FC2ブログ

MENU
To LOVEる -とらぶる- ダークネス

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第1話「Continue~コンティニュー~」 対話感想!

お前にコンティニューだ!

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):対話感想の時にふらっと召喚される謎の人物。口下手な神酒原の代わりに進行役を務める。実は神酒原の生き別れの兄という噂があるが、真実は定かではないらしい。お酒は苦手らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。電車で電話が鳴ったけど、取らずに切った若者を見た。当たり前のことだけど偉いなぁと思ってたら、電話が何度もかかってきたようで、結局は根負けして通話した。惜しいっ!



  酒原 「なにあの冒頭文」
神酒原 「いやなんか、ふいに思いついちゃって」
  酒原 「なんだっけあれ?」
神酒原 「バンブーブレード。初期に下級生いじめてぶいぶい言わせてた3年生部員が忘れられたころに再登場してゲーセンで喧嘩吹っかけた時の超迷台詞」
  酒原 「だっただった。懐かしい」
神酒原 「いいアニメだった。もう2期は期待しない方がいいかしら」
  酒原 「っと、そんなことより第1話だぞ! 感想やろう感想」
神酒原 「そうだね。大事な第1話だ」
  酒原 「ダークネスと副題がついたのは、原作がスクエアで再開された時の改題に倣った形になるわけだが、時系列上は2期最終回のすぐあとと思っていいのかね?」
神酒原 「いいんじゃない? 2日後と2ヶ月後にあまり差のないアニメだし」
  酒原 「?」
神酒原 「プチサザエさん時空ということ」
  酒原 「ああ、なるほど。というわけでダークネスでは、どうやらモモがクローズアップされるらしいな」
神酒原 「ナナ涙目だね」
  酒原 「ナナもそうだけど、問題はララじゃね?」
神酒原 「まぁそうだよね。ただでさえヒロイン多いというのに、明確にだれか1人をフィーチャーされたらヒロインの貫録がどんどん薄くなってしまう。しかもモモはいんら――」
  酒原 「その単語は語弊を招きそうだからポリティカル・コレクトネスで」
神酒原 「あながち語弊でもないけどなー。……しかしモモは大胆なところもあって視聴者受けがいいだろうし、けっこうよく考えて行動してるから印象もつきやすい。ララは基本的になにも考えてないからこれはやばいぞ」
  酒原 「なんだかララがアホみたいな言い方だな。言ってしまえばアホで間違いないんだけど」
神酒原 「言ってしまってるよ。……モモがどんどん動いていけば、ただパンツにダイビングしていくだけではない、わりと真面目なラブコメが楽しめるんじゃないかと思ってね。期待度ということでは、この第1話を見て上がったんだよ」
  酒原 「しかしそうなるとララが……、と」
神酒原 「OPのラストカットをモモとどことも知れぬ馬の骨に取られてるくらいだからね……」
  酒原 「そういやその馬の骨は新キャラだ」
神酒原 「メアちゃんだね。モモの台頭で完全に空気になりそうだったナナを救ったいいキャラだよ」
  酒原 「なんか涙出てくるからその言い方やめなさい」
神酒原 「ごめんなさい。しかしまぁ見るからに怪しいよね。さぁ怪しめ!って感じに怪しいよね。でもどう見ても闇ちゃんに語りかけてたのこの子っぽい演出だったけど、クレジット見たら声違ったよ」
  酒原 「メアちゃんは井口裕香、謎の声は日高里菜だったな」
神酒原 「日高里菜ちゃんあんな声出せるようになったなんて胸熱」
  酒原 「それはどうしても言わなければならないことか?」
神酒原 「そうでもなかった。すまん」
  酒原 「で、結局のところまだ感想を1つも言っていないわけだが、どうだった?」
神酒原 「モモは大胆なところがあって視聴者受けがいいだろうね」
  酒原 「なにさっき言ったことを繰り返して、……ああ、言いたいこと分かった。お前も所詮は男なんだな」
神酒原 「男はみんなエロいんだ。エロいのはいいことだぞ! 生物の基本的な生存本能に従っているということなのだから」
  酒原 「もっともらしい理由つけると逆にカッコ悪いぞ、素直に言いなさい」
神酒原 「モモの誘惑エロくて最高です今夜のおかずにします」
  酒原 「素直すぎるわ」
神酒原 「え! ほんとだ言い過ぎた恥ずかしい、投稿前に削除を要求する!」
  酒原 「この記事はツイッター方式だから一度書いた文はもう消せません」
神酒原 「そんな馬鹿な」
  酒原 「他にはどうだった? 内容的には、多すぎるヒロインのだいたいを登場させるなど、作りは第1話らしい第1話だったが」
神酒原 「今期は第1話が印象的なアニメが多いね。いや、1期2期同様楽しめたよ。ただ」
  酒原 「ただ?」
神酒原 「作画があまりよくない。岡勇一の神修正はいずこへ」
  酒原 「ジーベックも大変なんだよ。最近I.G関係のいい話聞かないし」
神酒原 「ジーベックのいいアニメーターがノイタミナのために軒並みI.Gに出向きして修正が間に合わなかった、とかそんな事情があったりして」
  酒原 「憶測で話すのはよくないぞ」
神酒原 「うん、そうなんだけどね。でもまぁ今後もっといい作画が見られることを期待するよ」
  酒原 「エロアニメだからな、作画が命だ」
神酒原 「エロアニメってところにつっこもうとしたけど、上手くつっこめないや」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3143-9dd110d3
To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第1話「Continue~コンティニュー~」
ダークネスのメインヒロインはモモちゃん♪ 天然キャラの多いなか、黒くて計画的に行動する怖い子ですねw ララちゃんより危険だとリトも理解してるようです(´▽`*)
To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第1話「Continue~コンティニュー~」
モモ視点で語られる感じのダークネス。 リトハーレム計画と言いながら、実は自分も一人の女の子として見てほしいモモ。 ちょっと情が移るところですが、この子の場合はふだんがふ
とらダクアニメ1話:予想通りの光修正満載!リト曰く、何が起こってるんだ…!
 少し前にも書きましたが、全世界待望の「To LOVEる―とらぶる― ダークネス」アニメ版1話が放映されました。 OPも良かったのですが、  改めて見るとキャラの数多いですね…美柑
ToLOVEる-とらぶる-ダークネス〜第1話感想〜
秋の新作アニメの感想です。 「Continue〜コンティニュー〜」 デビルーク星の王女、ララ、そしてモモ、ナナが居候していた結城家。 リトの日常はまたしてもとらぶる続きな日々
To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第1話 Continue 〜コンティニュー〜
いつの間にかリトのベッドにモモが潜り込んでいたり、それをナナが怒ったり、ララが家の中を裸でうろついたり、リトの日常は相変わらず美少女達に囲まれる羨ましいもの。 最 ...
To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第1話 『Continue ~コンティニュー~』 もう十分以上に免疫は付いたろ。
女の子に免疫が無いだと。リト…流石にそのナレーションは寒い、寒すぎるぞ。そして重要なことが一つ。シリーズでありながら、今回結城リトは主人公じゃない。あくまでもナナ・
該当の記事は見つかりませんでした。