fc2ブログ

MENU
中二病でも恋がしたい!

中二病でも恋がしたい! Lite第2話「邪王真眼・黎明編」 対話感想!

まさかの過去編。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):対話感想の時にふらっと召喚される謎の人物。口下手な神酒原の代わりに進行役を務める。実は神酒原の生き別れの兄という噂があるが、真実は定かではないらしい。お酒は苦手らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。去年の10月期からこの対話感想を導入して、今年からはサブとして使っていたが、どういうわけか今期は半分以上が対話感想になりそう。やばい。



神酒原 「原作でも触れられなかった六花の過去……それは……!」
  酒原 「そんな大仰なものでもないだろう」
神酒原 「いやでも、ほんとに原作では六花の過去はほとんど」
  酒原 「中二病的に盛り上げたいのは分かったから、ほら、さっさと感想やるぞ。ショートアニメの感想だ、たまたま辿り着いてくれる読者も短いレビューを求めてるだろうからスパッとまとめてさっと終わろう」
神酒原 「うん、スパッとまとめてさっと終わる」
  酒原 「どうだった? 繰り返しにはなるが、まさかの過去編だ」
神酒原 「ともちゃんが理解ある友達すぎて泣けた。六花が高校生になってもバリバリ現役でいられるのは、ともちゃんのおかげだったんだね……!」
  酒原 「どちらかというとともちゃんの「せい」なのでは」
神酒原 「ともちゃんを馬鹿にするな!」
  酒原 「してねぇよ! 勇太はあれだろ、中学時代にぼっちになってしまったから高校進学と同時に足を洗えたわけだし」
神酒原 「いや、正確には勇太はぼっちじゃなくてしちみ――」
  酒原 「おっと、それ以上は原作ネタバレだ」
神酒原 「――唐辛子」
  酒原 「上手に回避できました」
神酒原 「まぁでも微笑ましかったよ。プールでは包帯取っちゃう六花が可愛い」
  酒原 「あれだな、体育の前に封印した敵を体内で浄化しちゃったんだな」
神酒原 「なるほど。しかしあれだ、ちょっと『ちとせげっちゅ!!』っぽかった」
  酒原 「先生に怒られる+ショートアニメ、だとまぁそういう発想になるか」
神酒原 「次回はなんだろう。勇太の過去かな」
  酒原 「そうお行儀よく並べないだろ」
神酒原 「そしてしちみ――」
  酒原 「だからそいつの名前を口にしちゃ駄目だ」
神酒原 「――唐辛子は辛いよ」
  酒原 「ああ。辛いな」
神酒原 「ともちゃん本編でも登場したりしてね」
  酒原 「だとしたら面白いけどな。というか逆に、そういう仕掛けがないとこのネット公開のショートアニメの意義が少し薄いというところがある」
神酒原 「確かに」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3141-a6a5ab8f
該当の記事は見つかりませんでした。