MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another

Another #04「Put flesh -輪郭-」 キャプ付き感想!

健康のために階段を利用しましょう。

 
 
 
今回の流れ
僕は普段からエレベーターを極力使わないようにしていて、5階までくらいならまず階段を使います。でもエスカレーターは迷わず使うという矛盾つきですがw
冗談ではなく、こんなもの見せられたらエレベーターなんて乗りたくなくなりますよね。アナウンサーはこういう場合に備えて絶対エレベーターを使わないんだとかなんとか。

Another4話1

アニメでは、往々にしてこういうシーンはアバンで繰り返されるもの。もう見たくないねん!
じゃあキャプ取るな?
いやぁ、怖いもの見たさで。



Another4話2

この作品時代、僕はガキだったのでよく覚えていませんが、昔はこういう傘が多かったのかな。
今はプラスチックで丸く覆われているのがほとんどですね。なんとなく安心。まぁ、開いた状態のツバの方は気をつけないといけない訳ですが。



Another4話3

今回はフィックス(カメラ固定)がたくさん使われていました。このシーンがフィックスでしたが、本当に長い間カメラが動きませんでしたね。その間に画面の中のキャラたちが動いているのが面白かったです。
1話ではフィックスのイレギュラーな使い方がされていましたが、今回はオードソックス。イレギュラーだった分1話の方がインパクト強いですが、面白いフィックスでした。
まわりのモブがだいたい動き回っているのがすごいですね。『Phantom』を思い出します。



Another4話4

Another4話5

こちらもフィックス。
水野さんの動きが可愛かった。キャラの演技を思う存分楽しめるので本当にフィックスはいいです。
何気に恒一と水野さん若干フラグ立ってました? 水野さんの言動がなんか恒一に気があるような感じがして萌えていたのですが、まぁ、こういう作品でこういうのは死亡フラグと言うんですよね。そういうの学ばない男なんで、ラストになるまで「水野さんかわええー」と能天気に萌えてました。

でも、さっきから「いい」と言ってはいるけど京アニの木上益治やあおきえいのフィックスには敵わなry



Another4話6

やはり能天気な僕は「綺麗なガラスだなー、映り込みもちゃんと作画していてすごいなー」とか思っていました。どう見たって倒れるフラグびんびんじゃん……
綾野さんは学校をサボっていたよう。呪い?が怖くて休んだのでしょうが(教室はけっこう空席が多かった)、私服で街に繰り出して元気に遊んでいるとはこれいかに。空元気で恐怖を吹き飛ばしたかったのかな。



Another4話7

倒れる瞬間の恒一の顔。イケメンすぎて濡れた。



Another4話8

うわああああああああああああ
肝が冷えました。事前に気付いて綾野さんごと伏せた恒一まじGJ。
ガラスが倒れてくるくらいでは、直撃しても死なない可能性はありますが、この流れだと「当たれば死んでいた」と思っちゃいますね……おーこわ。ガラスにも気をつけよう。



Another4話9

夏服可愛いじゃない……

半袖にベストという出で立ちが夏らしく爽やかだというのもありますが、「鳴ちゃんが夏服を着ている」という事自体がなんか可愛い。
というのも、恒一はまだ冬服なのですよね。次の日登校した時はすでに夏服でしたので、夏服調整期間だったと思われますが、鳴ちゃんってなんかギリギリまで冬服で粘りそうなイメージがあって。



Another4話10

今回は映っている二人(or三人)を真横から映すカットも多かったですが、このように一人を手前に、一人を奥に配置するカットも多かったです。
こういう前後配置にするレイアウトはいろいろな用途がありますが、この場合はたぶん鳴ちゃんをちっちゃく見せたかったんじゃないかな。もともと恒一よりだいぶ身長低いですが、それにしたってここの鳴ちゃんは「遠くにいる」みたいに小さく見える。かなり近いはずなのですけどね。

なんでそう見せたかったのかは……なんででしょうね?w
儚さや寂しさを強調させるため? 直後に「なら、私は姿を見せない方がいっか」(いいか、ではなくいっか、ここ重要)と言っているので、やはりどこか寂しさを感じているのかも。クラスに溶け込めない寂しさか、恒一に会えない寂しさか、まぁその辺は推測も難しいですけど。

学校行ってないのと聞かれて「ま、適当にね」とはぐらかしたり、「具合は大丈夫なの?」「学校には行けそうなの?」とさりげなく恒一の心配をしてみたり、と鳴ちゃんは人間らしいところをちらほらと見せてきますね。どんどん可愛く見えてくる。ただ、今回唯一の不満は鳴ちゃんのフトモモが見られなかった事だ(オイコラ



Another4話11

こんな反応されたら怖いを通り越してそりゃあ温厚な恒一でも怒るよ!
勅使河原くんはいろいろと勝手に暴走していたようですね。



Another4話12

こっち見んな。



Another4話13

勅使河原を問い質してやって来てみたら赤沢さんもいたってばよ。
これはあれだな、恒一が珍しい剣幕で電話してきたから恒一が来る前に赤沢さんを召喚したな。勅使河原くん意外とヘタレなのね。

この辺の会話は本当に気になりますねぇ。本当はもっと最初に話すべきだったとか、「来月になったら話す」という約束は守れないとか、ぜんぶ綺麗にボカされているので視聴者は上手く輪郭を結べません。
アバンの会話を聞くと、「始まってしまったら毎月一人以上が死ぬ」というのが三年三組に起こる現象のようですが、それが呪いかどうか作為的なものかどうかは置いといて、「始まってしまう」条件はやはり見崎鳴と接触する事なのでしょうか。それにしては、恒一が鳴と接触しているのは明々白々なのに、クラスではまだ可能性の話をしていますね。鳴ちゃんの方も、「始まっている"かも知れない"」と、可能性の話しかしていませんし、「始まってしまう」条件は他にあるのかも。



Another4話14

これも前後配置のレイアウトの一種ですね。距離感を出しつつも、後ろの人物も画面の中でしっかり強調される面白いレイアウト。
ちなみにここで恒一は「見崎鳴はいます!」と言っていますが、後ろの二人にも聞こえていますよね。直後にカットが変わったので反応が見えませんでしたが、これも次回以降の布石になるのかな。



Another4話15

シンドラー社のエレベーターだったりして。
ちょっと気になって調べてみたら、シンドラー社って予想以上にエレベーターのトラブルを起こしていました。死亡事故は一件だけのようですが。



Another4話16

いやああああああああああああ
水野さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!

惜しい人を亡くした……水野さん可愛かったのになぁ。
これで犠牲者は3人目、という事になるのでしょうか。

呪いなのか?
話数を重ねるごとに、超常現象的な呪いのような描写が増えてきますねぇ。

2話で「この作品に超常現象はない」と仮定してしまっている僕ですので、人為的にこれらの事故が起こらないかどうかを考えてみました。
その結果、犠牲者が誰でもいいのであれば、そこそこの仮説が出来上がりました。

綾野さんと恒一がガラスの下敷きになりそうになった件は、誰かがストッパーを外しておいた、というのが考えられます。あんな危ないもの、ストッパーなしで路上に放置するはずがありませんから。
恒一や綾野さん(三年三組の生徒)が近くに来るのを見計らって外すという事も可能ですので、可能性任せですが、この件に関しては狙い撃ちも出来ます。

水野さんの件は、わざと保守点検を怠るというのが考えられます。もしくは、保守点検するフリをしてリールに細工をしておく、とか。
これは犠牲者を狙い撃ち出来ませんし、無人のまま事故を起こす可能性もありますので、仮説としては弱いのですけど。

委員長に関しては、うーん、あの階段に何か滑るものを塗ってあったとか?
クラスメイトたちの口ぶりからすると、あの階段は普段は使われないようですし。まぁでもこれも仮説としては無理があります。
その母親は、車が右折しきれずに歩道に突っ込んでいますね。これは、ブレーキオイルを抜く、運転席下にボールを転がしておく、などの細工が可能。

一応、どれも人為的な犯行としての説明がつきます。
……でもやっぱり無理があるよなぁ。描写を素直に信じるならどう見ても連鎖的な呪いだし。

でも本当にアナザー面白い。あれこれ考えるのも面白いですが、アニメとしての出来がめちゃくちゃいいので面白いです。
あとは鳴ちゃんがより一層可愛くなればもう文句はない。まぁ、こんな雰囲気だからいずれ鳴ちゃんにも何かしらの悲劇が起きるかも知れないけど。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2863-65a90930
Another アナザー #4「Put flesh<輪郭>」
見崎鳴っていう子本当にいるの? 怯えている、みんな。   Another アナザー第四話のぶっきら感想。
Another 4話
もうやめてくれー。 というわけで、 「Another」4話 Don't touch herの巻。 貴重なナースががが。 これまた悲惨な事故、悲惨な最期でございました。 キャラデザかわいいから、なおさらきっついで...
Another アナザー 第4話 「Put flesh -輪郭-」 感想
今年は“在る” Another アナザー 第4話 感想です。
Another 第4話感想
Anotherの第4話を見ました。 それでは感想を書きます。
Another:4話感想
Anotherの感想です。 このアニメは日常で使うものに恐怖を煽ってるだろ(汗)
Another 第4話 「Put flesh -輪郭-」 感想
傘の尖端に思わずちょっとびくっとしたのだけど、今週でまた1つ別なものが…。もうやだ( ̄□ ̄;)
Another 第4話
Another 第4話 『Put flesh -輪郭-』  ≪あらすじ≫ 桜木ゆかりが事故死した。同じ日、彼女の母親もまた交通事故で亡くなっていた。 緘口令(かんこうれい)を敷かれ目撃した現場について何かを語るこ...
Another アナザー 第4話 「Put flesh -輪郭-」
この町にダミアンなんていないよね――。  ホラーネタがいろいろ出てくるこの作品(苦笑) 映画オーメンに登場する悪魔の子がダミアンです。 関わるものは不幸にみまわれる忌むべき存在…。 見崎鳴とはそう...
Another 第4話 Put flesh -輪郭-
ゆかりが亡くなった同じ日、ゆかりの母親も事故で亡くなったとかで、例の呪いとか噂されます。 ゆかりが急いで帰宅しようとしていたのは、母親の訃報があったからなのですね。 ...
Another 4話
鳴の心境に変化が?
Another 第4話 感想「Put flesh -輪郭-」
Anotherですが、一人目の犠牲者が出てしまいます。母親まで亡くなったそうですが、クラスでは転校生の榊原恒一にきっちり説明をしてなかったと後悔します。榊原恒一はナースに見崎鳴の話をしますが、そんな生徒はクラスにいないようです。(以下に続きます)
■Another【第4話】Put flesh -輪郭-
Another - アナザー #04の視聴感想です。 緘口令。 半信半疑。 現実。 秘密。 エレベーター。 3組の総意としてのお願い。 ↑さぁポチッとな
Another・アナザー 第4話「Put flesh-輪郭-」
Another (3) (角川コミックス・エース 170-7)(2011/09/02)清原 紘商品詳細を見る  階段から滑り落ちたあげく、尖った傘先に喉を貫かれて死亡。あまりにも痛そうなシーンを冒頭から繰り返してしま...
Another 4話 「Put flesh -輪郭-」 感想
音響仕事しすぎ笑えない。
Another 第4話
「Put flesh -輪郭-」 やっぱりあるみたい 多分100%確実に、それが始まってしまったから… 見崎の話的には知らなかったら身の危険はないような感じですねw そう言われたら知り無くなるのは当たり前! 恒一は知ってしまうんでしょうか…? 3年3組に忍...
Another~第4話「Putflesh<輪郭>」
 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきたクラスには恐ろしい秘密があるらしい。第4話。 3年3組のクラス委員長桜木ゆかりが階段から落下して死亡、同じ日ゆ...
2012年01クール 新作アニメ Another 第04話 雑感
[Another] ブログ村キーワード Another 第04話 「Put flesh-輪郭-」 感想 #Another2012#ep04 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する。 ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。