FC2ブログ

MENU
TARI TARI

TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」 感想!

この圧倒的なワクワク感がすごい!

 
 
 
とても胸に込み上げる回でした
最終回に向けて、最高に盛り上がった素晴らしいお話でした!
今回の視聴後感はちょっと本気でやばい。胸から込み上げるものが多すぎて、全部書いてたらとんでもない量になりそうです。

最終回を盛り上げるためには、それなりの「壁」が必要ということで、前半は合唱部の面々が壁にぶち当たってしまう様子が描かれました。
ドロドロしすぎず、ウィーンの歌ですぐに1つにまとまってしまうところが彼ららしくて本当に爽やか!

迷わずゴミ集積場へ向かう4人もよかったですが、僕は生徒会での一連のシーンがとても印象に残りました。
来夏の演説もよかった。正直、ときどきガチで頭おかしいんじゃないかと思うこともあるけど(一応褒め言葉w)、心から込み上げる想いの強さで来夏に勝る者はいないのです。それが大抵は空回りするのが来夏だけど、ここ一番の今回ではビシッと決まっていて、かっこよかったぞ!

しかし僕が一番よかったと思ったのは来夏の弟くん。
このシーン、えらく淡々としているのですよね。生徒会長がすでに完全に興味なし状態で、部長さんたちの半数以上も諦めてしまったあとで、議題はあっさり否決。
だからこそ来夏の熱さが際立ったわけですが、挙手のシーンで弟くんも手を上げていたのですよねw

このさりげなさが、とても嬉しく感じました。彼も理事会の横暴に怒りを覚えている1人なのでしょう。
しかもこれだけではなく、来夏が白祭の中止の中止を提案した時、すぐにホワイトボードに書いたのですよね。こういうさりげない描写が本当に面白いです。

今回一番込み上げてきたのは、墓前のシーン。
教頭は「自分には音楽の才能はなかった」「全てまひるがやった」「その娘にも才能が受け継がれている」ということで結論がついてしまったようで、その上学校が取り壊されるということで悔しい思いから墓参りに来ていたようです。

そこで和奏のかけた言葉がいい!
確かに教頭には音楽の才はなかったかもしれないけど、それでいいんだと。
私は友達がいたから、この曲を作ることができた。
お母さんにも、気持ちを分かち合えるそんな友達がいたんじゃないかな。

この言葉は本当に嬉しかったでしょう。教頭が長年抱え込んできた劣等感のようなものを、一発で払拭してしまうようなパワーのある言葉でした。
このシナリオには感服です。おかしいな、なんだか僕のあごから水滴が落ちてくるぞ。

他にも、紗羽の想いを聞いた紗羽パパとかねw
この人は本当に不器用で、どうしようもないくらい不器用すぎて娘を傷つけることもあったけど、その娘を想う心だけは本物なのですよね。

彼は以前の件を通じて、娘が騎手に本気であることを知った。だから自ら学校へ突撃をかけた。
そんな彼だからこそ、「どうしようもなくて、諦めなきゃいけないこともあったけど」という言葉には胸を打たれたのではないでしょうか。
そんな娘が、今この時しかできないことに本気をかけようとしている。
親として、今動かずにいつ動くんだ!

でも動いた結果が寺の看板?にポスターを貼りまくるだけというところがやっぱり不器用w
パパンかわいいよパパン。

紗羽の方も、「お父さんは絶対に来るよ」と、ちゃんと父を見ていますねぇ。あの親父だ、「お父さん絶対に見に行くからな!」なんて口が裂けても言えないでしょう。ポスター貼りまくっているところを見て、「来てくれるんだ」と感じたのだろうね。
こんなさりげないセリフ1つからも親子関係の修復が見られて、ほっこりしてしまいます。

自分たちのやりたいことのために突っ走る5人もいいけれど、この作品はその5人の周りを固める人たちがとてもよく描かれていて、心がすごく温かくなります。
最終回には、特に高橋先生と校長先生の活躍を期待したい。
いや、高橋先生は見に来て声をかけるくらいの出番だろうけどねw ほんと校長には、最高の大人っぷりを見せてもらいたいです。

やまない雨はないよ!
いつも「このCパートいるのか?」「これBパートとくっつけていいんじゃね?」と思っていたのですが、今回のCパートはちょっと傑作だったw
少し久しぶりな気がするたりたりお得意のセリフ重ねに、最後のウィーンのセリフ。今回の、いや、僕の中では今作一の名台詞な気がします。

私たちの白祭をやろう!
ということで作業に追われる合唱部員たちですが、今回は大智が少しフィーチャーされてましたね。
バドミントンと、それから歌うくらいしかできない大智は大道具や衣装を自分で作る技術も手間もない。
オードソックスな作劇なら、そこでどうにかこうにか自分で仕上げてしまうものですが、結局他人にやってもらうというのが、5人の熱意が周りの人を巻き込んでいくたりたりらしい作劇でいいですね。

特に衣装の作り方を頼むシーンが僕は好きだなぁ。
大智はさすがに「相手の手を煩わせるわけにはいかない」ということで自分の手で仕上げることにこだわるわけですが、「私がやってあげるって言ってんの!」と彼女が言ってくれたのがとてもいい。
大智の熱意を見て、協力してあげたいと思ってくれたのでしょう。

そのあとパシリに使われたのは、なんだか大智らしくてニヤニヤすると同時に、同じ男として少し情けなくなりましたがw

もちろん、前回のやつとセットで、紗羽とのシーンも大好きです。
なんだろうこの2人超ニヤニヤする!
たぶん紗羽の方は特になにも思ってなさそうだけど、明らかに意識しちゃってる大智が可愛いのなんの。本編中では無理でもこの2人くっつかないかな。

勇気を出して写真を頼んで撮らせてもらったはいいものの、結局踊ってる後ろ姿を撮っちゃう大智が面白い。後ろ姿の写真も何気にいい出来だったけど、これってあれですよね、上からばっちり撮った可愛いやつは自分だけのフォルダに永久保存というやつですよねw
ちなみに、撮ったあと椅子の上でしゃがむ仕草など、今回は絵コンテの出来がやたらよくて面白かったです。担当は、たぶんP.A.社員の、P.A.作品で演出を多く手掛けている許なんちゃらさん。なにあの漢字出ないんですけどw

和奏の作った歌は、ピアノ伴奏?主旋律?は聞かせてもらったけど、やっぱりちゃんとは聞けませんね。これは次回を大いに楽しみにしたいと思います。
しかしタイトルがいいなぁ。『radiant melody』。「輝ける旋律」と訳せますかね。
お母さんが学生時代に作った『心の旋律』と少しだけ掛けてあって、ニヤリ。早く聞きたーい!

白祭の準備は満タン、あとは雨が降らないのを祈りながら来たるべき時に全力を出すだけ!
次回予告では理事のジジィと対峙するシーンもあって、緊張感もすごそう!
サブタイは「晴れたり泣いたりあとは時々歌ったり」と、なんかもうすでに泣きそう!
最終回、心して臨みたいと思います!

つぶやき
中国の暴動怖い!
抗議するなら抗議するで、もう少しスマートにやって欲しいものだよ……

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
3 Comments
 "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.17 02:41 | | # [edit]
tara ""
「ガチで頭おかしい」とか、酷いや神酒原さんww
擁護の余地が無いのが困ったところですが…(^^;)

部長会議での演説は今までで一番決まってたと思いますが、あそこでドラマチックに満場一致へと持って行けないところがやっぱり来夏だなぁ…と(^^;)
来夏弟のさりげないフォローも良かったですよね。嬉しいやら微笑ましいやらで頬が緩みました(姉の方は多分気づいてないでしょうけどw)
2012.09.21 21:41 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
さすがに一週間以上遅れるとまずいですね(汗)

>擁護の余地が無いのが困ったところですが…(^^;)
ほらーw
言ってしまえば、そんなところが魅力なのですけどね。声楽部の彼女のような部外の人間からすれば「なんだこいつ」となるけど、身内から見れば可愛い、みたいな。

>(姉の方は多分気づいてないでしょうけどw)
うん、気付いてないでしょうねw これに気付けるようなら来夏は今頃声楽部のエースですb
満場一致にならなかったのは、来夏らしいと同時に、『TARI TARI』らしいとも感じました。泣いたり笑ったり歌ったり、いろんなことをしていくのがたりたりですが、同様に、いろんな生き方や考え方があるんだなぁと。理事会が勝手に中止にするならするですっぱり諦めて、次のことに専念するのも一つの道。
2012.09.29 20:55 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3113-3fbccb5c
TARI TARI 第12話
第12話『重ねたり響いたり』TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray]白祭の中止の中止ですか。
TARI TARI:12話感想
TARI TARIの感想です。 いざ白祭へ。
TARI TARI 12
何か冒頭からいきなり来夏が泣いててびっくり。 でもまあ悲しくてというよりは感動系の涙っぽいので、よしとする。 最終回を目前にして、物語も終盤に。 今回は仲間の絆を再認識...
TARI TARI 第12話 重ねたり 響いたり 感想
やりたいという思いだけではどうしようもないこと。 それでも、やりたいと思う。それがなかったら何も始まらない、変わらない。 どんなことも、まずそれに対する思いから始まって
TARI TARI 第12話
関連リンクhttp://taritari.jp/第12話 重ねたり響いたりもう一度白祭を!そう決意した5人は…。最高のケースと最悪のケースを考える面々結局は皆での白祭にしたいという想いからその後紗...
TARI TARI 第12話「重ねたり響いたり」 感想
学校廃校、そして白祭が中止になっても、自分達で白祭・合唱劇をやろうとする合唱部の面々。その思いは生徒や学校側に届くのでしょうか…?今回はそんな白祭に向けて頑張る合...
[アニメ]TARI TARI 第12話「重ねたり響いたり」
大智が失敗を重ねたり、教頭や周りの生徒、商店街の人など色々な人の心に来夏たちの思いが響いたり。
TARI TARI #12
『重ねたり 響いたり』
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」
TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~(2012/09/26)TVサントラ商品詳細を見る  理事長による学園解体計画は着実に進んでいます。これ自体は止められそうにはないで
TARI TARI 第12話 感想
 TARI TARI   第12話 『重ねたり 響いたり』 感想  次のページへ
TARI TARI 12話「重ねたり響いたり」
どうでもいいけど、生徒会長役って茅野さん?
TARI TARI 第12話 「重ねたり響いたり」
TARI TARI 2 [DVD](2012/10/03)高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他商品詳細を見る  折角、沖田紗羽に許可を取って写真と撮ったのに 大道具にあげた写真は、後姿をこっそり写したものだった。 ...
TARI TARI〜12話感想〜
「重ねたり 響いたり」 白祭が中止になっても、自分達でやろうと決意した合唱部。 張り切る大智に「かっこいい〜」 そんな中、大智は紗羽に写真をとらせてほしいと
この歌に今の自分達の精一杯を詰めて アニメ感想 TARI TARI 第12話「重ねたり響いたり」
例え自分達だけでも歌う事を諦めない
TARI TARI #12「重ねたり 響いたり」感想
目標や方向性を失っていた五人学校は無くなるけど中止になってしまった文化祭をやはりどうしてもやってみたいとの想いもうみんな回想とか締めに入っちゃってる・・・こういうのはキ...
TARI TARI 第12話「重ねたり響いたり」
合唱部の誠実さがみんなを動かす。 険悪ムードを吹き飛ばすウィーンマジック。 青春してるなあ~(^^) 理事長に負けるなー!! こなちゅの受け売りしかできない校長が 商店街の人
TARI TARI 12
何か冒頭からいきなり来夏が泣いててびっくり。 でもまあ悲しくてというよりは感動系の涙っぽいので、よしとする。 最終回を目前にして、物語も終盤に。 今回は仲間の絆を再認識...
TARI TARI 第12話「 重ねたり 響いたり」
TARI TARI 2 (描き下ろし収納BOX付・初回限定仕様) [Blu-ray]『かっこ悪くたっていいじゃん!』 原作:EVERGREEN 監督・シリーズ構成:橋本昌和 アニメーション制作:P.A.WORKS 坂井和奏:高垣
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」感想!
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」 「白祭の中止の中止を提案します!」 白祭をやるために、できることはやる! 来夏は部長として、クラブ会議で「中止の中止」を提案。 ...
TARI TARI #12 「重ねたり響いたり」
白祭中止に負けない合唱部! 「TARI TARI」の第12話。 「歌わなきゃ、やってらんない!」 白祭の中止にも負けず動き出す合唱部。 白祭の資材も廃棄業者に収集される中、美術部の協...
TARI TARI 第12話「重ねたり響いたり」
和奏ちゃんの呼びかけで白祭の準備に再起動した来夏たち。 賛同を得れず、もし5人だけでも歌うのだと。 皆で歌えたら、卒業して進路先が分かれても歌を聴くたびに思い出す。 誘
TARI TARI 第12話 「重ねたり 響いたり」 感想
大丈夫、みんなで進めば怖くない―
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」感想
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」感想 泣けたり溢れたり。
TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」
和奏の 「やろうよ!白祭」 の呼びかけから、歯車を回して牽引するかのように合唱部の5人が他の生徒をどんどん巻き込んでいく展開が熱くクレッシェンドしていくようで良かったですね...
2012年03クール 新作アニメ TARI TARI 第12話 雑感
[TARI TARI] ブログ村キーワード TARI TARI 第12話 「重ねたり響いたり」#taritari2012 #ep12 『TARI TARI』P.A.WORKSによるオリジナルアニメーション作品。監督は橋本昌和、『レイトン教授と永遠
TARI TARI 第12話 重ねたり響いたり
和奏の前向きさに牽引され、合唱部では白祭の準備に動き出します。 田中は紗羽に事情を話し、写真を撮らせてくれというものの、変な事を言って済まないと謝罪して引っ込めよ ...
アニメ感想 『TARI TARI』第12話「重ねたり 響いたり」
『TARI TARI』も次回で最終回… 白祭の「中止の中止」に向かって少しずつ波が大きくなっていく描写にもうワクワクしてしまって、クライマックスへの期待が高まります(^^)
該当の記事は見つかりませんでした。