FC2ブログ

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!

リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」 感想!

落差のつけ方。

 
 
 
はるちんは嘘つかない子!
今までもさりげなく登場していたはるちん、本格的に登場!
原作のファン投票かなんかで1位なんでしたっけ? 違うかも。でもこういう元気な子はいいですね。元気は元気でも、小毬ちゃんよりこっちの方が僕好みかもです。

次回はクドちゃん回になるようなので、はるちんルートに入った……とはまだ言えないのかな。
ともかく、紹介的な内容でした。はるちんという子を説明しつつ理樹の株を上げる、なかなかよくできた回だったと思います。

物語には山が必要だというのは、「よく言われる」以前に暗黙の了解のようなものですが、山の作り方にはいろいろありますね。
代表的なものが、谷を作って落差を作るやり方。3,000m級の富士山も、5,000mの谷を作ってから見上げれば途端に8,000m級のエベレストです。……なんか変な喩えになったw

今回はまさに風紀委員が谷でしたね。
真人と違ってこちらは本当のグズでした。

主人公たちに敵対する人物ないし組織が極端なグズだと、むしろ作劇に違和感が生じることがあります。今回の風紀委員なんかまさにそんな感じですが、でもリトバスではいい意味でぶっ飛んだ人物が多いので、なんとなく世界観に溶け込んじゃってますね。その辺もたぶん計算されているのでしょう。

理樹が「憶測だけで人を疑うのはどうかと思う」と正論を言った時に二木さんは押し黙りましたが、取り巻きの風紀委員どものセリフには耳を疑いました。
遅刻ばかりしてるんだから嘘ついてるに決まってるじゃない。
およそ中等教育を受けている人間のセリフとは思えません。ロジックが大崩壊なのに気付いていないのだろうか。

あまつさえ、自販機のルーレット制度を持ち出してなぜかはるちんに責任転嫁w
運も実力の内、がすべてだとは思いませんが、これは酷すぎます。どうせいっちゅうねん。ある一定の人間が抜きん出ると不公平だから競争なんかなくして平等にしようぜ、というのは社会主義の考え方ですが、さすがにこれはマルクスも首を傾げるレベル。

そしてこれに対する理樹の返しがかっこいいですね!
ならば4本分の代金を支払ってやるよ、という。
本人、およびシナリオライターが意識したかどうかは分かりませんが、これは痛烈な皮肉ですね。これは支払うとしても本来は自販機業者に渡るはずのお金だけどお前らうるさいからお前らにあげるよ、でもこれもらってお前らどうすんの?という。状況だけ見たら立派な恐喝ですからね。

描写を見ると本当にそのまま持ち帰ってますが、そのお金いったいどうするのやら。

「理樹が必要っつってんだから必要なんだ」と、信頼されている様子も理樹の株を上げますね。最初に見た時はほっちゃんの(ちょっと悪い意味で)可愛すぎる声も相まってなよなよした主人公だなぁという印象でしたが、その頃からはだいぶイメージが変わりました。

理樹がはるちんを庇うのは、これだけ見たら「客観的な立場に立つと、そこまで言えるか?」と思ってしまいますが、よくよく思い返してみると、はるちんが嘘をついてるところなんて実際のところ1回もないのですよね。
遅刻はするし門限破りはするし罰も逃げ出すし、とこれ自体は確かに悪いことだけど、嘘ではない。風紀委員らが嘘嘘言うからそんなイメージがついてしまってるだけで。

それにはるちんは、実際にはなんの責任もないけど、なんだか迷惑をかけてしまったということで机を直してくれるという優しい心の持ち主。
理樹はそういうはるちんのいろいろなところを、しっかり見ていたのでしょう。いい主人公だぁ。

余談だけど、缶のプルタブは指の腹で引き上げてます。爪でやると痛いねん。
ちなみにボウリングでも、3本指を入れると親指の爪がボロボロになってしまうので2本だけで投げてます。僕は爪が弱いのだろうかと思うけど他の人がどれくらいってのがよく分かんない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3193-7a02ce61
リトルバスターズ!:7話感想
リトルバスターズ!の感想です。 似てるけど全然違う2人。
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」
「知らないよ? とんでもないことになっても」 ・アバンは真人と鈴のバトル。負けた真人が「クズ」の称号を得るwww ・久々に部員勧誘の理樹と鈴。葉留佳と出会って、次のメン...
リトルバスターズ! 第07話
関連リンク公式HPWikiPage第7話 さて、わたしは誰でしょう?さて小鞠編も終了し次ははるちん回どうなることやらね…授業が終わりいつも通りな真人は英語の宿題を忘れてしまうそこでや
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」あらすじ感想
前回小毬ルートが終わったことで、今回は葉留佳入部回。いつも学校でいたずらばかりしている葉留佳ですが、一体どんな事情を抱えているのでしょうか…?佳奈多もいよいよ登場...
リトルバスターズ! 第07話 感想
 リトルバスターズ!  第07話 『さて、わたしは誰でしょう?』 感想  次のページへ
リトルバスターズ! 第7話 さて、わたしは誰でしょう?
リトバス 第7話。 リトルバスターズ8人目のメンバー、三枝葉留佳。 以下感想
リトルバスターズ! #7「さて、わたしは誰でしょう?」感想
またいつもの馬鹿な言い合いからバトル開始、伝統芸である今回も鈴の勝利で無事に幕を閉じたかに見えたが・・・今回は葉留佳メイン自分の目を閉じて、私は誰でしょう?ってこれは重...
リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」
リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」 感想
リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」 感想
葉留佳と佳奈多って双子っぽいですよね。 二人揃うと「はるかかなた」となるし(笑) 家庭環境に問題があったのかな。 野球の練習に励むリトルバスターズの面々だったが、 まだ
リトルバスターズ! 7話「さて、わたしは誰でしょう?」
本当は心優しいはるちん。 リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [Blu-ray](2012/12/26)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」 感想
狼少年 あらすじ 野球の練習に励むリトルバスターズの面々だったが、まだまだメンバーは足りない。 そこでメンバー集めの任務を託された理樹は、隣のクラスの三枝葉留佳を誘っ
リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」
宿題忘れたからと言って「関西人がノートをビームで焼きはらった」 という言い訳を井ノ原真人に助言する宮沢謙吾は、真人をからかい 過ぎですね 遂に登場した二木佳奈多。
リトルバスターズ! 7話 ものぐさいるか加入
リトルバスターズ!7話みたよ! いやー、よかったですね! 棗鈴 猫装備 バージョンな!! 猫を粗末にした クズ 、もとい ボケ 、 …じゃなくって 筋...
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう」
騒がし乙女の憂愁 そういえば忘れてた野球やるメンバーを集めるお話 Little Busters!/Alicemagic〜TV animation ver.〜(限定生産盤)(DVD付)(2012/10/31)Rita商品詳細を見る
アニメ感想 リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」
イタズラ好きな彼女の心の内とは?
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」レビュー・感想
最初から疑ってかかるのは良くないよ三枝さんはそんなことする人じゃない!
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」
はるちんこと葉留佳編です♪  真人と謙吾のあほな子の会話に呆れちゃう鈴ちゃん(´▽`*)  怒った真人に攻撃され、猫を巻きんだどうすると鈴ちゃんも怒って反撃。 電光石火の
リトルバスターズ! #07 「さて、わたしは誰でしょう?」
因縁と新しい居場所  どうも、管理人です。例のごとく、アニメ視聴がやや遅れ気味なので、やることやったら早いところ切り替えたい所存。というか、全体的にやる予定のことが遅
リトルバスターズ!第7話「さて、わたしは誰でしょう?」感想
さて、わたしは誰でしょう? 奥深いこの問いかけはまさに三枝葉留佳、もといはるちん√の始まりにふさわしいタイトルでしたね。 今回の話はさわりの部分だったわけですが、 (...
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」
リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [Blu-ray]Little Busters!/Alicemagic(初回生産限定盤)(DVD付)『三枝さんは嘘なんてついてない』 原作:Key キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉...
リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしはだれでしょう?」 感想
クズ(笑) ドストレートに言ったなw しかし恭介はどっから入ってくるんだ。 ってか聞いてたのかw? ―あらすじ― あの、一番つらかった日々。 ふさぎこんでいたぼくの前に4人...
リトルバスターズ!第7話「さて、わたしは誰でしょう?」感想
リトルバスターズ!第7話「さて、わたしは誰でしょう?」感想 お気楽!極楽!騒がし乙女! はるちん出てくる箇所がEDで一番好きだったりする。  
リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」 感想
嘘つき少女に救いの手を―
[感想] リトルバスターズ! 第7話 「さて、わたしは誰でしょう?」
はるちん&佳奈多がついにキタ━━(゚∀゚)━━!! ということでいよいよはるちんもリトバスメンバーに参加と相成ったリトルバスターズ!第7話。
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」
クラスメイトの三枝葉留佳は、遅刻の常習犯で問題ばかり起こし、二木佳奈多が率いる風紀委員会の目の敵にされていた。 ある日の放課後。理樹と一緒にいた葉留佳は、風紀委員たちに
リトルバスターズ!
「リトルバスターズ!」7話です ざっすじ強化週間です。ざっくりを名乗っていながら結構 もっさりとしていたので、頑張ってざっくりを目指します^^ ーざっすじ(ざっくりとした...
リトルバスターズ! 第7話 さて、わたしは誰でしょう?
鈴に馬鹿と本当の事を言われた真人は怒り、決闘に。 いつものように恭介がギャラリーに武器を投げ入れてやってくれと言い、鈴の元には猫達が集い、武器は猫に。 対する真人が ...
リトルバスターズ! 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」
融通の利かない堅物そうな二木佳奈多を相手に一歩も引かないあたり理樹もなかなかやるものです。それとサブタイの 「さて、わたしは誰でしょう?」 は・・・イタズラ好きでちょっと
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。