MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第8話「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」 対話感想!

展開速いんだけど、まぁアニメとして話数を区切るにはこれくらいが妥当かぁ。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):もう長いことこのブログに寄生している謎の人物。誤植から生まれた設定とかもうたぶんだれも覚えてない。最近は神酒原の方が頭が上がらないので酒原の方が本体なのではないかという噂が。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。この間、ボウリングのハイスコアがついに200ジャストまで行った。でもまだアベレージは安定しない。



  酒原 「あれ?」
神酒原 「ん?」
  酒原 「お前、『俺妹』の感想記事はいつも一人でやってただろ」
神酒原 「うん」
  酒原 「なんで俺が呼ばれたんだ」
神酒原 「いや、なんかね、放送から少し経ってしまったからね、心細くて」
  酒原 「よく理解できん……」
神酒原 「気まぐれだよ」
  酒原 「便利な言い訳だな、気まぐれ」
神酒原 「いいじゃんだれにも迷惑かけないし」
  酒原 「……まぁいいや。じゃあなんだ、冒頭文について。妥当というのは、「別れる」タイミングが今回で妥当だということか?」
神酒原 「まぁねー。これにて原作1冊分を、次回も含めて3回で終わらせることになるし。でもあれだよね。やっぱり衝撃的だよね」
  酒原 「衝撃的ってよりは、意味が分からないんじゃないか?」
神酒原 「まぁ確かに。原作では次回の内容まで同じ巻だから読み進めればよかったけど、アニメは一週待たされるわけだからね」
  酒原 「で、どんな意味なんだあれは」
神酒原 「なんで僕にネタバレさせようとするの?」
  酒原 「いや、ボロ出して炎上して俺がこのブログを乗っ取れたらなぁと」
神酒原 「怖いなオイ。まぁでも僕は、黒猫がなんであんなこと言った……というか書いたのか、ちゃんとは覚えてないんだよね」
  酒原 「おい、重要なところだろ」
神酒原 「漠然とは覚えてるよ。ただこの巻以降を読んでないから記憶が変なところで途切れてるというのもあるし、僕が桐乃を好きすぎて次回の展開ばかりが頭にこびりついているというのもある」
  酒原 「黒猫ファンから刺されてしまえ」
神酒原 「なんとでも言いやがれ」
  酒原 「でも桐乃、今回すげぇ駄目なことしてるじゃん」
神酒原 「え? なんで? どこが?」
  酒原 「黒猫に一緒に遊ぼうって言われて、そんな野暮はしないって言ってたけど、エッチしてるんじゃないかと思ったのに遠慮なく部屋へ突撃したぞ」
神酒原 「おいもうちょっとオブラートに包めよ」
  酒原 「本当に最中だったら野暮どころの話じゃないぜ」
神酒原 「そこはあれだよ……その……」
  酒原 「混ざりたかったのか」
神酒原 「お前ちょっと死ねよ!」
  酒原 「冗談だよ、悪い。まぁ桐乃の突撃はアニメ的なお約束というやつだよな」
神酒原 「そそ、お約束だよ。それを言いたかったの」
  酒原 「便利な言い訳だよな、お約束」
神酒原 「だ、だって約束は破っちゃ駄目だし……お母さんにそう学んだし……」
  酒原 「だな」
神酒原 「黒猫の話をしようぜ」
  酒原 「そうしよう」
神酒原 「でも困った。黒猫超可愛かったけど、最後の展開のせいでモヤモヤして上手く感想に表せない!」
  酒原 「神猫とか花火とかいろいろあったじゃん」
神酒原 「いろいろ可愛かったよね」
  酒原 「まとめやがった」
神酒原 「次回はなんと表題回だ!」
  酒原 「なに表題回って」
神酒原 「タイトルとサブタイトルが一致してるってことだよ」
  酒原 「重要な回ってことだな」
神酒原 「絶対に見逃せないね」
  酒原 「次回はお前一人でやるんだろ?」
神酒原 「善処します」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3245-e6060716
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期) 第8話「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」 感想
いつか来るだろうとは思ってましたが・・・ 急展開とはまさにこういうことを言うんでしょうね。 最初から最後まで黒猫無双でした。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第8話 感想
ひと夏の思い出―
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期) 第8話「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」
私が全てをかけても叶えたい理想の世界――。 黒猫のディステニーノートに従って、まずはデートに向かった京介。 そこには黒猫から聖天使、神猫となった姿が(笑) 黒猫さんの中
2013年02クール 新作アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第08話 雑感
[俺の妹がこんなに可愛いわけがない。。] ブログ村キーワード 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第08話 「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」 #oreimo2013 #oreimo2010
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。