FC2ブログ

MENU
となりの怪物くん

となりの怪物くん 第2話「変」 対話感想!

変な人ばかり。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):対話感想の時にふらっと召喚される謎の人物。口下手な神酒原の代わりに進行役を務める。実は神酒原の生き別れの兄という噂があるが、真実は定かではないらしい。お酒は苦手らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。別に雫のように成績第一って考えてたわけではないが、中学・高校時代は学校でもトップレベルの成績を誇っていた。でも大学に進学したら落ちぶれた。数学ほぼやらなくなったから、論理的思考力が落ちてないかと心配。



神酒原 「あ、でも、私のこと好きにならないで下さいね。迷惑です☆」
  酒原 「ああ、任せとけ。それはねぇ^^」
神酒原 「変な人同士の周波数が上手く絡み合うとなぜかこんな風にスムーズに会話が流れてしまう、といういい例でした」
  酒原 「普通は変な人がいると会話がおかしな方向へ流れてしまうものだけどな。雫と春みたいに」
神酒原 「春や夏目さんがいるから目立たないけど、雫も大概変な人だよね」
  酒原 「いっちょ前に友達を欲しがる2人よりもしかしたら変な人かもな」
神酒原 「恋人として、友達として、などなど、人との関わり方を描いていく作品になりそうだね」
  酒原 「そして今回は夏目さん初登場回だ」
神酒原 「いや、前回さりげなく出てた」
  酒原 「そういうつっこみはいらん」
神酒原 「すまん」
  酒原 「ほら、神酒原、お前前回の感想記事で用意してて結局言えなかったセリフがあるだろ」
神酒原 「おお、あるある!」
  酒原 「言ったれ」
神酒原 「頭いいやつと頭悪いやつが同じ高校にいるとかおかしいだろ!」
  酒原 「うんうん。夏目さんどうやって入学したんだろうな」
神酒原 「あれじゃね、こなた的な感じじゃね? 受験勉強だけ猛烈に(一夜漬けに近い感じで)やって、入学したら全部さっぱり忘れたパターン」
  酒原 「でもそれなら一夜漬けの勉強法くらいは身に付いてるはずだろ」
神酒原 「あ、そっか」
  酒原 「まぁその辺は置いといて、夏目さんはお前的にどうだった?」
神酒原 「可愛かったよ。でもあれだね、作劇は上手いんだけど、なんか悲しくなっちゃうね」
  酒原 「なんで?」
神酒原 「あそこまで「私可愛い」アピールしちゃったら、サブキャラというよりなネタキャラで、恋愛的なストーリーに絡めそうにないじゃないか。少なくともしばらくは」
  酒原 「それはどうだろう。新たなるキャラが出てきたら分からないぞ」
神酒原 「あ、なるほど。『オオカミさん』式か」
  酒原 「自分言葉で話すんじゃない。まぁ言ってみればそうだな」
神酒原 「でもまぁ可愛いからいいや」
  酒原 「結論が浅いな。ところで今回、なんと雫と春が両想いに収まってしまったぞ」
神酒原 「早いよね。キミトドでは都合3クールかけて辿り着いた境地にたった2話で到達するとは」
  酒原 「『護くんに女神の祝福を!』を思い出すな」
神酒原 「いや、あれはさすがにもう少し引っ張った」
  酒原 「そうだったか」
神酒原 「でもあれだぞ、油断はできないぞ。雫さん照れ屋だから次の瞬間から「と、友達としてなんだからな!」とか言い出すに違いない」
  酒原 「……まぁそうだよな。春のキスしてもドキドキしない発言も伏線っぽいしな」
神酒原 「今回のサブタイ「変」は、たぶん雫の価値観の変化のことを指しているわけだから、別に恋人関係にならなくたって主題としてはしっかりした結論になってるんだけどね」
  酒原 「初めてのおサボリは気持ちよかっただろうな」
神酒原 「しかし本当に作画がいい。ブレインズ・ベースはもともと安定した作画で定評のある会社だけど、それでもすごくいいね。作画がいいと雫や夏目さんが本当に可愛くて最高だよ」
  酒原 「今期はやたらと作画いいアニメ多いよな。まだ第1話付近だからというのもあるだろうけど、それでも」
神酒原 「ああ。怪物くんに始まり、絶園のテンペスト、BTOOOM、K、もちろん中二病も、などなど、目にも楽しいクールになりそうだ」
  酒原 「Kはちょっとおかしすぎるレベルだけどな」
神酒原 「I.Gクラスの劇場版レベルだったよね。Kは素晴らしい作画に酔いしれると同時に、今後の作画が心配になってしまうアニメでもある」
  酒原 「なんか別のアニメの話になってきたぞ」
神酒原 「おお、危ねぇ危ねぇ。怪物くん、次回はどうなるかね?」
  酒原 「なんか第1話と第2話を合わせて導入部、みたいな感じだったからな。とりあえず春に鎖がつながれるんじゃないか」
神酒原 「それはありそうだ。あとEDいいね!」
  酒原 「ああ、お前は9nineが好きなんだったな」
神酒原 「特に好きというわけではないんだけど、彼女らの曲にはなぜかよく惹かれる」
  酒原 「それを好きというのでは」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3146-e95a734a
となりの怪物くん 第2話「変」
となりの怪物くんの第2話を見ました。 第2話 変 春にキスされた後、もんじゃ焼きを食べに来た雫は鳴り止まない動悸を抑えようとたくさんのメニューを頼む。 「俺、こんなに
となりの怪物くん 第02話 感想
 となりの怪物くん  第02話 『変』 感想  次のページへ
となりの怪物くん 2話「変」感想
となりの怪物くん 2話「変」
となりの怪物くん 第2話 10/9 あらすじと感想 #tk_anime
 新たな出会いと「デキた」らしいw。  春くんの前で、もんじゃをたらふく食べる雫ちゃんだったが、どうやら、意識を始めたらしいw。うむ、上手そうなもんじゃだったなw。  試
となりの怪物くん 第2話 「変」
 ネットのわたしが本当のわたしです。
となりの怪物くん 第2話「変」
「私 春が好きだ」 春を意識していると気づいた雫 そんな雫に勉強を教えて欲しいと声を掛けてきた夏目あさ子!    【第2話 あらすじ】 ニワトリを拾ってきたり、急に逃げ出した...
「変」
「ヤれと言われればヤれる。」 こりゃ、ホンモノだ。 (*´д`*)ハァハァハァ・・・
『となりの怪物くん』#2「変」
「私の世界を変えたのは春だ」 春にキスされて、ドキドキが鳴り止まない雫! その原因(思い)に心当たりがあるようだけれど、 ニワトリを連れてきたりと、春の奇行は相変わらず…...
となりの怪物くん 第2話 「変」 感想
展開が早いですね。 まだ2話だとは思えない速さですよ。 ニワトリを拾ってきたり、急に逃げ出したりする春の奇行には 慣れてきたものの、露骨なアプローチにどう対応していいか
となりの怪物くん 第2話「変」
となりの怪物くん(1)『すっきりと世界が広がっていく』 原作:ろびこ 監督:鏑木ひろ シリーズ構成:高木登 アニメーション制作:ブレインズ・ベース 水谷雫:戸松遥 吉田春:鈴
となりの怪物くん 第2話「変」
ハルにからのキスに動揺を隠せない雫ちゃん(〃∇〃) もんじゃ焼き屋さんでもヤケ食いですw 雫と一緒だったらきっと何食ってもうまいな♪ ずきゅ~ん☆ 天然のたらしキマシたw
となりの怪物くん 第2話
「変」 春 私、春に会えてよかった…
となりの怪物くん 2話「変」
春と一緒にいる時、顔を赤くする雫が可愛い! Q&A リサイタル!(初回生産限定盤)(DVD付)(2012/10/17)戸松遥商品詳細を見る
となりの怪物くん 第2話 【変】 感想
キスしてしまったので焼け食いです。 おいしそうですね~ もんじゃかな? あーいう店でお好み焼きとか食べたこと無いからあこがれますw というか、ニワトリを店に入れて良いのか...
となりの怪物くん
2話です ーざっすじー 雫と春はクラスメートの夏目あさ子に 勉強を教えと欲しいと泣きつかれる 訊けばネットのコミュニティーサイトのオフ会に 行きたいからだという 冷たく突き...
となりの怪物くん 第2話 「変」 感想
新キャラ・夏目あさ子の参加で雫と春の関係にどう変化をもたらすのか。 第2話 「変」感想は続きから
該当の記事は見つかりませんでした。