FC2ブログ

MENU
アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」 感想!

これは典型的ながらもいいラノベアニメ。

 
 
 
前回の感想を回っての雑感
前回、感想ブログを回ってみたところ思うところが少しあったので、今回の感想を書く前にちょろんと書いておきます。できるだけ手短に。

気になった一つ目は、感想記事に「専門用語」という言葉が多く見られた事。
第1話であまり好評でなかった点に、「専門用語の説明がなかった」というものがありました。少し分かりづらいとみなさん感じたようで。
別に「いやいやおかしいだろ」と思う訳ではなく、僕は純粋に不思議になりました。というのも、僕は第1話で専門用語を聞いた記憶がなかったのです。

何故だろうと考え、答えが出ました。僕は英語学習者、横文字に対しては水準以上の知識を持っています(自慢ではなくて、学習者としてそうでなくては困るという感じ)。
そしてこの『アクセル・ワールド』、みなさんが専門用語と言っている言葉の数々、わりとただの英語なのですよね。もっと言えば和製英語、さらに言えば創作英語。余談ですが、「ブログ(blog)」なんかも創作英語です。

ニューロリンカー。ブレインバースト。グローバルネットワーク。ダイレクトリンク。こんなところでしょうか。
グローバルネットワークはまぁ分かりやすいとして、ニューロリンカーも字面で意味がだいたい分かります。ニューロン=神経、リンカー=接続端末。英語として考えると「ン」を省略するのはあり得ないですが、まぁさしたる問題ではありません。
ダイレクトリンクもなんとなくで分かりますね。
この中では一番厄介そうなブレインバーストも、やはりなんとなくで分かるんじゃないでしょうか。バーストとは「破裂する、爆発する」の意味の動詞ですが、この意味が分からなくても「速くなる」という説明があるので、なんとなく脳の処理をどうにかしているんだなというのが分かるはずです。

専門用語というのは、『とある魔術の禁書目録』の必要悪の教会(ネセサリウス)だとか、『灼眼のシャナ』の封絶だとか、そういうのを指すんじゃないでしょうか。アクセルワールドの用語は、字面でなんとなくの意味が分かるので、少し考えてみれば特に説明はいらないはずです。まぁあるに越した事はないのでしょうけど、これはアニメですからね、必要でないセリフはカットしちゃっていいでしょう。

何が言いたいのかというと、前回の感想、主に既読者と思われるブロガーさんたちから「未読者に不親切」という評価が下されていました。しかし、未読者の一人である僕はまったく不親切には思いませんでしたし、他の未読者のブロガーたちもさほど不自由しているようには見えませんでした。
つまり、けっこうアニメって既読者が思ってるほど不親切には作られていないのです。

もう一つ気になった事。ハルユキについて、ハルユキがチユのサンドイッチをぶちまけてしまったシーンに対して、「クソ主人公」という意見を書いているブロガーがいました。一人だけかなぁと思ったら、僕が確認できただけで二人。

僕は人より食事に対してよく考えているつもりで、中学生時代から数えて出された料理を残した事はありません。そこから転じて、アニメ(やドラマ)でよく登場人物が落ち込んでいる事を表現するのに「もう(ごはん)いらない」と言って食事を残して自室などへ去っていくシーンがありますが、こういうシーンを嫌悪しています。いやいや食えよと。これは作り手が食事を軽んじて考えているものだと僕は考えていて、常々嘆いています。落ち込んでいるのを表現するなら他にもいっぱい方法はあるというのに。

だけど、前回のハルユキをして「クズ」だとか責めるのは筋違いです。
一つ、そもそもハルユキはわざとぶちまけた訳じゃない。
一つ、チユの方も少し強引な、言ってしまえば有難迷惑な優しさだった。
一つ、謝れなかった事を後悔している。
一つ、そのあと謝れる機会があったとして、頭では分かっていても人間というのはなかなかこういう話題を切り出せないもの。

まぁ結局はハルユキが悪いんですが、この行為を「クズ」と言うのは、さすがに言い過ぎというもの。もう少しキャラの心情に立って物語を見るべきだと僕は思います。

感想
少し長くなりすぎましたね。さて今回の感想です。

いやぁなるほど、1話と2話で第1話、といった感じの内容でした。ハルユキがどうにかして初戦を勝利で収める過程がもう素晴らしくて、燃えまくりましたよ。非常に分かりやすくて、ともすれば子ども騙し的とも言えますが、世界観が独特な分、これくらいシンプルな方が頭使わず楽しめるというものです。

前回も書いたのですけど、やはり音響演出がよすぎる。今回は特に、メリハリのつけ方が抜群に上手かったです。
今回説明シーンがありましたが、夕焼け色が綺麗だったというだけで、このシーンは特筆する事がないのですよね。「なるほど理解した」という言葉しか出てこなくて、アニメとしては致命的とも言えるくらいあまり面白味のないシーンだった。

しかしこれも、メリハリのメリをつけるためでした。
学校を出て、加速し、アッシュローラーを探すところでかかるかっこいいBGM。いやぁこれはテンションが突き上がる。不意打ちのライダーキック(しかもライダー相手に)が見事に決まって気持ちもよく、この緩急のつけ方は本当に面白いです。ちょっと『モーレツ宇宙海賊』の緩急と似てますかね。

そのあとの作戦も、まぁ「ズコー」という感じではありましたが、面白かったです。黒雪さんの分析は正しかったし、確かに初心者であるハルユキにとって、ヒット&アウェイは基本戦術。不意打ちを決めたらひたすら逃げろ。

しかしそこで思いもしない事が起こるのが少年漫画的熱さですよね。アッシュローラーは朝の戦闘でレベルアップしていたという誤算のせいで、逃げ回るのが困難な状況に。
唯一の頼みの頭突きも命中しない。
さぁどうする。

後輪を上げて動きを止めるとは、これはなかなかいいアイディアですね。ターンする時の遠心力を耐えきれば、あとは減速したバイクを持ち上げてジ・エンド。怒った本体が無謀にも飛び出してきたところを、外しようのない至近距離から頭突きで迎撃する。
ハルユキの「勝った」というドヤ顔が清々しかったです。いやぁ、お手本のような、それでいて大変面白い本当のデビュー戦でした。

バトルもよかったけど、やはり黒雪さんがいい味出しています。
つまるところ、私が彼に告白して、彼が私を振ったのだ、でしたっけ。同学年らしき子が「この殿方」とすげぇ物腰柔らかなのも面白さを引き立てています。
あと、加速世界でさりげなくハルユキを見守っていましたが、年相応の爽やかなノースリーブワンピース(しかしブラック)を着ていましたね。可愛いからいいんだけど、何故その姿だったんだろう。まぁ可愛いからいいけど。

初勝利を挙げて祝杯にでも洒落込むか、といったところでお邪魔虫幼馴染チユリさん登場。加速世界では活躍できても現実世界ではやはりダメダメなハルユキは見ているしかなく、勃発する女の戦い……
もう爆発すればいいのに。
しかしまぁ、黒雪さんが「綺麗」を追求したデザインなのに対して、チユは「可愛らしさ」重視ですね。いい住み分けです。これぞ正しいヒロインアニメ。

今回、EDが公開されました。待ちに待ちましたよ!
絵コンテは小原監督。OPより好きです。OPもかっこいいけど、椛島洋介のOPは基本的にせわしないw

曲はKOTOKOの「→unfinished→」、意味は「まだ終わっていない」ですね。have not finishedを一語に縮めた感じでしょうか。
とにかく素晴らしかった! 期待以上の曲でしたよ。八木沼悟志のサウンドは相変わらず僕好みすぎるし、KOTOKOの歌声もやはり素晴らしい。KOTOKOが作詞という事で、詞にも期待大です。今度じっくり聞くとしよう。

追記:
今回の感想をある程度回ると、「不意打ちで蹴り飛ばした時にそのままフルボッコにすればよかったんじゃね」というツッコミがたくさんありました。いやいやそれは違う、とは思ったもののスルーするつもりでいたのですが、刹那的虹色世界の月詠さんが追記で反論を書かれていたので、それに便乗します。

一つ目は春雪が精神的にそこまでの余裕がなかったこと。
四つ目は春雪は黒雪姫が与えてくれた指示(作戦)通りに動くことを前提としていたため、追撃と言う発想そのものがなかったこと。


月詠さんが「それは違うんじゃない」と思った理由のうち二つ。これについて、四つ目を細く補足したいと思います。

ハルユキに関しては四つ目の理由でそのまま逃げたという事でいいでしょうが、さて仮にそのままフルボッコしようとした場合、ストレートで勝つ事ができたか。
これはまずできないでしょう。アッシュ・ローラーは強さのポイント?をすべてバイクにつぎ込んでいて本体は弱い、という事でしたが、ここにおける弱いとは、ハルユキの頭突きが非常に使い勝手の悪い技であるのと同じです。あの頭突きは大変当てにくいですが(恐らく現実世界で普通に頭突きするより当てにくい)、当たればとてつもないダメージを与えられますね。そういう、あくまで「設定上の弱さ」。
アッシュ・ローラーは単純にハルユキよりレベルが高く、そして好戦的。単純な白兵戦を仕掛けて、ハルユキが勝てる訳がありません。当たれば強いこっちの攻撃は当たらず、当たっても特に痛くはない相手の攻撃をちまちまと受け続けて負けていたでしょう。このゲームはボタンを押せばキャラが動くゲームとは違い、あくまで自分自身の体で戦っている訳ですから。
最後に頭突きを当てて勝てたのは、相手の冷静さを欠かせる事に成功したから。飛んで火にいる夏の虫に頭突きを当てるのは簡単です。逆に、不意打ちで蹴り飛ばしたあとにさらに襲うとなるとイーブンからの戦いとなり、頭突きはおろかパンチの一つも当たるまい。

つぶやき
コナン見に行ってきまーす。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
4 Comments
tara ""
1話2話と観ました。
ストーリーの方はまだ先行きが見えない感じですが、バトルと会話のテンポは見応え十分…
ちなみに原作は未読で予備知識ゼロですが、不親切さは全く感じませんね(^^)

1話のサンドイッチぶち撒けシーン、個人的には「ハルユキこの野郎!」よりも「チユ可哀想…」でしたね。
まぁ、怒りの矛先をハルユキに向けたくなる気持ちも解らないではないですが…(理屈というより感情の問題だと思うので^^;)
それと、食事を粗末にする演出に嫌悪というくだりには激しく共感です。
そういう時は「この後○○が美味しく戴きました」と勝手に脳内補完することにしてます。つまり今回はチユが…(ぇ)

あと、ライダーキック決まった後のハルユキの行動について「折角のチャンスなのでは?」という疑問は確かに感じました。
具体的には、バイクの方をどうにか(乗り逃げ?)する作戦もあり得たのでは…とか(^^;)
でも冷静に考えればあの作戦が一番シンプルで確実なんですよね(バイクが壁を走るというイレギュラーさえ無ければ…)
あそこは作戦を伝授した黒雪姫が驚く描写があったりすると作戦失敗のカタルシスが一層増したかも…と思ったりもします。
(というか、「それでいい。そのままタイムアップまd…なっ!壁を垂直走行だと!?」みたいに慌てる姫様が見たかったw)

追伸的にP.A.作品鑑賞の進捗なども。

予定を変更というわけではないですが、ニコニコ動画で『CANAAN』の1~3話が無料配信されてたので視聴しました。(お試しで1話だけのつもりだったんですが、気がつくと3話とも…^^;)
原作知らないので話はまだ解らない部分もありますが、アクションがとにかく凄いので否が応でも惹きつけられますね(^^)
特に2話のカーチェイスは大迫力…タクシーの運ちゃんのキャラも相まって、ハリウッド映画を見てる気分でしたw
そんなわけで、『CANAAN』を『true tears』より先に見るかもです(^^)
(4話以降も順次配信されるみたいですが、これはTV画面で観ないと勿体無い気が…)

長々と失礼しました;
次は『氷菓』感想がUPされる頃にお邪魔するつもりですw
(ちなみに前回コメントの視聴予定は神酒原さんとかぶる所だけピックアップしました^^;)
2012.04.18 18:35 | URL | #eCugUo2k [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>ちなみに原作は未読で予備知識ゼロですが、不親切さは全く感じませんね(^^)
おー、やっぱりそうですよね。常日頃から、原作付きアニメ、特に小説(ラノベ)原作のアニメについて、既読者が言うほど不親切に作られている訳ではない……というのを感じていましたが、『アクセル・ワールド』ではそれを強く感じた次第でした。直接共感者がいてくれると心強いです^^

>個人的には「ハルユキこの野郎!」よりも「チユ可哀想…」でしたね。
いやぁ、全くその通りだと思いますよ。このシーンは(悪いとは言えるだろうけれども)ハルユキにとってはどうしようもない結果だったので、我々の感情はチユに向くべき。チユ可哀想、と。サンドイッチを拾おうとする後ろ姿が哀愁を誘いますよね。
ハルユキに怒るのも、間違ってはいないですね。しょうがないとは言え、また、まだガキだとは言え、悪いことは悪いですから。ただまぁ、クズとか言うのは言い過ぎだよね、という話でした。

>それと、食事を粗末にする演出に嫌悪というくだりには激しく共感です。
はは、その脳内補完はいいw
余談ですが、なんのアニメだったか、「食欲ないからあげる」と他の人に食事を譲ることで落ち込みを表現するシーンがありました。こういう描写ならちゃんと食事が誰かの胃袋に入ったことが分かるので、気持ちがいいです。

>具体的には、バイクの方をどうにか(乗り逃げ?)する作戦もあり得たのでは…とか(^^;)
すでに納得されているtaraさんにわざわざ言うのもどうかとは思いましたが、言いたいので一応言ってしまうと、乗り逃げはあり得ないですね。ハルユキくんは15歳。バイクの免許は取れない!
ちなみに壊す手はもっと下策。「本体の方が弱い」って言ってるのに、強い方のバイクが壊せる訳ないですからね。

>あそこは作戦を伝授した黒雪姫が驚く描写があったりすると作戦失敗のカタルシスが一層増したかも…と思ったりもします。
おお、それは考え付いてなかった。確かにその通りです。
ただまぁ、理由は見当がつきます。たぶん作劇的には、この時点ではあらゆる点において黒雪さんの「弱み」的な部分を見せたくはないのでしょう。劣等感の説明のくだりで、彼女にも人には言いたくない弱みがあるのは誰の目にも明らかで、またこの事が今後どこかで焦点になっていくのも明々白々ですから。導入の部分では、例え黒雪さんの作戦が誤算により潰れたのだとしても、彼女自身がうろたえるところは描きたくないところなんじゃないかと。

>追伸的にP.A.作品鑑賞の進捗なども。
ほうほう、結局『CANAAN』からになりましたか。アクションを楽しみたいならこっち、というオススメ文句でしたので、『true tears』より先になってもさほどの問題はないですね。
ストーリー(というよりはテーマの掘り下げ)が難解なので、アクションで惹きつけられる勢いそのままに画面を注視して視聴することをオススメしておきます。
かくいう僕もつい最近『CANAAN』を見返したところですが、特にタクシーのシーンは確かにハリウッド的なんですよねw ドシリアスなシーンで人を食ったような会話劇を繰り広げるところがね。

>次は『氷菓』感想がUPされる頃にお邪魔するつもりですw
長いのはかまへんのですよー。むしろ短い方が「こんなものか……」ってなってしまうという。いえ、絶対にたくさん書けということではないですw
次のコメント、お待ちしております。そういやそろそろ『氷菓』が始まりますね。すげぇ緊張してきた。
視聴予定はそんなカラクリだったのかw
2012.04.19 00:10 | URL | #- [edit]
tara "長いのはOKとのコトなので遠慮なくw"
視聴は3話まで進んでますが、コメントはこちらに…
3話の内容についてよりも神酒原さんから頂いたレスの方に反応したい部分が多かったので、こちらでまとめてという形で失礼します。
(後から読む人の目に触れる可能性も考えて、3話の中身には極力触れないよう気をつけますので…)

>小説(ラノベ)原作のアニメ
神酒原さんも挙げておられる『禁書目録』(特に2期)や『シャナ』(特に3期)は若干不親切と思わないでもないです(用語の…というより設定の説明不足、という意味で;)
『境界線上のホライゾン』に至っては、原作読者のまとめサイトの参照なしでは理解が追いつきませんでしたw
(…なんて書くと語弊があるかもですが、3作とも大好きです^^;)

ちなみに今回、「バックドア」はググりましたw

>サンドイッチぶち撒け
3話でフォローが入って良かったです(^^)

にしても、あの直結は……
絵的に大変いかがわしくて素敵でしたw

>バイク乗り逃げ
この辺はブレインバースト世界(というか仮想ネットワーク内)の現実感の無さ、というのもあると思うんですよね。
つまり、ゲーム空間のマシンなんだから誰でも乗りこなせるんじゃないか(と無意識に思ってしまう)と…

バイクの壁面走行にあまり衝撃を感じなかった(少なくともハルユキほどは)というのも、多分同じ理由で…
仮想空間ならではの何でもあり感とゲームゆえの制約というかルールみたいなものが今後どう表現されて行くのか、個人的には注目してます(^^)

(ちなみにですが、現実世界なら「バイクのキーを抜いて逃走」が一番確実ですよねw)

>黒雪姫の「弱み」は見せない方針
演出上の理由ということですね。非常に納得が行きました(^^)
確かにハルユキの目を通して見る黒雪さんって、めちゃくちゃカッコイイですもんね…

3話では少し掘り下げもありましたが(うっかりな面も少しだけw)、この先どんな風に黒雪さんを見せてくれるのか楽しみにしてます(^^)

>エトセトラ
P.A.作品鑑賞はその後進んでません;
1ヶ月ほどすると若干まとまった時間ができる予定なので、そこで一気に…と考えてます。

あと、『氷菓』の方はオンエア待ちです(^^;)
2012.04.24 23:09 | URL | #8o4PWP2c [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
あいあいよー、長いコメ待ってましたw

>神酒原さんも挙げておられる『禁書目録』(特に2期)や『シャナ』(特に3期)は若干不親切と思わないでもないです(用語の…というより設定の説明不足、という意味で;)
うん、まったくもってその通りですw
ただまぁ、シャナの三期はわざと説明をやらなかったところがあります。説明すると冗長になる+いいところを見せられない、ということで制作スタッフが下した結論は「かっこいいところだけとことん見せちゃえ」。だからシャナ三期の楽しみ方は、理解するところには1%もありませんでした。何やってるのかよく分からんけど何やらかっこいい。こんな感じ。
もしかしたら禁書二期もそんな感じだったのかもだけど、なまじ既読者だったので、「説明していないところ」が見えてしまって不親切だなぁと感じていました。これは既読者独特の感性ですね。
ホライゾンは見てないっす。見てないって言ったらいろんな人にもったいないと言われるw

>ちなみに今回、「バックドア」はググりましたw
IT用語とは知らず、作品の専門用語だと思っていたので、ググりませんでしたw

>3話でフォローが入って良かったです(^^)
ええほんとに。
この作品は間接的なエロティシズムに溢れていますね。パンチラはもう古いんだと思わせてくれます。

>つまり、ゲーム空間のマシンなんだから誰でも乗りこなせるんじゃないか(と無意識に思ってしまう)と…
この辺は感受性、視聴者のアンテナの受信領域によって左右されると思うんですけど、一応その辺の説明は本編でされていましたよ。
1話で見せたダイレクトリンクがまさしく「自分の手足の感覚で動いている」ということを示していますし、2話ではブレイン・バーストは痛覚すら再現していることが分かります。
つまり、ゲーム空間の視聴者への理解促進は行われているのです。ただ、実際に我々の生きている現代にこの技術があるわけじゃないので、どうしても伝わりにくいですね。この辺は映像コンテンツの限界だと思うので、視聴者の方が積極的に理解する方が、結果的には建設的なんじゃないかと僕は思っています。

>(ちなみにですが、現実世界なら「バイクのキーを抜いて逃走」が一番確実ですよねw)
うお、これは考えてなかったw

でもこれも否定できちゃいます。
ハルユキは「走行中の」アッシュ・ローラーを蹴り飛ばしたので、バイクは慣性の力に従ってアッシュ・ローラー本人よりも遠くへ飛んでいくはず。となると、バイクを壊すのは先にも言った通り言語道断ですが、キーを抜きに行くにも、アッシュ・ローラーとの時間勝負になってしまう。スタートダッシュが近い分バイクに辿り着けはするでしょうが、さらにキーを抜く時間と抜いてから走り出す時間がかかる分、分のいい賭けとは言えません。
それよりは、遠くに飛んでいくバイクをアッシュ・ローラーが取りに行く間に逃げてしまえ、という作戦でしたね。

>確かにハルユキの目を通して見る黒雪さんって、めちゃくちゃカッコイイですもんね…
そうそう^^
我々としても、まだ最初のうちはかっこいい黒雪さんを見ていたいですもの。まぁ少しうろたえるくらいなら問題はないはずですが、そこすら見せたくないという作り手の気持ちは理解できるところ、ということですね。

>(うっかりな面も少しだけw)
このうっかりも上手かったですね。うっかり学園用のアバターを使ってしまったわけですが、二年も封印していたらそりゃあ誰だってああなる。
うっかりには違いないけど、これはしょうがないよねと思えるレベル。いい塩梅でした。

>1ヶ月ほどすると若干まとまった時間ができる予定なので、そこで一気に…と考えてます。
僕はわりと過去作をレンタルして見まくるのですが、あまり「いついつ見よう」と考えない方がいいかもですよ。僕はそう考えると逆に時間がなくなってしまう。
まぁ、人には人のやりやすいスケジュール管理がありますからね。強くは口出ししません^^

>あと、『氷菓』の方はオンエア待ちです(^^;)
オンエア待ちの人にここで何か言うのもアレなので何も言わないことにしますw
2012.04.25 00:05 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2929-2e5bfd05
アクセル・ワールド 第02話
関連リンクhttp://www.accel-world.net/WikiPage#2 Transformation;変移シルバークロウとして加速世界に入った春雪しかし現われたアッシュ・ローラーに…まるで格闘ゲームだと思ったら本当に格闘ゲ
アクセル・ワールド 第2話 『Transformation;変移』 感想
設定の説明が多かったのですが、それでもすごく面白かったですね。 アクセル・ワールド 第2話 『Transformation;変移』 のレビューです。
アクセル・ワールド 第2話
アクセル・ワールド 第2話 『Transformation ; 変移』 ≪あらすじ≫ 自分の学校の美人副会長・黒雪姫から《ブレインバースト》というプログラムを受け取り、1秒を1000倍へ加速させた世
アクセル・ワールド 第2話 感想「Transformation;変移」
アクセル・ワールドですが、有田春雪は黒雪姫の協力をえてネット世界で戦うことになります。それぞれ有利な点と弱点がありますが、弱点をうまくつけば勝つことも可能です。 春雪は
アクセル・ワールド #02 「Transformation;変移」
彼らを戦場へ誘うものは…  どうも、管理人です。例のごとく朝が弱いので、残り時間が若干心もとないなどと。ここからは時間との対決ですかね。 黒雪姫:「まずは対戦の仕方...
アクセル・ワールド 第02話 『Transformation;変移』
リアルが舞台の格闘ゲーム。春雪も言ってますが、1000倍加速とかすごいプログラム作っといてやることは格ゲー。技術の無駄遣いにしか聞こえませんね。これを作った人物にはやはり違
アクセル・ワールド 第2話 「Transformation;変移」
おーれとのあいをまもるためー! ということで今週も世紀末でヒャッハーな展開全開w 詳しい世界観の説明は前回入らなかったけど今回も無くもう完全に飛ばすようでそれは見た雰囲気...
アクセルワールド2話「Transformation;変移」感想
黒雪姫(センパイ)の忠告があったが ハルはうっかりグローバル接続をしてしまい 家を出たとたんASH ROLLERとの対戦が始まってしまい あっけなく負けるw ラウンジで黒雪姫からバース
アクセル・ワールド 第2話 「Transformation;変移」
そして お前はギガアンラッキー!  うっかりグローバル接続したハルは アッシュローラーとの対戦に巻き込まれ。 あっさりバーストポイントを狩られてしまいました(^^;  ブ...
アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」 レビュー・感想
これが本当のデビュー戦だ、シルバー・クロウ。グッド・ラック!―たとえ自分が信じられなくてもあの人の言葉なら信じられる― 怯えながらも戦いに赴く春雪、バーストリンカーと ...
アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」
ハルユキにインストールされた「ブレインバースト」は3D格闘ゲームのようですね、それにしてもここまでリアルだと現実よりもこの世界に魅了されそうですよね、きっとハルユキもこれ
アクセル・ワールド:2話感想
アクセル・ワールドの感想です。 相性とかもあるんだね、まさにゲームっぽい。
『アクセル・ワールド』#2「Transformation;変移」
「たとえ自分が信じられなくても、 あの人の言葉なら信じられる!!」 黒雪姫に誘われ、《加速世界》なるものを体験したハルユキ。 グローバルネットに接続しないよう釘をさされ
アクセル・ワールド 第02話 感想
 アクセル・ワールド  第02話 『Transformation;変移』 感想  次のページへ
アクセル・ワールド 第2話 「Transformation;変移」 感想
劣等感を振り払え―
アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」 感想
せめてそのくらいでなきゃあの人の駒にすらなれない! 劣等感が生みだしたデュエルアバターは己の弱さを体現しているものでもある。 精神の弱さを克服しようと立ち向かう時にその
いつもここから【アニメ アクセルワールド #2】
アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray](2012/07/25)三澤紗千香、梶裕貴 他商品詳細を見る アニメ アクセル・ワールド  第2話 Transformation;変遷 いじめられっ子な主人公ハルユ
アクセル・ワールド 第2話 「Transformation;変移」
アクセル・ワールド 第2話 「Transformation;変移」 感想です 格ゲーなの?
アクセル・ワールド 2話「面白さが加速する作品。メインヒロインと幼馴染の衝突もアリ」(感想)
アクセルワールドはカッコイイ作品。 見た目はダメな春雪が黒雪姫と出会い 違う世界でヒーローになっていく作品なのでしょう。 サンライズらしい娯楽性とカッコ良さを重視し ヒ
アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」
アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)『あの人の駒にすらなれない!』 制作:サンライズ 監督:小原正和 有田春雪:梶裕貴 黒雪姫:三澤紗千香 倉嶋千百合:豊崎愛生...
アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」
「今の僕はデブで虐められっこの有田春雪じゃない  バーストリンカーシルバー・クロウだ!」 ブレインバーストの初めてのバトル! シルバークロウvsアッシュローラー! 黒雪姫にネッ...
アクセル・ワールド 2話 『Transformation;変移』
アクセル・ワールド第2話は主にブレインバーストプログラムの説明回、そしてハルユキの事実上のデビュー戦となりました。
アクセル・ワールド #2 Transformation;変移
アクセル・ワールド 第2話。 ハルユキのアバター「シルバー・クロウ」のデビュー戦。 以下感想
アクセル・ワールド #2
【Transformation;変移】 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]出演:三澤紗千香ワーナー・ホーム・ビデオ(2012-07-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 先輩は僕を地獄から救い出 ...
アクセル・ワールド 2話「Transformation;変移」
デュエルアバターは自身の劣等感が生み出したもの。 アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)(2012/04/10)川原 礫商品詳細を見る
アクセル・ワールド 第2話 Transformation;変移
何が何だか分からないうちにアッシュ・ローラーと戦闘となり、当然のように敗北する春雪。 黒雪姫からは約束を守らないからと言われますが、説明の手間は省け… 「ブレイン・バ ...
アクセル・ワールド 2話 「Transformation;変移」 感想
えー、あのアバターかっこいいじゃんかよー。
アクセル・ワールド 第2話 【Transformation;変移】 感想
グローバルリンクをオンにした途端に別世界へ? どこだここは!? 世紀末的にバイクに乗ってハルに戦いを挑んでキマシタワー ブレインバーストをインストールしたあと、ONにし
アクセル・ワールド 第2話 「Transformation;変移」 感想
「勝てるわけねぇぇぇぇ」 ですよねーーーーーーw ―あらすじ― 2046年、ニューロリンカーという携帯端末を用いることで生活の多くが仮想ネットワーク上で行われるようになった
アクセル・ワールド 第2話
第2話『Transformation;変移』アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]今回は・・・ブレインバーストのことが分かりました。
アクセル・ワールド 第2話「Transformation;変移」
くのりんってば腰が低い代わりに頼まれたら嫌と言えない押しの弱い人だって噂で聞いたことはありますけど、だからって ギャアアアアアシャベッタアアア――――― すんませんホン
アクセル・ワールド #2「Transformation;変...
先輩の期待に応えたい!どんなにあがいても、どんなに見苦しくても!!!「Transformation;変移」あらすじは公式からです。初対戦で訳も分からず敗北を喫してしまったハルユキ。黒雪姫...
2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第02話 雑感
[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第02話 「Transformation;変移」 #AccelWorld2012 #ep02 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲ
アクセル・ワールド 第02章 「ATransformation;変移」
大門ダヨ ブレイン・バースト・・・ 他にも色々な奴いるな~バーチャロンみたいのがw
突如のブレインバーストの世界へダイブしたド素人のハルユキのデビュー戦!!もはや、後戻り不可能ですぞ!!! アクセルワールド 第2話『Transformation:変移』
 学校に到着するまでは、  絶対にグローバル接続禁止!  黒雪姫からそう忠告されていたハルユキ。  だが、身内との成り行きから、ついグローバル接続をやってもうた。  その
アクセル・ワールド 2話
2話 アクセル・ワールド 「Transformation;変移」 ハルユキはあっさり負けてしまった。 それはユキヒメからの約束を 破ってしまったせいで自業自得だ 加速世界で負けると、 バー
該当の記事は見つかりませんでした。