FC2ブログ

MENU
中二病でも恋がしたい!

中二病でも恋がしたい! Last Episode「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 感想!

完全に盲点だった! この着地点は素晴らしい。

 
 
 
最高の契約だった!
なんというかもう、終盤の展開があまりにも素晴らしすぎて、体中がブルブル震えていましたよ。え? それは気温が寒いからだって?

とにかく、僕の予想を遥かに飛び越える出来でした。京アニはきっとやってくれると信じてはいたけど、やっぱりすごい。大好き。これだから京アニのファンはやめられません。

具体的な内容としては、とにかく着地点が素晴らしいと思いました。

いろいろな問題が絡み合って、結局は周り(十花さんや六花の母、祖父母など)ばかりが幸せで身内はみんな不幸……なんて状況になっていましたが、今回はこれらの問題をどう解決するかが見所でした。
僕は、ああなってしまった原因は「六花が依存先を勇太に変えただけにすぎないから」だと思っていたのです。パパへ向けていた依存を、勇太に変えていただけなので、表面上は全て上手く行っているように見えていたのですが、勇太が「眼帯、取れ」と言っただけで本当にあっさりと取ってしまうという。これは見た目以上に異常だと思いました。自らの心を裏切っているわけですから。

これの解決策としては、僕は「二人が新しい価値観を作るしかない」と思っていました。中二病であるだけでは駄目。現実に向き合うだけでも駄目。この二つとは違う、新しい価値観。

六花が勇太に依存していたというのは、確かにその通りだということが今回まさに証明されました。
けど、解決法は、酷く単純なものだったのです。

六花はパパが死んだ直後、不可視境界線を見た。もちろん、不可視境界線という名前をつけたのは勇太に出会ったあとのことだろうけど、あの光の向こうにパパがいるのだと感じた。
そう、六花にとってのパパは、確かに不可視境界線の向こうにいたのです。

六花が頑なに墓参りを拒否していた理由が、やっとストンと落ちましたよ。だってお墓にはパパはいないんだから。至極簡単なことです、考える必要もないくらいに。
私のお墓の前で泣かないで下さい……ではないですけど、故人がお墓に眠っているという固定観念を我々は真っ先に取り払うべきでした。

故人の骨は、確かにお墓の下に眠っているのかもしれない。でもそれは故人そのものではないわけです。故人がお墓にいないというのは、あまりにも当たり前すぎて逆に気付きませんが、自明の理です。
それなのに僕たちが故人の墓参りに行くのは、単にそういう「想定」をしているから。僕たちは現実世界に生きる人間である以上、目に見えないものには触れられないのです。だから「墓」というモチーフを用意し、それを故人の眠る場所として「見立て」、供養をしている。

これは別にいいことです。それが文化というものですから。
しかし、あくまでモチーフとして見立てているだけ。この事実を忘れてはいけない。

そうなると、六花の気持ちがよく分かります。
パパの死は突然すぎて、六花にとっては上手く飲み込めない。ママとお姉ちゃんが泣いていても、まるで他人事のよう。
そんな状態なのに、「死」の代名詞とも言えるお墓にパパが眠っているなんて、感覚的に思えないのでしょう。
そんな中、不可視境界線を見た。

そう、不可視「境界線」なのです。六花はそれが、境界線だということを知っている。なんの境界線かというのは、言わずもがな、この世とあの世のことですね。不可視という言葉で僕たちは上手く騙されたけど、この境界線は越境不可という意味が込められているのでしょう。死ぬ以外に、この境界線を越える手立てはない。
つまり、六花はパパの死をすでに受け入れていたのです。第8話で勇太が六花をかばいながら十花さんに言った言葉は正しかった。

そんな状態で、墓参りなんて行きたいはずがない。
周りに合わせることを選び、今回やっと墓参りに行った六花ですが、ピンと来ていない様子がよく描かれていました。お墓は冷たい(=パパがいる気がしない)し、頭から水をかけるとパパが寒がるというママの言葉にも微妙な反応。
六花にとっては、そこにパパがいるとは思えないのだから、当然です。

六花に必要なのは、パパに別れを告げることだった。
それが六花のもやもやの原因であり、前回までの事態で一番足りないことだった。
ならば簡単なこと、不可視境界線を見付ければいい。

そして、六花が勇太とすでに出会っていたエピソードとつながりますね。
六花にとっての中二病世界は、勇太が起源。邪王真眼など、細かい設定はオリジナルでしょうが、それでもルーツはダークフレイムマスター。
つまり、ダークフレイムマスターがひとたび力を振るえば、その力が邪王真眼に与える影響は絶大。
手を振るえば闇の炎が出るように、ダークフレイムマスターが力を振るえば、そこに不可視境界線を出現させることなど容易いのです。

こんなに強引で、しかし説得力の強い展開は他に見たことがない。
両の拳を突き合わせ、「バニッシュメント・ディス・ワールド!」と世界を改変させる勇太のなんと、なんとかっこよかったことか!
余談ですがここは今回の作画監督の植野千世子作画が炸裂していて、作画的にも大興奮でした。やはり京アニの中でも植野作画は飛び抜けてかっこいい。勇太の動き、エフェクト、どれを取っても一級品でした。

そして六花は、勇太が開いてくれた不可視境界線……その向こうにいるパパに、ずっと言えなかったお別れの言葉を告げるのでした。
こんな、簡単なことだったのですね。新しい価値観とか、周りとの妥協点を探すとか、そんな小難しいことはいらなかったのです。六花は己の心のままに従い、己の思うままにパパにお別れを言えばよかった。

パトカーに追い駆けられている時の(いや止まれよw)、六花の動きがすごく懐かしくて、思わず「六花かっけぇ!」なんて思ってしまいました。駄目だ、このアニメ見たせいで僕も中二病がぶり返してきたw

話は前後しちゃうけど、エターナル・エンゲージのシーンもめちゃくちゃよかったですね。
六花と新たな、そして永遠の契約を交わそうとする勇太がとてもかっこよくて濡れます。前回が超もやもやだった反動もあって、今回の勇太はほんととにかくかっこいいw

本当に、最高で、素晴らしくて、エクセレントでした。どれだけ言葉を尽くしても足りないくらい、面白かったです。

その他いろいろ
終盤の感想だけでだいぶ埋まってしまったw
それくらい、素晴らしかったということですね。本当はもっといろいろ書きたいんだけど、全部書いてたらそれだけで本ができそうなくらい書いちゃいそうなのでやめておきます。

くみん先輩の突然すぎる謎活躍、丹生谷の言葉、悲しみの凸守(でもすぐ中二病に戻る)、などなど見どころはいっぱいあったけど、くみん先輩の活躍を特筆したいですね。

くみん先輩の活躍自体は、確かにびっくりはしたけど、彼女はこんなことをやりそうな雰囲気はずっとあったので、特に特筆すべきことではないです。
大事なのは、六花がくみん先輩にメッセージを残していたこと。

僕は「六花が勇太に依存したままだからいけない」と前回書きました。そして今回六花と勇太の本当の出会いが描かれ、依存が予想以上に強いものだったということも分かりました。
六花は勇太に依存していたから、勇太が言えば眼帯も外すし、中二病もやめる。勇太がいいんじゃないかというならお墓にも行く。中二病をやめたということだけではなく、完全に主体性が失われていたのですね。

しかし、そうではなかったのです。勇太の言葉に対しイエスマン……イエスウーマンになってしまっていた裏では、最後の砦として、「自分の意思」を残していたのでした。
それが、くみん先輩への邪王真眼の伝承。自分で直接勇太に言う勇気がないから、遠回りな方法を取った。
でも、きちんと勇太に伝わりました。伝える方法が中二病設定である邪王真眼だというのが、とてもいいですね。くみん先輩は途中から素に戻っていましたがw

つまり、確かに六花は勇太に依存しているのかもしれないけど、依存しているばかりではないということ。主体性もちゃんと持っているというわけですね。
前回問題だと思っていた部分が実は問題ではなかったんだぜ、ということが分かって、僕はすごく納得しました。

……しかし、中二時代の六花は本当に可愛かった!
身長が今よりも低いから小動物さが増しているし、ダークフレイムマスターの一挙手一投足にドキドキする様子が本当に可愛らしい。「む、だれだ!? だれかに見られている……」のシーンは笑ったw

六花がくみん先輩に想いを託したというと、勇太の時間差メールもよかったです。
勇太はなんとなく感じていたんですね、自分がつまらない人間に成り下がりかけているのが。だから保険として、手紙を書いた。
2年越しのタイムカプセルの威力は劇的でしたね。

あと残っているのはママの問題ですが……
僕は第10話の時点で、ママは「社会的問題」の代表として物語に登場した皮肉に溢れた人物である……的なことを書いていたので、今回ママのことが放り投げられたのはまっとうな作劇の範囲だと思っています。

十花さんの言い分を思い返してみると、
六花はママと暮らさないといけない。でもママは六花の中二病に戸惑っている。六花の中二病をやめさせて欲しい。
つまりこれは、社会に出たらその中二病どうすんだ、という問題を家庭内の問題にダウンコンバートしてしまった形なのです。中二病は恥ずかしいので周りとの接し方を考えないといけない、というのは社会的な問題であって、決して家庭的な問題ではない。それは作品内でも示されています。十花さんは文句を言いつつも、六花の趣味をある程度は認め、上手く付き合えていたわけですから。家庭内の話だと、問題にはならないのです。
しかし、ママだと問題になってしまった。これは、この作品内でのママの立ち位置が「社会的問題」を表しているということ。

つまり、十花さんとママは六花の親族だけど、家族は十花さんだけ。
ママが六花を想っているのは本当だろうし、夫を亡くしているしで少し可哀想な気もするけど、子育てを一度放棄したのは事実。ママは物語の中では、勇太や六花たちの輪の中には入れないのです。
ならば、ラストで彼女についてが描かれなかったのも当然のこと。
恐らく富樫家の上で六花と一緒に暮らしてはいるはずなので、今後の時間を使って、彼女には精一杯時間を取り戻して欲しいですね。

総評
というわけで、アニメ『中二病でも恋がしたい!』、これにて終幕です!
でも勇太と六花の物語はエターナルです!

ここまでたくさん書きまくったので、総評は簡単にいきましょう。

アニメ版の内容は、原作からは設定を借りてきただけの、完全オリジナルストーリーでした。
原作からだいぶ違うとなると、期待の反面不安もあるわけで……とは、なぜかなりませんでした。それは、こう言っちゃあれだけど、原作の出来が本当に酷いから。詳しくは、感想記事を書いていますのでどうぞ。ネタバレはありません。でも酷評しまくってるのでそういうの見たくない方は注意。関係ないけど記事ナンバーが「ニヤニヤ」です。

という感じでオリストのアニメ版には期待度マックスだったわけですが、それと同時に、「原作は超えないだろうなー」という思いもありました。
さっきと言っていることが矛盾していますが、しかし原作の2巻は1巻とは大違いの面白さなのです。相変わらず文章は下手くそすぎるのにめちゃくちゃ感動してしまった。それだけ素晴らしいストーリーだったということです。

しかし、その素晴らしいストーリーの基軸となるキャラは、アニメ版からは抹消されています。というわけで、このキャラのエピソードをアニメで見ることは不可能。
このエピソードがあまりにも面白いので、このキャラが出ないならアニメ版は原作を超えないなー……と、こういうことでした。

実際にアニメを見ていっても、全体的に見ると原作より遥かに面白くなっているものの、やはり件のエピソードの最大瞬間風速には届かないなぁ……という思いはあって。

でも、最終回で評価は覆りました。僕の大好きな原作2巻のエピソードに負けずとも劣らない、最高のお話を見せてくれました!
満足度は同じくらいです。いや、全体的なレベルが高かった分、アニメ版の方が満足かな。

という感じで、大満足しております。だいぶ抽象的な言い方をしたけど、通じたかしらこの気持ちw

とまぁ、このキャラが出てこない関係もあって「2期は絶望的だなぁ……」とは思っていたのですが、なんだか終わり方が予想外に広がりのあるものだったし、あり得ないことはなさそう……か?
「また会おう!」の言葉を信じたいですね。

でもまずは、来年から始まる『たまこまーけっと』を楽しみにしましょう!
京アニ2度目の、1年間ぶっ通し。今回も面白い作品になっていることでしょう。これについてもいろいろ語りたいけど、今はやめておきます。

最後に一言。
次回予告は欲しいなぁ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
6 Comments
闇鍋はにわ ""
はじめまして。
感想、いつも楽しく読ませてもらっているのですが今回は特に楽しませてもらいました。そうなんですね、六花は既に、父の死を受け入れていたんですね。今回の話、本編を見終わった時点では理解に苦しむ所もあったのですが、神酒原さんのこの考察を読んで氷解しました。ありがとうございました。
今後も、素敵な感想を期待しています。
2012.12.21 01:20 | URL | #dvQckJnQ [edit]
tara ""
感想・考察、最後まで堪能させて頂きました(^^)

サブタイトルは「・・・」が無いままでルビがタイトル全体に!
作中での六花のスタンスの変遷とリンクしてる雰囲気が何となくしますけど、言葉にして理解しようとして挫折しましたw
OPのパチパチ切り替え演出(途中でのマイナーチェンジは結局、目に優しくする為…?)もそうですが、きっと深い意図があるんでしょうね~

覚醒モードのダークフレイムマスターは期待してた以上にカッコイイし、OPのキーアイテムだった“自転車”も満を持しての登場でしたし、一人だけ蚊帳の外だったくみん先輩も大活躍でしたし、色々と力技もありましたが大満足のハッピーエンドでした(^^)
不可視境界線のシーンは本当に感動的でしたね。六花の中で「最強」なダークフレイムマスターだからこそできた世界改変…神酒原さん期待の植野作画も最高に決まってて、カタルシスが半端なかったですv
あと、最終話にして『Lite』のエピソードとリンクする趣向も素敵ですね。

最後はパトカーまで出動する大ごとになっちゃいましたけど、みんなしてこってり油を絞られるのもいいんじゃないかと…(^^;)
重い展開が続いただけに、ああいう馬鹿馬鹿しいくらいの無軌道さが平和を感じさせて心地いいですw
(一色はどこまで逃げたんでしょうねww)

お話としてもテーマとしても綺麗に閉じたので2期は無いんだろうなぁと改めて思いましたが、ラストの「また会おう!」のメッセージは…
純粋な続編は蛇足になりそうな気もしますが、後日談的な日常風景は観たいデス!
2012.12.22 13:41 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">闇鍋はにわさん"
初めまして! コメレスがえらく遅れてすみません。

楽しんでもらえてるなんて!
頑張って書いた甲斐があったものです。特に今回は少し分かりにくいところがあったので、楽しめなかった人が見方を変えてくれるような記事にしたい!と気合いを入れて書きましたので、コメントをもらえて非常に嬉しいです。闇鍋はにわさんにも、参考になったのなら、これ以上のことはありません。
六花のパパはお墓にはいない、というプロットには本当に鳥肌が立ちました。こういう考え方があるのか!と。

来年以降も頑張って参りますので、よろしくお願いします。
2012.12.30 00:19 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>言葉にして理解しようとして挫折しましたw
うん、たぶん、作り手もフィーリングでつけてるんじゃないかなとw
途中までの「・・・」はただ統一を図るためのもので、第11話の「・・・」なしは六花の変化を表していて、最後のイレギュラーは最終回らしさを出すため……みたいな。もしくは、もっと深い意図があるのだとしたら、最後は「新たに生まれ変わった六花」でしょうか。

>(途中でのマイナーチェンジは結局、目に優しくする為…?)
どうなんだろう。パッケージ版でどうなってるかにもよりますねー。第1話からいきなりチェンジ後になってたら「目に優しくするため」になるでしょうが、放送版と同じだったら……、うーん、分からんw 結局あれ以来の変化はなかったし、本当なんだったんだろう。パチパチ切り替わってこそ真価を発揮すると思ってたので、意味がなかったんだとしたらちょっと残念だなぁ。

>覚醒モードのダークフレイムマスターは期待してた以上にカッコイイし、OPのキーアイテムだった“自転車”も満を持しての登場でしたし、
自転車、出ましたね!
もう夜だから電車では辿り着けない、ならば……という短絡さが面白いです。福山潤の叫びもすごくよかったし、「おお、自転車ー!」とテンションが上がりましたw taraさんがしょっちゅう言ってたので余計にw

>不可視境界線のシーンは本当に感動的でしたね。
これほど文脈の力だけで押し切る展開も珍しいですよね。ダークフレイムマスターの力で不可視境界線を出現させてその向こうにいるパパに別れを告げる……なんて、客観的に見たらアホらしすぎる内容なのに、なぜかカタルシスがすごい。前に話していた満を持してのダークフレイムマスターのバトルはなかったけど、「こう来るかーっ!」というのもあって、不満はまったくないですね。いやぁ本当にかっこよかった。
そして記事でも書いたのにまた言ってしまうけど、やっぱりここの植野作画は本当によかったw あの迫力は本当にすごい。植野千世子キャラデザでバトル作品やらないかなぁ。

>あと、最終話にして『Lite』のエピソードとリンクする趣向も素敵ですね。
これはニヤリとしましたw
Liteも見ていた人たちへのファンサービス、といったところでしょうか。
原作ファンへのファンサービスは、どういうわけか一色の頭の変化でしたけどw
なんか、もっとこう……ねぇw

>みんなしてこってり油を絞られるのもいいんじゃないかと…(^^;)
それも青春ですしねw
こういうものが10年後、「あの時は馬鹿やったなぁ」なんて思い出せるわけですね。

>お話としてもテーマとしても綺麗に閉じたので2期は無いんだろうなぁと改めて思いましたが、
あー、やっぱり既読者と未読者では感じ方が少し違うかぁ
僕も2期はないと思ってましたが、最終回で一転、「これは……?」と思い始めたので。まぁそれでも、ないでしょうけどねw
でもやっぱり期待しちゃうのは、作品が面白かったからですね。続きを見たいと思えるアニメは名作。
2012.12.30 00:41 | URL | #- [edit]
べるん "そこに二人がいたから"
>>つまり、ダークフレイムマスターがひとたび力を振るえば、
その力が邪王真眼に与える影響は絶大。
手を振るえば闇の炎が出るように、ダークフレイムマスターが力
を振るえば、そこに不可視境界線を出現させることなど容易いのです

私はこう思うのです。
六花があんなにも望み欲っした「不可視境界線」という現象が、なぜ
12話で見つけることができたのか?

勇太がいたからじゃない、そこに”二人が在ったから”、六花は不可視境界
線を見つけることができたんだと思います。
これはきっと1人じゃ到達できなかったセカイ。二人がお互いの世界を大
事に思ったからこその現象だったんだと。


「心象風景の共有化」

もしくは他者の内在世界への理解、といってもいいかもしれない。
中二病でも恋がしたいというアニメはそんなテーマも盛り込まれていたん
じゃないかと、記事に触発されぐにゃぐにゃと考えてみました。


2012.12.30 14:54 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">べるんさん"
コメレスが大変遅れました、すみません。

>勇太がいたからじゃない、そこに”二人が在ったから”
まさにそうだと思います。記事では勇太を中心とした記述にしましたが、ダークフレイムマスターの力が強大たりえるのは六花の前でのみ。非常に限定的な力で、そういうものを力と呼んでいいものかも疑問なところですが、むしろだからこそそんな二人の世界を素敵だと思えるんですよね。

>もしくは他者の内在世界への理解
この表現いいですね。これは我々が日常生活の中で当たり前に行っていることで、でも当たり前すぎるからこそ難しいこともある。そんな側面をこの作品は浮き彫りにしてくれたのかなとも思います。
2013.01.07 12:25 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3207-e5c40d56
中二病でも恋がしたい! 12話(最終回)「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」感想
中二病でも恋がしたい! 12話(最終回) 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
中二病でも恋がしたい! 12話(最終回)
前回の勇太の行動は六花に何もかも押し付けすぎているような気がしてならなかったのですが、 今回で見事に解消してくれたので大満足です♪勇太が中二病の世界を切り開くシーンはか
『中二病でも恋がしたい!』 第12話「終天の…契約」 ― 第二の誕生
六花ちゃんおめでとう! 中二病でも恋がしたい! (2) [Blu-ray](2013/01/16)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る はい、最終回でしたねー。 自転車2人乗りとか、夢とキボーにあふれすぎて...
[終]中二病でも恋がしたい! #12「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」感想
感動の最終回!大団円となるか・・・六花が実家へ帰り本当に大切なモノに気付かされる凸守さん中二病卒業したらめっちゃ美少女になってますやん!言葉遣いがまだ戻っていなくてアホ...
中ニ病でも恋がしたい! Last episode「終天の契約」
中ニ病でも恋がしたい!の第12話を見ました。 Last episode 終天の契約  ダークフレイムマスター時代に書いた2年後の自分に宛てた手紙を発見したり、六花から邪王真眼を受け継い...
中二病でも恋がしたい! #12 最終回
『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』
中二病でも恋がしたい! 第12話(終)
関連リンク公式HPWikiPage第12話 終天の…契約(エターナル・エンゲージ)このまま六花が普通のまま終わってしまうのか…まぁそんなことはないだろうけどね!部室にやってくると見知ら...
中二病でも恋がしたい!12話(最終話)「勇太の中二病は六花を2度救う」(感想)
勇太と六花で紡がれる新たな物語。 中二病自体を持ち続ける事が重要というより 自身の心の中にどういう物語・ファンタジーを 持って生きたら、楽しく・意味があるかを 問題提起し
中二病でも恋がしたい! Last episode「終天の契約 (エターナル・エンゲージ)」
中二病でも恋がしたい! Last episode「終天の契約 (エターナル・エン
中二病でも恋がしたい! Last Epidsode 終天の契約(エターナル・エンゲージ)
中二病でも恋がしたい! 最終話。 ダークフレイムマスターと邪王真眼の再契約。 以下感想
[アニメ]中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約-エターナル・エンゲージ-」(最終回)
誰もが健康ではなくて、みんな病気なんだ。『普通』という流行病にかかっているだけなんだ。だったら、『普通』を抜けだして自分だけの楽しいセカイに入った方が幸せだよね、とい ...
中二病でも恋がしたい! 最終回 第12話 感想
 中二病でも恋がしたい!  第12話 最終回 『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』 感想  次のページへ
中二病でも恋がしたい! 第12話(最終回)「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」感想
くみん先輩が中二病になっちゃったΣ(。・Д・。) くみん先輩こそ邪王真眼の継承者!2期のヒロインですね(; ・`д・´)? それ受け継いでいくものだったんだw 六花ちゃんは誰から
中二病でも恋がしたい! 最終回12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
本当の意味で前を向けた六花。 中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray](2012/12/19)福山潤、内田真礼 他商品詳細を見る
中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の…契約(エターナル・エンゲージ)」(最終回)
六花ちゃんが救われる展開で良かったです。 ダークフレイムマスター全開の勇太を六花ちゃんはがっつり見てたのね。 後輩思いのくみん先輩が素敵んぐ。 前回の伏線の生かし方が見事...
中二病でも恋がしたい!第12話(最終回)『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』の感想レビュー
近年稀に見る神最終回で、めちゃくちゃ感動しました♪ 映像美はもちろんのこと、六花と父親の関係、六花と勇太の関係それぞれに明確な回答が与えられていて、とても綺麗にまとめら
中二病でも恋がしたい!12話最終回「伝承される邪王真眼、不可視境界線の2人」感想
「どうすればよかったんだよ。」「センパイ!」なんと!!凸守 早苗(でこもり さなえ)がロングの美少女に!!かわいい!!間違いなく全国の絵師が仕事を始めるレベルです!!しか
中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
誰もが中二病だった頃があった? かつて中二病だった人、今からなる人に贈るメッセージだったのかw 父の墓にお参りに帰った六花ちゃん。 触れた石の冷たさがリアルのもの...
中二病でも恋がしたい!〜第12話感想〜
「終天の…契約(エターナル・エンゲージ)」 前回、六花を見送った勇太は、部室へと向かう。 そこには、中二病を卒業した凸守がいた。 言葉もすごく丁寧だったw さら
中二病でも恋がしたい! 最終回
六花(CV:内田真礼)は、お母さんとお父さんのお墓参りに行きます。 勇太(CV:福山潤)が心配した通り、六花は戻って来ないつもりのようですね。 中二病を卒業して、お母さんとお
中二病でも恋がしたい! 第12話 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」(最終回)
ロング凸ちゃんかわえええええええええ! ツインテールも似合ってるけど最終回まできてほんの僅かだけこのverになるというギャップ効果で凄まじく可愛かったw 凸ちゃんは劇中で一番...
アニメ 中二病でも恋がしたい!第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」(最終回) 感想
「これが不可視境界線だ。あの光がお前を見ている。伝えるがいい、お前の思いを」勇太
アニメ感想 中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約( エターナル・エンゲージ )」 
リアルに抗え!
中二病でも恋がしたい!:12話感想&総括
中二病でも恋がしたい!の感想です。 六花が乗り越えなければならなかったもの。
中二病でも恋がしたい! 第12話 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 感想
現実に抗え―
中二病でも恋がしたい! Last Episode「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 感想
「六花ちゃんは中二病に救われた女の子。  冨樫君を見て中二病と、  その思いの強さに憧れた女の子。  あなたに魅せられ、  あなたの力を真似しようとした女の子。」 くみん...
中二病でも恋がしたい!第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」最終回・レビュー・感想
爆ぜろリアル、弾けろシナプスVanishment This World!邪王真眼の力を失った六花に再び黒炎竜を宿す勇太、消失する世界の向こうに小鳥遊花は何を見つけ、心に刻むのか
中二病でも恋がしたい! 第12話 「終天の…契約(エターナル・エンゲージ)」
六花は中二病に救われた女の子だった。 早かったですね。いよいよ今回で最後です。はりきっていきましょー! さぁ果たして、六花は中二病から卒業してしまうのでしょうか・・・!...
[感想] 中二病でも恋がしたい! 第12話(最終回) 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
邪王真眼は最強だった!…で2期はいつですか? ということで綺麗に終えられたけど2期にも期待したい中二病でも恋がしたい!最終回第12話。
中二病でも恋がしたい! #12 「 終天の契約 ( エターナル・エンゲージ )
復活と決別とふりだしへ どうも、管理人です。例のごとく前日から仕込みに入ってるのですが、如何せんうまく纏まらない不思議…。これが最終回の魔力かw くみん先輩:「邪王...
中二病でも恋がしたい! 第12話(最終回)
Last episode 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 真似ではない、伝承したのだ邪王真眼から… 邪王真眼は生き続けなくてなならない ダークフレイムマスターがいる限り…
現実(リアル)に抗え!
「人は皆、何かに病んでるのかな」猛虎魂を感じるペンネームの虎虎が書いたラノベを原作とした少女のキャラが可愛いだけのアニメ中二病でも恋がしたい!マヤ暦で滅亡を迎えると言わ...
現実(リアル)に抗え!
「人は皆、何かに 病んでるのかな」猛虎魂を感じるペンネームの虎虎が書いたラノベを
中二病でも恋がしたい! 12話 六花にとっての中二病とは?
中二病でも恋がしたい!12話の感想デース!! いやー、良かったデスねー! さらつやロングな 凸守な!! …すいません、茶化す気にはなれません。 ...
中二病でも恋がしたい! 最終回「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]『俺と一緒にリアルを変えたいとは思わないのか!!!』 原作:虎虎 監督:石原立也 シリーズ構成:花田十輝 キャラクター原案 - 逢坂望美 アニメ
アニメ感想 12/12/19(水) 中二病でも恋がしたい! #12(終)
中二病でも恋がしたい! 第12話(終)『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』なんか嫌な予感してたけど・・・やっぱり六花は戻ってくるつもり無かったんですね。本当にそれ ...
中二病でも恋をしたい! #12 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 <終>
ツインテやめた凸守、可愛すぎ! ワロタ!!・・・的なコメントが増えそうな 「中二病でも恋がしたい!」の最終話。 亡き父の墓参りを母親と訪れた六花。 早苗に言い過ぎたと自
中二病でも恋がしたい! 第12話 『終天の契約(エターナル・エンゲージ)』(終)
六花ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 遂に最終回 豪くシリアスが続く中どう終わるのかと思ってたが……流石京アニ!ww ...
中二病でも恋がしたい! 第12話 【終天の契約-エターナル・エンゲージ-】(最終回) 感想
さて、事前に立てた予想を振り返りましょう。 中二病最終回予想。 (本命)富樫が後を追ってダークフレイムマスター全開で六花を連れ戻す。 (対抗)帰って来た六花は中二病を完全...
中二病でも恋がしたい! 第12話(最終話)「終天の契約」
勇太の魔道パワー炸裂に惚れた! モリサマさんもクミン先輩も大活躍で、なんだかんだと楽しい最終回だった。
中二病でも恋がしたい!第12話感想 不覚にも号泣…いい最終回だった!
中二病でも恋がしたい! 第12話『 終天の契約(エターナル・エンゲージ)』の感想です! きれいに終わったな!是非とも2期をやってほしいです~! お母さんと父親の墓参
中二病でも恋がしたい! Episode 12「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
最後のナレーションが雰囲気にそぐわず浮いてるようで違和感ありましたけど(勇太か六花あるいは森夏あたりのモノローグの方が同じ台詞を使うにも良かった気がする)、結局はグルッ...
中二病でも恋がしたい!第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」(最終回) 感想
病気になることで救われる人も中にはいるのかもしれない。 病気になることでゆっくりと休むことが出来る。 鬱病にならなければ、人はストレスで死んでしまうのかもしれません。 病気...
アニメ感想 『中二病でも恋がしたい!』Last Episode 「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」
12月も下旬に入り、いよいよ最終回ラッシュの時季…今期アニメの最終話視聴第1号は『中二病でも恋がしたい!』です。 そういえば第1話も今期の視聴第1号でしたっけ(^^) 全12話
中二病でも恋がしたい! Last Episode「終天の契約」
                                              「……平気?」                                  ...
中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」感想!
中二病でも恋がしたい! 第12話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」 最終回です。
中二病でも恋がしたい! Last episode(最終回)「終天の契約 (エターナル・エンゲージ)」
ここで芳忠さんは反則やわぁ…(何
中二病でも恋がしたい
…パパの葬式でのりっか で、現実のりっかが墓参りに お母さんと一緒に で、水かけたのだけど、上から急にかけたら冷たいっていうわよってママが言い…? あ、ゆうたんとこにはメ
中二病でも恋がしたい! 全12話
さて、まだまだ昨年のアニメ感想を書き終わっていない! とりあえず中二病 この作品京アニが自社レーベルで出した小説をアニメ化 オリキャラも多かったし、半分オリジナルのよう
該当の記事は見つかりませんでした。