FC2ブログ

MENU
アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」 感想!

誰しもハリーのようには上手くいかない。

 
 
 
3人の関係
幼馴染み男女3人組で、主人公以外が恋仲と言えば思い出されるのは『ハリー・ポッター』です。いや、少なくとも僕は。
まぁ、各々の性格を考えると別段相通じるものがあるというわけでもないのですけどね。

ハリー、ロン、ハーマイオニーはすごいです。何がすごいかって、ロンとハーマイオニーが恋仲になっても特に動じることのないハリーもすごいですが、その状態でも3人が大親友のままでいられるというところがね。最終巻、クライマックスが全て終わったあとのハリーの行動が3人の絆をよく表しています(映画では若干カット)。とはいっても、こいつらときどき大喧嘩するのですけどね。

えーと、チユとタクが恋仲だというのは確定でいいのかな?
最初はハルユキが被害妄想的な思考回路で勝手に二人を恋仲だと判断しているのかなぁ、とも思っていたのですが、チユの反応を見るにどうもそういうことではないようです。直結は恋人同士がするもの、という1話でのハルユキの言及がここに来て活きてきましたね。地味に上手い。

となると、前回まで僕が考えていた以上に、ハルユキにとって今の状態はきつい。
1話で3人一緒に歩くシーンがありましたが、あの時のハルユキの明るい口調はいくらかは空元気だろうと思ってはいたものの、二人が恋仲だとすると、ハルユキの劣等感は計り知れません。
ただでさえハルユキは自分に自信がない。黒雪先輩の方はああも分かりやすく踏み込んでくるのに、素でバックステップでかわしてしまうほど。
そして、人の劣等感、はたまた優越感というものは、比較対象を得ると途端に激しさを増すのですよね。

ハルユキが自分で言った通り、タクはかっこいい。チユは可愛い。そんな二人と一緒にいるだけで、ハルユキにとっては苦しいものがあるでしょう。
しかしその程度なら、「一緒にいる辛さ」<「一緒にいる楽しさ」という図式になるはず。辛いけど、でも一緒にいると楽しいから。そういう前向き思考ができるはずです。
だが、タクとチユは恋仲。こうなると厄介ですね。↑の図式の不等号が反転してしまうのは言うまでもない。

チユの方はどうでしょう。
チユはタクと付き合っているということですが、それとは別に、3人一緒でずっと親友……という考えもずっと抱き続けているようです。
女性は男性に比べて器用なもので、複数の作業を同時にできると言われますね。余談になりますが、これは生物学的に根拠があります。文明が生まれる前、人々は狩猟や採集をして生きていましたが、狩猟は男の仕事。獲物一つに集中しなければなりません。反対に、採集は女の仕事。集落の別の女と情報交換などをしますから、同時にいろいろなことをします。これが遺伝として残り、女性は男性に比べて器用なのだと言えます。

だからと言うには少し弱いかもですが、ハルユキは二人が恋仲になった途端、「親友」という見方ができなくなったのでしょう。反対にチユは、タクと恋仲になったところで、ハルユキも含めて3人が「親友」であることには変わりがないと考えることができる。
そこに、サンドイッチ事件でのすれ違いがあったのですね。チユは今までと変わらず、ハルユキの力になれると考えていたわけです。

まぁでもこの件に関しては、それほど大きな問題ではないはず。ようは「意識のすれ違い」が起きたのが問題なのだから、すれ違いを解消するには、話せばいいのです。チユはハルユキが中学に入ってそっけなくなったと言います。お互いの考えていることを、腹を割って話す機会がなかったのですね。
奇しくも、今回その機会を得ました。
二人の関係を見たとき、改善するべきところがあるとすれば、ハルユキの方にあると僕は考えます。だって、二人は二人とも「仲よくしていたい」と考えているわけでしょ? チユはその気持ちに正直になっているだけ、逃げているのはハルユキの方。

だから、チユが心の内をハルユキに明かしたのはとてもよかったと思います。多少強引にハルユキの心に近づいた感じになりましたが、まぁハルユキに対しては少しくらい強引な方が正解です。皮肉なことに、黒雪先輩がその前例を作ってくれてるw
とにかくいいシーンでした。僕は感動しましたよ。ただ一つ残念なのは、まぁ、サブタイ通りハルユキの第一目的がInvestigationだったことですねw
そして、こうやって探索しにきた以上、何も見つからないなんて甘い展開はないわけで。せっかくの感動を野暮が塗り替えてしまいました。
まぁこれはこれで面白い、これにてハルユキとチユの関係は再びこじれるでしょうから、どう修復していくのかが楽しみになってきます。

ちなみに、タクの方はどうでしょうか。
そもそも出番が少ない上に、心理描写がゼロ。「あまり気楽に言わないでくれよ」と、少し不穏なセリフが聞こえるので、見た目通りと考えるのはよくないですね。
↑の比較ではないですが、ハルユキが抱いているのが劣等感だとしたら、タクが抱いているのは優越感だったりして。そうだとすると、シンプルですが面白い構図です。
ただまぁ、「気楽に言わないでくれよ」というのは表面だけ受け取ると劣等感の表れ。
今の時点で二人の関係を考察できるとしたら、こうなるんじゃないでしょうか。

ハルユキはタクに劣等感を抱いていますが、それ以前に、タクをいい友達だと考えています。この二つが重なると、生まれる感情は「期待」。自分にできないことをタクにやってもらいたいのでしょう。友達のことを自分のことのように喜ぶ、と言えば聞こえはいいですが、ハルユキの場合は自分への慰みが混じっていますね。
タクの方はというと、たぶん自分の実力はちゃんと把握しているのでしょう、ハルユキから大きすぎる期待を受けるのが辛い。羨望の眼差しが痛い。もしかしたら、勝手に期待をかけてくるハルユキに苛立ちを感じていることもあるかも知れません。

3人の関係を、3人の視点から見てみましたが、どうもバラバラですねぇ。ちなみにチユとタクの関係は、恋仲であるという以外には分かりようがないですね。二人の会話シーンがない。
まだまだ引っかき乱れそうです。人間模様も面白くなってきた。

(追記)
セリフ量が多くてすっかり聞き逃していました。チユとタクがつき合うように勧めたのは、どうやらハルユキのよう?
一瞬のセリフだったので、安易にそう判断するのも早計ですが、少なくとも二人が付き合い出したのは小学生時代からのようです。んで、ハルユキも中学に上がるまでは特に気にすることもなく仲良しこよしできた、と。
この時間経過も重要なポイントですね。もう少し考えたいけど、それはもう次回でいいか。
(追記終わり)

黒雪姫
3人について書きすぎたw
黒雪先輩がめちゃくちゃ強かったってのは、まぁ誰でも予想できることでした。そこからさらに、黒雪先輩がデュエルアバターを封印しているのはその醜悪な外観からではない(少なくとも理由の真ん中ではない)ということも分かっていましたが(外観が嫌で嫌で仕方ないならレベル9にまでなるほど戦闘なんてできない)、なるほど、裏切者のレベル9ということだったんですね。
ということはこの人はグローバルネットにつないでいないということで、ケータイを持ちながら電源を切っているようなものか。ハルユキもチユからのコールやメールを受け取っていませんでした。これは不便なことだ。

次回予告の、命をかけた告白、というのが気になりますね。今のところ、ブレインバーストによる生命の危機はないわけですから。
あ、いや、リアル襲撃されると危ないのか。
わたし、気になります。とにかく次回は一つのクライマックスのよう。1巻が終わるのかな?

その他
前回の記事で、「この作品の専門用語は基本的にただの英語だから字面から意味が推測できるのであまり専門用語とは言えない」ということを書いたのですが、今回新たに出てきた重要な用語「バックドア」。

……なんだこれはw
これは専門用語らしい専門用語が出てきましたよ。やはりこれも英語の組み合わせでしかないけど、意味はまったく通じません。Back Door、「裏口」という意味ですが……

と、書いているうちに意味がつかめてきましたよ。
back doorとは「裏口、裏戸」という意味から派生して「不正」という意味もあります。backdoor entranceと言うと「裏口入学」ですね。なるほど専門用語じゃなかったぜ。(※追記)IT用語だったようです? なるほどなるほど(追記終わり)

つまり、ハルユキが発見したアプリケーションなりファイルなりは、不正データだったということかな?
うーん、でもブレインバースト自体も明らかに不正アプリケーションなので、不正データだったというだけであそこまで驚愕するだろうか。
これは「不正」という以外にも意味がありそうです。
例えば、驚いたポイントは「不正」というところじゃなくて、別のところにあるとか。こいつを持っていると脳に負荷がかかるとか、それとも……
うん、なんとなくつかめてきた。ハルユキが直結してメモリを調べたということは、直結しないとその辺のメモリをいじれないということですね。問題は誰がいじったかということだけど、はは、次回は大変なことになりそうだ。

それにしてもなんだ、「したきゃすれば?」とベッドに寝転がるチユがとてつもなく可愛いですね。OPでもすでに出てきてるけど、部屋着がこれまた可愛らしい。ピンクのニーソとか狙ってんの? 狙われたオタクどもはみんなハァハァしてますよっと。
この作品は独特のエロさがあるとずっと思っていたけど、やはりというか直結シーンはすごいな。黒雪先輩が初めて仕掛けてきたときもそうだったけど、今度は寝転がりながら。うーん、脱がないのにエロい。

原作既読ブロガーさんへ
お願いだから事前言及なしの原作ネタバレはやめて!
まぁブログなんだし好きに書いていいとは思うんだけど、でも原作ネタバレするなら最初にそう書いて!

すでにいくつかネタバレを踏んでしまっているわけですが、ここからクライマックスなので、いらない先入観を入れたくないのです。
という訳で一つよろしくお願いします。

つぶやき
明日ボーリングに行きます。
ボーリングは投げに行くたびに必ず「久しぶりに投げる」のですが、明日は一ヶ月ぶり。少しはスコアが伸びるといいな。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
8 Comments
名無しさん ""
バックドアはググれば普通に出てくるIT用語ですね。
作品固有の用語ではないですが、PCなど情報機器に詳しくないとぱっとは分からないかもしれません。
2012.04.21 11:56 | URL | #s0SK5jpM [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しさん"
ググる前に自己解決しましたw
ありがとうございます。PCはそれなりに詳しいつもりですが完全に独学で、まさか独学でクラックなどしないのでこれは知りませんでした。
2012.04.21 12:39 | URL | #- [edit]
よしの ""
バックドアってのはこの場合、チユに無許可で直結のような事をしてる奴が居るって事です。
常に侵入できるようにセキュリティの穴を開けておくこと…裏口です。

操作の反応が鈍いことから気づいたわけですが、この現象はつまり、
動画サイト見てると他の通信速度に影響が出るのと同じ。
つまり、チユのニューロリンカーが大量のデータ送信してたせい。

大量のデータって何?ってのは、まあ、最後の画面が答といえば答。
2012.04.21 22:21 | URL | #JalddpaA [edit]
神酒原(みきはら) ">よしのさん"
解説ありがとうございます。
でもまぁ、先の方へのコメレスにある通り、すでに自己解決しておりました。記事に追記するほどのことでもないかな、と思ったもので、特に「こうこう理解した」とは書いていないのですけども。

>つまり、チユのニューロリンカーが大量のデータ送信してたせい。
この場合は送信なのですか?
これの犯人と、その表面上の目的を考えると、送信というよりは受信する方が多いような気もします。送信しているなら、チユの見聞きしたものがすべて犯人に流れていると考えていいのかな。
2012.04.21 22:40 | URL | #- [edit]
よしの ""
>送信しているなら、チユの見聞きしたものがすべて犯人に流れていると考えていいのかな。

この状況においては、そういう事です。
ただ、思考発声での会話まで盗めたかどうかは…ちと自信なし。
それはそれで、サイレントでいちゃついてるようにしか見えないけどw

能動的な行動を起こす際には 犯人→チユ でチユ経由で事を行い、
情報収集の際は チユ→犯人 でチユをwebカメラのように…
まあ、リアルタイムで覗いてたせいで、ハルにバレたという。
2012.04.22 00:39 | URL | #JalddpaA [edit]
神酒原(みきはら) ">よしのさん"
>ただ、思考発声での会話まで盗めたかどうかは…ちと自信なし。
どうだろう。物語的には盗めていた方が面白い気もするけど、思考発声まで盗めるほどバックドアが完璧なら、ハルユキが何やら探っているのも分かる気がします。ハルユキはバックドアそれ自体を見つけたわけじゃなくデータ通信の不自然さから気づいたわけだから(たぶん)、ここで手を引いていれば見つからなかったわけですからね。

>まあ、リアルタイムで覗いてたせいで、ハルにバレたという。
これに尽きますねw
なんといううっかりさん。まぁ、二人の会話が気になって気になって仕方がなかったということですかね。聞こえてたにしてもそうじゃないにしても。
2012.04.22 01:06 | URL | #- [edit]
ゆくり "初コメです。"
初めまして。
私は原作を既読しているのですが(ネタバレはしません!)今はアニメと原作未読の人の感想で二度楽しませてもらってます。
特に3話はEDへの入り方がかっこよくて凄くテンションあがりました!
これからも神酒原さんが書く感想を楽しみにしてます( ´ ▽ ` )ノ
2012.04.23 03:52 | URL | #L8AeYI2M [edit]
神酒原(みきはら) ">ゆくりさん"
初コメントいらっしゃいませ!

>今はアニメと原作未読の人の感想で二度楽しませてもらってます。
お! いいですねぇ。僕自身経験があるから言うのですが、未読者の感想もそれはそれで新しい発見があったりして面白いですよね(アクセル・ワールドは僕が未読ですが)。
EDへの入りは、王道演出ではあるけど興奮しますよね。アクセル・ワールドは世界観が独特で少々難解な分、アニメはこういう「分かりやすさ」を目指して演出しているように感じています。

>これからも神酒原さんが書く感想を楽しみにしてます( ´ ▽ ` )ノ
うほっ、嬉しいことを言うじゃないですか!
お手柔らかにどうぞよろしくです^^
2012.04.23 08:13 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2933-5c92a568
アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」
校門で修羅場勃発!(苦笑) 黒雪姫VSチユリ 最初の戦いは 先輩の貫禄勝ちでした(^^; 告白の返事待ちでこのままデートとか言われたら チユリに立場ないですね…。 ▼ 
アクセル・ワールド 3話「前半は説明展開。後半は倉嶋千百合とHな展開」(感想)
  前半は黒雪姫さんによる状況説明。 後半は千百合さんといちゃつく展開でした。 二人にモテモテの春雪はうらやましすぎます! 絵的に動く展開だった1話2話と比べ、 3話は静的
アクセル・ワールド 第3話 「Investigation;探索」 感想 黒雪姫とチユのそれぞれの戦い!!
妖艶な笑みの黒雪姫さん そんなあなたに見られ続けたい!!(オイ できれば10センチで!(ヘンタイか よくよく考えてみると10センチだと・・・・ 物理的に無理なのかいけるのか・・...
アクセル・ワールド 第03話
関連リンクhttp://www.accel-world.net/WikiPage#3 Investigation;探索黒雪姫と千百合対面さてどうなる!?春雪をこの学校で一番の友達という千百合に対して黒雪姫はなんと自分が告白してその返事を...
アクセル・ワールド #3 Investigation;探索
アクセル・ワールド 第3話。 黒雪姫の正体と目的。 以下感想
アクセル・ワールド 第3話
アクセル・ワールド 第3話 『Investigation ; 探索』 ≪あらすじ≫ ハルユキの幼馴染の一人・チユリ[倉嶋千百合(くらしま・ちゆり)]は、黒雪姫と呼ばれる美人副会長がハルユキにちょ...
アクセル・ワールド 第03話 『Investigation;探索』
前は振られたって言ってたよね。黒雪姫と千百合が鉢合わせ。幼馴染VS告って保留中の身。立場は私のほうが上だな!誇らしげに宣言してここは黒雪姫が勝ちました。 カフェテラスでは告...
アニメ感想 アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」
「もっともっと先があるんじゃないか、この人間という殻の外側にもっと」
アクセル・ワールド:3話感想
アクセル・ワールドの感想です。 リアル割れは確かにやばいですな(汗)
アクセル・ワールド 第3話 感想「Investigation;探索」
アクセル・ワールドですが、有田春雪をめぐって黒雪姫と千百合が口論をおっぱじめます。先輩は春雪に告白して結果待ちだと親密な仲をアピールし千百合を挑発しますが、春雪はオロオ...
アクセル・ワールド 第3話「lnvestigation;探索」
「打開策はただ一つ、こちらも奴のリアルを割るのだ」 黒雪姫に執拗に対戦を挑むシアン・パイルの存在 かつて7王の一人だった黒雪姫の過去も少しずつ明らかに!    アッシュ
アクセル・ワールド 第3話 「Investigation;探索」 感想
過去を乗り越え、さらなる先へ―
アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」 レビュー・感想
チユ・・・・俺と直結してくれ! 黒雪姫からの疑いを晴らすため一人千百合の部屋を訪れる春雪。リンクを介して証拠を探しますが・・・ 今回はバーストリンカーとその世界観の説明 ...
アクセル・ワールド 第3話 「Investigation;探索」
アクセル・ワールド 第3話 「Investigation;探索」です。 さてさて
『アクセル・ワールド』#3「Investigation;探索」
「レベル10に到達したバーストリンカーはプログラム製作者と邂逅し、ブレインバーストが存在する本当の意味と、 その目指す究極を知らされるだろう」 ハルユキを巡って、火花を散
アクセル・ワールド 3話
3話 アクセル・ワールド 「investigation;探索」 ユキヒメとハルユキの前に 現れたのは、チユリだった!!! チユリはハルユキが人の目につくことや 目立ったりすることが苦手だと...
アクセル・ワールド 第3話 「Investigation;探索」
アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray](2012/07/25)三澤紗千香、梶裕貴 他商品詳細を見る いいテンポですね~。
アクセル・ワールド 3話「Investigation;探索」
黒雪姫は裏切り者だったのね(^^; だから自分と釣り合わないハルと一緒にいるのかな。 アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)(2012/04/10)川原 礫商品詳細を見る
アクセル・ワールド 第3話 Investigation;探索
黒雪姫に食ってかかる千百合ですが、その関係は友人と聞き、自分は春雪に告白し、返事待ちの中で、これからデートと取り合わず。 そして春雪を連れて喫茶店へ。 初勝利の労い ...
アクセル・ワールド 第3話 『Investigation;探索』 感想
地味だけれど、かなり重要な回だったように思えます。 アクセル・ワールド 第3話 『Investigation;探索』 のレビュー。
アクセル・ワールド #3
【Investigation;探索】 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]出演:三澤紗千香ワーナー・ホーム・ビデオ(2012-07-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 直結だと!?ォィォィw 
アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」 感想
疑い
アクセル・ワールド #3「Investigation;探索...
私は裏切り者、黒の王ブラック・ロータス。その正体を知るシアン・パイルは誰だ!?「Investigation;探索」あらすじは公式からです。加速世界を統べる7人の王たちの協定を破ったこと...
アクセル・ワールド 第3話
加速世界を統べる7人の王たちの協定を破ったことで「お尋ね者」となっていた 黒雪姫。 そんな彼女に、最近学内のネットワーク上で本来は受けるはずのない対戦を 挑まれ続けていた
アクセル・ワールド 第3話 【Investigation;探索】 感想
優先度は告白待ちの女の子>幼馴染 両方じゃダメなんですか? (←コラ) 千百合を前々から気にしていた黒雪姫。 これはもしかして……キマシの予感?(←マテ) Chase the world 【ア...
アクセル・ワールド 第3話
第3話『Investigation;探索』アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]今回は・・・黒雪姫のことが分かりました。
2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第03話 雑感
[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第03話 「investigation;探索」 #AccelWorld2012 #ep03 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲー...
アクセル・ワールド 第03章 「Investigation;探索」
大門ダヨ お~組織とかあるのね 大門は「四天王」みたいな古臭い設定大好きです!w レベルが9の方々か レベル10になるには同じレベル9同士で5勝 でも一度負ければポントが...
アクセル・ワールド 第03話 感想
 アクセル・ワールド  第03話 『Investigation;探索』 感想  次のページへ
アクセル・ワールド 第3話「Investigation;探索」
アバンはけっこういい感じ・・・だったと思うんですけどね・・・。 第3話は設定説明に時間が割かれそうな予感はしていたので、Aパートが説明パートになってしまったのは仕方なかった...
黒雪姫のポイントゲットの為に付け狙う謎のストーカーアバターの正体は、まさかの幼馴染の女の子!? アクセルワールド 第3話『Investigation:探索』
 なんとか、初戦を制したハルユキ。  現実世界に戻り、黒雪姫による祝杯を………と思いきや、そこへ乱入してきたのが、まさかのチユリだった!!  ハルユキもなんとかチユリに説明...
アクセル・ワールド 3話
3話 アクセル・ワールド 「investigation;探索」 ユキヒメとハルユキの前に 現れたのは、チユリだった!!! チユリはハルユキが人の目につくことや 目立ったりすることが苦手だと...
該当の記事は見つかりませんでした。