MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティクラウン

ギルティクラウン phase15「告白 sacrifice」 感想!

Good listenerか、Good commanderか。

 
 
 
王たる所以
とんでもない事になってきました。いつにも増して情報量の多い回でしたが、こういうの好き。

Good listenerとGood commander
どちらも、よい管理者の証とされます。
Good listenerは「よい聞き手」、日本におけるよい管理者です。
Good commanderは「よい指揮官」、アメリカにおけるよい管理者です。

日本の企業では、部下の意見をよく聞き、専門的なものは部下に任せ、全体を取りまとめるのがよい管理者です。全体主義ですね。
アメリカの企業では、部下に正しい命令を下し、きちんとした統率を撮るのがよい管理者です。こっちは個人主義ですね。

集はどちらのタイプでしょうか。
誰に聞いても、Good listenerと答えるでしょう。みんなの中心となって戦っていく集はこのタイプで、だからこそヴォイドゲノムを持つに相応しいとも言えます。
涯はGood commanderでした。適切な命令を下し、全体を引っ張っていく。「コマンダーより各ユニット」というセリフもありました。

集はGood listenerなので、Good commanderのように振る舞ってもよい王にはなれません。こうなると民からは独裁者としか映らなくなるでしょう。本人にそんなつもりはなくても。
今回の件を受けて、集はcommanderになろうとしています。しかしどう見てもBad commander、独裁者になる臭いがぷんぷんです。

ハレは「集は優しい王さまになれる」と言いました。前回の「集は王さまになれるよ」というセリフが少し引っ掛かっていたのですが、なるほどこういう事でしたか。
「やさしいおうさま」という絵本が実際にあるかどうかは分かりませんが、その王さまは優しいあまりにみんなにお金や土地を分けていって、最後には国がなくなってしまって、みんなに怒られる。
その王さまに似ている、優しくて損してしまうような集がハレは好きだった。

確かに集は、優しくていつも損しています。
今回だってそう。谷尋の事を大切に思うからこそ、「あり得ない意見だ」と思ってもヴォイドランク制を強気に否定出来ない。颯太の事を友達だと思っているからこそ、颯太の前では「する訳ないじゃない」と断言し、ランク表が漏れたあとも、お願いを聞いてヴォイドを取り出した。
ハレ曰く、みんなそう。それじゃいけないの?
確かにその通りです。対する人によって顔を変えるのが人間。しかしリーダーはそうではいけない。確固たる一つの意志を持ち、万人に対して同じようにそれを提示する。そう思っているから、集は落ち込んでしまうのでした。

そうなると、集は王さまには向いていないのかも知れませんね。
「優しい王さま」に似ていますが、その優しい王さまも、結局は国をなくしてしまったので、優しい王さまではあるけどいい王さまではありません。「僕は生徒会長に向いてないんだー!」と言っていましたが、その通りでしょう。

上の例をもう一度出すと、集はGood listenerです。
Good listenerは、その性質上、王の器ではありません。三権分立などで総理大臣に強すぎる権力を与えていない日本ならではです。
Good commanderは王の器ですね。大統領が軍の命令権の最高位に立っていたりするアメリカならではです。

Good listenerである集が王になろうという事自体が、そもそも間違っていた事なのかも知れません。
なるほど、ギルティクラウンというマイナスイメージのタイトルになる訳です。罪の王冠とは、罪にまみれた王冠を戴きつつもしっかり前を見て進んでいく、とかそういうのではなくて、罪にまみれた王冠そのものだったのですね。

集はどうなってしまうのか
せっかくリーダーっぽくなったところ、いきなりこれですから、バッドエンドとかマジであり得るかも知れませんね。

もうこれ世間的に好感度上がらないような気がしてきたw
しかしまぁ、僕はギルクラ大好きなので、好感度を下げるとかそういう事はありません。なるべくしてなったというか、主人公がこうやってダークサイドにまみれていくの大好きなのでw

いい王さまではないかも知れないけど、「優しい王さま」である集に恋をしていたハレを失った事で悪い王さまになってしまう……というプロットはよくある流れですが、なかなか胸が痛みます。ハレの想いが純粋で綺麗なものだっただけに、壊れてしまった集を見るのは辛い。しかしこの辛さが面白い。

集はどうなってしまうのでしょうね。あとで次回予告を見に行きますが、やはり今後の流れとしては、EDのように一人ずつまた一人ずつ友達がいなくなっていくのでしょうか。初めて見た時から嫌な予感してたけど、まさか本当にそうなるんじゃ。
EDの通りならそこでいのりが手を差し伸べてくれるのですが、今回はいのりにも拒絶反応されちゃったからなぁ。まぁあんな目で迫られたら、ヴォイド出すんだって分かってても怖いですよね。

ハレちゃん退場
サブタイを見た時点でもうね、sacrificeとかね、「告白」がハレちゃんの事だとなかば分かっていただけに死ぬような気はしていましたけどね……

ただ、サクリファイス(犠牲)というのは、犬死とは違います。何かのために代償を払う事を犠牲というのであり、ハレちゃんが死ぬ事により、何か得るものがあるはずです。
それは、今後描かれる事でしょうね。集が改心とかする辺りでハレちゃんの気持ちが再びフィーチャーされるでしょう。じゃないとわざわざ副題にsacrificeって入れないはず。

集が落ち込んだ時に励ます役はいつもハレちゃんですが、今回の出番は本当に素晴らしかった。
少し躊躇って胸に抱き寄せるところとかね、もう表情が可愛すぎて撃沈ですよ。今回は前半の作画がちょっと顔が縦長になっていましたが、ここや後半の大事なところをガリガリ修正しまくっていたからでしょう。照れ顔や狂気の顔含め、表情がとてもよく描けていて素晴らしかったです。こういうのも神作画って言いますね。

APウィルスに感染して壊れてしまうという死に方がエグい。大量出血していましたから、傷口からウィルスが入り込んだのでしょう。APウィルスの感染力はとんでもないですから、ワクチンを摂取していても傷が開けば危険なのですね。
設定を活かした上手い死なせ方。こんな死に方をされたら、そりゃあ集だって必要以上のショックを受けます。せめて葬りたいものです。死体がないほど悲しい事はない。

その他
ツグミ「YOU、告っちゃいなYO!」
本当にこの子はいいキャラだ。えーと、この言い回しってジャニーさんが元ネタだったっけ?

ハードなお話でしたが、その分肌色成分もいっぱいでしたね。集と颯太が階段でバッタリの直後に風呂場が映されたからよもや男風呂かと思ったけど(まぁそれはそれで見てみたかったけど)、ちゃんと女湯で安心です。
ガールズトークを繰り広げるのもよかったですが、やっぱり一番よかったのは綾瀬を湯船に入れるところだよなぁ。みんなキャプ取ってるんだろうなぁ。僕も取ろうと思ったんだけど、時間がピンチなので断念。
綾瀬は足が不自由で、車椅子への乗り降りは自分でやるというポリシーがありますが、風呂はさすがに別ですよね。滑って頭打つ危険があるのでさすがに人にやってもらいます。合法的に女の子同士が触れ合う、何気に上手いシチュエーション。百合妄想をするなという方が拷問ですよね?

次回予告
サブタイは「王国 the tyrant」
tyrantは暴君って意味ですね。
次回予告によると、集は暴君として学園に君臨するようです。しかもどうやらOPで見せているマフラーの衣装を着ているぞ。あれって暴君集の衣装だったんだ……かっこいいからなんかショック……

どうやら何か事件が起き、それが集をどんどん追い詰めていくようです。
重い、重いぜ! 楽しみだ!
関連記事
-6 Comments
名前を入れてください ""
次回あたりに颯太が死にそうな気がするのは自分だけでしょうかw
後キャンサー化したのはボイドが壊されたからだと思ってましたが違うんですかね?
2012.02.04 01:23 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しさん"
わりと命を大事にしている作品ですので、そうポンポンを人が死ぬかなぁ。
次回予告でも「小さな」悲劇(だったっけ?)って言ってますし、人死にではないかと。
颯太はむしろ、ハレを直接死に追いやってしまった罪を背負う役として最後まで生きそうです。

>ボイドが壊されたからだと思ってましたが
そういやヴォイドが壊されたのは初めてでしたね。結局集は回復したから、わざわざヴォイドを壊したという事は、なるほどヴォイドが壊れるとキャンサー化するというのもありそうです。
でもキャンサー化はあくまでAPウィルスに感染した結果、ヴォイドは18歳以下なら誰でも持っているので、今のところ因果関係はまだ曖昧です。今の時点ではまだ「感染した」と考えるのが自然かなと。
2012.02.04 13:51 | URL | #- [edit]
名前を入れてください ""
なるほど。まあ個人的に颯太には今回の不手際みたいなものをどこかで挽回してほしいと思ってます。
このままではあまりにも颯太が可哀想(メタ的な視点で見ると)ですからw
2012.02.04 14:18 | URL | #- [edit]
権兵衛 ""
(゚ロ゚)ヤメロォォォォ!
ってなりました機関銃でハレが狙われた時

よくあるパターンですが、ハレがいい娘過ぎて辛いっす
集がダメな分余計…(・_・、)
ハレを庇った時の集は格好かったけど


罪の王冠は何でしょうかねー
僕は今回の話を見て他人の罪を背負うのが罪の王冠になるんじゃないかと思いました

や、ラストで思いっきり暴君宣言してましたが…
多分颯太を許すと思うんですよね
んで綾瀬の時みたいに君のせいじゃないとかなんとか・・・無理があるかな?
でもそんな感じが集らしい王の在り方かなーと

正直全く分からないのですが(゚∀゚)!

長文失礼しました
毎回読ませて貰ってます!
ありがとうございます
2012.02.04 21:26 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しさん"
それはありますね。颯太自身、自分の行動がハレの死を招いた事は重々分かっているようですから、何かしらあるでしょう。
その何かしらが、カタルシス溢れる活躍なのか、それとも死を以て償うのかは今後のシリアス度合い次第ですかね。前者であって欲しいものです。
2012.02.04 21:38 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">権兵衛さん"
>(゚ロ゚)ヤメロォォォォ!
なりますよねぇ。本人に当たらなくてよかったと思いきや、まぁそう都合よく生き残るはずもなく。

>ハレを庇った時の集は格好かったけど
この辺の判断力はさすがについていますよね。あの時点でそばに集もいたら、そもそも車を直させなかったでしょう。
ハレちゃんは本当にいい子でしたね。いのりは集に立場をしっかりさせるように言うなど少々厳しいヒロインですが、ハレちゃんは「優しい王さま」である集の全てを包み込む理想のようなヒロイン。集の弱さがあるからこそ引き立つヒロインでした。

>僕は今回の話を見て他人の罪を背負うのが罪の王冠になるんじゃないかと思いました
他人の罪を背負う、ですか。
真っ向から否定するようですが、僕はそうはならないかなぁと思います。
というのも、ヴォイドの性質からして、どうしたって罪は集に集約されてしまうからです。

>んで綾瀬の時みたいに君のせいじゃないとかなんとか・・・
これも、うーん、やはり無理があるんじゃないでしょうか。
綾瀬の場合は、実際に綾瀬のせいじゃなかったのですが(集のせいでもなかったけど)、颯太の場合はどうしようもなく颯太のせいなので。ここで許すようならそれは偽善にしかなりません。集の方もちゃんと向き合う必要があるけど、これは颯太が決着をつけるべき件に思えます。

>でもそんな感じが集らしい王の在り方かなーと
確かに、集らしいではありますね。人の意見をよく聞き、みんなをきちんとまとめられるリーダーには許す力も必要でしょうから。
ただ、今回の件を受けて僕は集には「王になろう」とするなら破滅の道しかない、と感じました。
集はGood listener → Good listenerは王の器ではない
集は優しい王さま → 優しい王さまは国をなくすのでいい王さまではない
という感じで。それでも王になろうとするならいい王さまにはなれず、つまりギルティクラウンを戴く。
いい王にはなれなくても、いいリーダーにはなれるはずなので、まぁまだ分かりませんけどね。あと7話あるはずなので、また新しい文脈が展開される事もあるでしょう。

>毎回読ませて貰ってます!
ありがとうございます!!
長文はむしろバッチコイです。
2012.02.04 21:57 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2866-d6fd6ac5
ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」
「僕が間違っていた、優しさなんて 何の意味も無い クズは区別しなくちゃならない、僕は王になる――!」 ヴォイドランク制を巡り決断を迫られる集! そんな中、悲劇が起こる…!    【第15話 あらすじ】...
ギルティクラウン 15話 「告白:sacrifice」 感想
サブタイトルがキテる……。いいねいいね面白いよこの展開。
ギルティクラウン 15 告白:sacrifice
 まさかこういう展開になるとは。
ギルティクラウン 15 「告白:sacrifice」
ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る   ワクチンが足りないので、高いボイドを持つ者を優先的にワクチンを配ると言う寒川谷尋。 ...
ギルティクラウン 第十五話 感想
土下座でいいか? 「ギルティクラウン」第十五話感想です。 ギルティクラウン 1000ピース 学園 1000-188(2011/12/10)エンスカイ商品詳細を見る
ギルティクラウン 第15話「告白 sacrifice」
集は きっといい王様になると思うな――。 思いもよらず生徒会長にされてしまった集。 谷尋の提唱するヴォイドランク制での差別には反対するが…。 ワクチンが不足が集に決断を迫らせる。 ▼ ギルティクラウン 第15話「告白 sacrifice」  同情は毒にしかなら...
ギルティクラウン 15話「告白:sacrifice」
祭ちゃん・・・ ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る
ギルティクラウン [GUILTY CROWN] 第15話 「告白 sacrifice」 感想
新世界の神になるとでも言うのかと思ったわw 冗談はさておき、ギルクラ・・まさに2クール目からが本番でしたな。 切らずにずっと見てきた甲斐がありましたよ・・
ギルティクラウン 15 告白:sacrifice  レビュー 
谷尋が提案してきた、全生徒をゲノムレゾナンス指数で A~Fランク分けし、その頂点に集が君臨する事… いわば、ヴォイドランク制だな ヴォイドの価値がその人間の価値になるという強烈な案に 集は戸惑いを隠せない。とりあえずは、その案は受け入れずに 集は新生徒会?...
ギルティクラウン GUILTY CROWN 第15話 感想「告白:sacrifice」
ギルティクラウンですが、閉鎖学園の王に祭りあげられた桜満集はボイド階級制は混乱しそうなので却下します。優しい集は非情になりきれませんが、祭が優しい王様の寓話をします。優しい王様は国民に土地や財産を気前よく分け与え過ぎて、国そのものが滅びてしまうという話...
ギルティクラウン 第15話 告白:sacrifice
大事なのはヴォイドの強弱ではなく、みんなのために働く事というスタンスの集。 一通りのヴォイドの調査こそ行いはしても、ヴォイドランク制は受け入れられず。 みんなを嫌な気分 ...
ギルティクラウン 第15話 感想
 ギルティクラウン  -GUILTY CROWN-  第15話 『告白 sacrifice』 感想  次のページへ
ギルティクラウン 第15話 「告白 sacrifice」 感想
ギルティクラウン 第15話 「告白 sacrifice」 感想 くずは区別しなくちゃいけない!やっと本編がはじまります!
ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」
後半戦に突入して、集が一皮剥けるのかなとか思ってたら、ズル剥けで真っ黒化したでござる。やばいよヤヴァいよ、今回無茶苦茶面白かったですよ。クオリティ自体は元々高いですし ...
ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」
ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」感想・・・・集が・・・・
ギルティクラウン 第15話 「告白 sacrifice」
レジスタンスから始まり二期を迎え 学園モノへと切り替わり明らかにパワーダウンしているギルティクラウン。 世界の命運をかけて争っているかと思いきや 生徒会長になるならないで一喜一憂とはこれいかに! なんだかんだ言いながら期待してみていますギルティクラ...
ギルティクラウン 15話
誰が彼女を殺したか。 やっぱり、Fランクの無謀な作戦のせい? それとも、決断を迷っていたシュウ君の責任? あるいは、ランク制を提案したシュガーさんが原因? いやいや、直接の死因は爆発なのだから、...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。