MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となりの怪物くん

となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」 対話感想!

マイナス感情の上塗り。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):対話感想の時にふらっと召喚される謎の人物。口下手な神酒原の代わりに進行役を務める。実は神酒原の生き別れの兄という噂があるが、真実は定かではないらしい。お酒は苦手らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。前はわりとよく行っていたのに、最近カラオケに行っていない。そろそろ日頃たまったストレスを一気に発散したいものだ。



神酒原 「雫の感情の動きがなんだか雑に見える」
  酒原 「無駄話もせずにいきなり批判とは、よほど腹に据えかねているのか」
神酒原 「い、いや、そこまでじゃねぇよ。思ったことを最初に言っただけで」
  酒原 「ではそのまま無駄話カットで感想に行くか、たまには」
神酒原 「なんかいつもは無駄話してるみたいな言い方やめない?」
  酒原 「そういう返しをするから無駄話になるんだ。で、どう雑だったんだ」
神酒原 「雑ってよりは、違和感だね。あんなに春好き好きだったのに、ここに来て突然「恋愛感情はない」は、さすがにないんじゃないかなと」
  酒原 「綺麗さっぱりデリートした顔だったな」
神酒原 「うん。揺れに揺れた上でのあの結論ならいいんだけど、雫の場合はねぇ……。自分の気持ちに嘘ついてる、てな風な描写でもなかったし、これは原作が悪いのかアニメの構成が悪いのか」
  酒原 「とにかく春が可哀想だな」
神酒原 「うんうん。まぁ一応、感情の流れの説明はつくんだよね」
  酒原 「つくの?」
神酒原 「つくよ。雫はほら、春と委員長が仲よくしてるのを見てモヤモヤしてたじゃない」
  酒原 「ああ。嫉妬だろうな」
神酒原 「うん。嫉妬ってさ、前向きな感情だと思う? 後ろ向きの感情だと思う?」
  酒原 「見方によるな」
神酒原 「「相手のことが好き」という状態をゼロだとして」
  酒原 「だったら、後ろ向きかなぁ」
神酒原 「でしょ? 雫は嫉妬の感情を「後ろ向きなもの」と捉えて、「悪しきもの」に変換しちゃったんだよ、たぶん」
  酒原 「たぶんかよ」
神酒原 「たぶんって言っておかないとほら、見当違いだった時に恥ずかしいぢゃん」
  酒原 「肝心なところでチキンだよな……」
神酒原 「で、この悪しきもののせいで勉強がはかどっていないんだから、これは排除しないといけない。単純な話だよね」
  酒原 「単純すぎてついてけないぞ」
神酒原 「そう、ついてけないんだよ。読者置いてけぼりというか、展開が強引というよりはなんだかおかしな方向へ転がってる感じがする」
  酒原 「そういや雫って、前にも嫉妬してなかったか。春が笑顔になって人気者になった時に」
神酒原 「あの時はヤキモチだった」
  酒原 「大して意味変わらないんじゃ」
神酒原 「そうなんだよねぇ。あの時は素直に「ああ、ヤキモチかって」赤面してたのに今回はこれってのは納得がいかない。つまり」
  酒原 「つまり?」
神酒原 「僕のこの考え方が完全に間違ってる可能性がある」
  酒原 「情けないな」
神酒原 「ほんと情けないことに、今回のことは実際のところどうなってんのか、分かんないんだよ。作劇が悪いのか、僕の頭が悪いのか」
  酒原 「後者ということにしておこうぜ」
神酒原 「自分で挙げといてなんだけど、真っ向から言われるとわりとショックなんだぜ」
  酒原 「じゃあ別の話題にしよう。委員長どうだった?」
神酒原 「勝ち目のない当て馬で可哀想だけど、だからこそできるコメディ演出が最高に楽しかった! この辺は本当にいいよね」
  酒原 「キンタマついてんのか、って、ほんと思い切ったな」
神酒原 「あそこは本人の中でも気持ちが空回りしているのがよく分かって、面白かったよ。あとユウちゃんの正体が気になる」
  酒原 「高校へ進学してオタクになられたようだな」
神酒原 「今後登場はあるのだろうか」
  酒原 「なさそうで、ありそう」
神酒原 「10代から20代、ないしは30代から40代、もしくは50代から60代、もしかしたら70代から80代」
  酒原 「突然なんだね」
神酒原 「いや、なんとなく」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3178-f056dac0
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」
春にフラグな大島の登場に、雫ちゃんはモヤモヤする~。 集中できずに模試の結果もよろしくない。 どうしちゃったのか焦る雫ちゃん...
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」
となりの怪物くんの第6話を見ました。 第6話 彼女達の憂鬱な日々 優山と春が実家に連れ戻されないためにも学校を辞めずに通学し続けると約束した後、雫は春を失いたくないと
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」
「私にとって大切なのは勉強 ひいては確固たる未来  それを邪魔するようなものは要らない――!」 行く手を邪魔するものは切り捨てる! そして春の事が気になる大島さんは 思わず暴
となりの怪物くん 第6話 「彼女達の憂鬱な日々」
 頑張るのは手の届く範囲でいいんじゃね。
『となりの怪物くん』#6「彼女達の憂鬱な日々」
「私たちは友だちだ。これからもうまくやっていこう」 雫に恋のライバル現る!! これまで以上に心揺れる雫は、模試の結果も思わしくなくてピリピリ状態。 ただ春はそれに全く気
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」感想
はじめての嫉妬!(`×´) 恋にヤキモチはつきものなのかなぁ(・ x ・)? 相手の気持ちに確信もてないし、自分にだって自信ないし。 心変わりだってあるだろうし、この世に絶対なん
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」
となりの怪物くん 1(完全生産限定版) [Blu-ray]『あの甕の中は今も空っぽのままなのだ』 原作:ろびこ 監督:鏑木ひろ シリーズ構成:高木登 アニメーション制作:ブレインズ・ベース ...
となりの怪物くん 第06話 感想
 となりの怪物くん  第06話 『彼女達の憂鬱な日々』 感想  次のページへ
となりの怪物くん 第6話
「彼女達の憂鬱な日々」 ユウちゃん、私 好きな人が出来たよ
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」感想!
となりの怪物くん 第6話「彼女達の憂鬱な日々」 「私、好きな人できたかもしれない」 完全に春のことを意識している千づる! 二人きりになったりしてドキドキです…w 可愛い...
となりの怪物くん
6話ですー ーざっすじー 隣のクラスの委員長と少し仲良くなる春 しかし、雫はそんなことには目もくれず 勉強しまくり ついに春に勉強のほうが恋よりも大切だと 言い切るのだった...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。