FC2ブログ

MENU
アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 感想!

チェリー・ルークの憂鬱

 
 
 
子に抜かれる焦り
EDクレジットが「クロム・ディザスター」だった。いやいやそこは「チェリー・ルーク」だろう……。
まぁ、些細な問題です。

ルークはスカーレット・レインの親だったのですね。いくらディザスターがすばしっこいとはいえ、そしていくらレインが拠点戦術タイプとはいえ、レベル9であるレインがジャッジメント・ブロウを当てられない、ということに疑問を抱いていました。前回のイエロー・レディオの意外な近接戦闘スキルを見たあとだと、特に。もしかしたら、実際にすばしっこいのに加え、今までも「親だから」ということで躊躇っていたのかもしれませんね。今回も必殺のタイミングがあったのに、すぐには引き金を引けずに捕まっていました。

ルークは、自分がブレイン・バーストに誘い、そして自分より強くなってしまったレインに対して、焦りを抱いていたようです。2つ上の男の子ということで、最初は「俺について来い!」的な気持ちだったのでしょう。レインもまんざらではないのでナイスカップルだったはずが、強弱関係が逆転したことでメンタルが不安定に。

実際の親子だと、子は親を追い抜いていくものだと言いますね。
僕は『CLANNAD』が大好きですが、トゥルーエンディングソングの「小さなてのひら」の歌詞にこんなものがあります。
「小さなてにも いつからか僕ら追い越してく強さ」
僕はこの歌詞がすこぶる好きで、サビの冒頭ということもあり、聞くたびに涙腺が緩くなります。

しかしまぁ、親と言えども人間。子に追い抜いて欲しいというよりは、ずっと背中を見せていたいと感じる人たちもいます。
奈良時代でしたっけ? 白河上皇が登場したのは。上皇制度は、親の意地が悪い形で出た好例ですね。

実際の親子でも難しいのに、システム上の親であるルークには、その辺を割り切るのは非常に難しい。加えて、ルークもまだ子どもですからね。
レインが赤の王になれたことを、心から祝福できればよかったのですが。もしくは、負けじと切磋琢磨することができれば。
ルークも頭では分かっていたのでしょう。しかし心が追い付いてくれず、そこを鎧の魅惑に付け込まれた……と。

一度鎧に食われたからには、もうどうしようもない。すでに多くのアバターを食い散らかしてしまったので、断罪は逃れられない。
そして断罪を下すのは、子であるレイン。
ルークがこんなことになってしまったのには、自分にこそ原因がある……と分かっているからこそ、辛い。それこそ、ピンからキリまでレディオの仕業であれば、相手を呪うことで怒りの発散もできよう。

なんとも悲しい事件です。
子が親をうっかり追い抜いてしまったことで起きた悲劇。自分が育てた結果だからと割り切るには、彼らはまだ若すぎる。
シルバー・クロウ相手に心情を吐露できたのは、レインにとって幸運でした。自分以外に怒りを向けようもないこの気持ちは、人に話すことである程度は和らぐでしょう。その意味では、ハルはお兄ちゃんの役割を果たしているのかもしれませんね。

戦いは続くよ
飛行アビリティを駆使した戦闘が熱くてよかった!
ワイヤーを自分にくっつけさせる、という頭脳戦も少しはあったものの、そのあとは飛行アビリティの火力に任せた体力勝負。いつもとはまた違う感じのバトルでしたが、最後の蹴りなんかは、ハルの叫びも伴ってすげぇ燃えました。

鎧がくっついていないことを確認して、さぁ帰ろう……というところで、ハルになにやらよくない兆候が。アイテムストレージを確認した程度で安心していい代物なの……?と思っていましたが、これマジでハルに鎧がくっついているのだろうか。それとも別のなにか?

ともあれ、厄介ごとは続くようです。
次回は……チユ無双くーるー!(ザキヤマ風)
ついに待ちわびたこの時が! やっぱりバースト・リンカーになるのかな!
でもサブタイは「Violation;侵入」と、あまり穏やかじゃない。violationの意味は、「(契約などに対する)違反」。
ネガ・ネビュラス内では、チユをバースト・リンカーにするならタクを親にして、ということになってるけど、もしやこれ、関係ないところでインストールしてくるんじゃ。

つぶやき
そういや、ハリー・ポッターの文庫版が出るそうだね。
全巻読んだけど、復習も兼ねて買ってみようかしら。映画もすごくよかったけど、ヴォルデモートとのラストバトルは原作の方が遥かに燃えるんだよね。映画はなんで、あんなシチュエーションにしたんだろう。撮影が面倒だったから?w

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
2 Comments
tara ""
チェリー・ルークとスカーレット・レインの親子関係は意外でしたね。
vsクロム・ディザスター戦そのものは思っていたより簡単に決着がついたという印象ですが、ルークとレインの複雑な感情の交錯は見応えがありました。
(あ、細かい指摘ですが3段落目の「チェリー」は「レイン」ですよね^^;)

バトルは、クロム・ディザスターの素早さが単に「すばっしこい」でなく「ワイヤーを利用した高速機動」という説明がつけられてたのが良かったなぁと(^^)
いずれ再登場がありそうな災禍の鎧ですが、とり憑かれたアバターに固有の能力が発動する仕組みなんでしょうかね(それとも、ディザスターの機動力の秘密を今回ハルユキが初めて解き明かした…ということ?)
鎧の精神支配はバースト・リンカーのリアルにまで影響が及ぶのかetc.、災禍の鎧についてはまだまだ謎が一杯です(^^;)

次回のチユ無双、楽しみですね(^^)
関係ないところでインストール…となると、予告に映ってた人相の悪い男子が気になりますが;(NTRフラグ!?)
2012.07.03 18:25 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
特別仲がよさそうだったのは以前から匂わせていましたが、親子ってのは考えてませんでしたね。姫と親子についての会話があったのは、この伏線だったということで、何気に芸が細かいです。

>vsクロム・ディザスター戦そのものは思っていたより簡単に決着がついたという印象ですが
相性の問題もあったのかも。ワイヤーを使って疑似的に飛行を実現しているディザスターと、本当に飛べるクロウでは、空中戦でのアドバンテージがどっちにあるのかは明らかですから。

>(あ、細かい指摘ですが3段落目の「チェリー」は「レイン」ですよね^^;)
はっはっはぁ、見事に誤植ですね。直しておきました。あざっす。アバターネームは少し長いから略称を使おう!が裏目に出たぜ……

>とり憑かれたアバターに固有の能力が発動する仕組みなんでしょうかね
いや、たぶんハルが初めて解き明かしたんじゃないでしょうか。ディザスターの疑似飛行中に近くまで近寄れたハルならではの発見だと考えられますし、それに赤の特性は遠距離攻撃だった気がする(レインがそうですし)。ルークもなにかしら遠距離攻撃に特化していたのでは。

>鎧の精神支配はバースト・リンカーのリアルにまで影響が及ぶのかetc
これについては、及ぶんだと思いますよ。でなければ、ニコはリアルの方でルークをどうにかする手もあったはずですから。リアルでも影響が出てたはず。例えば、行方不明になっていたとか。

>(NTRフラグ!?)
えっ、そんな馬鹿な!
たっくん、君の出番だ!
2012.07.03 22:18 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2976-7540439d
アクセル・ワールド 第12話 感想「Absolution;容赦」
アクセル・ワールドですが、クロム・ディザスターの登場でニコの行動が怪しくなります。黒雪姫と有田春雪は戦いますが、ニコの寝返りにより不利となります。(以下に続きます)
アクセル・ワールド 12話「Absolution;容赦」
ニコちゃんがデレました!
『アクセル・ワールド』#12「Absolution;容赦」
「あの小娘こそ誰よりも信じ、求めているんだ。 バーストリンカーの最後の絆を」 親子の絆。 初のレベル9同士の戦い。 と思ったら、イエロー・レディオが背後からクロム・ディ
アクセル・ワールド 第12話
関連リンクhttp://www.accel-world.net/WikiPage#12 Absolution;容赦王同士の対決の最中とうとう現れたクロム・ディザスター果たして春雪達は倒すことができるのか!?ディザスターから逃げるレデ...
アクセル・ワールド 第12話 Absolution;容赦
イエロー・レディオの身体を刺し貫く5代目クロム・ディザスター。 加速世界の時間では丸1日異常の余裕があったはずと驚くスカーレット・レイン。 イエロー・レディオは必殺技を ...
アクセル・ワールド 第12話
アクセル・ワールド 第12話 『Absolution ; 容赦』 ≪あらすじ≫ 黄の王であるイエロー・レディオを背後から襲撃した《クロムディザスター》。そのままハルユキたちは、タクムがおら
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」
ディザスター編決着~♪ 戦闘シーンがメインになるとずっとデュアルアバターですね(´・ω・`) 重砲撃な赤の王もカッコイイですが。 やっぱりニコちゃんは、可愛らしい素顔が
顔を合わせて【アニメ アクセルワールド #12】
アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray](2012/07/25)三澤紗千香、梶裕貴 他商品詳細を見る アニメ アクセル・ワールド  第12話 absolution;容赦 プレインバーストの世界で結ぶ親子の
アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」
アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」です。 さて毎週土曜
アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」
「ほう、今のをかわすかよ」 ノリノリの先輩がメルエム戦のネテロ会長風な口調に(゚д゚;) しかしこの人ほど強い口調やら荒ぶる口調などが似合わない人も珍しいな(ノ∀`)
アクセル・ワールド 12話「デレたリコとなく春雪。今後の伏線もアリ」(感想)
泣きながら、 リコの手作りお菓子を食べる春雪君を リコはどう思ったのでしょうか。 負けることを恐れてはいけない。 戦い抜く意志を貫徹すること。 最後まで己の意思を貫くもの...
アニメ感想 アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」
災禍の鎧編終了?
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 感想
あらすじ 突如出現したクロム・ディザスターの圧倒的な力の前に、撤退を始める黄のレギオン。敗北への恐怖から戦いを諦めたシルバー・クロウに、ブラック・ロータスの檄が飛ぶ。一
アクセル・ワールド 第12話 6/30 あらすじと感想 #accel_world
 消滅?。  イエローレディオを背後から襲ったのは、クロム・ディザスターだった。クロム・ディザスターは、周囲のアバターを次々と襲い始める。  その光景を目の当たりにし
アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」 感想
絆という大切な繋がり―
アクセル・ワールド 第12章 Absolution;容赦 感想
闘志なきバーストリンカーに デュエルアバターは動かせない 先輩の前でええかっこしいがしたいハルユキ その心を見抜き、叱咤激励する先輩 人からどう見られるではなく、自分が...
アクセル・ワールド #12「Absolution;容赦」感想
クロムディザスター登場!負ける事で周りからの目を恐れ動けない自分を悔やむ春雪負ける気で戦う黒雪姫に何故かニコの攻撃が!こいつぁ酷いしかし黒雪姫はその真意を読み取り拗ねて...
アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」 感想
「こんなの、もう大戦じゃない!」 災禍の鎧が登場したことによりバトルロワイヤルに発展? というか、災禍の鎧って黄の王の味方じゃなかったんですね。 そこら辺勘違いしていまし...
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 レビュー・感想
あの小娘こそ誰よりも信じ、求めているんだ。バーストリンカーの最後の絆をな・・・・ 圧倒的な戦力差に萎縮する春雪、それを叱咤激励する黒雪姫。2人の絆はいつしか強く結ばれて ...
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」
「一度戦場にダイブしたなら  相手が誰だろうとひたすら戦闘あるのみだ!」 圧倒的な強さのクロム・ディザスターとの戦い! 恐れを感じるハルユキにバーストリンカーの在り方と親の
アクセル・ワールド 12話「Absolution;容赦」感想
アクセル・ワールド 12話「Absolution;容赦」 【あらすじ】 ニコちゃんよかったね!ハルになんか憑依したけど、一件落着ですな! ◆災禍の鎧とスカーレットレイン ふたりは親子...
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」 感想
もっともっと加速しろ!─=≡Σ((( っ゚∀゚)っ ほぅ…今のかわすかよ? 黒雪姫先輩キャラかわってる(*´ 艸`*) クロム・ディザスターの乱入に、黄色軍団が撤退した! またいずれ対...
アクセル・ワールド #12 「Absolution;容赦」
バーチャルの絆とリアルでの絆  どうも、管理人です。ちょっと寝坊したので、多分記事を上げるのが仕事上がりになるんだろうなぁと思いつつ、文章を認めています。にしても、や
アクセル・ワールド 第12話 感想
 アクセル・ワールド  第12話 『Absolution;容赦』 感想  次のページへ
アクセル・ワールド 12話 「Absolution ; 容赦」 感想
今更だけどチェリー・ルークってめちゃくちゃいじめられそうな名前ですね。
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」感想
クロムディザスターの突然の襲来に追いつめられる春雪、黄の王も襲われてしまって自業自得だとしてもちょっと可哀想だったかな、黒雪姫の黒の王は挑んで行きましたがキズを与えても...
アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」
五代目クロム・ディザスターを討伐するという原作2巻部分のエピソードは今回で終了。シルバー・クロウの背中の違和感に関しては当分出てこないはずなんですけど・・・もしかして5巻
(アニメ感想) アクセル・ワールド 第12話 「Absolution;容赦」
投稿者・鳴沢楓 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray](2012/07/25)三澤紗千香、梶裕貴 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時から...
アクセル・ワールド 第12話 『Absolution;容赦』 黄の王とは何だったのか。
自分以外は全て敵。そういうゲームなのは分かりますが、協力を求めながら春雪や黒雪姫ごと砲撃するのは如何なものでしょう。あわよくばクロムディザスターと黒の王を一緒に葬りたい...
該当の記事は見つかりませんでした。