MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓

氷菓 第16話「最後の標的」 感想!

福部里志の憂鬱

 
 
 
つながっていくピース
アニメで見るとまた、よくできているなぁと感じます。
十文字事件と『夕べには骸に』がつながっていく様が面白すぎてたまらない!

海外を飛び回っている供恵ですが、神高祭の時期には帰っていたのでしょうかね。なんと、摩耶花太鼓判の『夕べには骸に』を持っていました。
自分にも他人にも厳しい摩耶花が「大好き」と言い、比較的無感動な折木が「いいぞ、これ」とため息をつき、活動家の供恵がわざわざ持ってきたほどの作品。
本郷脚本の時も思いましたが、読んでみたいですね、『夕べには骸に』。純粋に。

この『夕べには骸に』が折木の手に渡ったことにより、今回の十文字事件が『夕べには骸に』のあとがきで予告されていた可能性が浮上。
そして、千反田の好奇心のおかげで作画担当者まで分かってしまいました。生徒会長の陸山さん。折木が間違えて覚えていたのも無理はない、変換で出てこないじゃないかw

僕はアニメが始まる前に原作を読んだのですが、それももう4ヶ月前の話で、しかも一度しか読んでいないので、結末は覚えているのですが、どうその結末に辿り着くのかというプロセスがところどころ抜けております。
次回の解決編を大いに楽しみにしたい。

古典部の面々
結局、ちゃんとコスプレしてたのは摩耶花と河内先輩だけだったという。
なんというか、酷い話ですね。絵の具の水をちょっと水滴だけかけてやろうという些細なイタズラ心のつもりが、注意散漫で人にぶつかって水がダイレクトに摩耶花に。
これは辛い。結局、湯浅部長のフォローも虚しく摩耶花は古典部に逃げてきちゃいました。

まぁでも、結果的にはこれでよかったのかもしれない。
摩耶花は自分にも厳しいから、「逃げる」ということをしないのですよね。だからいちいち河内先輩らに立ち向かっちゃうし、前回も里志を見付けても甘えないようにと声を掛けなかった。
それは強いのかもしれないけど、その強さは損です。なまじ強いから、ある程度のことは我慢してしまう。
どの道着替える必要になったので、今回の件は摩耶花が逃げるためにはいいきっかけになりました。摩耶花はほんと、逃げていいと思うんだ。古典部というホームがあるんだから。

『夕べには骸に』に再会できたというのもあるかもだけど、千反田とバッタリしてからの摩耶花はけっこう活き活きしてましたしねw
ついでに、折木からあとで『夕べには骸に』を借りる約束を取り付けました。次回はこれを持って河内先輩に殴り込みか!?

折木の方は……なんというか、今回のお話ではほんとに役得ばかりだなw
壊れた万年筆から化けた漫画がとても面白かったり、十文字事件を解く鍵が上手いこと揃ってきたり、千反田の胸元がチラリ見えたりw

里志はなんだか、追い詰められちゃってますね。
以前から折木の才能に対して含むところがあった里志だけど、ここにきて一気に表出。
しかし現行犯逮捕しようとしたら裏をかかれ、それでもいろいろ考えてみるけど、結局折木に推理する材料を与えてしまっているだけ。
しかも、自分では現行犯逮捕しかあり得ないと思っていた容疑者1,000人以上のこの事件を、折木は推理で犯人を特定しようという。

ライバル心、というには爽やかではありません。
嫉妬、でしょうかね。千反田と触れ合うことによって折木が真価を発揮し、それは里志のこよなく愛する変人であるはずが、いつの間にか負けたくない相手になっていた。
もしこの事件を里志が解決できたとして、彼のなにが満たされるのでしょうかね。

しかしどうも今回も、折木に託すしかない。
推理会議のあとの里志が切なすぎます。渡り廊下から棟に入って「陰」の下にいる里志と、「光」に照らされる折木の対比が残酷で美しい。今回は里志の心情を描写するためか、光の量を意図的に調整する演出が目立ちました。

千反田はいつも通りで安心するw
せっかく放送部のお昼のゲストにお呼ばれできたというのに、出だしでマイクに頭をぶつけてしまう……というオチが秀逸すぎて面白いです。里志が振りまいたちょっとダークな雰囲気を一瞬で吹き飛ばしやがった。

折木の「卑猥な話」も面白かった。いやぁ腹抱えて笑いましたよw
『氷菓』は瞳のハイライトに力を入れているところも特徴ですが、千反田の目から見事な塩梅でハイライトが消えていて、今までの演出が積み上げたものを効果的に利用したいい演出でした。やばい、思い出しただけで笑いがぶり返すw

古典部と工作部、怪盗十文字がどこを狙うかはまだ折木も推理できていませんし、そもそも推理で狙いが絞れるのかどうかも分かりませんが、古典部は「校了原稿」を餌に釣るようです。
なるほど、校内放送で宣戦布告をするのでしょうね。我々は校了原稿を用意して待っているぞ、来るなら来い、十文字。みたいな。

それにしても、怪盗十文字のミスリードに使われた千反田の友達の十文字さん、出てきませんね。
千反田のことを「える」と呼ぶ貴重な人物だというのに。
あ、ちなみに、十文字さんが登場した第12話で感想ブログを回ると彼女のことを千反田の先輩だと勘違いした人がたくさんおりました。千反田が敬語を使うので紛らわしいですが、千反田はだれに対しても敬語ですね。十文字さんは千反田のクラスメイトです。追記アニプレッションの記事を書く時に気付いたんだけど、まぁいいやと思っていて、でもコメントで指摘をいただいたので追記します。千反田と十文字さんはクラスメイトではありませんでした。同学年ではありますけど。

----------

アニプレッション「こんなにも面白い『氷菓』の世界 第15話&第16話」は、8月7日の夜から深夜にかけて投稿予定です。
(8月8日3時27分)投稿しました。合わせてどうぞ。今回は読者さまの希望にも答え、合併版です。

----------

ちょっとお知らせ!
わたくし神酒原も所属している「アニプレッション」は、この夏コミC82で『アニプレッション vol.3』を頒布します!

今回僕の寄稿した記事は、なんと、上でも少し触れた本郷脚本について!
実際の本郷脚本とはどういうものだったのだろうか? という好奇心を念頭に、小説形式で本郷脚本を再現してみました。つまり、二次創作小説となっています。
アニメの楽しみ方として、1つ前進した形を実践できたのではないかと自負しています。
夏コミに参戦される方は、3日目はぜひアニプレッションブースへ!
詳細はアニプレッションのブログをよろしく!

つぶやき
今使ってる巻き取り式のイヤフォン、最高です。鞄につっこんでもコードが絡まらないよ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
 "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.08.06 09:57 | | # [edit]
 "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.08.11 07:08 | | # [edit]
tara ""
「夕べには骸に」はできることなら読んでみたいですよね~
今回、一部だけでも中身が見れてテンション上がりました(^^)

「ものすごく卑猥な話だがいいか?」で表情が固まった千反田さんの顔は最高でしたw
ボッと赤面させるかと思いきや、こう来たか!みたいな…(^^)

里志のダークな描写も良かったですね。光と陰の対比は素人目にも判りやすくて効果的な演出でした。
見てて切ないものがありますが、ホータローとの間にわだかまりがあるわけではないので嫌な気分にはなりません(それにひきかえ漫研部の連中は…)

手掛かりの見せ方(映像面)も今回は満足してますv
ただ、次回で解決だとすると結構内容てんこ盛りな気がしますが収まるんでしょうか…(^^;)
2012.08.12 18:21 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
「あいつを許せと?」でしたっけ?
うおおおおお見られたよおおおおおお!って感じでしたね。表紙だけだと思ってたから余計にw

>ボッと赤面させるかと思いきや、こう来たか!みたいな…(^^)
表情固まる方が、「ちょっw 折木なに言ってんだw」感がありますね。なんにせよ、思わぬ地雷を踏んでしまった(と思わされている)千反田ドンマイということでw

漫研の連中はねぇ。漫画好きとは言っても漫画は漫研にいなくても描けるので、摩耶花好きとしては「もう辞めちまえよ!」なんて思うところですが、摩耶花はたぶん辞めないんでしょうね。この子ほんと強いから。逃げるよりは徹底的に立ち向かうことを選んじゃう。
里志のダーク感は、里志が1人で騒いでいるだけなので、2人の関係として見たら確かに嫌な気分にはなりませんね。その分、里志の虚しさが強調されるわけですが……

手掛かりはよかったですねぇ。アニプレッションの記事をまとめながら、改めて感心しました。
2012.08.13 21:03 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3061-98617855
氷菓 #16「最後の標的」感想
十文字の謎ってもうどうでもよくね?(ぇ福部くんは躍起になって頑張っておりますが手に負えないと諦めの境地折木のお姉さん登場も顔見せろや!「夕べには骸に」を手に入れた!あと...
氷菓 16話「十文字事件は夕べには骸にで予告されていた?」(感想)
今回はこの目から光を失った 千反田えるさんが最高に可愛かったです。 十文字事件と夕べには骸にがまさかの繋がり。 冴え渡る折木の推理にただただ脱帽です!  
氷菓 第16話 「最後の標的」 感想
伏線の張り方が面白いですね。 次回の解決編が楽しみです。 怪盗「十文字」を現行犯逮捕しようとする里志。 一方、奉太郎は相変わらず、店番。 そんな中、奉太郎の姉、供恵が学
氷菓 第16話
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第16話 最後の標的3日目のカンヤ祭開始里志は早朝から十文字を待ち伏せすることにするのだが…えるが学校にやってくるとなにやら客らしい女性がポスタ
氷菓 第16話 最後の標的
氷菓 第16話。 文化祭三日目スタート、 「十文字事件」と「夕べには骸に」の関係性。 以下感想
氷菓 -HYOUKA- 第16話 感想
 氷菓 -HYOUKA-  第16話 『最後の標的』 感想  次のページへ
氷菓 第16話 「最後の標的」
 ずっとりくやまだと思ってった。
氷菓 第16話 「最後の標的」
「私だって…私だってとっても気になってるのに…!どうして福部さんだけ……!!」 ヤミエル降臨(゚д゚;) 気になっているえるちゃんに気がついた情報を教えてあげないとこうなっ
氷菓 第16話「最後の標的」
氷菓の第16話を見ました 第16話 最後の標的 ――十文字事件を餌にして氷菓を売ろうという発想は悪くない。だが、それでも完売には少し足りないか…。考えてみるか、上手くい
氷菓 第16話「最後の標的」
未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る  折木 供恵は事件の真相に気がついたようで、可愛い弟にヒントを与えるために同人漫画を渡したようです。わらしべ長者が、面...
『氷菓』#15「最後の標的」
「里志。この事件、何か意味があるぞ」 文化祭最終日。 怪盗「十文字」を現行犯逮捕しようとする里志は、 「く」のつくグローバルアクトクラブで張り込みを開始! だがそこには
氷菓 第16話「最後の標的」感想
いよいよ最終日です!正念場です! でも十文字事件解決はまだ次回へ持ち越しです!丁寧に描いてますね~(。・ω・。) 古典部文集を売るため、名を上げるため、自らの可能性を試す
氷菓 第16話「最後の標的」
氷菓 第16話「最後の標的」  奉太郎の姉、学校にまで襲来!w あくまで顔は見せないって演出ですか( ̄▽ ̄)  えるちゃんの会ったことあるようなって反応見ると、 奉太郎
氷菓 第16話 8/6 あらすじと感想 #hyouka #氷菓
 また、あのお方が持ってきたw。  張り込みを続ける里志くん、既に、他の探偵くんたちがクイズ研に集まっていた。しかし、盗難は、軽音部(けいおん!部w)で発生し、弦を盗
氷菓 第16話 「最後の標的」 感想
青春模様だけでなくてミステリー的にも展開がかなり気になってきました。つながって結ばれていく謎が面白いです。
氷菓 第16話 「最後の標的」 感想
同床異夢―
氷菓 第16話「最後の標的」レビュー
容疑者は1000人以上だよ それなのにつながりもミスも見つけず 犯人を特定しようというのかい 里志は感情をむき出しにして、奉太郎にくってかかります。 前回同様に奉太郎に対抗...
氷菓 第十六話「最後の標的」
氷菓 第十六話「最後の標的」です。 アニメ版『氷菓』も、『クドリャフカの順番』の
[感想] 氷菓 第16話 「最後の標的」
えるたその死んだ目が色々ワロタ(*´∀`) ということでいよいよ十文字事件が佳境へと向かっていっている氷菓第16話。
氷菓 第16話
「最後の標的」 私だって… 私だってとっても気になっているのに、どうして福部さんだけ
氷菓 16話「最後の標的」
水をかけられた摩耶花。 今の状況に、本当は耐えられなかったのかな。 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る
氷菓 第16話「最後の標的」 感想
カンヤ祭最終日の3日目。奉太郎は十文字事件の犯人を突き止めることができるのでしょうか…?今回は合間の古典部の面々の何気ないやりとりが観ていて楽しかったです。えるに...
氷菓 第16話「最後の標的」
奉太郎がエンジンかかってまいりました。
氷菓 16話 「最後の標的」 感想
キング先輩が舞先輩に。ぶっちゃけ色気がない時点であのコスはアウトです。
輝かしい奉太郎 アニメ感想 氷菓 第16話「最後の標的」
福部里志奮起!!
氷菓 第16話 【最後の標的】 感想
グローバルアクトクラブって何やっていんだろう? 次の盗むものはクですね。 しかし(多分自称)探偵がたくさん増えましたね~ でもどうせ、もう盗まれているってオチなんでしょ?  ...
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第16話 雑感
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第16話 「最後の標的」 #kotenbu2012 #ep16 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか
氷菓 #16 「最後の標的」
種明かし前の、前提の見直し  どうも、管理人です。何か先週引いた風邪をぶり返しそうな勢いでちょっと怖いのだが…。今週中は今日からほぼ毎日スケジュール入ってて、おまけに
氷菓 第16話「最後の標的」
氷菓 限定版 第3巻 [Blu-ray]『期待してるよ、奉太郎・・・』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部...
[アニメ]氷菓 第16話「最後の標的」
物語が動き始めそうで動かない、このじれったい気持ちが解決への悩みとなり、登場人物へとシンクロする。なんだか本当にカンヤ祭を楽しんでいるかのよう。
氷菓 第16話「最後の標的」 レビュー・感想
さあ十文字、来るなら来い! 十文字事件に正面から挑む里志、それはシャーロキアンになりきれないデータベースのとしての意地なのか・・・?
氷菓 第16話『最後の標的』感想
「おーっす」 「相変わらず省エネに勤しんでるわね」 「姉貴?本当に来るとわ・・・」 文集が順調に売れていた矢先、古典部の部室で一人静かに店番をしていた折木の前に供恵が様
氷菓 第16話「最後の標的」
文化祭に来た供恵、壁新聞を見てさっそく何か心当たりを見出したようですが・・・徹底して彼女の顔見せありませんね〜(苦笑)。えるが感づくくらいなので奉太郎とどこかしら面影か...
アニメ感想 『氷菓』第16話「最後の標的」
「クドリャフカの順番」というキーワードがついに登場した『氷菓』第16話。 原作は既読ですが、感想は未読の方の興を削がないようにストーリーの本筋には触れない方向で…(^^)
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。