FC2ブログ

MENU
氷菓

氷菓 第11.5話「持つべきものは」 感想!

11話と12話の間。

 
 
 
腑抜けホータロー更生物語
いやぁ、『氷菓』コミックス第何巻かにつくOADを先行配信しましたという感じでしたが、これ、わりと真剣に放送するべきだったんじゃw
これを見ずに第12話に臨むのとこれを見て第12話に臨むのとではだいぶ違うぞこれ。

入須にボコボコにやられてしまったことで、腑抜けてしまった折木。
やる気なさそうにテレビの前でだらだらしているのは彼らしいですが、姉の言葉に生返事で、しかもバイトの話をOKしてしまう姿には違和感。「やらなくていいことはやらない」。折木は別にお金に困っているわけではない、つまり、バイトなんてやる必要ない。

電話口での里志の驚きようは面白いですね。第1話の冒頭を思い出します。
というわけでバイトに勤しむ珍品ホータローを冷やかしに古典部の3人が市民プールに遊びに来るわけですが、腑抜けた折木のリアクションにどうもペースを乱されてあまり面白くなさそう。

「このバイトって、やるべきことなのかい?」と問う里志がいい友人すぎて泣けます。11話ではあんなにボコボコにしたのにw
さらに、続く摩耶花のフォローが素晴らしいですね。今の折木はリアクションなくて嫌だ、前の折木はイライラして嫌だ、でも張り合いがある分マシだから前の折木に戻りなさいよね。この絶妙な距離感が気持ちいい。

千反田の、やがて愛の告白になりかねない励ましもすごくよかったです。
折木さんはわたしにとって特別です!
まぁそのあとお決まりとして摩耶花や里志が続くんですけどねー。
11話では三者三様に折木をフルボッコにした3人、今度は三者三様に折木を励まします。

自分の推理が合っているかどうかを再確認したり、仮説の証明をしようとしたり、と前回のトラウマ?のせいで慎重になってはいましたが、推理を経ることによって、ある程度以前の折木を取り戻すことに成功したようです。
うんうん、よかった。「めんどくせ……」という〆の言葉も、お話が綺麗に落ちて素晴らしかったです。そうそう、折木はこんなバイトなんてしないんだよー。残りの勤務時間を「なぜ引き受けたんだ」と後悔しながら過ごすといいよ!

とまぁ、アイスクリームと呟いて里志の氷菓原稿がピンチなことが発覚して文集制作についてもしっかりフォローし、などなど第12話につなげるための重要な要素がたくさんありました。
これ本当に、放送するべきだったのでは。
……ああ、なるほど、前番組のせいで『氷菓』は22話しか枠が取れなかったんですよね。それで苦肉の策のOAD、それから頑張って先行配信、か。もったいない話だ。

折木供恵がフライング登場
第12話から始まるクドリャフカの順番編では、冒頭ですでに供恵が帰宅しているのですが、ここで初登場となりました。なるほどなるほど、つくづく構成が上手いです。こういう構成の仕方は賀東招二らしいと思えますね。ほら、『ドルアーガの塔』の一期二期の第1話が、まぁあっちの方がはっちゃけまくってたけど、脚本上の仕掛けの雰囲気が似ているというか。

ついぞ顔は登場しませんでした。いつか見られるのだろうか。
でも雰囲気が非常によすぎた。テレビを見ている弟の髪をいじったり、生返事を返す弟にチョップしたり、里志と電話してる弟の横を通り過ぎる時に頭をくしゃくしゃしていったり。なにこのお姉ちゃん可愛い。

他にもコップを置くところなどビビッとくるカットが多数、今回は堀口悠紀子の作画もよかったけど絵コンテがすごくいいなぁ。絵コンテ・演出は太田里香、演出は初登板ですね。どこかで演出補佐をしていたような気がするけど、ちょっと記憶があいまい。絵コンテは間違いなく初。すごいなぁ。

眩しい君の水着姿
テイルズファンにニヤッとしてもらえれば。あのイベントは苦労する甲斐があるよね……

ともかく、眩しすぎる女性陣の水着姿が最高に素晴らしかったですね!
いやぁ、本当に高画質で見たかった。USTはほとんど利用しないんだけど、あの画質はいったいなんなんだ。

千反田の白ビキニおっぱいに根負けする折木だったり、「白いのもう一つあったな」ってちょっとスケベな折木だったりが面白かったですが、いや本当によかった。折木そっちのけで楽しそうに遊ぶ里志が両手に花すぎて締め上げてやりたい。

そして、折木の仮説の証明。里志、ちょっと伊原を抱っこしてくれ。
思わず自然に抱っこされようとする摩耶花の破壊力ときたら……!!

全宇宙の摩耶花ファンの脳天を突き破った瞬間でした。これは反則技すぎた。
公衆面前であることに気付いて恥ずかしがったり、結局は千反田に抱っこされちゃったり、ともう僕の頭の中は摩耶花でいっぱい。千反田に抱っこされるところは若干百合フィルターをかけてしまったり。いやはや、本当にいい絵だった……そして画質……

つぶやき
「こんなにも面白い『氷菓』の世界 第11.5話」は、執筆予定なしです。
すぐ第12話始まるし、さりげなくこの日曜日忙しいし、で書く暇なんてない上に、配信一回っきりでいったいなにが書けるのかとw

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
2 Comments
tara ""
>思わず自然に抱っこされようとする摩耶花の破壊力
不意打ちのクリティカルヒットでしたね(^^;)
見ていて「えっ、行っちゃうの…?抱っこされちゃうの?」って感じで、頭の中真っ白になりかけましたw
(公衆面前じゃなかったら、あのまま抱っこされる流れでしたよね…)

供恵さんのフライング登場は嬉しいサプライズでした。
本格登場は次回なので顔見せNGなのか、それとも次回以降もああいうミステリアスな扱いなのか…わたし気になりますw
第1話から思ってましたが、雪野五月さんハマリ役ですね(^^)
2012.07.08 23:31 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>見ていて「えっ、行っちゃうの…?抱っこされちゃうの?」って感じで
この一瞬のドキドキ感がすごかったですねw
なんとなく安心してしまうと同時、恥ずかしがる摩耶花がいとおしすぎてたまらないという、ね。
というか里志の方も普通に抱っこしようとしていたのが笑えます。お前さん告白をかわしている最中じゃないのかよw

>本格登場は次回なので顔見せNGなのか、それとも次回以降もああいうミステリアスな扱いなのか
なんとなく後者のような気はしますけどね。
雪野五月は確かにハマリ役。
2012.07.09 17:51 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2992-c994b669
氷菓 第11.5話「持つべきものは」
氷菓の第11.5話を見ました 第11.5話 持つべきものは 「姉貴か?」 「た・だ・い・ま♪胸に飛び込んできていいわよ」 「やめとく」 「久しぶりに帰ってきたっていうのにつまん
『氷菓』#11.5「持つべきものは」
「折木さんは特別ですよ、私のとって!」 氷菓 (3) オリジナルアニメBD付き限定版 (カドカワコミックス・エース) 来年1月13日発売予定の「氷菓」コミックス第3巻限定版につく映
氷菓 第11.5話 「持つべきものは」
 折木さんは特別ですよ。
氷菓 第11.5話「持つべきものは」の感想
ふぉおおおっ!えるたその水着姿ぁっ!えるたそのおっぱいぃっ!!プール最高ぉおおおっ!!!!!! 【簡単なあらすじ】  愚者のエンドロール以降、奉太郎はすっかり落ち込んでやる気
氷菓 第11.5話 「持つべきものは」 感想
水着姿のえるが可愛かったですね。 話しとしては、奉太郎の復活という意味で必要な話でしたし。 市民プールで事件発生!? えるや摩耶花たち古典部メンバーが水着でプールを走り
氷菓 第11.5話 「持つべきものは」 感想
お姉さんだ~ヾ(*´∀`*)ノ なんでもお見通しの折木供恵お姉さんが南米から帰ってきた! 顔は見えないけど美人で大人な雰囲気(*´ω`*) 勝手にバイト押し付けられてしまったw 人を
アニメ感想 『氷菓』第11.5話「持つべきものは」
七夕の夜に先行配信された『氷菓』第11.5話。 無事に観ることができました(^^) USTREAMの配信動画を視聴するのはこれが2回目ですが、ライブ配信は初めて。 繰り返し観れないのが
氷菓 第11.5話『持つべきものは』感想
  ある日、南米土産などを携えて不意に帰ってきた折木の姉『折木 供恵』。 彼女こそ前回の一件で入須に折木を紹介し、失意のどん底に突き落とした張本人である。 だが、久
氷菓 第11.5話「持つべきものは」 感想
配信で公開された氷菓第11.5話。姉の紹介で市民プールで監視員のバイトをすることになった奉太郎。そしてその奉太郎の様子を見に市民プールに行く事になった古典部の面々。ここでも
該当の記事は見つかりませんでした。