MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたらく魔王さま!

はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」 対話感想!

日本ってすげぇところなんじゃないかと思えてきた。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):もう長いことこのブログに寄生している謎の人物。誤植から生まれた設定とかもうたぶんだれも覚えてない。最近は神酒原の方が頭が上がらないので酒原の方が本体なのではないかという噂が。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。そういえば焼肉はしばらくご無沙汰である。最後に行ったのは一年以上前、安いところに入ったが最後、設備がクソで煙を吸ってくれなくて肉は美味いけど目が痛かった。



神酒原 「ルシフェルさん小物ってレベルじゃないくらいに堕ちてて吹いた」
  酒原 「魔王さんお人好しすぎるな。パソコンとネット環境で金がかかるだけの穀潰しじゃないか」
神酒原 「一応は元部下だからね」
  酒原 「部下の面倒を見るのも支配者の仕事、ってか。その見返りに部下は働くんじゃないのか」
神酒原 「まぁねー」
  酒原 「では早速感想と行こう」
神酒原 「なんかね、漆原が駄目人間になってるのを見て、僕は逆に感慨深くなっちゃって」
  酒原 「冒頭の文か?」
神酒原 「うん。ほら、魔王と芦屋、エンテ・イスラから逃げてきたあと、とりあえず日本の生活に慣れようと頑張ってすっげぇ丸くなったじゃん」
  酒原 「その過程がとても面白くて作品は大人気だな」
神酒原 「そうそう。でもなにもこれは魔王たちが特別そういうギャグ資質があったというわけじゃなくて、エミリアだってそうだし、今回の漆原だってそうだった。今のところ4人が来て4人ともエンテ・イスラらしさがなくなった(少なくとも表面上は)ってのは、それは原因が場所にあるということになる」
  酒原 「それで日本すげぇか」
神酒原 「ああ。日本というお国柄が、彼ら彼女らを親しみのある人間臭い人格にしてしまったのかなぁ、と思って。なんかそう考えるとこのアニメ深いよね」
  酒原 「……んー? だからと言って深く考える必要はないような」
神酒原 「まぁね。基本的には頭空っぽにして楽しむアニメだよ。今回も超面白かった」
  酒原 「ネトゲできないのにハッキングできるパソコンってどうなんだろうな」
神酒原 「んー、その辺よく分からないけど、グラボがないんじゃね?」
  酒原 「そういうもんか」
神酒原 「今回のエピソードは前までのと地続きのお話のようだね。こうやって一つひとつ繋がっていく感じのが好きなので嬉しい」
  酒原 「日本の方は魔王の活躍で大団円だったけど、エンテ・イスラの方は問題が山ほど残ってしまったからな。基本的には教会がその後始末に動いた感じか」
神酒原 「まぁエミリアが教会にお迎えされた時から怪しくて実際組織ぐるみの悪だくみをしてたわけだけど、あれだよね、教会が実権を握ってる社会はロクなものがないよね」
  酒原 「なんだいきなり宗教の話か?」
神酒原 「僕は無神論者になりたいただの無宗教だよ」
  酒原 「さいですか」
神酒原 「現実の世界でも、教会が国家より強かった時代はいつも大抵教会は腐ってたものだ。僕は世界史詳しくないけど、免罪符とか有名だよね」
  酒原 「そしてそこに喧嘩を売ったルターさんとかな」
神酒原 「高校の倫理の授業でルターさん習った時は「ルターさんかっけぇぇぇ!」って感動したものだった」
  酒原 「今の時代には彼のようなスピリットが足りないな」
神酒原 「足りないというか、要らないんじゃね?」
  酒原 「それもそうだ」
神酒原 「フィクション世界でもたいてい教会は悪だよね。僕はテイルズオブシリーズが好きだからテイルズ挙げるんだけど、『テイルズオブシンフォニア』のマーテル教会は酷いものだった」
  酒原 「おい、なんか感想ずれてきてるぞ」
神酒原 「うわやべぇ! ちーちゃんが可愛かったね」
  酒原 「お前それほとんどのブロガーが言うんだからわざわざ言うなよ」
神酒原 「えー、可愛いものを可愛いって言ってなにが悪いんだよ」
  酒原 「いや悪かねけぇどさ」
神酒原 「だってちーちゃんが可愛いから仕方ないんだ。ほとんどのブロガーが言及するほど可愛い、それってすごいことなんじゃないのか? 僕がこのビッグウェーブに乗ってるわけじゃないんだ、僕含むみんなが叫ぶからビッグウェーブが生まれるんだ! ちーちゃんは可愛い! 恋する女の子ちーちゃん可愛い!」
  酒原 「ごめんよ俺が悪かった」
神酒原 「分かればよろしい」
  酒原 「でもお前エミリアはどうなの?」
神酒原 「可愛いよ」
  酒原 「セリフに愛がねぇよ。ほら、今回ポニーテールを披露してくれたぞ。お前ポニーテール萌えじゃなかったか?」
神酒原 「なにキョンの真似してんの」
  酒原 「いやちっともかすってねぇよ」
神酒原 「ポニーテールは素晴らしかったね。風呂にも入って部屋でゆっくりしてたんだけどちょっとコンビニに行きたくなったぜ、程度の軽装もポイント高い。でも僕は最近ツーサイドアップ萌えなんだ」
  酒原 「なんで最後に余計なこと言うかな」
神酒原 「次回もいろいろと笑かしてくれそうだね!」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3234-a7693788
アニメ感想 13/05/09(木) はたらく魔王さま! #6
はたらく魔王さま! 第6話『魔王、学校の階段を昇る』今回は・・・学校の七不思議に迫る話かと思ったら、ただ漆原に利用されただけでした。てか、完全にニート状態なのね(笑)ウ ...
はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」
行き先の無いルシフェルこと漆原も 家に置いてあげることにした貞夫。 漆原はネットで見つけた心霊スポットには過去ゲートがあいた可能性があると。 貞夫たちは、近くになる学校
アニメ感想 はたらく魔王様! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」
昇進祝いの焼肉にテンションアップ
[アニメ]はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」
緊張感たっぷりの夜の学校。知ってしまうことの恐怖。着信と同時に鬼隠しにあう噂。そして、あっけない幕切れ。
はたらく魔王さま! 第6話 「魔王、学校の階段を昇る」
「真奥さんが一緒だから…」 積極的なちーちゃんが可愛い!せっかくの勇気を出した一言だったのに真奥さんは「そっか」と半スルーで鈍すぎる(;^ω^) その光景を全てを察しながら見て...
はたらく魔王さま! #6「魔王、学校の階段を昇る」感想
一件落着した後元のギャグ路線になる漆原もすっかり俗に染まっちゃって・・・小物感は誰もツッコまないぞあの狭い空間に男3人ってまたどこかの誰かが喜んじゃうぞ魔王の役職がどん...
はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」
アバンは新たな展開の予感。 魔力さえあれば、異世界からこっちへは意外と簡単に行き来できるんですね。 結局騒動の大元は教会側の保身かあ。 いずれ成敗となるのでしょう。 ル
はたらく魔王さま! 第6話
「魔王、学校の階段を昇る」 魔王さま それを見てはいけません…
はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」レビュー・感想
わっかりました真奥さん、そういうことでしたら私にまかせてください!魔力回復の可能性を求めてある心霊スポットを探し当てるニートで引きこもりと化した漆原半蔵(ルシフェル) ...
はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」感想
中ボスとのクライマックス後といえば、お約束の水着回・・・そして焼肉パーティー。 だが、まさか大家の水着回だったとは・・・。>えー 「ふふふ、どうだ手も足も出ずに炎で
はたらく魔王さま! 第6話 「魔王、学校の階段を昇る」 感想
楽しい笹塚ライフ―
はたらく魔王さま! 第6話「魔王、学校の階段を昇る」
店でホルモン焼き食べるのに不気味な呪文みたいなこと口走ったり、ルシフェルが漆原半蔵としてすっかり引きこもりニートになってるのとか、大家が旅行先のハワイから送ってきた写真...
はたらく魔王さま! 第6話 『魔王、学校の階段を昇る』 魔王が入学するのかと思った、そして魔王一行に加わりたがる勇者。
ルシフェルは居つき、オルバは逮捕?一緒に懲らしめたはずの二人ですが、その後の境遇は対照的。魔王に許され、パソコンを買い与えて貰い、ポテチとジュース片手にネット三昧のルシ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。