FC2ブログ

MENU
ココロコネクト

ココロコネクト #3「ジョバーと ローブロー」 感想!

荒療治だが、確かにいい方法。

 
 
 
空手少女唯
まぁ、いくら空手をやっているからといって、それで暴漢を撃退できるかというと、イコールではないよねぇ……
と思ってたけど、太一のやった荒療治のおかげで男性恐怖症がかなりのレベルで治ったということは、こりゃあ唯の習ってた空手は似非空手だなw

というのも、空手には金的攻撃が当然のようにあるのです。僕の通う道場でも金的を始めとした急所攻撃をたくさん習います。
様式だけのダンスみたいな空手をやっていたなら、そりゃあ自信も喪失してしまうというもの。
前回見せた蹴りなどはなかなかのものでしたが、あれは作画がよかったからですね。絵コンテはよくなかったけど。ちょっと手首をつかんだだけで人が一回転するっておかしすぎる。

とまぁ、そんな空手トークは置いといて、この荒療治は本当にいいですね。青木の言う太一の「すげぇ」というのがよく分かるお話でもありました。
女の子でありながら、男の子の痛みを知ってしまった唯。これはなんというか、僕も同じ男の端くれとして、可哀想と言わざるを得ない……w
でもこれで、金的をやられたら男はマジでどうしようもないということを身を以て学ぶことができました。頭じゃなくて感覚で分かっているというのは強い。確かにこんなことをされたら、並でない男性恐怖症でも治ってしまうだろうなという説得力があります。

稲葉の言葉じゃないですが、入れ替わりでこんな副産物が得られるとはね。悪いばかりではなくて、なんだかほっこりするお話でした。青木はマジ頑張れ。
しかしよくない兆候もあちこちに。イナバーんが突然魂が飛んだみたいに倒れてしまったことはもちろん、その稲葉が「一番脆い」と言った伊織に妙な話が。会話内容から推察するに、ベタなものだと再婚なんかが思いつきますが……

つぶやき
実は今期で一番感想書きにくいのがコレ。
面白いことは確かに面白いのだけど。理由は自分でもよく分かってません。書き方を変えればいろいろと書けそうな気はするけど。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3031-9ce48683
[アニメ]ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」
心の隙間に眠る傷跡だと思っていた傷痕は癒してくれる存在が居続けることで少しずつ治っていくのだろう。そして、完治した時の喜びを将来に託し、少女は今を歩き始める。
ココロコネクト 第3話 7/23 あらすじと感想 #kokoroco
 入れ替わりの影響。  冒頭は、姫子ちゃんが太一くんの性格を指摘、彼は根っからの受け身キャラらしい。このときの姫子ちゃんの態度から察するに、相当、神経が参っている様子
ココロコネクト 3話「ジョバーとローブロー」
人格変化を利用した唯のトラウマ克服。
ココロコネクト #3 「ショバーとローブロー」
ココロコネクト (3) (ファミ通クリアコミックス)(2012/07/14)CUTEG商品詳細を見る  八重樫太一を自己犠牲野郎と言う稲葉姫子。 鋭い指摘ですが、ここまで無見込むと人間関係が
ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」
伊織は俺の女だ!  なんて人格入れ替わった時に、稲葉さんが言った理由は? 伊織を守るために一番簡単だし、 太一が自己犠牲野朗だからだそうです(´▽`*) 伊織は脆いと心
ココロコネクト 第3話「ジョバーとローブロー」
人格が入れ替わったのをいいことにって余計なイタズラはするもんじゃなかったですね(笑)。 頻繁に、かつランダムに、人格が入れ替わることで自身の心が疲弊していくだけでなく、
ココロコネクト 第3話 「ジョバーとローブロー」
「ココロコネクト」 OP パラダイム『ありがとう太一』 原作:庵田定夏 キャラクター原案:白身魚 総監督:大沼心 監督:川面真也 アニメーション制作:SILVER LINK. 八重樫太
該当の記事は見つかりませんでした。