同じ碧色に輝く義眼があった。彼女は「普段見えなくてもいい...
Another 第3話 「Bone work -骨組-」 感想
エンディング映像の明るい雰囲気に少し救われたと思いました。
Another アナザー 第3話「Bone work -骨組-」
奇面館の殺人 (講談社ノベルス)(2012/01/06)綾辻 行人商品詳細を見る  これは、実に痛そうな事故だ。階段から転んで頭を打って重症かなと読んでいましたが、傘の先端が突き刺さるとは……。先の尖った傘がもう...
Another アナザー 第3話 「Bone work -骨組-」 
いなくなったミサキと卒業式を行った26年前の3年3組の話。 それは最初の年の話で まだ話には続きが…。 鳴の眼帯の下は義眼。 鳴はそれを人形の目だと言う。 26年前の話の続きを語ろうとしますが、...
Another 3話
そして物語が動き始める…!
■Another【第3話】Bone work -骨組-
Another - アナザー #03の視聴感想です。 義眼。 進路。 雨。 母親。 早退。 見えているのは貴方だけだとしたら? ↑さぁポチッとな
2012年01クール 新作アニメ Another 第03話 雑感
[Another] ブログ村キーワード Another 第03話 「Bone work -骨組-」 感想 #Another2012#ep03 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する。 OP...
Another 3話 「Bone work -骨組-」 感想
やべぇ、思ったより展開が早い。出遅れないうちにガチ推理しておかないと。
Another 第2話
「Bone work -骨組-」 いない者の相手をするのはよせッ!!! 一週間ずっと気になっていた見崎の左眼… 自称、エメラルドグリーンの人形の目 そして、見えなくてよいものが見えてしまうという眼だけに眼帯をしていたというわけですねw 受付のばあさんはお?...
Another~第3話「Bonework」
 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきたクラスには恐ろしい秘密があるらしい。第3話。 見崎鳴は眼帯にかくされた眼を恒一にみせた。緑色をした義眼。人形の...
Another 第03話 「Bone work -骨組-」
最近自分の趣味というか好みが変な方向に特化というか開花してきたヨペチコです。 まぁそんな話は別の記事で書くとして。 今回も謎がいっぱい(?)アナザー第三回です。 当たり前といえば当たり前ですが 多大にネタバレがありますのでこれから見ようと思ってい...
該当の記事は見つかりませんでした。