FC2ブログ

MENU
BTOOOM!

BTOOOM! 第6話「生贄の夜」 感想!

心から信頼し合えれば。

 
 
 
仲間になろうぜ
今回は、坂本と平さんが真の意味で仲間となれた回。いやぁ、こういうのはほんと心に染みます。

平さんは以前、お互いの懐はまだ見せないでおこう、と提案していました。タッグを組む以上はお互いの情報は開示していた方が生き残る確率は上がるはずですが、そこまで心を許せる段階ではなかった、と。本質は善良な人間でも、いつ後ろから寝首をかかないとも限らない状況ですからね。

平さんは不動産を経営しているようですが、法律のギリギリでやばいこともしていたそうです。
守るべきは家族だけ。
確かにそれは美徳かもですが、それで貶められる人間からすればたまったものじゃないわけで、その因果応報としてのこのBTOOOMですね。企画自体が悪ではありますが。

その影響で坂本のことも信頼していなかったようですが、しばらくの間一緒に過ごして、この人なら信頼できる……となったようでした。
これにて、隠していたBIMも開帳。戦闘の効率が上がります。

一連のシーンは本当にいい。
こんな状況だからこそ、結託して踏ん張らなければならない。でも裏切りが怖い……。
そんな中、やっと信頼し合えた。
怖いと、最悪のことばかり考えてしまう。希望だけは忘れないようにしよう。
是非ともこの2人には生き残って欲しいと、心から感じることができました。特に平さんは、家族とはとても円満だったようですから、早く帰って安心させてあげて欲しいですね。

コモドドラゴンからどうにかこうにか逃げたあとは、ヒミコ。
男性恐怖症に加え、島に来ていきなり酷いパーティにいたこともあって、態度はとても頑なです。可愛くないですが、まぁこんな状況だ、責められはしませんね。これも自分の身を守るため。

仲間になるかどうかは別として……と坂本が言ったのは、一緒にいることを前提としていますね。あとで別れるにしても、今は一緒にいた方がお互いにとっていいことであると判断しての、あの質問。
仲間にならない以上は、そいつのことをよく知っておく必要がある。特に、「人を殺せるか・殺せないか」のラインはとても大きい。

ニートのくせして坂本は生きる技術がとんでもないですねw
ヒミコの答えはどうも煮え切らないままになってしまいましたが(というかまだ名前知らないんだったねw)、少なくとも背中から坂本らを攻撃するような人間ではないですね。と、視聴者なら分かるのですけど。

存在がバレたのが1人ということで、敵をまこうと出陣の坂本ですが、上手くまけたと思ったらそうじゃなかった!
相手はヒミコが以前いたパーティの傭兵風の男。
本来BTOOOMは相手の攻撃を警戒して慎重に移動するものなのでしょうが、この男にそんなものは通用しませんね。坂本の位置を確認するや否やつっこんで来たのでしょう。さぁどうなるかというところで次回。気になるぅ!

ちなみに高橋名人のシーンで意味深に社員の顔が映されましたが、非常に分かりにくいですね。
彼は坂本が就職のコネを期待していて、でも「もうちょっと待ってね」と焦らされていた相手。学校の先輩だったかな。この先輩もリアルBTOOOM企画の一員でした、というシーンでした。

戦術的な話
また新しいBIMが出てきました。
平さんが初期装備としてもらったホーミングタイプですね。

これは作中で丁寧に説明してくれたので改めて書くことでもないのですが、一応書いてしまうと、ロックオンした対象を追尾して爆破するタイプのBIM。細かく対象を指定できるところが利点ですが、プロペラ機構に体積を取られてるので炸薬をあまり積めず、威力はヘナチョコ。まぁクラッカータイプなどと違って直撃率が非常に高いので、ヘナチョコ威力でも十分殺傷能力はあるのですけどね。
一見地味すぎて他のBIMより劣って見えるけど、対象の至近距離でやっと起爆するのでロックオンされると地味に詰みます。

今回のように群れで攻められると、あまり効果を発揮しませんでしたね。

他には、烈火ガスタイプが違う使われ方をしました。
前回はヒミコが坂本を森から燻り出すために使いましたが、今回は海風を利用して最大限の効果を引き出したんじゃないでしょうか。
攻撃と防御が同時にできてますね。

今回はこれくらいしか書くことないですかね。次回は傭兵風の男との戦いになるので、書きがいがありそうです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3182-cd7b8e8b
BTOOOM! 第6話「生贄の夜」
大トカゲの襲撃!  絶体絶命のピンチに試される坂本たちの信頼関係。 1話の時点では最低な主人公って言われた坂本さんですが。 回を追うごとに主人公らしくやれる子になってき
該当の記事は見つかりませんでした。