MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話「ずっとここにいたかった」 感想!

なんなんだよこれは……

 
 
 
感想
まず出てくる感想は、「とにかく映像が綺麗すぎてすごかった」

飯塚晴子がいたおかげか、リトバスは1期の頃からハイクオリティな作画を見せてくれていましたが(他にJ.C×飯塚晴子だと『オオカミさん』がすごかったね)、2期になってから見てすぐ分かるくらいにレベルアップしてますね。とんでもないことだと思います。「動」の方向に作画がいいアニメなんてあまり珍しくなくなった昨今ですが、「静」でここまでの作画が見られるのはなかなかない。

その集大成、とでも言いたげな今回の映像。
真っ白い画面がとにかく美しすぎて、ずーっと引き込まれていました。

正直、お話の内容はちっとも理解できてません。
なぜループしていたのか、直接的な原因は「来ヶ谷さんが願ったから」だと分かりましたが……
その願いは、だれがどのようにして叶えたのか?
6月20日が終わって、いったいどうなったのか?
理樹の記憶は?
来ヶ谷さんの記憶は?
恭介はなにを知っている……?

たぶん雪が降り始めたのは、1日ずつ時系列がずれていって、「みんなが感じている時間」と気候にズレが生じたせいなんでしょう。この学校がどこにあるのか僕はよく分からないんだけど、仮に初雪が12月20日だったとして、半年もずれていることに。
理樹が気づいたのは、少なくとも「衣替えで冬服に変わってから」だと思うのですが、来ヶ谷さんは半年も同じ日を繰り返していたことになるんですかね。そして恐らく恭介も。

ED映像からいきなり夏に切り替わったのは度肝を抜きましたが、効果的な演出だったと思います。
リセットされたんでしょう。
半袖姿の来ヶ谷さんが素敵可愛すぎますが、同時に衝撃的。
そして理樹は……、本当に忘れてしまったのだろうな。

どうなっているのか皆目分からない。
結局来ヶ谷さんはどうなったのか、なにを知っていてどの程度の記憶を保持しているのか、すごく気になります。
でもたぶん、恐らく次回から始まるのであろう「リフレイン」を見ていれば分かるのかな。今からアニメ感想ブログを回るけど、ネタバレにならない範囲で解説してるところがあるともしかしたら嬉しいかもw

でも、普段だったらこんなにワケワカメだったら不満爆発になっていたところ、今回はまったくそんな気持ちにはなりませんでした。
最初からずっと言ってるけど、やはり映像が素晴らしすぎた。これだけで強引に引っ張ってこられた印象です。
お話が理解できなくても楽しめる……、アニメの新しい可能性を見たような気がします。

あとは、ただひとつ、来ヶ谷さんの気持ちだけは痛いほど分かったことが大きかったかもしれません。
物語の構造的なものはちっとも分からないけど、リトルバスターズの面々といるのが楽しい、ずっと彼らと一緒にいたい、そして理樹のことが好き……。
その中でも特に「理樹が好き」の感情が強すぎたことは、ループの日が6月20日なのを考えればすぐに分かります。どのシーンを切り取ってもこの感情がすごく現れていて、胸を締めつけられました。

たぶん、現時点では大して理解してなくていい構成なんだと思います。
だから来ヶ谷ルート、全体をして「素晴らしかった」とはまだ言えないけど、すごく満足。

次回も楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
k ""
原作では理樹から告白してるんですよ。
来ヶ谷と理樹が相思相愛なので、ある意味もっと切なく痛々しいです。

原作の来ヶ谷ルートでは、ラストに「どこか」で1人ピアノを奏でる来ヶ谷の姿が描かれます。
そこに「誰か」からメールが。 内容は「必ず迎えに行くから」。
返信するすべはなく、来ヶ谷は無言でピアノを奏で続けます。

すべてのヒロインのルートと「世界の秘密」が判明する『リフレイン』をクリアしてからもう一度来ヶ谷ルートをプレイすると選択肢が増えて結末が変わります。
2013.10.22 09:52 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">kさん"
こんにちは、通りすがりの幻想殺しさん。
kとあるから、河原さんと呼んだ方がよろしいですか?

コメント内容がネタバレ満載だったので、白文字にして再投稿させてもらいました。
こういうのマジでやめて下さい。僕はテンション下がりました。もしかしたらたまたまこのページを訪れて不覚にもネタバレを踏んだ人が、他にもいるかもしれない。原作のお話を出す時は慎重に。

そして僕は、次いらっしゃってくれる時はなぜ複数人になりすましていたのかの説明をしてくれと言ったはずです。こちらはIPアドレスが簡単に分かるのでバレバレですよ。
やる方は楽しいかもしれませんが、こちらは不快です。
次はありません。今回のコメントを削除しなかったのも温情だと思って下さい。
2013.10.22 09:58 | URL | #- [edit]
k ""
お話することはありません。
温情とやらもいりません。
どの道このブログにお邪魔することはもうないのであとはご自由に。 
何ならすべてのコメントを削除してもかまいません。
ご不快な気持ちにさせたこととお手数をおかけしたことは謝罪します。
では失礼します。
2013.10.23 17:44 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">kさん"
ドヤ顔で演技しておいて最後はこれか。
ネットだからこんなんでいいと思ってるのかな。一連の行為があなたの人生や価値観にとってマイナスにしかなっていないように思えてなりません。
変な奴がいたということでこのコメントは残しておきます。
2013.10.23 19:46 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3315-ab6232a5
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話 「ずっとここにいたかった」 感想
物語の核心に迫って来た感じですね。 次回以降どうなるのか気になってしょうがないですよ。 恭介たちが仕掛けた楽しい一夜が明けた。 来ヶ谷はあれほど楽しい夜はたぶんもう来ないと言い、寂しそうに 理樹に微笑んだ。 その夜、ベッドの中で理樹は漠然とした不安に駆られていた。 何かがおかしい。時計の日付を見て、理樹は違和感を覚える。 眠るたびに何かを忘れていくような感覚に襲われる理樹。...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話「ずっとここにいたかった」感想
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話「ずっとここにいたかった」感想   ずっとみていたかった。
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第3話 「ずっとここにいたかった」 感想
諸行無常―
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話「そのときも雨が降っていた」
来ヶ谷と二人で花火を見た翌朝。 再び日付は6月20日が繰り返される。 理樹以外で、来ヶ谷も花火の夜のことを覚えていた。 あれほど楽しい夜はたぶんもう来ない、寂しそうに微笑む来ヶ谷…。 来ヶ谷編、最終回。 運命の時に向かって時間は流れ出す…。  
リトルバスターズ! 〜Refrain〜第3話「ずっとここにいたかった」レビュー・感想
6月20日は終わらない・・・繰り返される同じ時間、しかし確実に季節は巡り続ける。だがそれに誰も気付かず淡々と過ぎていく日常・・・そんな世界から取り残された感覚を味わい続け ...
リトバス Rf 第3話「ずっとここにいたかった」
 今週のまとめ:  素晴らしいッ!!  複数シナリオを一本にまとめる際に、残された一番の難関が、多分、姉御シナリオのこの部分だと思っていたのですよっ!それを見事にスパッと抜けましたね!そのためにかなりのコンパクト化と枝葉の落としをやられていますが、次への「繋ぎ」の見事さをこのように見せられた以上、私には「力強く頷く」以外の選択肢がありませんですよっ!  え?アニ...
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 #03 「ずっとここにいたかった」
降り注ぐ雪のごとく、零れ落ち行くもの  どうも、管理人です。結局リトバスEX(notエクスタシー)は円盤に収録のOVA扱いですか。こんなことになるならどうにか買いたいとは思うものの、円盤リレーが多分まだ続いてるので予算的に無理! なので、レンタルか何かで見ることになるんかね…。 来ヶ谷:「忘れたくないんだ、あの花火の夜を、ずっと……」  今回の話は、来ヶ谷編ラストという...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話 「ずっとここにいたかった」 感想
繰り返される時間 同じ会話、同じ風景、同じ時間・・・ それらを何度も繰り返したような感じがして。 しかしそれは実際に起こってた事。 その日もまた雨が降っていた。 ━━━━この世界の秘密を ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。...
リトルバスターズ!Refrain 第3話 「ずっとここにいたかった」あらすじ感想
今回で来ヶ谷ルート終了。一体この世界はどうなっているんでしょうか…?今回は雪が降る幻想的な世界で会話する理樹と来ヶ谷に注目です。とても切ない…。今回は分かりやすさ、演出含め、ゲームより素晴らしかったです!(ちょっと追記しました)
リトルバスターズ!Refrain 第3話「ずっとここにいたかった」感想
「来ヶ谷・・・さん」 「お願いだ理樹君、少しだけこうさせてくれ」 「忘れたくないんだ、あの花火の夜を・・・ずっと」 恭介たちが打ち上げ花火を行った翌日。 理樹はカレンダーが前日と同じ6月20日を示し、同じ日が繰り返されているという異常事態に直面する。 誰もが昨日が繰り返されている事を不思議に思わない事に危機感を募らせる中、理樹は手掛かりを求めて放送室を訪れる。 ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話「ずっとここにいたかった」
繰り返される『6月20日』。恭介に相談したくてもなぜか連絡が取れず、理樹の記憶は徐々に曖昧になっていく…。 理樹が最後に縋ったのは来ヶ谷だった。来ヶ谷は、今起きている現象は自分が原因だと言うのだが…。
アニメ感想 13/10/19(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #3
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第3話『そのときも雨が降っていた』今回は・・・なんとかループを抜けだした?来ヶ谷さんが願ったからループが始まってしまったんですね。確かに、 ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第3話「ずっとここにいたかった」
6月20日、終わらない一日、それが終わりを迎える時、その空間に恭介はいない・・・そして放送室には、ピアノを弾くあの美少女がいて・・・ 「私は願った、今が終わらないようにと。その願いは叶えられ、私はこうして、今が永遠に続く夢を見ているのだよ。」 「理樹くん、ここは私が見ている夢の世界なんだ。」 あまりに才媛なゆえに常に孤独だった女の子がたくさんの‘初めて’と自分の居場所を見つけた、と言う。それ...
リトルバスターズ!Refrain 3話 唯湖が見せた弱さ
リトルバスターズ!Refrain3話を見たよ! いや〜、良かったですね! 姉御 (21) な!! 勉強やスポーツ、 他の子達には出来ない事が出来てしまう少女。 しかし、そんな彼女は、 笑ったり泣いたり怒ったり… 他の子達が普通に出来ることが出来ない子でした。 他の事が出来すぎるが故に、出来ない所というのは尚更目立ってしまい...
リトルバスターズ!~Refrain~第3話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/10/21/161803 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。