MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓

氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」 感想!

これは何度も見返したい。

 
 
 
神高祭のスタート!
ついにクドリャフカの順番編が始まりました!
この長編エピソードは、3日間に渡る神高祭が舞台。
常に祭りの賑やかな雰囲気が付きまとうから、アニメで見るとかなりテンション上がるんだろうなぁ、と思ってましたが本当にこれは楽しそうですごいです。京アニもアニメ界のご多分に漏れず学園モノが多いので文化祭イベントは何度となく描いていますが、ここまで大規模に、そして細部まで作り込んだ文化祭はなかったのではと思わせます。

しかし古典部には問題が。なんと発注ミスで30部刷るはずだった文集が200部に!
印刷所からの確認メールを摩耶花がちゃんと見なかったことが原因、と言っていますが、30をどうやったら200に間違えるのだろう。まぁ、300にされていたらもっと困ったわけですが。

僕は「アニプレッション」の一員として毎回コミケに向けて同人誌を制作していますが(今度の夏コミも出すよ!)、内容が評論に分類されるので、捌くのがとても大変。
だけど、今まで3回頒布したうち、1回目は100部、次は200部、次は100部、と、その日刷った分は全て完売する成果を達成中。この部数は評論では異例なんだとかなんとか(←コミケ素人)

でも、コミケでこれだけ売るのにも大変だというのに、高校の文化祭で200部なんて、無謀にもほどがありますね。漫研などならともかく。
「限りなく積まれた例のあれ」をどうするのかが、今後のキーの1つになっていきますか。

折木奉太郎
古典部シリーズは基本的に折木視点の一人称文体で進行しますが、第3巻『クドリャフカの順番』だけは、古典部の4人で視点が入れ替わり立ち代わりする構成が取られています。
一人称の小説でもアニメに落とし込むと一人称らしさはある程度失われますが(『化物語』シリーズなんかはかなりらしさを残していますけどね)、それでも今までは「折木が登場しないシーン」はなかったのですね。ところが今回は、折木が登場しないシーンも多い。というわけでキャラごとに感想書いていきます。

折木の姉の供恵が帰ってきていますね。実は第11.5話の時点で帰ってきたのですが、もしかしたら見ていない人も多いのではないでしょうか。USTの配信に20,000人が集まりましたが、『氷菓』のテレビ視聴者はもっといるはず。第11話と第12話の間を上手く補完した見事な回だったので見るべきでしたよ、なんて、今書いても遅いのですが。1月に出るコミックスを買え、ということになってしまいますね。

珍しく落ち込む摩耶花に珍しく声をかける折木がちょっと優しい。
なんて、少し見直したところでしたが、里志の案が自分に利益をもたらすと分かると途端に里志案を支持、まんまと売り子の席に居座ってしまいました。ものぐさすぎんだろうオイ。

あくびを噛み殺し、歌が聞こえてきたら中庭を見に廊下に出てアカペラを聞く……と、なんとも折木らしい。あれは「ミモザ」!って思ってしまった僕はモグリ。ミモザはアカペラ曲じゃねぇじゃんよ。「ひとり」いい曲だよねー!

っと、アカペラ部でなにやら問題が発生したよう。ジュースが盗まれた?
まぁ、こんなところからミステリーが発生していたりしてね。

古典部員がそれぞれ2冊買うとして、なんて大雑把すぎる計算で12冊は捌ける(当初の予定部数だとこれで2/5!)と考えていた折木ですが、とうとう1冊売れました。やったね!
被服研の彼は、自分のところの宣伝も兼ねて歩き回っていたのでしょうね。
今回の折木は100%活躍ナシ。次回は出番を取り戻せるか!

福部里志
やつのテンションが無駄に高すぎるのは、落ち込んでいる摩耶花を元気づけるためでもあるのか、それとも単に神高祭が楽しみすぎるだけなのか。後者かなw 千反田との約束を忘れてお笑いに夢中になってたし。

しかしなんだあのファッションセンスは。さまざまなイベントで好成績を残して古典部を売り込むという里志の案は確かに理に叶っていると思うけど、有名になると言っても予防線を張られたら駄目だと思うんだ。

まぁそれはともかく、神高祭を本気で楽しもうとしている姿は見ていてこちらも楽しくなってきます。似非粋人はお祭りが大好きなのだ。
謎サターンは置いておくとして、登校中の摩耶花を元気づけるシーンはとてもよかったです。里志は本当に摩耶花に優しいなぁ、告白はかわし続けてるけど。

アバンタイトルでは、どのイベントに行こうか楽しそうに悩んでいる姿が。部屋が映されましたね。基本的にはフツーの男子の部屋だけど、カバンと巾着袋の群れがすごいw
さりげなくパンフレットに細工して古典部を目立つところに入れるなど、何気にきっちり部に貢献しています。職権乱用だけど、少なくとも折木よりは有用w

伊原摩耶花
いつもと違って覇気がない……というには、大人しすぎる今回の摩耶花。
30部を200部に誤発注してしまったとなれば、まぁ責任を感じてしまいますわな。特に「正義」の摩耶花、自分のこの失敗は許せないんでしょう。

ちょっとしゅんとしてる摩耶花も可愛い……じゃなくて、古典部全体の責任だとして摩耶花を励ますみんなが優しいですね。
やっと笑顔を見せてくれましたが、文集をどう売り捌くか会議では終始無言。やっぱり元気になるにはさすがに無理か。

と、摩耶花の憂鬱のタネは文集ばかりではないようです。
漫研の方に行ってみると、なにやらちょっとよくない雰囲気。そこのボカロ集団! 緊張感ないよ!
まだまだ導入の1話目なのでどういうことになっているのかがよく分からないですが、僕らの摩耶花に辛い思いをさせているようなら漫研許すまじ!(早計

アバンでは、眠れなくて睡眠薬を飲んでいました。なんとまぁ……
部屋は、さすがに片付いていますね。本棚に漫画がギッシリ埋まっているのが、らしいと言えばらしい。

千反田える
愚者編ではあまり活躍がなかった反動かどうかは分からないけど大活躍!
……とは、少し違う感じですかねw

視聴者にとっては大活躍でしたね。あっちこっちに目を奪われて神高祭を楽しんじゃう千反田が可愛すぎてたまらないです。せっかくの文化祭回であるのをいいことに、アニメオリジナルのシーンも大量に追加。写真部がやべぇな……ちょっとこれは、橘さん家の教官を呼んでこないといけないな……

しかし、物語的には大した活躍ができず。
最初に立てた作戦通りに総務委員長の田辺にアタックを仕掛けるも、冷静な対応にあえなく撃沈。田辺さんがイケメンすぎるぜ。無理なお願いだから簡単に承諾はできないけど、きちんと話は聞き、協力できない代わりにアイディアを提供。ついでに福山。

そのあとの千反田は……、いったいなにがしたいんだ?w
たぶん、氷菓を置いてくれそうなところを探しているのでしょうが、目移りしすぎです。だれか早く前しか見えなくなる眼鏡を用意するんだ! 手遅れになっても知らんぞ!

可愛かったのでいいや、なんて。まだ導入部ですしね、次回はメインヒロインらしくバシッと活躍してくれることでしょう! たぶん!
そういや、アバンでは家から出て神社にお賽銭を投げていました。スカートにパーカーに片側結びに、と何気に格好が可愛い。「夜にちょっと出かける」感がよく出ていますね。

----------

アニプレッション「こんなにも面白い『氷菓』の世界 第12話」は、7月10日の夜から深夜にかけて投稿予定です。
(7月11日1時53分)更新しました。合わせてどうぞ。

----------

つぶやき
文化祭での一番の思い出は、マイケルのスリラーを踊った時かなぁ。小道具班?がガチ衣装とガチメイクを用意してきて、ベスト衣装賞だかそんなやつをゲットしました。ダンスもやたらクオリティ高くなっちゃって、「俺たちすごいんじゃね?」って思ってました。今は、ほとんどダンス忘れましたけど。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-2 Comments
tara ""
神酒原さんの読み通り今回も顔見せ無しでしたね>供恵
うー…もどかしい(^^;)ジタバタ

文化祭の描写は期待通りの賑やかさでしたね。モブの一人一人まできっちり描かれてるので、確かにこれは何度も見返したいです(^^)
ホータローは“活躍”こそ無かったですが、店番を満喫する姿はある意味真骨頂ですよねw
適当な拍手と強張った笑顔が面白かった…これも映像化ならでは♪

千反田さんのコスプレ写真は、同じく橘教官の顔が脳裏にw(多分、ペンギン着ぐるみからの連想ですね^^)
コスプレといえば摩耶花の装い!ちびっこ体型ならではのフロル摩耶花が見れたのが個人的には嬉しかったですv
摩耶花の渋いセレクトが安易に今風のキャラに変更されないか少し心配してました(^^;)

序章でこの盛り上がり(^^)
ワクワクが止まりませんね~(里志には負けますがw)
2012.07.14 13:02 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
コメレス遅れまして、申し訳なかとです。

供恵はもう顔出ないでしょうねw 是非見たいんだけどなぁ。

>文化祭の描写は期待通りの賑やかさでしたね。
この賑やかさは本当にすごいです。他アニメだと、1枚絵のインパクトで勝負したり、BGMなどを使って盛り上げたりするものですが、そこを京アニはサラッとモブを大量に動かしてしまうというw
BGMの方も、『氷菓』の全体的な流れに合わせて抑え目ですしね。さすがに、ところどころ賑やかなBGMが流れましたが。
折木のテキトーな拍手がツボでしたw

>(多分、ペンギン着ぐるみからの連想ですね^^)
はい、まさにそうですw 紗江ちゃんと並べたいw
フロルに関しては、元ネタを知らない上に結局調べてもいないっていう。

>摩耶花の渋いセレクトが安易に今風のキャラに変更されないか
後ろがボカロでしたねw
まぁ、京アニはこういうところで媚びることはないでしょう。なんて言う僕も、過去の自社アニメのコスプレするんじゃないかと1ミリくらいは思っていたりしたのですがw
2012.07.20 19:46 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/2998-fc29deda
氷菓 第12話
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第12話 限りなく積まれた例のあれ文化祭前日古典部面々はそれぞれの気持ちを抱え過ごしていたどうやらなにか問題が起きたようだが…文化祭当日奉太郎は
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
氷菓の第12話を見ました 第12話 限りなく積まれた例のあれ 明日に文化祭を控え、眠れないえるはお参りし、3日間に古典部に幸運がありますように、山を越せますようにとお願い
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想
今回の話しも面白かったですね。 配信されていた11.5話を見ているのと見ていないのとでは 見方が大分違ってきますよ。 新ED、可愛くて良かったです。 陸山生徒会長の開会宣言によ...
氷菓 12話「カンヤ祭りスタート。千反田さんのコスプレが眩しい」(感想)
  いよいよ「カンヤ祭」が開幕。 千反田さんの様々なコスプレに眼福! 井原さんの11人いる!コスプレも渋い! 200部も刷ってしまった「氷菓」は 果たして売れるのか。 そして、...
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」
 えるは「気になります」なものが多過ぎですね。
氷菓 -HYOUKA- 第12話 感想
 氷菓 -HYOUKA-  第12話 『限りなく積まれた例のあれ』 感想  次のページへ
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
えるちゃんは文化祭前夜にお参り。 3日間に古典部に幸運がありますように、山を越せますように... 登山でもするんでしょうか?(´▽`*) 氷菓のこともあって、古典部と因縁の...
『氷菓』#12「限りなく積まれた例のあれ」
「目標は、『氷菓』200部の完売です!!」 前日、古典部メンバーは眠れない夜を過ごしたようだが、 いよいよ今日から神山高校文化祭が始まった! だが、なにやら摩耶花は浮か
氷菓 第12話 感想「限りなく積まれた例のあれ」
氷菓ですが、伝統ある文化祭、カンヤ祭が始まります。古典部ですが、文集を30部頼んだのに、間違って200部も来てしまいます。この大量に積まれた氷菓を、どうするかで奔走しますが、
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想
さ、文化祭です!第54回カンヤ祭! 夜の神社に成功をお祈りするえるちゃん。 夜空や道に咲く花がすごくキレイ! 澄んだ空気が伝わってくる丁寧な作画がすごい~(*´∀`*) 古典部
氷菓 第12話 7/9 あらすじと感想 #hyouka #氷菓
 文化祭は危険がいっぱいw。「米作りは土作り」。メイドえるちゃん、可愛い。  明日は、神山祭、何やら、えるちゃんは夜にお参りに来ていましたが、この理由は、翌日の部室で
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
クドリャフカの順番 (角川文庫)(2008/05/24)米澤 穂信商品詳細を見る  ついに神山高校の文化祭が開かれました。高校学園祭のにぎわう様子が、丁寧に描かれています。ここのあたり、さす...
氷菓 12話「限りなく積まれた例のあれ」
どうやら、11.5話が配信されてたみたいですね。 ・・・見逃してしまったけど(^^;
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想
カンヤ祭がはじまりました。文化祭の空気感がすごい。
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想
カンヤ祭を満喫しよう―
氷菓 第十二話「限りなく積まれた例のあれ」
氷菓 第十二話「限りなく積まれた例のあれ」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
グダグダじゃないか、こいつらww
氷菓 第12話
「限りなく積まれた例のあれ」 どうか明日からの三日間私達に幸運がありますように …あの山を乗り越えられますように…
氷菓 #12「限りなく積まれた例のあれ」感想
みんながワクワクして眠れない文化祭前夜気合入ってますねぇペン先割れてる万年筆をよこす姉貴 つくづく素直じゃないというかひねくれてんなぁちょっとしんみりな摩耶花かわえええ...
氷菓:12話感想
氷菓の感想です。 文化祭は始まる前の準備と始まる時のセレモニーが一番盛り上がる(経験談)
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」 レビュー・感想
どうか、明日からの三日間、私たちに幸運がありますように。あの山を乗り越えられますように・・・ それぞれの想いを秘めて『カンヤ祭』に臨む古典部員たち、夜中にお参りするえる ...
[アニメ]氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
楽しい楽しい文化祭の始まりだ! エイエイオー!ってな雰囲気とは裏腹な現実が待っていたわけですが、それでも楽しめちゃうから私困ってしまいます。
氷菓 12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想
カンヤ祭の始まり。
氷菓 12話 11人いるなど
噂のカンヤ祭の始まりです 3日に短くなっているのですが、3日でも凄い長いと思います。普通1日ですよね?
氷菓〜12話感想〜
「限りなく積まれた例のあれ」 文化祭通称「カンヤ祭」の当日、姉が久々の登場でも顔はわからず。 奉太郎はそんな姉から万年筆をもらう。 里志のほっぺに手をつける摩耶...
氷菓 第12話 【限りなく積まれた例のあれ】 感想
カンヤ祭前日。 「あのヤマを乗り越えられますように」 果たして、今回はどんな事件が待っているのかな? 私、気になります! 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美...
遂にカンヤ祭開幕! アニメ感想 氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
楽しい楽しい文化祭、えるさん天使の笑顔
氷菓 #12 「限りなく積まれた例のあれ」
興奮と不安が入り混じりし文化祭  どうも、管理人です。やる気の波とやらなきゃならないことの量の比が見事に反比例しているわけですが、泣き言も言ってられんのです!(キリッ
氷菓12話 カンヤ祭へようこそ!
氷菓の12話を見ましたよ。 いやー、よかったですね。 ホームズえると、 ワトスン摩耶花な!! 氷菓も折り返し地点を過ぎて 新しいエンディングアニ
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]『いけません! 』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第12話 雑感
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 #kotenbu2012 #ep12 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでど
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」
氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 <あらすじ>  陸山生徒会長の開会宣言によりいよいよ始まった「カンヤ祭」。せっかくの楽しい文化祭なのに古典部4人は浮かない顔。 ...
氷菓 第12話『限りなく積まれた例のあれ』感想
「どうか、明日からの三日間・・・私たちに幸運がありますように」 「『あの山』を乗り越えられますように・・・」 文化祭の前夜、神社に御参りをするえる。 彼女は文化祭の成功
アニメ感想 『氷菓』第12話「限りなく積まれた例のあれ」
待ちに待った文化祭編がスタートした『氷菓』第12話。 高校の文化祭というと「図書室に避難して、外の喧騒をBGMに読書三昧」が思い出(ぉ)なので、今回の「店番バンザイ」なホータ...
氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」
古典部シリーズ、前回で『愚者のエンドロール』編が終わりましたが、今回から早速『クドリャフカの順番』編の始まりです。 OP無しで文化祭前夜のそれぞれの様子を描いたシーンから始...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。