FC2ブログ

MENU
BTOOOM!

BTOOOM! 第3話「サバイバル」 感想!

生き残れ。

 
 
 
人間と人間の戦い
『猿の惑星』とか、『プレデター』とか、そういう特殊な設定である場合を除けば、「戦い」というのは人間と人間が起こすもの。
これは当たり前のことで、当たり前すぎて普段認識することがあまりないものです。

しかしBTOOOM!では、否応なく「人間と人間の戦い」という本質が強調されてしまう。
そこがこの作品の最大の魅力なんだと思います。

ゲーム的な戦術上の駆け引きももちろんそうですが、そこへ複雑に絡み合って来る「人間」としての感情が物語のキー。
生き残りたい。
この島から出たい。
食料が欲しい。
人を殺したくない。
殺してでも生きたい。
そんなさまざまな感情が混じり合い、物語を紡ぐ。

とりあえず手を組むことになった坂本と平ですが、考えていることが同じではない、というところがとてもリアルでゾクゾクします。
坂本はゲームBTOOOMの世界ランカーである、主催者側と知り合いである、というところからいろいろと状況を整理して「これは本当にデスゲームをしないと生き残れない」と強く感じているので、実際に人を殺せるかどうかはさておき、「戦う」決心はついている。だから平のビムを確認しようとした。お互いのストレージを知っておいた方が、より戦術的に戦えますからね。生き残る確率も上がる。

しかし平は、人を殺したくないという気持ちが先に立ち、殺し合い以外の道を模索しようとしている。
そのため、お互いの核兵器は見ないようにしたい。最後の砦くらいは残しておきたい。
いや、「心の全てを許したくはない」というのが本当でしょうか。坂本の言う通り、このおっさんもいろいろと考えているのでしょう。

今は上手くチームとして成り立っているけど、この関係がどう転がっていくか、というのを楽しみにしたいですね。
どこかで歯車がかみ合わなくなって、敵同士となってしまうのか。
それとも最後まで手を取り合えるのか。
原作既読だけどドキドキしてきたー!

戦術的な話
作中では「戦略」って言ってるけど、これは間違いですね。この場合は「戦術」と言うのが正しいです。
戦略というのはもっと大局的な戦闘のかじ取りのことを言うのであって、基本的には個人と個人がその場でぶつかり合うこの戦いに戦略はあり得ない。

能力と能力がぶつかり合うだけのバトルとは違う、頭を使った戦術的な、文章的なバトルが楽しめるのも今作の魅力。
一応僕は原作既読者なので、その辺解説とかできたらなぁと思ってます。

今回サングラスの男が仕掛けたトラップは、非常に簡単なものでしたね。
ネズミ取りとまったく同じ原理。

しかしこれが通用するのは、最初の頃だけでしょう。
1日目に食料が降ってきた時は、単に「近くにいた人」が手に入れただけ。
2日目の今回、早速トラップとして使うやつが出てきた。
しばらくすると、こういうのも警戒して、逆にトラップはなくなっていくのかもしれません。

新しいBIMが出てきましたね。
今まで出てきたのは、1つが坂本やヒミコが初期装備として渡されたタイマータイプ。見ての通り、スイッチを入れると10カウントで爆発するBIM。威力高し。

1つが、第1話で坂本が奪ったクラッカータイプ。スイッチを入れ、衝撃が加わると爆発。投げて当たれば爆発するという利便性のよさの代わりに、威力は実はイマイチ。第1話で何回も食らっても坂本が生き残ってたのはこのため。

1つが、第2話のデブの初期装備でヒミコが奪った烈火ガスタイプ。スイッチを入れて数秒で起動、灼熱ガスを周囲にまき散らす。威力は中くらいだけど有効レンジが超広い。傭兵風の男はこのせいで逃げざるを得なかった。

1つが、今回トラップに使われたリモコンタイプ。リモコンで爆発する。クラッカータイプ同様便利すぎるので、威力はイマイチ。でもさすがに直撃すれば死ぬ。死体を見れば威力の差はよく分かって、今回死んだ女は焼け焦げてただけという感じだったけど、第1話でタイマータイプを食らった男は手足がバラバラになっていた。

もう4つも出てたんですね。びっくりだ。
まだまだBIMの種類はあります。今後どう活用されるのか、という点にも注目したい。

次回
Cパートで出会った少年と戦うことになるよう?
次回予告を聞いてもなるほど狂った少年のようですが、注目したいのは声優!
みゆきちですよみゆきち!

なにやらせてもとにかく上手いみゆきちですが、こういう狂った少年役は、たぶん僕は聞いたことがない。神抑揚を聞かせてくれそうで楽しみです。
最近はテイルズオブエクシリア2のPVをヘヴィーローテしてるので、演技の違いをより楽しめそうだ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3161-61ba6766
BTOOOM! 第3話「サバイバル」
この高橋名人腹立ちますw  デスゲームの説明役に見合った憎たらしい演技がいいですね。 このリアル爆弾ゲームのルール説明がされます。 そしてゲームを争う新キャラも登場です。
該当の記事は見つかりませんでした。