FC2ブログ

MENU
ブラック★ロックシューター

ブラック★ロックシューター 第一話「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 キャプ付き感想!

今期の僕の一番の注目作(期待作、ではない)がやっと始まってくれました。

 
 
 
テレビアニメB★RS
僕はB★RSのファンです。
ryoによる楽曲が発表された時から虜になってました。ヤマカンが始めたアニメプロジェクトも最初からずっと負い続けていて、ディスクはたぶん全て揃えています。
フィギュアは……高いおー

OVA版は、無料配布やメガマの特典やニコ動などで発表されたので結構みんな見てるのかな?
テレビ版はOVA版のストーリーをベースにして、いろいろと肉付けをしていった感じですね。僕はOVAけっこう何回も見てるので、今後比較とかしていくと思います。

僕はB★RSのファンですから、テレビアニメ、すごく楽しみにしていたのです。Orbetの挑戦が見たい、という意味もあってね。
ところが情報が開示されていくにつれ、不安ばかり増していきました。スタイリッシュだったキャラデザはやたら芋っぽくなり、PV見てもなんだか微妙だったり、そもそも外部スタッフが多かったり。さすがにOrbet主体でテレビやるには外部スタッフ入れないといけないのかな……とか考えてしまったり。

しかしPV第2弾を見てまたもや考えが変わりました。
これはすごいアニメになるかも知れない……?
アニメのCG制作を影から支えてきたサンジゲンも元請制作に加わり、これはもしかしたら期待以上のものが出てくるんじゃないかと。

OVA版で残念だった脚本も、岡田磨里が再構成するという事で期待が持てます。
という訳で、僕の今期一番の注目作です。期待作でもありますが、さすがに期待度は一番ではなかったかな。

わりとよく分からない
岡田磨里が再構成する! これはいいぞ!
とか思っていましたが、1話の時点ではなかなかよく分からない事になっていますw

世界観の説明がゼロですからね。マトパートと、ブラック★ロックシューターバートがどういう関係なのか、そもそもB★RSパートはどういう世界なのか、カガリさんは一体全体何がどうなっているのか。
たぶん今後も説明はゼロでしょう。見ながら推察していくしかない。

OVA版の設定では、ブラック★ロックシューターパートは時系列上はマトパートの後ろで(演出上時系列をシャッフルしていた)、世界観としてはただの別世界という感じでした。そこにいるブラック★ロックシューターやデッドマスターはもともとその世界にいる存在で、現実世界となんらかの方法でリンクする……みたいな。
作り手もたぶんアバウトな設定しか考えていないので、これ以上の推察は出来ません。ストーリー上、別にアバウトでも問題なかったですから。

見たところ、テレビ版はOVA版と設定が違っているよう?
チャリオットがブラック★ロックシューターをいじめていましたが、「帰れ」コールが響いていました。つまり時系列は同時進行?
テレビアニメという事で、8話、とOVAより長いので、もう少し細かい設定とか考えられていそうです。

カガリは意味が分かりませんね。
突然出て来て突然「帰れ」コールをして、どうやらヨミを束縛している様子。
意味は分かりませんが、推測は出来ます。
「これ、ヨミがやったの」と言っている時にカメラがカガリの足へパンしましたから、カガリはヨミのせい(たぶん故意ではない)で歩けなくなったのでしょう。それで、歩けなくなった責任を取ってよね、という感じでヨミを束縛している、と。

カガリはOVAにはいなかったキャラですので、テレビ版のストーリーを加速させるために用意されたキャラでしょう。もう少し掘り下げが始まってからが本番ですかね。

マトが可愛い
OVA版のマトが素晴らしすぎて超えられないんじゃ?
と思っていましたが、予想外によかったです。

というのも、さすがは吉岡忍監督といったところでした。
キャラデザが芋っぽくなってますが、キャラの演技はさすがにお手の物。カメラが動かない中でくるくる動くマトの表情や動きがとても面白くて可愛かったです。
今回の絵コンテは吉岡忍と今石洋之、今石洋之は「CG特技監督」という役職なので、マトパートは吉岡忍でブラック★ロックシューターパートは今石洋之、といった感じでしょうか。

総じて、面白かったです。
全8話だからか、なかなか駆け足な脚本でしたが、まぁ1話から目くじら立てる事もありません。
注目すべきポイントは「傷ついても、誰かが代わりに傷ついてくれる」というところでしょうか。今回だけではよく分からず、マトと同じく「どういう事だ?」状態ですが、たぶん今後分かってくるのでしょう。
友達がいれば痛みを半分こ出来る、という事かな。それとも独特の世界観を利用して、ブラック★ロックシューター(マトの半身?)が痛みを引き受けてくれる、という事かな。

気になるカット
ストーリー的には様子見ですが、映像に関してはもう大満足の出来です。素晴らしかった!
以下、キャプ使っていろいろ書いていきます。



B★RS 1話1

ブラック★ロックシューターの目から始まります。綺麗な青です。
この辺はカメラをぐりんぐりん動かしてインパクトを出していました。OVA版と同じ戦術ですね。



B★RS 1話2

ド迫力の、えー、鉈?
ブラックゴールドソーの武器ですね。
OVAでも最初はブラックゴールドソーと戦っていて、ブラック★ロックシューターは敗北していました。
今回のブラックゴールドソーはでかいでぇ。



B★RS 1話3

発射された岩石。
OVAでは一瞬すぎたので分かりにくい作画でしたが、隕石のように飛んでいく演出がかっこいい。



B★RS 1話4

OVAとは違い、最初からマトの友達であるユウさん。小学校の頃から一緒だったのかな。
よすよーす。可愛いわぁ。



B★RS 1話5

キングダムハーツなどでボス戦として出てきそうなブラックゴールドソーさんの目。怖いわぁ。
ブラック★ロックシューターは、アニメでは基本的にフードを被るようですね。左右非対称のツインテールが出ている方が可愛くて好き。ばさばさ揺れるとかっこいいし。
このカットは仰瞰を上手く使っていますね。



B★RS 1話6

うおっまぶしっ!
眩しすぎる笑顔にヨミも断り切れなくなったようです。ヨミ自身はマトと友達になりたいのでしょうね。しかしカガリが怖くて……と。
しかし何故メガネをかけたし。ヨミは絶対メガネない方が可愛かったのにー。僕がメガネ嫌いというのもあるけど、メガネかけさせるならむしろマトの方だと思う。



B★RS 1話7

よそ見なんてしてるからー!

主人公(?)だけど、実はあまり強くないブラック★ロックシューターさん。今回もいいとこなしでしたが、OVA版でもその実いいところあまりありませんでした。最後にデッドマスターを消滅させたのも、ブラック★ロックシューターというよりはほとんどマトの力だろうし。



B★RS 1話8

ローラーで踏み潰したあとに足でしっかり踏み抜くエグさ。しかし迫力はとんでもないです。
ここは「ずいーん」とカメラが奥へいきながらのカット。その間にブラック★ロックシューターさんが倒れるのですが、倒れるだけの動きがやたらスタイリッシュに見えます。カメラワークの勝利。サンジゲンさんいい仕事しすぎです。



B★RS 1話9

往々にして油断は禁物。
『デジモンテイマーズ』劇場版でも、「しょうがねぇなぁ俺様が手助けしてやんよ!」とでも言いたげに登場したベルゼブモンが車輪の横の武器であっさりやられました。みなさん車輪には注意しましょう。



B★RS 1話10

ブラック★ロックシューターさんもびっくりの表情。OVAではほぼ無表情を貫き通しましたが、テレビアニメではわりと表情を変えています。まぁね、そりゃああれだけメタメタにやられたらね……



B★RS 1話11

マトの「一緒に、いろんなもの見よう!」でついに覚醒したブラック★ロックシューター!
さっきまでやられていたのが嘘のようです。無傷とかすごすぎね? あれかな、RPGでHPが1になっても普通に戦えるのと同じ原理かな。
ロックカノンで敵の足を撃破、ここのカットはスローモーションでした。かっくいい。

ちなみに、本当にマトの「一緒に、いろんなもの見よう!」を受けてブラック★ロックシューターが覚醒したように見えましたが、実際はどういう因果関係があるのでしょうね。



B★RS 1話12

戦車?の後ろに隠れていたチャリオットを射程に捉えます。
ナイスアングル!
……じゃなくて、俯瞰のカットがかっこよすぎます。本当に痺れる。
ちなみにこのカットで鎖が乱入。



B★RS 1話13

ロックカノンを構えるカット。相変わらずかっこよすぎますが、鎖の方が速かったようです。



B★RS 1話14

ワイヤーアクションならぬチェーンアクション。
OVAを見た人なら、デッドマスターの介入である事が分かったでしょうか。
めちゃくちゃかっこいいシーンでした。さっきからかっこいいしか言ってないけどw

総じて、アクションシーンがとんでもないクオリティです。たぶんですがここはOrbetじゃなくてサンジゲンが担当、ほとんどCGで描いているのでしょう。
作画と見紛うような出来です。サンジゲンってこんなにすごかったんだね……



OP
OPがEDに来ていました。
ディレクターは今石洋之、なるほどすげぇかっこいいじゃないですか!
この人の作品はあまり見ていないのですが、『ナムコクロスカプコン』というゲームのOPを思い出します。ハチャメチャでド迫力。もし吉岡忍が絵コンテ切ってたら相当違う出来になっていたでしょうね。少なくともこんなにはカットが移り変わらないはず。

ちなみに曲はryoの作った同名の曲ですが、アレンジが変わってますね。原曲のがいいな(オイ



B★RS 1話15

ブラック★ロックシューター。イメージカラーは青。ブラックなのに青。
まぁ、目から青い炎が出るので問題はないです。そういやブラック★ロックシューターさん、今回は青い炎出してませんね。本気モードじゃなかったのか。

ちなみにポーズがちょっと可愛い。



B★RS 1話16

デッドマスター。イメージカラーは緑。
ヨミさんがメガネをかけたので、デッドマスターもメガネにチェンジです。うーん。やっぱり無い方がわるわるしくていいんだけどな。



B★RS 1話17

チャリオット。イメージカラーは黄。
テレビアニメからの追加キャラですね。リンク(?)するのはカガリ。



B★RS 1話18

ストレングス。イメージカラーは灰。
直訳で「強さ」。なんて名前だ。
リンクするのはユウですね。OVAでは顔を見せるだけで結局何もしませんでしたが。



B★RS 1話19

ブラックゴールドソー。イメージカラーは赤。
名前といいイメージカラーといい、ブラック★ロックシューターの相対となるキャラのよう? ライバル? 今回は何故か巨大化して登場。OVAではブラック★ロックシューターを圧倒していましたが、やはり強いのだろうね。
リンクするのは……サヤ先生?
まさかの小幡先輩とか。
ブラックゴールドソーはOVAからいますがサヤ先生や小幡先輩は初登場。



B★RS 1話20
B★RS 1話21
B★RS 1話22
B★RS 1話23

サビのリズムに合わせて、ブラック★ロックシューターがみんなと刃を交えるカット。今石洋之らしいと言えるかは分かりませんが、超かっこいい。
ここではブラックゴールドソーは普通のサイズ。



B★RS 1話24

実際に、本編で三つ巴ならぬ五つ巴なのかは分かりませんが、あやうく全身麻痺になってしまいそうなくらい痺れるカット。色分けが綺麗なのも手伝って目に焼きつきます。仰瞰から俯瞰へとカメラが移動するのも素晴らしい。



B★RS 1話25

鎖の囚われたまま炎に焼かれるピンチのブラック★ロックシューター。鎖はデッドマスターのものでしょうが、炎は……?
ともかくかっこいい。このOPはかっこよさだけで出来ている。



B★RS 1話26

うおおおおおおおおお!!
やばすぎでしょうこのOP。『夏待ち』のOPとタメはるわぁ。
関連記事
2 Comments
(SA) ""
はじめましてお邪魔します。
やっと比較的好印象で前向きな感想のサイトに出会えました。
私はもう、毎週テレビアニメをみる習慣から遠ざかっている為、テレビ版「B★RS」が一般的なアニメ水準に照らして、どのレベルだと評価されているか気になって、いくつかのサイトを回ったりしてみたのですが、まあ・・・散々たる扱いですね誰も彼も(;つД`)。

私も「B★RS」のニコ動での初音ミク曲ブレイク、その後のryo(supersell)のメジャーCD発売等の経緯もリアルタイムで追っていた一人ですので、今回のテレビアニメ化は感慨と共に注視していました。
EDで初音ミク曲がかかった時、ある種の感動と同時に、
『ああこの感慨は、「あの時」を体感したことのない人々には絶対理解できないだろうな、この唄を、この歌詞を普通の歌手や、最新型ボーカロイド3の性能のいい声で聞かされても、大した感想を覚える人はいないかもな、『ただの燃えるアニソン歌詞』で終わるだろうな。ましてやいくら「あの有名な『初音ミク』」の唄だとしても。』━━━━そう思いました。

雑誌の付録になったOVA版も知っています。青いセーラー服が今回ベージュのブレザーになったのはモッタイナイ!
現実と異世界で差をつけすぎたキャラ作画も見る人の混乱を招いてると思います。マトとBRSがあまり似てない!
カガリとチャリオット、ヨミとDMは髪型からわかりやすいのに。(ユウとストレングスも怪しいかな)

私自身の感想は、学園パートは、カガリという少女が単なる日常青春モノとは異なるチョットしたサスペンス要素になっている以外は、比較的オーソドックス展開で、そこは今後も最低限、手堅く良質な「思春期描写」をもたせて欲しいです。
異世界パートは・・・情け容赦ないBRSイジメ(笑)。私個人は、テレビでこのレベルの戦闘シーン、CG作画を見ることができる今のアニメファンはとても恵まれているな、と思いましたが、(<そう思ってしまう位の年齢です。)でもやっぱり完全に現実とシンクロさせないと分からない視聴者が多いかな。それこそBRSやDMに直接セリフを言わせないとダメとか?「マトが寝ているとき見た、夢の中の世界」とかにすればウケがよかったのでしょうか?
「まどか☆マギカ」も戦闘はかなり凄いらしいのですが、残念ながら私は通して見たことがありませんので・・・。

でもEDカットや構図一つ一つは私もカッコイイ!と思いましたよ。特に5人がお互いに武器を突きつけ合う五つ巴のシーン!
現実パートと照らし合わせると、
■BRS(=マト)はチャリオット(=カガリ)を威嚇してDM(=ヨミ)の開放を願う
■チャリオット(=カガリ)はDM(=ヨミ)を威嚇して拘束する
■DM(=ヨミ)は自分よりBRS(=マト)の近くにいるストレングス(=ユウ)に嫉妬して威嚇する
ストレングスとブラックゴールドソー(以下BGS)はどう考えればいいのかわかりませんが、仮にカウンセラーのサヤ先生がBGSに符合すると考えると、
■親友の自分を当てにせずサヤ先生の相談室に入り浸り、自分よりヨミに関心を持つマトに腹が立ち、ヨミに関わったり相談室に行かせないようにする>ストレングス(=ユウ)がBGS(サヤ先生)を威嚇する
■大人の立場として、すべての関係の中心にいるマトに問題提起と解決を促す>すべての戦いを決着させるため、試練を与えるために立ちはだかる大いなる敵としてBGS(サヤ先生)がBRS(=マト)を威嚇する
と捉えることができるかな?

続けて「ギルティクラウン」も見ました、但しOPだけ。
あのsupersellが普通に何曲ものタイアップを発表出来るブランドに成長したのですね。驚きです。

「B★RS」は来週も見ようと思います。長文にて失礼いたしました。

2012.02.03 23:44 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">(SA)さん"
初めまして、いらっしゃいませ。
前向きな感想が売りの神酒原です(笑)
ときどき、いろいろ回ってようやくいい事言ってるサイト見付けた、という事でコメントをくれる人が来ます。僕にとってもいい刺激になるので、こういうコメントは非常に嬉しいです。

>テレビ版「B★RS」が一般的なアニメ水準に照らして、どのレベルだと評価されているか気になって、いくつかのサイトを回ったりしてみたのですが
僕は見ていませんが、2ちゃんまとめブログとかだと、恐らく散々な言われようなのでしょうね。

楽曲発表時から追っているのですか。
確かに、「あの時の感覚」を知っていないと味わえない感慨というものがありましたね。ミクの声が聞こえてきた時はどうしようもなく興奮しましたw
ボーカロイド3ってすごいのですか、と妙なところに反応。今はニコ動からすっかり遠ざかってしまった僕はルカが出た辺りで時系列が止まっております。

>青いセーラー服が今回ベージュのブレザーになったのはモッタイナイ!
なるほど。でも今のキャラデザには合っているような気もしています。でも青いセーラー服の方がよかったのは全力で同意。

>マトとBRSがあまり似てない!
そういや似てませんね。フード被っているからかな?とも思ったけど、フード被ってなくても似てませんね。僕としては二つの世界のキャラデザにそこまで乖離している部分はないと感じていて、単に作画の仕方の違いなんじゃないかなと。裏世界?はサンジゲンの担当するCGがほとんどですし。

>手堅く良質な「思春期描写」をもたせて欲しいです。
OVA版の時点で手堅い作劇ではなく、さらには岡田磨里が脚本を書くという事で、たぶんかなり異質な出来になるんじゃないかとw
異質だからといって、良質でない訳ではないですけどね。思春期の心理描写はガッツリ描いてくるでしょう。これでもかというくらいに。

>私個人は、テレビでこのレベルの戦闘シーン、CG作画を見ることができる今のアニメファンはとても恵まれているな、と思いましたが、(<そう思ってしまう位の年齢です。)
そう思ってしまうくらいの年齢ですかw
僕はデジタル作画になってしばらくしてからのアニメしか詳しくないですが、それでもここ一、二年は三、四年前と比べてレベルが上がっている感覚があります。ちょうどSD制作からHD制作への移行の時期ですが、HD制作は大変らしいので、切磋琢磨する環境があるのかも知れません。
といっても、今回のCG作画はたぶん別格だと思いますw ほとんど手描きに見えてしまう今回のCGは、僕は初めて見ました。いつもは他の制作会社のお手伝いしかしていないサンジゲンが本気を出してこうなったと思うので、B★RSはもしかしたらアニメの新しいスタンダードの先駆けになる可能性もありますよ。
B★RSイジメはすごかったですねw

>でもやっぱり完全に現実とシンクロさせないと分からない視聴者が多いかな。
まだ1話ですからね、そこは分からなくてもいいところでしょう。とりあえず戦闘シーンかっけぇぇぇぇぇって思っていればいいはずです。二つの世界がどういう関係にあるのかは、今後提示されていくはずなので。
裏世界住人が喋った方がいいかどうかについては、うーん、僕はどっちでもいいかな。OVAでは一応しゃべってましたね。

>「まどか☆マギカ」も戦闘はかなり凄いらしいのですが
とんでもなくすごかったですが、上述した通り、B★RSはかなり別格の作り方をしているので比較対象にするには難しいかとw

>現実パートと照らし合わせると、
なるほど、そう考えれば、あの並び順は一応の説明がつきますね。僕は単にB★RSをいちばん近景にして、あとは適当に並べているものだと。だってB★RSとDMが隣り合っていないんだものw
ただ、今回の本編を見た限りだとDMはチャリオットに協力してB★RSを攻撃しているようなので、そう分かりやすくリンクしている訳ではない可能性もあります。今のところ、ヨミがマトを攻撃する理由はないですからね。
OPですから、本編の関係図が反映されていようといまいと、とりあえず今のところは「かっけー!」って叫んでおけば大丈夫だと思いますb

>続けて「ギルティクラウン」も見ました、但しOPだけ。
もったいなっ!
ああそうか、毎週アニメを見る習慣から遠ざかっているんでしたね。となるとB★RSやってるからついでに見たという感じか。なら逆に今から見るのはあまりよくないですね。
supercellはずっとコンスタントにタイアップやってますが、最近の勢いはすごいですね。今は他に『偽物語』、前クールでは『スケットダンス』や『灼眼のシャナ』でも曲を書いていました。ギルクラは、OP曲だけじゃなくボーカル曲は全て担当しています。

>長文にて失礼いたしました。
いえいえー。せっかくなのでB★RSは全8話、しっかり見届けましょうb
2012.02.04 00:25 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2865-fd8fa1c9
ブラック★ロックシューター 第1話 感想「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 
ブラック★ロックシューターですが、黒衣マトはクラスメイトの小鳥遊ヨミが気になります。小鳥遊の読み方が分かりませんが、説明されて頭のよさそうな名前だと思います。学校ではカウンセラーのホクロも色っぽい女性が懇切丁寧に相談にのってくれる上にお菓子やジュースま...
ブラック★ロックシューター 第1話 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想
傷だらけになってでも。 ブラック★ロックシューター 第1話 感想です。
ブラック★ロックシューター 第1話 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想
第1話を観ました。原案などの経緯はよく知らないのですが、OVA は視聴済みです。 ときどき OVA を下地にした感想を書くかもしれないのでご注意ください。
新作アニメ ブラック★ロックシューター EPISODE 01 あとどれだけ叫べばいいのだろう レビュー
BRS,ついに始まりました! すでにfigma,ねんどろいど、フィギュア、OVA、そしてゲーム等で展開 されまくっているので、お馴染みの作品という感じですが テレビのBRSはひと味違う! 比較対象はすでにリリースされている OVAの方ですが、まず現実世界の方のキャラの絵がOVA...
ブラック★ロックシューター 1話「日常シーンとサンジゲン制作のCGアクションに注目」(感想)
OVAからまさかのTVアニメ化。 しかもノイタミナ。 最近のノイタミナは野心が溢れていますね。 そしてブラックロックシューターの 活躍の幅はますます広がっていきます。 サンジゲン制作・今石洋介特技監督による CGアクションと瞳の演出が注目ポイントです。  
ブラック★ロックシューター #1「あとどれだけ叫べばいいのだろう」
遂にB★RSがTVシリーズに進出! 割と良い滑り出しかと。 ブラック★ロックシューター第一話感想!!
ブラック★ロックシューター 第1話「あとどれだけ叫べばいいのだろう」
いきなり裏世界のBRSの目のアップから始まるアバン。 ぐるぐるアングルが変わるのが映画のOPみたいですね(笑) 本編は変わって現実世界の中学生、黒衣マトの視点に。 ぶつきりの単語を使ってるのは ...
『ブラック★ロックシューター』#1「あとどれだけ叫べばいいのだろう」
「傷つかないよ! どんなに痛くたって私はホントの本当には傷つかない! だから行こう!遊ぼう!一緒にいろんなもの見よう!」 いろんな色… 人気ってことぐらいしか知らず、予備知識なしで見ました。 ...
ブラック★ロックシューター 第1話 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想
始まります( ゚∀゚)o彡゜ それは小鳥遊(たかなし)って読むんや(つ∀-)(ぉ) 一つ賢くなりましたねw 頭良い名前ってww ―あらすじ― 春。散り始めた桜の下で、2人の少女が出会う。 ひとりは、...
ブラック★ロックシューター 第一話 あとどれだけ叫べばいいのだろう
 エンディングテーマが原曲とか。
ブラック★ロックシューター 第1話
「あとどれだけ叫べばいいのだろ」 どどめ色 ぐちゃぐゃ色  とにかく汚い色 ヨミに近づくなと言わんばかりの行動のカガリでした(((?д?;))) 中学に入学した黒衣マト、同じクラスの小鳥遊ヨミが気になって仕方がない 彼女の珍しい苗字だったのも一つの...
ブラック★ロックシューター 第1話感想
B★RSの第1話を見ました。 それでは感想を書きます。
ブラック★ロックシューター第1話「あとどれだけ叫べばいいのだろう」レビュー・感想
小鳥翔ぶのは蒼の空 海に映るは空の蒼 絵空の蒼の空の海 絵空の蒼に空の涙 涙の蒼に小鳥翔ぶ 虚ろ蒼い目の少女、その眼差しの先に映るものは・・・? 中学に入学した黒井マト、『小 ...
ブラック★ロックシューター #01 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」
ネットで後悔されたイラストから広がってアニメ化された「ブラック★ロックシューター」。 ノイタミナ枠で「アニメ テルマエ・ロマエ(AA)」を挟んでちょっと遅れて始まりました。 と、言っても個人的にはほ...
ブラック★ロックシューター #01 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想 【瞳の中の歯車】
  瞳を閉じずに私を見つめて、あなたの全てを私に見せて―
日本語で頼む
「どうしてマカロン」汚い色だろうと、味は美味しいなら沢山もらって、むしろ良かったやん千石に、神原に、火憐ちゃんでもあるが阿澄佳奈と喜多村英梨と言ったら「WORKING!!」の種島先...
日本語で頼む
「どうして マカロン」汚い色だろうと、味は美味しいなら沢山もらって、むしろ良かっ
ブラック★ロックシューター 第1話 あとどれだけ叫べばいいのだろう
主人公の少女・黒衣 マトは、中学の入学式の時に見かけた少女・小鳥遊 ヨミが気になる様子。 ヨミもマトが気になるよう。 ですが、ヨミは何かしらの事情を抱えており、人と関わる ...
ブラック★ロックシューター 1話
私の友達をとらないで。 この子は私だけのものだから。 歪な友情は、独占欲へとカタチを変える。 自分以外の誰かと仲良くしてほしくない気持ち、この年頃にはあるある。 女子の世界って、こんなんよな。困...
2012年01クール 新作アニメ ブラックロックシューター 第01話 雑感
[ブラックロックシューター] ブログ村キーワード ブラックロックシューター 第01話 「あとどれだけ叫べばいいのだろう」 感想 #BlackRockShooter2012 #ep01 ■概要 元々はhukeが2007年12月26日に...
該当の記事は見つかりませんでした。