FC2ブログ

MENU
Another

Another #07「Sphere joint -変調-」 キャプ付き感想!

恒一くんの夢が想像力たくましすぎてこっちの夢にも出てきそう。

 
 
 
二人の時間は終わり?
今回先生が自殺してしまった事により、「現象」の被害者が出てしまって、いない者を二人にする対策は失敗に終わってしまいました。予想通りです。まぁ、物語的にもこんなところで上手く事が運ぶ訳ないんですけどね。この対策が失敗するであろう理由は前回と前々回で述べているので、お暇な方は是非。

という訳でもう無視している必要もなくなったので、恒一と鳴ちゃんは晴れていない者卒業です。
「心が痛かった」と言う勅使河原は本心でしょうね。恒一としゃべれて嬉しいに違いない。
鳴ちゃんが勅使河原と会話しているのを見るとすっごく新鮮ですね。こうやってクラスメイト同士会話を交わすのが至極普通の事で、こういう光景を見られるのはとてもいい事なのですが、「先生が死んでしまったから」こういう自然な形に戻ってしまった訳で、手放しで喜べないところがこの作品のすごいところですかね。

人の命を考えれば、このまま二人が無視され続ける方がよかったのですよね。いない者二人対策が上手く行って、人死にがストップして、そのまま何も起きずにみんな卒業して。
当の恒一と鳴ちゃんが思わず歯ぎしりしたくなるほど仲良しこよしなので、二人のメンタル面も心配する必要なし。心配するべきは、「くそぅあいつらイチャイチャしやがって」と心の中で怨嗟の声を上げるクラスメイトの嫉妬心のみ。

卒業式前日くらいに、前回恒一が妄想してみせた事を実際にやらかしてもよかったですね。んでもって書類上みんなが夜見山北中生ではなくなる4月1日、「てめぇあの時ふざけやがって! 笑いをこらえる俺たちの身にもなってみろ!」と勅使河原にどつかれる恒一の姿が。何故か赤沢さんが恒一と同じ東京の私立に進学、そこで巻き起こる鳴ちゃんと赤沢さんの仁義なき女の戦い、もといラブコメ。

うわぁぁぁぁぁそんな未来が見てぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

って思わせてくれるこの作品が好きです。ハッピーエンドよりはバッドエンドの方が遥かに簡単に想像できちゃうようなアニメだけど、でもハッピーエンドになって欲しいと心から思う。僕がキャラクターに感情移入しすぎなのかも知れませんが、そう思わせてくれる力があるんじゃないでしょうか。

まぁ、これからも死者は増えるだろうという事で恒一も鳴ちゃんもいない者お役御免となった訳ですが、それでも二人にはまだあの人形屋さん(名前忘れた)という二人だけの空間がありますからね。前までは鳴ちゃん出てくるとなんか怖かったけど、今は恒一と鳴ちゃんが二人だけでいるとすっげぇ安心する。このカップリング本当いい、オタク的想像力ではなくて、真剣にそう思えます。

おどかすのが好きな赤沢さん
勅使河原や望月くん同様、赤沢さんもとてもいい人なのでしょうけどね。いちいち悪意ある言葉を投げかけたり表情をしたりと恒一くんをビビらせるものだからこっちもビビります。ミステリアスかと思いきや実は結構なお茶目さんだった鳴ちゃんみたいに、赤沢さんもお茶目さんだったりして。人を困らせて「冗談よ冗談」とか言ってからかう感じ。今年が「ある年」じゃなかったら……

クラスメイトの中でも重要人物なのは疑いようもないのだけど、やはり特別に注目してしまいます。言ってしまえば、対策係である彼女の決断が状況を左右してしまう可能性がある訳で。恒一もいない者にしようという決断は赤沢さんが下しましたが、この決断をしていなければもしかしたら高林くんは死んでいなかったかも知れなかった。

恒一が1話の時に「卒業後は東京に戻る」という話をした時、「その手があったか」と言ったのは、たぶん夜見山を脱出する事でしょうね。在学中に。そうすれば「現象」の被害には遭いませんから。
でもそれ以来それ関係の話が持ち上がってこないのは、赤沢さんに正義感があって留まっているからか、「その手があったか」というのは現象とか関係なくて「東京に行くという進路もあるわね」的な事だったのか。まぁこの件はそこまで頑張って考える事でもないですかね。

今回少し恒一といい雰囲気だったので、ちょっとそういう展開も期待してしまったりね。恒一イケメンだし、いない者にしたのも「察してるよ」と許しちゃう包容力のある人だし、話合うようだし。まぁそういう展開になったら「やべぇ死亡フラグ立ってるよ!」とガクガクブルブルする作業が始まる訳ですが。

気になるカット
前回ほどではないけど、今回も絵作りが面白かったAnother。前回がすごすぎたというのはある。
絵作りじゃなくて、キャラ作画がやたらいい動きしてるなーと思ったら作画監督が谷口淳一郎でした。『おおきく振りかぶって』で大活躍だった人ですね。確か、二期で一人原画とかもやっていた気がする。P.A.にも来るんだ、と思ったら水島務監督つながりか。でもグロス請けは動画工房、と。アニメ制作の流れは未だによく分かりません。



Another 7話1

本当は惨劇を直接キャプろうと思ったんだけど、今回のグロ描写は谷口淳一郎が張り切り過ぎていつにも増して恐ろしかったので、怖くて取れませんでした。という訳で恒一の夢もキャプ取ってません。
代わりに生徒たちの恐怖する姿を。鉄面皮の赤沢さんもさすがにこの状況ではこういう顔をしますよねぇ。僕も視聴しながら似たような顔してたと思う。



Another 7話2

本気で怯える女生徒。逃げる生徒、へたり込む生徒、嘔吐する生徒、といろんな姿が描かれたけど、この子が一番印象に残りました。特に理由はない。
「ヒィィ、ヒィィ」っていう声優の演技が何気にすさまじかった。演技でこんな声が出せるとかプロってすごいわぁ。



Another 7話3

やたら強い主人公二人。鳴ちゃんはなんかそんな感じするからいいとして、恒一は本当にすげぇと思う。この人メンタル強すぎるよー!



Another 7話4

さすが赤沢さん、とりあえず逃げたあとは冷静な表情です。完全に怯えちゃってる綾野さんを慰めています。今回もいの一番に叫ぶ役だったし、ガラスも目の前に落ちてくるし、綾野さんってほんとそういう役割ばかりだよね。逆に最後まで生き残りそうだ。



Another 7話5

この四人が普通に会話していると、なんだか不思議な気分になります。上でも書いた通り、これ自体はいい事なんですけどね。
鳴ちゃんの距離だけ若干空いているのが気になったのですが、まぁ、これは元来の性格からくるものでしょう。特に演出的なものではないはず。



Another 7話6

何を頼めばいいのか分からない恒一をフォローして(?)「私と同じものを」と赤沢さんが言い、お姉さんは「あら?」と何かを察した様子。
今後そういう可能性があるとしても、今の時点で赤沢さんが恒一に気があるっていうのは、まぁおかしいですよねw 本当にフォローしただけ、もしくはコーヒーをオススメしただけでしょう。でもお姉さんがわざわざ勘違いしてくれたのでなんか面白い事になりそうな予感はある。



Another 7話7

そりゃあまぁ、もともとどーでもいい男に呼び出されて、しかもその男がおっさんくさいアロハ(かりゆし?)を着て現れたら恒一の隣に行きたくもなりますわ。望月くんも望月くんで洒落っ気ないし、お洒落してるのは赤沢さんと恒一だけか。いや、恒一のはお洒落というよりはただのよそ行きですけど。そもそも大事な話をしに来たのだからお洒落も何もないのですけど。

というか赤沢さんの私服可愛いなオイ。なんというか、パンツルックしか着ないイメージを抱いていました。そういや髪型もツインテールだもんね、お洒落には人一倍気を遣っているのかもね。もう少し可愛げがあったらモテそうだけど、まぁ「ある年」だからねぇ……



Another 7話8

私服ミニスカぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

メインヒロインは格が違った。赤沢さんは前座だったんや! メインヒロインの貫録はさすがや!
しかし鳴ちゃん、本当にお洒落しますねぇ。前回の私服も、可愛いブラウスに半ズボンという冒険的なコーデだったし。ただの何もない夏休みのある日だろうに。恒一から来るって連絡受けたあとにいそいそと着替えていたんだとしたらすげぇ萌えるんだけど、まぁそういうところを優しく描いてくれる作品ではない。



Another 7話9
Another 7話10

サッと振り向いてサッと近づいてサッと紙を渡す。動きに惚れた。なんだろう、照れ隠し? いや、ケータイは嫌いと言っているから、こういうのはさっさと済ませたい、という気持ちの表れかな。なんにせよ動きが可愛かった。なんかもう鳴ちゃんは何やっても可愛い。

一週間ほど家族で別荘に行くらしい鳴ちゃん、何かあったらと電話番号を渡してくれたという事は、やはり心を許してくれているのでしょうね、ある程度は。というか別荘あるんだ、すげぇ。お母さんとの関係がわりと冷めてるから家族旅行に行くというのも意外です。



Another 7話11

なななななななないすあんぐぅ!

仰瞰アングルだからおっぱいもいい感じに強調されているし、本当に素晴らしいカットでしたよ。突然走り出す鳴ちゃんもちょっと謎で可愛い。「自分が死者である可能性」を否定し切れない恒一を励まそうと思ったのかな?
これはChelさんも大歓喜だね。



Another 7話12

ケースに収まったらあまりにも人形らしい鳴ちゃんについつい最接近してしまった恒一。この触れるか触れないかの距離がいい。

鳴ちゃんは恒一に「榊原くんは死者じゃない」と言いますが、これはただの励ましでしょうか、それとも明確な根拠があるのでしょうか。
鳴ちゃんは前回、自分が死者ではない事を言っていましたが(恒一が何故分かるのか理由を聞いたらお母さんが登場して話がうやむやになった)、恒一が死者ではない事も本当に分かっているのだとしたら、消去法でクラスの誰が死者なのか分かりそうなものです。
考えられる可能性は、鳴ちゃんの言っている事が間違っているか、それとも我々視聴者にはまだ開示されていない、鳴ちゃんだから・恒一だからこそ死者ではないと断定できる何かしらの理由があるか。
後者だといいよね。



Another 7話13

次回予kうおおおおおおおおおおおおおおお!



Another 7話14

いったい何が始まろうというのです……?



Another 7話15

これはなんだ、手の大きさからして左の方は恒一で間違いないですかね。海に来てまでも二人で砂山とか! クソッ! お前らいい加減にしろよ! もっとやりやがれください!



…………おや?

Another 7話16

ふむ



Another 7話14

確かに紺碧だ。
関連記事
2 Comments
Chel ""
こんばんはです。

> これはChelさんも大歓喜だね。
ええ大歓喜でした(喜)。名前があがるほどにわたし「フトモモふともも」うるさいよねーと思いつつ、つい想いをキーにぶつけてしまうんですよね。今回はとくに可愛い鳴だし、しかもおっしゃるとおりに衣装もステキで。
でも最近の何かの記事で神酒原さんもわりとフトモモerでは、と思いましたがおっぱいと半々くらいかな。

> それとも明確な根拠があるのでしょうか。
わたしは例によって希望的妄想が勝手に頭を占有するのですが、構成として鳴がミステリアス→普通の子だった、という物足りなさみたいな感覚を一度味わったことで逆に何か秘密があると思えました。落として上げる、みたいな。
あと、鳴はこういう大事なことでは誇張や嘘は言わない子だと思ったのです。優しさや気遣いとはまた違う類だと思いました。何か見えるというのなら信じたい。
という思考回路です。

> 消去法でクラスの誰が死者なのか分かりそうなもの
これはすぐにわたしも思いました(汗)。でも鳴は眼帯を取らないし、何かあるのかもしれません。希望や思い込むチカラっておそろしい。
2012.02.22 19:36 | URL | #.FcHW4Jw [edit]
神酒原(みきはら) ">Chelさん"
>名前があがるほどにわたし「フトモモふともも」うるさいよねーと思いつつ
桜木さん落下のシーンでフトモモがよく見えるカットを載せてた時から「ここにフトモモの神がおる」と思っておりましたw
前回パンツルックだったのを惜しまれていたので、今回は絶対反応するだろうなと思って思わず名前を出してしまいました。案の定反応してたのでわらた。
アニメの女の子のどこを見るのかと聞かれたら、僕は断然フトモモですよ。おっぱいは形よく描かれていたら大きかろうが小さかろうが気にしないです。つまりフトモモer。いやでもこの単語は初めて聞いたw

>あと、鳴はこういう大事なことでは誇張や嘘は言わない子だと思ったのです。
ほほう、なるほどね。
走り出す前の鳴ちゃんの表情の動きが、明らかに恒一を励まそうとしているような感じに見えたので、彼を気遣ったという点はゆるぎないんじゃないかというのが一番大きい僕の考えです。
それに踏まえて、Chelさんの考えも足すと、やはり記事で言ったところの後者で、何かしら根拠があるのだと思います。前回、自分は死者ではないとも言っていますから、セリフに連続性もありますし。
今まで言わなかったのは、単に鳴ちゃんが自分からものを教えてあげる性格ではないから、と説明できますね。だから恒一が自分が死者である可能性を否定しきれないのを見て、教えてあげた、と。
でもそれだと死者が特定できてしまうはずなので、やはり鳴ちゃん自身、そして恒一だからこそ死者ではないと断定できる根拠がある。みたいな。
総じて、いい結果になるといいですけどねw
2012.02.23 22:48 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2892-fa08a2c9
Another 第7話
Another 第7話 『Sphere joint -変調-』  ≪あらすじ≫ 七月十三日。 何時死ぬか分からない恐怖に耐えきれず、真っ先に狂乱状態に陥ったのは担任の久保寺だった。自らが担任する三組のクラスメイト達の...
Another 7話
最前列の生徒かわいそす。 というわけで、 「Another」7話 リミットブレイクの巻。 なんだこの担任!?(驚愕) いくら限界だったからって、そんな見せつけるように逝かんでも。 この最期を、現象...
Another:7話感想
Anotherの感想です。 現象を止める次なる手段とは。
Another 第7話 感想「Sphere joint -変調-」
Anotherですが、担任が包丁を持ち出してそのまま死んでしまいます。生徒たちはものすごくショックを受けますが、陰惨すぎる展開です。 榊原恒一と見崎鳴はいないフリもしなくてよくなりますが、この町を脱出する人々も出ているそうです。(以下に続きます)
Another 第7話 「Sphere joint -変調-」 感想
泉美に気持ちが傾きかけたけれど、やっぱり鳴だと思い直しました。
Another・アナザー 第7話「Sphere joint -変調-」
Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)(2010/10/04)清原 紘商品詳細を見る  久保寺先生が暴走したとき、鳴が刺されてしまうのではないかとドキッときました。恒一が鳴と仲良くなったタイ...
「Another -アナザー」 第7話
「Another -アナザー」 第7話 気を病んだ担任教師が遂に包丁を取り出したので、ハテこれは生徒が襲われるのか ! と大いに心配しましたが、3組の災厄と母親の介護疲れとに板挟みになった担任教師の精神錯乱が引き起こした発作的「自刃」でした。 担任教師 ...
Another 7話
もう死者なんていないんじゃないかな!
Another アナザー 第7話 「Sphere joint -変調-」
開始早々 血の海だったり…(汗) この作品はホラーだったねと再確認; 久保寺先生は精神が限界に達し 教室に来て自殺って! 精神壊れた人が何をするかなんて予想つかないけど。 自殺にしたって ものす...
Another 【第07話】 感想
夜見山神社(二泊三日クラス合宿)
Another 7話 「Sphere joint -変調-」 感想
もう「現象」なんかほっぽって鳴ちゃんと赤沢さんと望月くんで榊原くん争奪戦やればいいよ。ってかやれよ!
Another 第7話 Sphere joint -変調-
包丁を取り出した久保寺。 錯乱したように教壇で包丁を振り回し、最後は自分の喉に突き刺して自殺。 みんなが取り乱しては教室から逃げ出す中、1人久保寺に近づいて行く恒一はや ...
2012年01クール 新作アニメ Another 第07話 雑感
[Another] ブログ村キーワード Another 第07話 「Sphere joint -変調-」 感想 #Another2012#ep07 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会す...
Another~第7話「Spherejoint<変調>」
 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきた3年3組は死に一番近いのろわれたクラスだった。第7話。場面1 @3年3組 教室  ものすごい表情で現れた久保寺...
■Another【第7話】Sphere joint -変調-
Another - アナザー #07の視聴感想です。 血飛沫。 阿鼻叫喚。 解除。 握手。 新情報。 電話番号。 手がね…身体が覚えている。 ↑さぁポチッとな
Another 第7話
「Sphere joint -変調-」 災厄は止まらない… 普通ならば起こり得ない状況での死ってこういうことなんでしょう… ちょww 久保寺先生www 生徒の前でまさか?の自殺(*゚д゚)ぇ....(゚д゚*)  尋常じゃないww あんなもん見せられたらどうにか...
Another 第07話 「Sphere joint -変調-」
最近読んだ推理小説は「仮面山荘殺人事件」なヨペチコです。 タイトルのセンスは好きですが中身は微妙でした。
該当の記事は見つかりませんでした。