MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏-ハナノウタ-

夜桜四重奏-ハナノウタ- 第2話「ハルノカゼ」 感想!

桜新町の日常。

 
 
 
感想
面白すぎわろた

あれあれ、なんかいつの間にか今期で一番楽しめているような気までしてきましたよw
なんだーリメイクかーとなめてかかっていたらダークホース登場。いやほんと素晴らしかった!

第1話は少々派手な事件と共に登場人物や世界観の簡単な紹介、アクションを交えて視聴者の心を鷲掴み。
第2話は一転して秋名たちの日常を丁寧に描き、少々不穏な空気も見せつつほのぼので終わってさらに惹きつける。
……こんな作戦ですかね。

いやほんと、日常描写が実に秀逸だった!
これは楽しい。AパートとBパートの前半で秋名サイド、ヒメサイドに分けられていたのもいいですね。恭助がなぜ事務所を飛び出したのかが分かった時とか地味に快感でした。

そしてなんか、アオが可愛すぎるんですけど……!

動きや反応がいちいち可愛い。言動もいいよね。
あとパンチラ。ローアングルじゃなくてもガッツリ見えてしまうってどういうことや! いいぞもっとやれ!
秋名がアオに鍵を渡すシーン、アオのサトリの能力はこんなこともできるんだぜ~っていう面白いシーンでもあるんだけど、あの角度で鍵を放ったってことは秋名さん実は確信犯じゃね? 間違いなく秋名はパンツ見えてたよね……w

そして暴走してしまったコトハを止めるためにまさかの百合キス!
この2人が友達以上風味に仲よしこよしなのはそれまでもたびたび描写されてたけど、ここは度肝を抜かれたなー。ご馳走さまでした。しっかり暴走が収まってしまうコトハちゃん可愛いです。
買い物の約束をしたりする他にも、アオが元老院?の人に怖がっているのを見てコトハがゲームを取り出すのが素晴らしいですね。まぁもともと一緒にやろうって持ってたんだろうけど、アオの気分を紛らわしてあげたのでしょう。優しいなぁ。
夜桜四重奏、こういう細かいところで各キャラの友情が見えて、とても清々しい気分になります。

そしてアクションは今回も素晴らしかった!
組手って言うから、てっきり格闘訓練なのかと思ったんだけどヒメとコトハのあれってマジバトルじゃないですかw
作画が素晴らしくて見栄えがとてもいいからご馳走さまですけどね。しかし単純な作画もそうだけど、カット割りやタイミングの取り方がいちいちかっこいいなぁ。

例えばコトハが爆弾を放った時、ヒメが一瞬対処に遅れましたね。
なにを隠そうこの神酒原も棒術をやりますが、棒術って攻撃範囲が広くて威力絶大なのがアドバンテージなんだけど、飛び道具にはめっぽう弱いんですよね。棒は防具じゃないから、ということではなく、ナイフ握ってる方が防御力は高いでしょう。

だからコトハは小さく、そして細い爆弾を放った。棒術のミート力の圧倒的低さを狙ったわけですね。
……と、いうことが一瞬のうちに分かるカット割り! いやぁ気持ちよかった。
さらにはそれを、どうにかギリギリのところで打ち上げるヒメですからね。爽快感たっぷりです。ただ作画がいいだけではなく、こういうアイディア勝負でこそ魅せている感じがします。

スタミナ切れを起こしたコトハが文字のオブジェだけを出すようになって、それを使ってアオが遊ぶ、とかいう小ネタも秀逸w
土地神兄弟もいちいち面白い。
もっともっと、彼らがわいわい騒ぐ様子を見ていたいと感じます。次回予告を見る限り、次回はシリアスパートっぽいなぁ。次回は主にアクションの方に期待するのがいいか。

そうそう、楽しいだけじゃないんだぜ、という描写も素晴らしかった!
日常を描きつつもシリアスになっていく、というアニメは数知れないけど、日常と非日常が水と油になってしまう場合って、けっこうあると思うんです。水と油は言いすぎかもだけど、なんというかな、日常とは関係ないところから問題が噴出して無理やり非日常にされてしまう、的な?

夜桜四重奏はその辺、日常と非日常が密接に関わり合ってますね。
人間と妖怪たちが共存する町。でもそれは楽しくて愉快なばかりではなくて、危険とも隣り合わせなわけで。
桃華や恭助の鬼の力の制御が、枷なしではできなかったり。それを元老院が憂慮していたり。
コトハも、過去のトラウマからか、暴走したらトンデモないものを召喚してしまう。

うん、こういった風に自然に溶け込んでるから、シリアスシーンになってもあまりストレスなしに見られます。
夜桜四重奏って世界観設定こんなに上手かったんだなぁ。

ED
野郎3人がフィーチャーされたED。

単純に珍しいと思いました。深夜アニメだし、「四重奏」の4人は秋名、ヒメ、アオ、コトハ、ということで3人は女の子だし、キャラ数を絞ってED作るならまず女の子だよね。

でもこういうのもいいよね。
そしてその映像が素晴らしかった!
OPもいいんだけど、静止画EDとしてはかなりのものなんじゃないでしょうか。とても綺麗だし、男どもが超イケメンに見える。
こういうの見ると、本編で派手に暴れてるのは女の子たちだけど、彼女たちを支える彼らがいるんだなぁ、と思わせてくれます。

絵コンテ・演出は小林寛。
うーんどこかで見たことあるなぁ……と思ったら、僕はブラック★ロックシューターで見たことあるのでした。タイバニで演出デビューの若手だそうです。
注目していきたいな。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3309-b681d68a
夜桜四重奏~ハナノウタ~第2話感想ハルノカゼ
やりざくら・・・変な名前(笑) はがきになりたい、胸にしまう(笑) 金魚が応答する(!?)・・・違うか(笑) ミニスカいいぞ(歓迎)(笑) おにぎりもいいけど・・・ ラーメンもね(笑) いっひっひっひ 今日のお昼わラーメンでした(うまし)
夜桜四重奏~ハナノウタ~ #02
『ハルノカゼ』
夜桜四重奏 -ハナノウタ- 第2話 『ハルノカゼ』 安定のアオパンと今回はじゅりさん&ヒメの同級生の緑の子がお色気担当か。
パンツ見せて、頭に何でも乗せて、ことはとちゅー!?まさかそういう関係だったとは。あと鬼っ子桃華は秋名が好きみたいですね。これにヒメを加えた三角関係が一部で有名らしいですが…秋名本人は分かってなさそう。 前回はメインキャラとアクション、今回は前回顔見世程度だったサブキャラの紹介という感じです。土地神や元老院なども関わってきて、桜新町が単に「人と妖怪の共存する理想郷では無い」という...
夜桜四重奏 ~ハナノウタ~ 第2話「ハルノカゼ」
ヒメとの手あわせする五十音は、以前に堕ちたことを思い出させられ暴走!? そう仕向けたのは、リリィことV・じゅり・Fだったが…。 今回はAパートは秋名視点、Bパートはヒメ視点で同じ一日を描くエピソード。 おもしろい構成ですね。  
夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 2話「ハルノカゼ」感想
夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 2話「ハルノカゼ」
夜桜四重奏-ハナノウタ- 第2話「ハルノカゼ」感想!
夜桜四重奏-ハナノウタ- 第2話「ハルノカゼ」 +第1話「サクラサク」の感想。 以前にも一度アニメ化されて今回はまた1からなんですかね。 原作未読。アニメも初見です。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。