MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another

Another #09「Body paint -連鎖-」 キャプ付き感想!

毎回そうだけど、鳴ちゃんの癒しパワーはとんでもないよね。

 
 
 
感想
今回の主な内容は、松永さんが残したヒントを基に現象を止める手立ての探索でした。
記憶の混迷がいちじるしいので、あれ以上の情報を引き出す事は難しいので自分たちで探すしかない……と。

次回予告でもあった落雷シーンが松永さんの回想でしたね。なかなかショッキングではありましたが、パッと見望月くんに見えていたので少し安心。出番多いキャラには特に死んで欲しくないよね。
桜木さんなどが登場するのも、恒一の夢の中だったようです。怖かったけど、少し安心。谷口淳一郎が作監した時ほどグロテスクじゃなかったのも救いでした。
しかし恒一くん、割とこういう夢見ますね。まぁこういう状況にいたら見ちゃうのも致し方ないところだけど、それにしては普段のメンタルの強さは異常。勅使河原にも冷静な突っ込みを入れるし、この精神力の強さがかっこいいです。阿部敦ってよくいいキャラに当たるよね。そろそろテイルズに出ないかなぁ。

勅使河原がやっちまったので、松永さんの残したメッセージの一番肝心な部分が聞けずじまいでした。という訳で、僕に考察できる事は何もないぜ。中尾くんが夜見山外で死亡した件についても千曳先生があっさり解決してくれちゃったし、こうなるとどう感想を書いていいやら分からなくなっちゃいますね。いや、普段も大した記事書けてないんですけどね。いつもキャプ頼りです。

という訳で9話までの全体的なお話をさせていただきたいのですが、僕はこのアニメ、今のところ今期で一番楽しんでいるのです。

放送開始前から、P.A.制作、水島務監督、石井百合子キャラデザ、という事で期待度は抜群に高かったです。特にP.A.と水島務の奏でる化学反応、キャラデザ総作監への初登板となる石井百合子の作画が楽しみでした。
3月現在、ブログのトップ画像をレコメンド(おすすめ)と称してAnother含む4つの作品をランダム表示していますが、これは放送が始まった頃に設置しました。確か1話くらいしか放送していませんでしたが、その時点でレコメンドと言うほど期待していたのです。

あの夏で待ってる、B★RS、ラグりん、偽物語、いぬぼく、などなど、今期も心をくすぐってやまない作品が目白押しですが、気がつけばAnotherを一番楽しみにしている自分がいました。一番見るのが嫌なアニメでもあるんですけどね。今回だって、EDに入るともう「次回なんて見ないんだから!」って気持ちになっていました。見ますけどね。
何気に、今期のアニメで感想記事を落としていないのはAnotherだけだったり。

原作がいいというのもあるのでしょうが、やはりアニメの演出が素晴らしい。キャラの演技が細かいのはP.A.の元々の持ち味として、それが水島務の手によって新しいながらも独特の味を出し、相変わらずの作画クオリティも目を楽しませてくれます。
そして最大の魅力は鳴ちゃんですね。殺伐とした雰囲気の中、彼女の一挙手一投足が我々視聴者に与える癒しのなんとありがたい事か!
彼女自身の魅力と作品の暗さがものすごいギャップを生み出し、僕の今期のマイベストキャラです。そういう人は多いんじゃないでしょうか。

恒一もとてもかっこいい。こちらは鳴ちゃんと違って、あまりそういう事を書いているブロガーはいないのですが、あのメンタルの強さはやはり感心に値すると思うのです。「仕方なかった事だから」とみんなに無視されたのもあっさり許す広い心を持っているし、それに理不尽な扱いを受けていると思ったら素直に怒るところもいい。現象に対しても、恐怖や気持ち悪さよりは怒りを感じているように見受けられます。
作画もとてもいいね。いとうのいぢのスタイリッシュなキャラ原案と石井百合子の目鼻立ちはっきりしたキャラデザがいい具合にイケメンに見せています。特に目を細めたり、角度がついたりするとかっこいい。

相変わらずネットサーフィンをしないので、Anotherが1クールなのか2クールなのかも分かりませんが、残りの話数も全力で楽しみたいと思います。大どんでん返しが楽しみだわぁ。

気になるカット
という訳でキャプを貼ります。こういう時はキャプ貼って楽しまないとね。↑では大した事書けなかったので、↓では大した事を書きたい。でも最初にこういう事を言っちゃうと結局書けないんですよね。



Another 9話1

杉浦さんをフォローするように肩を抱いて帰る赤沢さん。このシーンからして、やはり杉浦さんと中尾くんは付き合っていたんじゃないでしょうか。
気になるのはこの睨み。睨んでいるのは鳴ちゃんでした。まぁ赤沢さんとしては鳴ちゃんにいい感情はないでしょうが(4月に何か交流があった可能性はありますが)、悪い感情もまたないはず。アバンでは3組のクラスメイトの渡辺さんと佐藤さんが「あの転校生が話しかけなければ……」と今さらすぎる恨み言を言っていましたが、まぁ恒一が責められる事はあれ、鳴ちゃんが責められる道理はないですよね。何故鳴ちゃんを睨んだんだろう。

今回はこれ以降赤沢さんの出番はなし。次回、また何か明らかになるでしょうか。鳴ちゃんと赤沢さんの関係も知りたいな。



Another 9話2

葬式の帰りに公園へ寄る、相変わらず仲良しすぎる二人。もうお前ら付き合ってるよー!
恒一は何かを言いかけ、しかし憶測だったか、確かな事が分かってから言うと口を閉ざしました。何に気付いたのでしょうか。以前「自分が死者ではないという事を否定できない」という事がありましたが、それにまつわる事かな。あの時は鳴ちゃんが遠まわしに励ましてくれましたが。



Another 9話3

鳴ちゃん「あら偶然ね」

前回に引き続きご都合展開キター!
待ち合わせしてないのに美術室で偶然合流キター!
「家にいても仕方ないし絵でも描こうと思って」もっともらしい理由説明キター!

いやまぁ、鳴ちゃん美術部員なので何も不思議はないのですけどね。特にご都合という訳でもないんですけどね。
でも嬉しいですよね。まぁ合流するって分かってましたけど。

とまぁ、こんなもので喜んではいけないのでした。



Another 9話4

部室にいて欲しいとか恒一ってさりげなく優しふおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!



Another 9話5

ふととととととととととととととととととととttttttttttt



Another 9話6

立ち入り禁止の札になりたいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ



Another 9話7

chelさーん! ここに天国がありますよー!
きっと戻ってこられないよー!

まぁシーンとしては、BGMがおどろおどろしすぎて恐怖感がとてつもなかったのですけどね。なんか、新しい災厄の扉を開いてしまった、みたいなそんなBGMでした。この立ち入り禁止の札を超えたら何かが始まる……みたいな。
まぁ、実際そんな事はなかったですけどね。とりあえずフトモモ最高。そしてフトモモ最高。



Another 9話8

埃っぽいのでハンカチで口を押さえる鳴ちゃん。こんな細かいところでも女の子っぽいところがきちんと描写されてて感心します。トイレのシーンないかしら。僕あれなんです、手洗う時に女の子がハンカチを口にくわえる仕草がとてつもなく好きなのです。鳴ちゃんがそれやったらキュン死しそう。



Another 9話9

!!!!??(  Д )   ゜ ゜



Another 9話10

似合ってるよー!
鳴ちゃんそのコサージュよく似合ってるよー!

いやなんつーか、冗談抜きで似合ってるから困ります。鳴ちゃんの髪は黒が深くて、んでもって肌が病的と言えるまでに白いから白いコサージュがよく映える。眼帯ともバランスがいいのがなんとも言えません。
というかわざわざ着けてみる鳴ちゃんが可愛すぎますよほんと。そのコサージュも相当埃かぶってただろうに。私服がけっこうお洒落だから、こういうの見ると血が騒ぐのかしら。女の子だねー。



Another 9話11

鳴ちゃん危機一髪!
恒一がヒーローしすぎて辛い。かっこよすぎんよ……
このあと「ほら大丈夫」とおどけてみせる鳴ちゃんも可愛かったなぁ。「あなたがいるから大丈夫」って言っているものと拡大解釈して萌える事にします。



Another 9話12

本気で肝が冷えました。まぁこの近さだったら、なまじ頭に直撃しても死にはしないでしょうけど。
本当にびびらせるのが上手いアニメですね。このあと「びっくりした」では済まない出来事が起こる訳ですけどね。



Another 9話13

思わず横から傘を差してあげたくなりました。決して服が雨に濡れて妙にエロかったからキャプを取った訳じゃないですよ? 断じて違いますって。



Another 9話14

どうも夜見山を出る事にしたらしい綾野さん家。
まぁ、そうしますよね。実際には、仕事の都合などでそう簡単に引っ越せるものでもないので、引っ越したいけど引っ越せていない家族が多そうです。赤沢さん家とかきっとそう。

綾野さんと小椋さん、同じ演劇部で仲がいいようですが、その前の別れ際ではどうも微妙な雰囲気でした。
綾野さんとしては、引っ越す事になったんだけど、一足先に災厄から逃げるようで心苦しい。特に、親友を置いていってしまうのが。
小椋さんとしては、夜見山から逃げるのは当然の事だと理解はしつつも、親友の微妙な気持ちが理解できるからどうも接しづらい。ついでに、やっぱり少し羨ましい気持ちもあって、「羨ましい」と感じる事が後ろめたい。

こんな感じでしょうか。
嫌ですねぇ……



Another 9話15
Another 9話16

おっさあああああああああああああああああん!
サイドブレーキはちゃんと引き上げろおおおおおおお!
というか仕事中にタバコ買うなああああああああああああ!
むしろ健康に悪いからタバコ吸うなあああああああああああああ!
いっそその仕事やめちまえええええええええええええええええええええ!



Another 9話17

勅使河原の隠れ場所にわろた。まぁでも確かに見付かりづらい場所ではありますよねw



Another 9話18

ぱにくったとはいえ、何故引っ張ったし。
公式サイトのあらすじによると、次回ちゃんと望月くんが直してくるようです。意外と機械関係強いのかも知れない。この時代に機械に強いと、今以上に重宝されそうですが。



Another 9話19

以前タンクローリーが横を通った時も言い知れぬ威圧感がありましたが、こんな峠のカーブで対向車が来るとさらに怖いですね。もう少し山道だったらクラクション鳴らしながら通るレベル。



Another 9話20

心臓を突き破ったワンカット。嫌な予感しかしなかったんだよぉぉぉぉ!
もうこのアニメやだぁぁぁぁぁ!



Another 9話21

夜見山を脱出するはずの綾野さん一家が死んでしまうという、皮肉に満ちた展開です。満足に逃げる事もできないのか……
綾野さんはいつも恐怖する係だったから、生き残ると思ってたんだけどなぁ。
もう誰が死ぬか本当に分かりません。次回赤沢さんが死んでも不思議はないよね……



Another 9話22

この光景は悲惨すぎる……

災厄から逃げるために引っ越しを決めた友達と別れて雨に濡れながらちょっとアンニュイな気分で家に帰ったら家にショベルカーが突き刺さっていたってばよ。
小椋さん可愛いから死ななくてよかったー、とかぬるい事を考えてる場合じゃねぇ。

ここでまた僕のいらない妄想力が火を噴く訳ですよ。
犠牲になったのは小椋兄ですが、少し前に映ったカットではどうもネトゲ廃人のような感じでした。完全にニートですね。もしかしたら高校を中退した、とかいらない過去を持っているかも知れない。
そんな駄目兄ですが、小椋さんが現場を発見した時につぶやいたセリフは「兄貴……!」でした。この駄目兄にしては、わりと親密な関係を匂わせる反応です。「兄貴」という呼び方は、「貴」という文字が入る通りある程度の親密のこもった敬称ですからね。
という事は、だ。ニートで駄目な兄貴だけど、仲はいい。小椋さんはきっとあれです、「早く仕事探しなよ」とか言いつつも「仕方ないなぁ、私がいないと駄目なんだから」といちいち世話を焼いちゃう妹なのです。

うひょーだとしたら萌えるわー!
とか思っていたら、もしそうだとすると余計に小椋さんの心の傷は深くなってしまうではないですか。痛すぎるよオイ……



Another 9話23

この人は毎回次回予告で度肝を抜かせてくれますねw
Anotherの次回予告は、前から恒一の夢のシーンを積極的に取り入れるなどと「騙し」が多いですから、これはきっと過去回想のシーンなんじゃないかと予想。ほぼ間違いなく、赤沢さんは二年前に現象で兄貴を亡くしていますからね。その時のお話かも知れない。

とはいえ、ガチ泣きする赤沢さんは新鮮。不謹慎だとは思いつつも、ちょっとそそる。
関連記事
-4 Comments
Chel ""
> きっと戻ってこられないよー!
もうすでに……(汗)

という訳でこんばんはです。
今回もまた呪いの怖さを思い知らされた回でした。しかも可愛い子で、さらに行間でドラマも感じられてしまったら余計に…ですよね。記事を読んでいてそう思いました。

たぶん1クール作品だと思うので、来週くらいからいよいよ大詰めになるのかなぁ。たしかに続きがすごく楽しみになるアニメですよね。

泉美の号泣にそそられるのは完全同意です( ̄▽ ̄*)。気持ちの強そうな子だからとくに…。
何となくこのことと恒一との握手は同じ延長線上かなと思いました。お互いに呪いで「同じ思い」をした、というか何と言うかごにょごにょ…で。という妄想です。
2012.03.11 18:51 | URL | #.FcHW4Jw [edit]
神酒原(みきはら) ">Chelさん"
なんかいつもいつも引っ張り出しているみたいですみませんw
こーいうシーンを見るともうChelさんを思い出さずを得なくて。

こんばんはこんばんは。
さりげなく行間を読ませるのも上手いですよね。原作小説ではもしかしたらそこそこ詳細に説明されているところを、上手く映像の落とし込んでいる印象です。気付かなくても十分ストーリーを楽しめますが、あれこれ考えた方がより深く楽しめますね。

やはり1クールですかね。次回の日本語タイトルが「漆黒」なので、一気に動いてくるかは分かりませんが、とりあえずいつも通りの嫌な予感はビシバシしますw

>気持ちの強そうな子だからとくに…。
そうそう。心の強い子の心が折れる瞬間とか、見ていて辛いのだけど、その反面背徳感があったりね。
まぁでもやっぱり赤沢さんがそうそう泣くとも思えないので、やはり2年前かなと。制服も冬服ですし。
たぶんというかほぼ間違いなく、恒一と赤沢さんってその時に会ってますよね。その時の様子が判明すれば、謎もだいぶ解けそうですが。
2012.03.11 22:32 | URL | #- [edit]
tara "旧校舎探検中の鳴ちゃんは最高でしたv"
原作読者の立場から書かせて頂きますと…

スタッフの方々は原作を丁寧に読み込んで下さってるなぁと毎回感じます(^^)
行間を“読ませる”だけでなく“埋める”手際も鮮やかで、原作では描写の少ないクラスメイト達にも光が当てられて(なおかつ個性的・魅力的なキャラとして描かれて)いることには感激です…
プロット面も、ここまで少なからず追加されているアニメオリジナルの要素は今のところ全て効果的に決まっていると思います(特に、ご都合主義を駆使した鳴ちゃんの出番増はグッジョブ!)

神酒原さんの感想を読んで「成程そういう見方もあるのか」と感じたのが、恒一のメンタルの強さについてです。
原作では(恒一の一人称で書かれていることもあって)もう少し内面で動揺する描写もあったりするのですが、アニメはその点が割とドライなので「冷たいヤツだ」的な感想も目にしたり…
でも、彼が根の図太いホラー少年だという大枠に違いはないので(いない者扱いにされても慌てず騒がず妄想に耽る、というくだりは原作にもありますw)、主人公としてキャラを立たせようと意図的にその辺を強調してるのかも知れませんね。

9話の内容とあまり関係ない話題で長々とスミマセン;
Anotherのアニメが褒めちぎられているのを読んで、何となく嬉しくなってしまいました(関係ないくせに^^;;)
2012.03.12 22:18 | URL | #QjVRRFoQ [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
旧校舎探検中の鳴ちゃん、最高でしたね。
どこかのブログで、「なんという不真面目」という感想を見ました。なるほど不真面目でした。そういや鳴ちゃんは「いない者なら真面目に学校行くのもなぁ」と言わんばかりに不良生徒なのでした。このアバウトさがステキ。

>スタッフの方々は原作を丁寧に読み込んで下さってるなぁと毎回感じます(^^)
原作既読のブロガーも何人かいますが、みなさん口をそろえてそう言いますね。既読者から見てもよくできている、しかもこんなミステリーものがよくできているとなるとやはり「すごい」と言う他ないところですね。
クラスメイトの描写は、やはり増えているのですね。そんな感じはしていました。赤沢さんが中尾くんや杉浦さんとよく一緒にいるところなんかは、文章では表現しづらいだろうなぁと。公式サイトの座席表の消し方はひどいですがw

>原作では(恒一の一人称で書かれていることもあって)もう少し内面で動揺する描写もあったりするのですが、アニメはその点が割とドライなので「冷たいヤツだ」的な感想も目にしたり…
アニメではモノローグを避けていますから、内心で考えている事はまず出てこないですね。そこをどうにか表現したのが、二回に渡る夢の内容だったと思います。普段は毅然としているように見える恒一も、やはり恐怖しているんだというのが分かる描写ですね。映像が怖すぎてやめて欲しいレベルでしたけどもw
「人が死んだのにやたら冷静だ」という意見なども散見されますね。でもこれについては、常に気を張っていないといけない状況で、むしろ取り乱す方が「メンタル弱すぎ」となるので、あまり注目すべきポイントではないと思っています。
意図的に強調しているのかも知れない、というのは納得。

>Anotherのアニメが褒めちぎられているのを読んで、何となく嬉しくなってしまいました(関係ないくせに^^;;)
はははw
好きな原作のアニメが褒められてると99%の人は嬉しいものですよ。
Anotherはほめちぎられるべきアニメだと思っておりますのでb
2012.03.13 14:29 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2908-d3e9f4b3
■Another【第9話】Body paint -連鎖-
Another - アナザー #09の視聴感想です。 死因。 旧校舎。 探索。 告白。 事故。 理不尽な災いに苦しめられるであろう後輩達に―― ↑さぁポチッとな
Another 第9話
Another 第9話 『Body paint -連鎖-』 ≪あらすじ≫ 隣町の狭波町で起きてしまった級友・中尾の事故死。夜見山市外で起こった事故に一同は動揺を隠せなかったが、葬儀の帰り道に千曳は知り合いの刑事に訊...
Another 9話
メガネちゃん再登場おめでぎゃー! というわけで、 「Another」9話 美術室で待ってるの巻。 直接の死因は脳挫傷、ね。 条件そのものを疑う必要が出てきたかなと思いきや、 今回の事件は範囲内に収...
2012年01クール 新作アニメ Another 第09話 雑感
[Another] ブログ村キーワード Another 第09話 「Body paint-連鎖-」 感想 #Another2012#ep09 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する...
Another 9話 「Body paint -連鎖-」 感想
鳴ちゃんに萌え殺されるううううううぅぅ!
Another 第09話 感想 惨劇を止める手がかりはお預け
第09話 「Body paint -連鎖-」夜見山市外はやっぱり圏外?先週、夜見山市外で死亡した中尾くんですが、彼は自宅で階段から落ちてそのまま来たようでした。そこで、頭を打ってた可能性が高いようです。地曳先生が聞いた話だと、スクリューに巻き込まれた時点では死亡してた可
Another 9話
相変わらずだけれども、とにかく作りが丁寧。
Another 第9話 「Body paint -連鎖-」 感想
可愛い子がまた…。
Another:9話感想
Anotherの感想です。 結論→傘は危険なモノ
「Another アナザー」 第9話
「Another アナザー」 第9話 2012/03/07 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 小型船舶のスクリューに巻き込まれての「轢死」だと思われた「中尾」でしたが、その死には意外な事実が。 実は彼の直接の死因は階段からの転落が ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。