FC2ブログ

MENU
あの夏で待ってる

あの夏で待ってる 第十二話(最終回)「あの夏で待ってる。」 感想!

デジモンテイマーズみたいだなぁ……と思ってたら少し違ったw

 
 
 
感想
これは面白いラスト。
なんつーか、感動するとか、ほっこりするとか、そういう感想ももちろんあるんだけど、「面白い」という感想が一番しっくりきます。
つまりこれ、ラストにつながるまでのプロットが面白いという事ですかね。

地球は開発レベルがFという事ですが、僕は以前から不思議に思っていました。Fという事は最低ランクという事なのでしょうが、地球ってそんなに低いかなぁ……と。
だって、宇宙への進出は果たしているのですよ? 恒星間航行はできませんが、辺境惑星とは言え、Eくらいはあるんじゃないかなと。
まぁ作品的にもさして問題にすべき事柄じゃないので、特に気にはしていませんでしたが、今回で納得がいきました。

そういや地球、開発レベルがFという事で原生住民への接触が禁止されているんでしたね。
これは、不用意に接触して文明の進化に妙な亀裂を入れないためなのでしょう。スケールは違うけど、人間が自然に干渉するようなものでしょうか。人間が干渉する事によってさまざまな種が絶滅している、もしくはしかかっていますが、不必要に干渉しなければそんな事にはならなかったはずでした。

さらに、開発レベルの判定として重要なのは恒星間航行ができるかどうかのようです。地球はまだそのレベルへは遥かに達していないので、そもそもまともな調査がされない。そして、まともな調査をしない以上、とりあえずの調査をしていても、実際にどこまで技術レベルが上がっているかは分からないでしょう。だからFなのですね。

何故わざわざこんな事を書いたのかというと、もちろん檸檬先輩が持ってきたトランスフォーマーが無人救助機と互角の戦いをしていたからw
救助機ですから、戦闘機能はあくまでおまけでしょうが、開発レベルFの惑星の技術で対抗できる事がそもそもおかしいのです。
でも、たぶん銀河連邦?は地球の開発レベルを低く見ている。外宇宙へは行けなくても、地球人は自らの星を滅ぼせる兵器はすでに作っているのです。

という訳で檸檬先輩の正体については驚愕の一言。
そしてエピローグの流れが面白い。MIBはどうやら、イチカたちが乗ってきた宇宙船を(たぶん現物をゲットして)複製しようとしているようですね。
りのんが特別顧問やっているのが面白い。単純に笑えるし、これは開発がぐんぐん進むw

最後の文化祭は数年後ですか。DNC48というパロディが見えたので、少なくとも2010年付近かな。
イチカにボリビア土産を着せる演出がニクい。檸檬先輩とりのんのおかげで、開発レベルが上がったのでしょうね。あっさりレベルが上がったという事は、やはり僕の考え通り地球の開発レベルはもともとFを飛び越えていたはず。海人たちがイチカの星に行けるとは思えないので(技術的に可能になっても地球の制度的に無理のはず)、開発レベルが上がった途端にイチカがまたやって来たのでしょう。

ラストカットを見る前まで、僕は『デジモンテイマーズ』を思い出していました。
あれは、どんな理由だったかはよく覚えていないのですが、最後にパートナーデジモンたちはデジタルワールドに帰らなければならなくなりました。子どもたちとデジモンたちはもう会えない……という感じになる、はずでしたが、主人公・タカトが以前デジタルワールドへ向かった時に使った穴を何気なく見に行くと、そこには……というラストでした。実際に何があったのかは明確に描写されていませんが、タカトが満面の笑顔になった事から、デジタルワールドへつながる穴がまだあったのだろうという事が分かります。

もう二度と会えない感じだけど、きっとこの後また出会えたんだね……と思わせてくれる作劇としてなつまちとテイマーズが似ていると思っていたのですが、なつまちはさらに先輩が再び地球に来たところまでさりげなく描いてくれました。
どちらかというと『ちゅーぶら!!』パターン?
ほっこりします。いいですね、単純に離別してお涙エンドになるより、しっかり希望も見える終わり方で。

ハッピーエンドで後味スッキリな訳ですが、お涙ちょうだい展開もしっかり用意しているのはさすがと言えますかね。みんなで頑張って頑張って追跡を振り切って、ついにあの場所を見つけて……でも、先人の残した証拠は残っていなくて。
結局はシールドが外されて、連れて行かれてしまう。
どうでもいいけどあの救助ポッド怖い。なんで中からは外が全部透けて見えるの?w

あの夏で待ってる。
どうにもピンと来ないタイトルでしたが、「あの夏」とは楽しくて濃密な時間を過ごしたこの夏の事を指して「みんなで過ごす楽しい時間」を表していたのですね。
だから、あの夏で待ってる。またあの夏のような素晴らしい時を過ごせる日を待ってる。

とてもいい終わりでした。
『あの花』のような、心の奥から突き抜ける感動はありませんでしたが、このくらいのほっこり感、「よかったね」と思える等身大感がこのアニメには似合います。とてもいい塩梅。

今回の絵コンテは長井龍雪と二瓶勇一。A、Bパートで分かれているでしょうか。二瓶勇一はなつまちで大活躍でしたね。
演出にアイマスの錦織敦史が入っているのが面白い。記憶が正しければ今回が初参加のはず。錦織敦史が次何作るのかも楽しみだなぁ。

総評
長井龍雪監督作品という事で否応なく楽しみにしていたのですが、期待を裏切らない大満足の出来でした。
ストーリーも面白かったけど、やはり演出が際立つなぁ。演出の面白さは『ブラック★ロックシューター』と並んで今期ダントツでした。やはり長井龍雪の演出力・統率力はとんでもない。各話の演出家もそれぞれ素晴らしい働きをしてくれました。特に絵コンテ登板回数最多の二瓶勇一の活躍は目を見張ります。今後J.C.を背負って立つ存在やでぇ。

キャラクターとしては、柑菜ちゃんが大人気でしたね。僕も大好きです。捨て台詞残して走り去る姿が似合いすぎて悲しいです。
放送前に公式サイト見に行った時、柑菜ちゃんがすぐ目に留まったのですよね。これは僕好みだなぁと。
しかしなんか、あまりにも好みにヒットしすぎて悔しかったので、僕はこいつを好きにならないぞ!と心に決めたものでした。なんかスタッフに乗せられている気がして。
しかし負けました。1話の時点で好きになってしまいました。ハヤブサの速度でフォーリンラヴでした。
長井龍雪にはどうやっても勝てないと悟った瞬間でしたよ。もちろん黒田洋介、田中将賀もですけどね。彼らすげぇよ。特に長井・田中のツーカーはもう敵なしだよ。

あまり多くは語らない事にしましょう。このアニメは各話感想でこそ言いたい事が言える。あまりまとめて書くのに向いてない気がします。少なくとも僕は。

最後に。
樹下が最後にチラッと出てきてくれて嬉しかったぜ。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2921-ce6f99d0
あの夏で待ってる:12話感想&総括
あの夏で待ってるの感想です。 あの夏の「様々」な思い出。
あの夏で待ってる 第12話(終)
関連リンクhttp://www.ichika-ichika.com/第12話 あの夏で待ってる。ハイエースパネェw檸檬何者wというわけでいよいよラストです。攻撃されたハイエースだがりのんエアバックのおかげで助かるその後檸檬も囮として逃げることにって檸檬ホント何者wハイエースがト...
あの夏で待ってる 最終回「あの夏で待ってる。」
あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]「あの夏を忘れない」 ついに、今期の中でも1、2番を争う作品の終幕です。
「あの夏で待ってる」 第12話
「あの夏で待ってる」 第12話 執拗に救助ポットが追ってきますが、突然哲朗「姉」のダンナが現れるなど仲間達のフォローで次々に撃退、「海人」と「イチカ」は目的地に向けて・・・・・。 車内イチャイチャとかもあってやっと「あの場所」に辿り着けた「海人」と ...
あの夏で待ってる 12話(最終回)
おかえり、先輩! というわけで、 「あの夏で待ってる」12話(最終回) 夏は巡るの巻。 保護シートが、まるでヴェールみたいだ。 許されざる愛の逃避行、青春やねぇ。 自責の念に苛まれる、花嫁さ...
あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」(最終回) 感想
『あの夏で待ってる』、最終話です。檸檬先輩…(^^;
『あの夏で待ってる』#12「あの夏で待ってる。」(最終回)
「僕はカメラを回し続ける。 フィルムに焼き付けたあの夏を…その続きを───」 イチカが地球に残るには、地球が開発レベルFであるとの考えを覆すものが必要。 イチカの中にあるイメージの場所に、 かつて地球人と宇宙人が接触した形跡があることに賭けて、走り出...
あの夏で待ってる 第12話「あの夏で待ってる。」
僕達は あの夏を 忘れない――。  車も転倒し 檸檬先輩まで囮になり逃げることに。 謎の先輩カッコイイw  そして支援に現れたのはMIB!? マジで檸檬はエージェントだった(笑) ▼ あの夏で待...
あの夏で待ってる 第12話・最終回 感想「あの夏で待ってる。」
あの夏で待ってるですが、仲間たちの助けを借り、貴月イチカと霧島海人の逃避行は続きます。 北原美桜は石垣哲郎とバイク横乗りと役得ですが、谷川柑菜や山乃檸檬も身を挺して二人を逃がします。 先輩と海人は思い出の聖地に行き着きますが、そこは先輩の記憶の世界...
あの夏で待ってる 第十二話 感想
ずっと好きでいてね 「あの夏で待ってる」第十二話感想です。 あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray](2012/03/23)戸松遥、島崎信長 他商品詳細を見る
あの夏で待ってる 12話
尊き、青春の一ページ。
あの夏で待ってる 第12話 あの夏で待ってる。
車も転倒し、檸檬やエミカ、りのんの助けもあって目的地へ。 檸檬はMIBのエージェントで、真奈美の夫である小倉 聡も… なんてトンデモ設定。 確かにこの場所には宇宙人が来た事が ...
あの夏で待ってる 第12話 『あの夏で待ってる。.』 感想
なかなか、小粋なエンディングだったと思いますね。 あの夏で待ってる 第12話 『あの夏で待ってる。.』 のレビューです。
あの夏で待ってる 最終回12話「あの夏で待ってる。」
あの夏を忘れない―。
あの夏で待ってる 第12話(終)
第12話『あの夏で待ってる』あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]今回は・・・ついに最終回です。イチカはどうなっちゃうのでしょうか?
あの夏で待ってる #12 「あの夏で待ってる。」 (終)
檸檬先輩の正体が明らかに!?「あの夏で待ってる」の最終話。 イチカ達を乗せて逃げる檸檬、しかし見えない相手にぶつけてしまい横転。 りのんがエアバッグとなってくれて特にケガもなく車を降りて、イチ...
あの夏で待ってる 第12話(終) 『あの夏で待ってる。』
先輩のいうことを聞きなさい!最後の砦となってイチカたちを逃がす檸檬先輩。見た目はちっちゃいけど頼りになりますね。こけた車がロボットに完全変形した。ああ、本当に大丈夫そう。 更に黒服まで応援に駆けつけてくる。そこには「MIB」の文字が。フィクションに見せかけ...
あの夏で待ってる 第12話(最終話) 「あの夏で待ってる。」 感想
あー、こういうオチになるのか。 詳しくは描かれませんでしたが、結局あの後でイチカさんが帰ってきた、と。 そういった細かい部分については視聴者のご想像におまかせします、ってことなのかな? そらまあ、りのんが置いて行かれてたし、取り返しに来るわな・・ ...
あの夏で待ってる~12話感想~
「あの夏で待ってる。」 檸檬先輩と共に宇宙の追っ手から逃げるイチカ達。 逃げる途中のピンチはエミカからの助けがあった。 何とか逃れ、あの場所へと向かう。 ずっとこのままでいれたらとイチカは願っていた。 必死に戦う檸檬先輩。 ?...
アニメ感想 あの夏で待ってる 最終話「あの夏で待ってる。」 
「皆さん応援ありがとうどざいました」
あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」
忘れないよ。忘れられるわけない...  先週、ペーパードライバーと思われる檸檬先輩の荒っぽい運転で、壁に激突して横転した魔改造ハイエース。普通なら無事だと思えない ...
あの夏で待ってる 第12話 あの夏で待ってる。
あの夏で待ってる 最終話。 海人とイチカの一夏の恋の行方は・・・。 以下感想
あの夏で待ってる 第12話「あの夏で待ってる。」(最終回) レビュー・感想
あの夏を忘れない・・・ 記憶に刻まれたあの場所を求めて走り出すイチカと海人。その願いを叶えようと奔走する仲間たち。二人の恋物語、そして映画の完成の行方は・・・? 檸檬先 ...
2012年01クール 新作アニメ あの夏で待ってる 第12話 雑感
[あの夏で待ってる] ブログ村キーワード あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」 感想 #Ichika2012 #ep12 ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮っていたが、突然光り...
あの夏で待ってる 第12話(最終話) 「あの夏で待ってる。」 感想
あの夏で待ってる 第12話(最終話) 「あの夏で待ってる。」 感想 あの夏の終わり。
あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」 感想
あの夏を忘れない―
あの夏で待ってる 第12話「あの夏で待ってる。」・・・檸檬がアクションで大活躍、りのんはMIBの特別顧問に・・・ってをい?!
みずほ先生“永遠の17歳”さんが声をあてていた古の来訪宇宙人は悲恋に終わったけれど、イチカは(1年後か2年後か・・・おそらく2年後の夏かな?)めでたく海人と再会できたというハッピーエンド。別離の時とは反対に再会の部分は自主映画の短いラストシーンを使うという?...
あの夏で待ってる 【最終話】 (第12話) 感想
「あの夏で待ってる。」
あの夏で待ってる 第12話感想~檸檬がもっていった最終回~
第12話「あの夏で待ってる。」
該当の記事は見つかりませんでした。