FC2ブログ

MENU
氷菓

氷菓 第22話(最終回)「遠まわりする雛」 感想!

遠まわりして、辿り着くのは。

 
 
 
最高級の最終回
京アニによるアニメ化の報を聞き、これはと思って原作を一気読みしたのですが、その時から「最終話エピソードはこいつで決まりだな」と思っていました。なにも僕だけではなく、原作既読者のほとんどはそう思っていたでしょうけどね。
短編なのに2クールアニメの最終回を飾るに相応しいこのエピソードを、とてもとても楽しみにしていました。

いっやぁ、大満足!

もうね、もうね、心の底からわき上がるこの充実感ね!
見たぞ、ついに最終回を見届けたっ!という感覚が僕を埋め尽くしています。『氷菓』というアニメに出会えて本当に幸せです。

生き雛行列の演出については、少し予想外の手法でした。
もう少しオードソックスに、作画の力に任せて描き切るものかと思っていたけど、撮影効果をバリバリつけた上で画面の揺れる演出も追加。そういえば氷菓では、他の京アニの作品に比べても撮影効果を多用しているのでした。
そして、納得の出来。なるほどな、と思いました。折木からは見えないのですもんね。

それにしても美しかった!
本気モードの最強作画で描かれた千反田や行列の華々しい様子は、最高に楽しませてもらいました。こんなに美しい映像はなかなか見られません。
茶髪さんが今回の事件を起こしたがったのも、折木の言う通り、分かる気がしますね。もちろんみんなに迷惑をかけたのは駄目なことですけどね。

そして遠まわりした結果見られた、いや、見られなかった、生き雛千反田と狂い咲きの桜のコラボレーション。
行列中の折木の葛藤が本当にやばかったw
その気持ちがぐいぐいと伝わってきます。これは見たい。是が非でも見たい。
しかし見られない折木のジレンマが強烈です。

帰り道の2人
この最終回、このシーンが本当に本当に見たかった!

「お前が諦めた経営的戦略眼についてだが、俺が修めるというのはどうだろう」

2つともを選ぶのが無理なら、2人で1つずつやればいいじゃない!
という意味の、事実上の折木のプロポーズ。
結局言ってないのかよ!と画面に激しくつっこんでしまいましたが、これを言いたいだけの気持ちが折木にはあるということで。

ニヤニヤしすぎてやばいです。
狂い咲きの桜が舞い散る光景も美しすぎます。
ああ、このシーンに辿り着くために今までの『氷菓』はあったんだなぁ……と感じてしまいました。

まだまだ遠まわりしそうな2人ですが、心から応援してあげたいです。
いやもう、くどいようだけど素晴らしかった。

ちょっとだけ摩耶花
何気に、全編通して折木と摩耶花のツーショットって壊滅的に少ないのですよね。パッと思いつくのは、映画の件で「あの映画にはザイルが出てこなかったわよ」と言ったシーンくらい。
というわけでアニメオリジナルです。

作中時間だと、約2ヶ月前ですか。チョコレート事件についてお互い少し声を掛け合いましたが、なんてことはない会話だったけど、2人の会話シーンが見られて嬉しかったです。

というか「うん、聞いた」と苦笑する摩耶花が空前絶後に可愛くてやばかったです。いくら千反田が美しくてもやっぱり僕は摩耶花派だということを再確認。心臓を撃ち抜かれるというのは、きっとこの気持ちのことを言うんだろうね!

第1話以来の西屋太志作画はやはり素晴らしいです。キャラデザ本人が作監すると違うね。特に中距離からの目の描き方が素晴らしい!
その中でもさらに摩耶花が輝きます。背が小さくて童顔なのに瞳のサイズも小さい摩耶花のキャラデザは正直完成度が高すぎてね。

総評
最終回なので、総評をさらっと。

『日常』に続き西屋太志総作監のもと、美しい作画が評判になった『氷菓』でしたが、ただ美しいだけではない、武本康弘監督×西屋太志総作監らしい美しさが表現されていて、京アニの作風がまた1つ広がった印象を受けます。
美しいだけなら、『CLANNAD』や『AIR』なんかもやばいですからね。

特に武本監督にとっては、一から制作するものとしては初の作品でした。
彼はフルメタシリーズなど何度か監督をやっているけど、全てだれかの引き継ぎなのですよね。ハルヒもそうだし、らき☆すたもそう。
今回のアニメ化は、今まで以上に彼のカラーが出ていたと思います。もともと大好きな演出家でしたが、もっと大好きになりました。

お話の方は、ほとんど原作通りの展開でしたが、やはり京アニが作ると違った新鮮感があるなぁと感じました。
いくつか物語の解釈を変えていたのを含め、最高に楽しませてもらいました。いい原作を、いいクリエイターたちがアニメ化するとこうなる、という見本をまざまざと見せつけられたような気分です。

一番お気に入りのエピソードは、氷菓編最終話の第5話。なんだかんだで三好一郎の演出が最強だと思うw
エピソード単体でここまで気に入るのは、もうしばらくは出てこないだろうとさえ思えます。また監督しないかなぁ。

京アニは10月からすぐに、『中二病でも恋がしたい!』が始まりますね。安定の石原立也監督のもと、最高のエンターテインメントを見せてくれるものと期待しています。
ハイテンションラブコメディだから、まさに武本康弘の演出が映えると思っているのだけど、参加してくれるかなぁ。武本康弘のことを勝手に仕事が早そうだと思っているので、きっと来てくれるはず(ぇー

----------

アニプレッション「こんなにも面白い『氷菓』の世界 第22話」は、9月18日の夜から深夜にかけて投稿予定です。
(9月19日1時36分)投稿しました。合わせてどうぞ。

----------

つぶやき
WiiUが出るけど、僕は買う予定なし。でもテイルズでタイトルが出たらきっと買っちゃうんだろうと思う。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
12 Comments
名前を入れてください "通りすがり3"
>何気に、全編通して折木と摩耶花のツーショットって壊滅的に少ないのですよね。
>パッと思いつくのは、映画の件で「あの映画にはザイルが出てこなかったわよ」
>と言ったシーンくらい。

えぇぇΣ(゚д゚)

3話の推理シーンとか(写ってないだけで千反田さん居ますがw)、10話の協力出来なくて謝るシーンとか、12話の朝に一緒に部室に向かうシーンとか、15話でABC殺人事件の内容を聞いたりコンパス投げ付けられたり、、、、

あれ、やっぱ少ないや。
失礼しましたorz
2012.09.17 20:09 | URL | #NAijnZeA [edit]
名無し "こんばんは"
暫くぶりです。

原作を読もうかどうか考えた末に、期間限定の楽天ポイントが
5000ptもあったために、楽天で全巻購入してみることにしました。
(3巻だけ在庫切れで、後にアニメイトで購入)

それだけじゃなくて、ココロコネクトと何故か今更
まよチキ!の原作などもまとめ読みしていてとても時間が
かかりました(笑)。

はっきりいって、原作の中ではクドリャフカが一番面白かったです。
氷菓は作者のデビュー作なのでやはり出来があまり良くなかったん
でしょうかね。

# 全体的には好みのジャンルの話ではないし、あまり奉太郎の
# 気持ちに共感できなかったというのも理由かも知れませんが。
# (どちらかというとぼくは奉太郎よりも里志型の人間かも)

それでも徐々に面白くなっていっているなと思いました。

> 「お前が諦めた経営的戦略眼についてだが、俺が修めるというのはどうだろう」

これ、実際に言ったのかと思うような演出でしたね。
びっくりしちゃいました。
本当にプロポーズかと・・・。

奉太郎はなにげに責任感が強く負けず嫌いだから責任を負いたく
なくて、負けたくなくて省エネ主義を言い訳に逃げてただけなんじゃ
ないかと感じたり。

あと、中恋がTVKで放送してくれなくてちょっと困ってたりします。
(まあ、TOKYO MXがありますが)

近いうちに3巻が出そうな感じがしますね。
2012.09.18 21:53 | URL | #HuBhO90w [edit]
はふぅ "ホータローは熱くなるのか?"
たぶん、千反田家は会社経営してるんだろな。
その跡取り娘が千反田える。
……
このままだとホータローの『芽』は無いわ。

熱くなるのか? なれるのか? ホータロー?
2012.09.19 09:56 | URL | #nGdA3O4A [edit]
なんでもいいです。 "いやぁ、これ以上は無い。"
いやぁ、ホントすごかった。
2012.09.20 04:08 | URL | #DjWpHR/w [edit]
神酒原(みきはら) ">通りすがり3さん"
記事書いたあとに、まぁ他にもいくつかあるよなぁ、とは思ったけど、結局少ないんで追記はしませんでしたw
それ考えると、やっぱり今回の折木と摩耶花のシーン追加はグッジョブですね。
2012.09.22 00:12 | URL | #- [edit]
tara ""
堂々たるフィナーレでしたね(^^)
寂しさよりも先に「良かった」「凄かった」という感想が口をついて出て来ます。ここまで辿り着けたことに感謝…
また、神酒原さんのレビューのお蔭で楽しさも数段増しでしたv 完走お疲れ様です<(_ _)>

映像が楽しみなエピソードでしたが、期待通り(以上?)の美しさに思わず溜め息…
行列の演出はホータローのもどかしさが文章で読む以上に伝わって来ましたね(^^)
最後に(特殊EDか何かで)里志視点から千反田雛&ホータローを見せてくれるのかな?と思ったりもしましたが…w

ラストのやりとりが縁側から帰り道に変更されたのは、映像的な効果を考えてのことでしょうか…?
ホータローの“プロポーズ”には一瞬騙されましたw(「え、言っちゃうの?」みたいな^^;)

摩耶花の会話シーン追加は最高のご褒美♪
里志とのその後について明確には描写されませんでしたが、摩耶花の表情が何かもう本当に幸せそうで見てるこっちまで幸せな気分になるというか…(^^)
あの笑顔の可愛さはキャラデザ本人による作監というのもあったんですね…納得です。
アニメでの摩耶花は声・演技・表情・仕草とあらゆる全てが可愛いですが、その基礎であるキャラデザが何と言っても素晴らしいですよね。「西屋太志」の名前はもう絶対に忘れません(^^)
2012.09.24 01:20 | URL | #0I.hwxmE [edit]
㌧ ""
ここまで感想お疲れ様でした。

アニメ感想めぐりというのは、同じ作品に触れた自分と他人の視点の相違を求めてするものですが、京アニの大ファンの神酒原さんの視点ということで、主に演出面で新しい発見をいくつもさせてもらいました。まさに「もう一度お話を見返したくなる記事」でしたねっ^-^

アニプレッションの記事共々、毎週楽しく拝見させていただきました。ありがとうございます。中二病の記事も楽しみにしてます!
2012.09.24 16:17 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しさん"
コメレスが大変遅れました。すみません。

ええと、中二病の記事と氷菓第10話の時にコメントをくれた方ですよね?
固定ハンドルがないとちょっと分かりにくいかも。

古典部シリーズ、原作読んだのですね。僕は『ふたりの距離の概算』をまだ読んでませんが、ここまで読まれたのかな。
僕も読んだ中では、クドリャフカが一番面白かったです。また、クドリャフカが一番という声をよく聞きます。単純に面白いのに加えて、折木以外の視点が新鮮なので印象に残りやすいのかなと思ってます。
氷菓については、他の巻に比べて出来が悪いというよりは、他の巻が氷菓に比べて出来がいい、という印象です。

僕も原作を読んでいる時は、折木に感情移入することは少なかったかな。アニメ版はこの辺のフォローアップがとてもよかったです。

>負けたくなくて省エネ主義を言い訳に逃げてただけなんじゃないかと
折木は自分のモットーにけっこう誇りを持っているようなので、逃げてたというのは違うと、僕は感じるなぁ。

>近いうちに3巻が出そうな感じがしますね。
アニメが始まりますからね、出すなら今ですからね。
でも一般流通はやっぱりしないだろうから、放送に合わせる利点は特にないような気もします。
出てくれると嬉しいですけどね。
2012.09.29 20:47 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">はふぅさん"
コメレスが大変遅れました。すみません。

僕は農業に関しては門外漢なのですが、農業ってなんか、会社経営ってイメージがなかったりします。法人ではあるのでしょうけど。というわけで、千反田が言った「会社経営」は比喩の可能性もあるんじゃないかと思ってます。会社経営もひっくるめて、入須のような立ち回りは自分にはできない、という意味で言ったと思うので。
芽がない、ってのはよく分かんないな。
2012.09.29 20:50 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">なんでもいいです。さん"
すごかったですね。
2012.09.29 20:50 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>寂しさよりも先に「良かった」「凄かった」という感想が口をついて出て来ます。
終わってしまうことが寂しくなってしまう作品は良作ですが、その寂寥感を「面白かった」が吹き飛ばしてくれる作品はさらに傑作ですね。

>また、神酒原さんのレビューのお蔭で楽しさも数段増しでしたv
いえいえそんなそんなw ありがとうございます。

>里志視点から千反田雛&ホータローを見せてくれるのかな?
いやいやー、『氷菓』はその辺の視聴者の期待をあえて潰してきたじゃないですかw
他作品であれば、京アニもやったかもしれませんけどね。

>ラストのやりとりが縁側から帰り道に変更されたのは
映像効果、が一番の理由でしょうね。他に考えらえるとしたら、第4話の時みたいに、「同じ場所にとどまっているとアニメーションとして面白くない」というものがあるかな。むしろ発想の始まりとしてはこっちで、「じゃあ縁側からどこへ移動するか」となった時に、帰り道に狂い咲きの桜があるじゃないか!となったのではないかと予想してます。なのでこのシーン、実は少し整合性が狂っていたりします。打ち上げや縁側のシーンは千反田邸なので、千反田邸からの帰り道にこの桜があるはずないんですね。であれば、わざわざ道案内をするまでもないはずですし。まぁ、これはミスというよりは映像美のためにわざと残したのでしょうけど。

>摩耶花の表情が何かもう本当に幸せそうで見てるこっちまで幸せな気分になるというか…(^^)
なんだかんだ、里志といられると幸せなんですよね。苦いこともあったけど、それでも今は楽しいよ、くらいの表情が絶妙すぎてたまらんです。

>その基礎であるキャラデザが何と言っても素晴らしいですよね。
デザインの出来がいいですよねー。ただ出来がいいだけではなく、線の数が多いというのが驚愕ものです。他社でこのデザインでやったらすぐに作画崩壊しちゃうw
西屋太志は、ハルヒ二期の頃からぐんぐん伸ばしてきた京アニの新鋭ですね。キャラデザは『日常』以来2回目。デザインの質で言えば、今は退社した荒谷朋絵(『ムント』シリーズのデザイン)と並んで京アニ隋一だと思っています。
2012.09.29 22:13 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">㌧さん"
ありがとうございます!

>まさに「もう一度お話を見返したくなる記事」でしたねっ^-^
そそそそんな! 褒めたってなにも出ないんですからね! 
京アニの大ファンとして、演出面での発見があったということで、嬉しく思います。素人が好きというだけで大口叩いて語ってるだけですが、お役に立てていればよかった。

>中二病の記事も楽しみにしてます!
勘違いがあるといけないので一応確認をするのですが、今のところ、アニプレッションでの中二病の連載記事の予定はないですよ。
ただ、「もす!」での記事ではいっそうの気合いを入れるので、いらした際にはまたよろしくお願いします。
2012.09.29 22:28 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3114-31b9a924
氷菓 第22話(終)
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第22話 遠まわりする雛えるから電話が掛かってきて明後日の予定を聞かれて傘を持ってくれと言われる奉太郎…傘持ちのために水梨神社へ自転車で桜並木を
氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 (最終回)
桜吹雪の下、美しすぎるえるの微笑み 最後までえるが美し可愛かった!この笑顔が最後にあっただけで今まで見てきて良かったと思えるような、物語の締めに相応しい素晴らしい映像演
[アニメ]氷菓 第22話「遠まわりする雛」(最終回)
終わった。終わっちゃった。でも、終わった感じがしないのは、二人の未来ともう二人の未来がなんだか明るいものに見えてきたので、その妄想で楽しめそうだからなのかも知れません ...
氷菓 第22話「遠まわりする雛」
最終話です。  えるちゃんの気になりますもこれが最後とは寂しいですね。 春を予感させる中で、とりあえずアニメ版は幕をとじる。 幻想的な背景もあって、まだ奉太郎たちの物語
氷菓 第22話「遠まわりする雛」
氷菓の第22話を見ました 第22話 遠まわりする雛 えるからの電話で生き雛祭りの傘持ちの代理に奉太郎は頼まれる。 橋で工事が行われているせいで正規のルートが使えず、男衆が...
氷菓 第22話(最終回) 「遠回りする雛」 感想
綺麗でいい終わり方でしたね。 これで最終回というのが惜しいです。 えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。 祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの
氷菓 -HYOUKA- 第22話 最終回 感想
 氷菓 -HYOUKA-  第22話 最終回 『遠まわりする雛』 感想  次のページへ
氷菓 第22話 「遠回りする雛」 感想
遂に最終回。 あらすじ えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎。 脚
氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」
氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」です。 アニメ版『氷菓』も、今週で最終回らしい
[終]氷菓 #22「遠まわりする雛」感想
生きびな祭りえるさんが雛役でその隣を歩く大役を直々に仰せつかった折木こんちくしょうめ雛役のえるは型にハマっているというか違う人みたいだあっという間に時間は過ぎてしまい祭...
[終]氷菓 #22「遠まわりする雛」感想
生きびな祭りえるさんが雛役でその隣を歩く大役を直々に仰せつかった折木こんちくしょうめ雛役のえるは型にハマっているというか違う人みたいだあっという間に時間は過ぎてしまい祭...
氷菓 第22話(最終回)「遠まわりする雛」 感想
氷菓も今回で最終回。えるから雛祭りの傘持ちを頼まれた奉太郎。奉太郎はそこでどんな体験をすることになるんでしょうか&amp;hellip;?今回はそんな雛祭り行列に注目です!京アニの演出...
氷菓 第22話(最終回)
「遠まわりする雛」 千反田が見えない 気になる、気になる…
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第22話 雑感
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 #kotenbu2012 #ep22 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容な
氷菓:22話感想&総括
氷菓の感想です。 未来に遠回りする2人。
氷菓 第22話 「遠回りする雛」 感想
遠回りして見えてくるもの―
氷菓 第22話「遠まわりする雛」(最終回)
遠まわりする雛 (角川文庫)(2010/07/24)米澤 穂信商品詳細を見る  最終回だけあって、オッサンさんが声優さん的にも豪華でしたね。千葉さんがいい感じで。祭りの傘持ち役として、奉太郎...
『氷菓』#22「遠回りする雛」(最終回)
「俺の省エネ主義が致命的に脅かされている」 省エネは恋愛沙汰を扱えない? 突然、えるに「傘を持ってくれませんか?」と電話で頼まれた奉太郎。 何を頼まれているか分からず、
[感想] 氷菓 第22話(最終回) 「遠まわりする雛」
プロポーズキターーーー!と思ったら妄想かよw でもこれはこれで二人らしい良い最終回だった! ということで京アニ渾身の背景が段違いで綺麗すぎた氷菓最終回第22話。
氷菓 第22話(最終回)「遠回りする雛」
奉太郎がいい感じに籠絡されてきたところで、完。終わるのはやいよー
氷菓 第22話 遠まわりする雛
氷菓 最終話。 生きびな祭りの傘持ちに任命された奉太郎は・・・。 以下感想
氷菓 #22 「遠まわりする雛」 <終>
彼女が十二単に着替えたら? 「氷菓」の最終話。 春休み中、えるから突然「傘持ち」を頼まれる奉太郎。 行列の経路の問題でドタバタが起きたりするがえるが手配して無事収まる。 ...
氷菓 最終話 「遠まわりする雛」 感想
もう面倒臭がる素振りすら見せねぇなコノヤロウ(笑)
氷菓 第22話 「遠まわりする雛」
氷菓 第22話 「遠まわりする雛」 感想です えるの生き雛 もっと見たかったです
氷菓 第22話 【遠まわりする雛】 感想
4月1日にエルたんからの電話の誘い 「傘を持って欲しい」 旧暦で4月3日がひな祭りのようです。 旧暦を使う行事ってあまり聞かないですが、結構メジャーなのでしょうかね? 氷
氷菓 最終回22話「遠回りする雛」
京アニらしい美しい演出が見事な最終話! 氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray](2012/09/28)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る
遠回りしても前に進む アニメ感想 氷菓 第22話「遠回りする雛」
桜舞い散る道を彼等は歩んでゆく
氷菓 最終回「遠まわりする雛」
氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]『もう春です』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助
氷菓 第22話「遠まわりする雛」
こちらの期待以上の、良い最終回でした。制作に関わった全ての方々は本当にお疲れさまでした。今回、まずは十二単に桜という組合せの絵で雅な雰囲気が表現できていたのは、さすが京...
氷菓 第22話 「遠まわりする雛」(最終話)
氷菓 第22話 <あらすじ>  えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると…、そこは戦場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎。
氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」
 …何と……何と美しい……。  京都アニメーションの描いた桜のシーンは、これまで何度も目にしてきましたし、そのいずれもとても美しいものでした。  でも、今回のこの桜...
アニメ感想 『氷菓』第22話「遠まわりする雛」
TVアニメ『氷菓』完結。 あっという間の2クール22話だった…という感覚です。 放送に先立って原作を読んだ際は「これだけ動きの少ない話をどうやってアニメに…?」と思ったりしま
気になります!
アニメ「氷菓」を見ました。 テレ玉にて 日曜深夜にやってました 米澤穂信の小説 古典部シリーズのアニメ化 1作目、2作目は既読でした 日常の謎を扱ったミステリで そこに高校生
該当の記事は見つかりませんでした。