FC2ブログ

MENU
夏色キセキ

夏色キセキ 第4話「ユカまっしぐら」 対話感想!

キセキがもたらすもの。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の人物。すっかりこのブログに住み着いて進行を務める。趣味は神酒原いじり。最近の悩みは酒豪だと勘違いされる事らしい。でも少しずつ飲めるようになったらしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。最近、『氷菓』の続きばかりが気になって他のアニメに集中できない。それでも頑張って『夏色キセキ』の感想書きます。よろしく。



  酒原 「おい、なんだこの紹介文は」
神酒原 「気にすんなって」
  酒原 「いや気にするだろ。氷菓が面白いのはいいが、それで他のことを疎かにされては俺が困る」
神酒原 「酒原ちゃん頭をヒヤシンス」
  酒原 「駄目だこいつ、頭が完全に京アニだ。一度殴っておこう」
神酒原 「殴ったら記憶って消えたわよね、ってか? 酒原くんも上手いnゴフッ!?」
  酒原 「どうだ?」
神酒原 「夏色キセキの感想書こうぜ」
  酒原 「よしその意気だ。ズバリ、今回の話はどうだった?」
神酒原 「今回の話する前に、包括的な話をしたいね」
  酒原 「包括的? まだ4話だぞ」
神酒原 「まぁまぁ任せておけって」
  酒原 「お前に任せておけないから俺が呼ばれているわけだが、まぁいい。言ってみろ」
神酒原 「僕にとっては前回の時点で、この作品の方向性がほとんどつかめたんだ。何を描きたいのか、どう描きたいのかがなんとなく分かった」
  酒原 「前回はあれだな、1話2話の喧嘩をベースに作品自体の掘り下げが行われた、ってお前言ってたな」
神酒原 「そうそう。僕は前回こそ作品の本質を見た回だと思って大絶賛したんだけど、感想ブログの反応を見るとそうでもなかったんだよね」
  酒原 「みんなは面白くなかったんだろ」
神酒原 「まぁそういう感性の差もあっただろうけど、たぶんみんなは本質が見えていないんだよ。もしくは見えているけど、認識はしていない」
  酒原 「切り込んだな」
神酒原 「切り込み隊長ですから」
  酒原 「で? その本質とは」
神酒原 「夏色キセキの本質は、日常のキセキだ」
  酒原 「……ん? それは誰でも分かってることだと思うが」
神酒原 「……あっ、すまん、説明不足だった。この作品、文字にカタカナを多用するじゃん」
  酒原 「そうだな。サブタイには毎回カタカナが入るし、タイトルもカタカナだ」
神酒原 「日本人がカタカナを使う場合って、どんな場合があると思う?」
  酒原 「そりゃあ、その言葉を強調したい時だろ。もしくは文を読みやすいように。あるいは……、ああ、なるほどな」
神酒原 「分かったようだね。掛け言葉を使いたい時だ」
  酒原 「つまり『夏色キセキ』のキセキとは、もちろん奇跡という意味もあるが、軌跡という意味もあると」
神酒原 「そう。御石様が願いごとを叶えてくれるから気づきにくいけど、夏色キセキの本質はむしろ軌跡にある。だから、日常のキセキ。奇跡を発端にしてお話が動くけど、それは単なる夏海たちの軌跡なんだ」
  酒原 「んで、この本質が意味するところとは?」
神酒原 「この作品に、特別伝えたい大きなメッセージはない。明確なテーマもない。4人が特別成長していくわけでもないし、そもそも、視聴者に何かを感じ取って欲しいとも思っていない。これは4人の歩く日常の軌跡を追体験するだけの物語だ。だから妙な期待や先入観を以て視聴すると、期待ハズレに感じる」
  酒原 「『けいおん!』みたいな感じだな」
神酒原 「そうだね、すごく近い。けいおんよりはいくらかストーリーらしいストーリーがある、って感じかな」
  酒原 「では、紙じゃないけど紙面がそろそろ埋まってきたのでそろそろ今回の話をしよう。そう考えると、今回の内容もまさにそんな感じだな」
神酒原 「そう! 本当になんてことはないストーリーなんだよね。中身の入れ替わりという定番すぎるネタを使いながら、優香の掘り下げをする。そう、掘り下げなんだよね。掘り進めていない」
  酒原 「それは言い得て妙だな。今回の件から優香が何かを学んだということはないし、関係が進んだということもない」
神酒原 「まぁ、厳密に言えばなんも学んでないということはないけどね。優花は今回の件を通じて、自分は自分でしかないということを、おぼろげながらに気が付いた」
  酒原 「紗季って呼んで下さい、のところはすごかったな」
神酒原 「ああ。あの時点で、優花はもう完全に諦めがついていたんだ。でも、自分でも収集がつかなくなった。紗季って呼んで下さいなんて言ったら自分が傷つくことが分かっていたのに、「ごめんなさい」と言って逃げることができなかった。優花はその辺り、臨機応変の対応ができない子だよね」
  酒原 「それで流れのまま言ってしまって、泣いてしまった。自分が紗季ではないことを、紗季にはなれないことをまざまざと思い知っただろうな。そして、自分のしてきたことの虚しさにも気づいたはずだ」
神酒原 「だね。いや、今回も非常に面白かったよ。一度作品との距離感をつかんでしまうと、最高だね」
  酒原 「綾奈ゆにこだったな。脚本」
神酒原 「ああ! 『世紀末オカルト学院』以来の、と言えるほどではなかったけど、素晴らしい脚本だった。キャラクターたちに愛着が出てきたから、掛け合いもすごく面白い。凜子in夏海を起こしに行くところは笑った」
  酒原 「そこは上手かったな。次回はまたもや紗季の仕返しか?」
神酒原 「どうだろうね。なんにせよ楽しみだ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
2 Comments
ばると ""
夏色キセキ≒けいおんとは・・・・・・! 驚きの理論ですな。

あと、「優花」じゃなくて「優香」らしいっすよ。
重箱の隅をつつくようですんまそん
2012.04.30 00:03 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ばるとさん"
驚きですかw
記事を投稿したあとは、さらに『君と僕。』に近いと考えました。

優香だったか。確認するの忘れてました。次からちゃんと気を付けよう。
2012.04.30 07:57 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2936-fe363ff5
2012年02クール 新作アニメ 夏色キセキ 第04話 雑感
[夏色キセキ] ブログ村キーワード 夏色キセキ 第04話 「ユカまっしぐら」 #NatsuiroKiseki2012 #ep04 声優ユニット スフィア の4人が出演する新作アニメ『夏色キセキ』。静岡県下田
夏色キセキ #04
『ユカまっしぐら』
夏色キセキ 4話「ユカまっしぐら」感想
夏色キセキ 4話 「ユカまっしぐら」 【あらすじ】 恋に一直線!入れ替わった紗季と優香 ◆佐野先輩と優香 野球部で老舗旅館によく出入りしている佐野先輩。 そんな彼に片思...
夏色キセキ #4
【ユカまっしぐら】 夏色キセキ 1【完全生産限定版】 [DVD]出演:高垣彩陽アニプレックス(2012-06-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 入れ替わっちゃった!? 
夏色キセキ 第4話感想 恋愛回かと思わせて結局百合百合しい
優香が想いを寄せる先輩は、どうやら紗季の事が好きらしい。優香はそんな紗季になれたら…とお石様の前で願ったら本当に入れ替わってしまって!?という今回のお話。ラストの先輩 ...
夏色キセキ 第4話「ユカまっしぐら」
Non stop road/明日への帰り道(夏色盤)『私のことも…紗季って呼んでください』 制作:サンライズ 監督:水島精二 逢沢夏海:寿美菜子 水越紗季:高垣彩陽 花木優香:戸松遥 環凛子
夏色キセキ 第4話「ユカまっしぐら」
「すごく近くに貴史君がいる。…不思議、昔はよく遊んだのに」 ・アバンは優香が好きな貴史君と遭遇する所から。 ・貴史君の好きな人は紗季。優香が「紗季になれたら~」って台
夏色キセキ 第4話
第4話『ユカまっしぐら』夏色キセキ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・優香と紗季が入れ替わりました。
夏色キセキ 4話
4話 夏色キセキ 「ユカまっしぐら」 優香の家に配達に来ていた佐野貴史(さのたかし) そんな先輩が優香に ジュースをおすそ分け!! 恥ずかしがる優香は先輩が好きなのだ!
夏色キセキ 第4話 4/28 あらすじと感想 #natsukise
 こういう展開は文章にすると難しいのだがw。  優香ちゃんが気になる少年は、一つ年上の佐野貴志くん。彼女のいとこで、優香ちゃんの家にも出入りしているらしい。その貴志く
夏色キセキ 第4話 「ユカまっしぐら」
隆史LOVEな花木優香。 隆史が水越紗季の引っ越しの時期に興味があることを 知って、環凛子に打ち明ける。凛子の想像だと 隆史が紗季に告白する。これを聞いた優香は、暴走...
アニメ感想 夏色キセキ 第4話「ユカまっしぐら」
「優香の願いが私の願い、応援してるよ」
夏色キセキ 4話「ユカまっしぐら」
優香は優香、紗季は紗季。 Non stop road/明日への帰り道(夏色盤)(2012/04/25)スフィア商品詳細を見る
夏色キセキ#4
なかなか水島精二は水越紗季ちゃんの下着を見せないなあ 夏海のブラジャーはあんなに露出してるのに、ほんとに何なんだろう。 欲求不満だわー。 それはまあいいとして、今回は...
夏色キセキ 第4話
「ユカまっしぐら」 私も… 私も紗希みたいになれたら… 酒屋の息子で幼馴染、一こ上の先輩貴史が気になる優香 残念な事に貴史は紗希の事が気になっている様子   その
夏色キセキ 第4話『ユカまっしぐら』
 第4話「ユカまっしぐら」  「なんで・・・」  優香の旅館花木屋に、配達の手伝いで佐野貴史先輩がきている事をしらずに、驚く優香。  そして、佐野先輩から、沙季の引
夏色キセキ 4話
4話 夏色キセキ 「ユカまっしぐら」 優香の家に配達に来ていた佐野貴史(さのたかし) そんな先輩が優香に ジュースをおすそ分け!! 恥ずかしがる優香は先輩が好きなのだ!
該当の記事は見つかりませんでした。